そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

白い屋根

うっすらですが、今年初めて雪が積もりました。



d0288144_20154046.jpg

                              2012.1.24.9:20



雪の降る街を     内村直也 作詞 中田喜直 作曲



雪の降る街を 雪の降る街を    雪の降る街を 雪の降る街を   雪の降る街を 雪の降る街を
想い出だけが通りすぎてゆく    足音だけが追いかけてゆく     息吹とともにこみあげてくる
雪の降る街を               雪の降る街を             雪の降る街を
遠い国から落ちてくる         ひとり心に充ちてくる          誰も分からぬわが心
この想い出を この想い出を     この哀しみを この哀しみを    このむなしさを このむなしさを
いつの日かつつまん          いつの日かほぐさん          いつの日か祈らん
温かき幸せのほほえみ           緑なす春の日のそよ風      新しき光降る鐘の音



♪ 楽譜は 「 Andante 静かに 」 で始まります…

雪国の方には「これじゃ降ったうちに入らない」と言われそうですが、
久しぶりにこんな景色を見たので、つい口ずさんでいる私でした。

by pallet-sorairo | 2012-01-24 16:33 | 街暮らし | Comments(8)
Commented by 矢車草 at 2012-01-24 21:54 x
palletさん、こんばんは!

今朝の雪・・・もう少し積もってるかなって
窓を開けましたが それほどでもなかったですね。
でも、久しぶりの雪景色 綺麗でしたね。

私はマンションから富士山&真っ白な奥多摩を
撮りました。
今夜も冷えそうだから、道端の雪が凍りそうです。

雪の降る町を・・・って父が大学のグリーで歌っていて、
その後もずっと歌っているので何回も男性合唱で聞いたので 
そのイメージが強いのだけれど何となく懐かしい歌なんです♪
andanteで始まりますってとこがpalletさんらしくて素敵[E:sign03]
Commented by pallet at 2012-01-24 22:38 x
❀矢車草さん こんばんは
我が家の辺りは、昨夜半から降り始めたので
ほんの少し、ほんとに粉砂糖をまぶしたくらいにしか積もりませんでした。
  
そういえば「雪の降る街を」は、
冬になるとよくダークダックス(知ってるかしら?)が歌ってたなあ。
楽譜を見たら「Andante 静かに」って書いてあったので
「そっか~」と思って、ちょっとカッコつけてみました [E:coldsweats01]
Commented by インレッド at 2012-01-25 09:01 x
お早うございます。
良い歌ですね。
雪が降ってイッパイ積もった街や村は静かに
なって、みーんなん静かに眠って居るようで
良いですね。私は時々

  太郎の屋根に雪降り積もる
  次郎の屋根に雪降り積もる

  どなたの詩か忘れましたが、ひっそりと
  静かに眠る少し貧しそうな昔の農家の家族
  を想い出します。
Commented by pallet at 2012-01-25 09:53 x
[E:art] インレッドさん おはようございます。
雪って、音を吸収してしまうんじゃないかと思うほどですね。
賑やかな街も、一瞬の静寂に包まれるような感じがします。
  
この詩はもしかして、三好達治の『雪』
 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
 次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。 
かもしれませんね [E:confident]
私も、インレッドさんと同じような光景を想い出します。
Commented by シイナビッチ at 2012-01-25 22:19 x
「昭和27年は前年から大雪の年で、自作の学園歌発表のため夜遅く鶴岡駅に着いた作曲家・故 中田喜直氏(平成12年5月没)は、出迎えの地元音楽愛好家菅原喜兵衛氏の馬そりに乗り彼の家へと向かった。その夜は珍しく風もなく、雲の合い間で上弦の月が輝き、遠くは月山、近くは金峯・母狩の雪に包まれた山並みが見えた。雪の影があざやかな晩だった。月の光の中から舞い落ちてくる雪の花びらは温かい頬に触れては消えた…。

日本中の人々に愛唱されている名曲「雪の降る街を」は、鶴岡の雪景色や旅の思い出をメロディにしたものといわれています。」ですってよ!
Commented by pallet at 2012-01-25 22:52 x
[E:diamond] シイナビッチさん こんばんは
う~む
>日本中の人々に愛唱されている名曲「雪の降る街を」は、
>鶴岡の雪景色や旅の思い出をメロディにしたものといわれています。」ですってよ!
これって、もしかして鶴岡自慢かなあ?
まあ、いずれにしても自分の出身地でこの名曲が生まれたっていうのは嬉しいもんですよね~[E:wink]
これは、鶴岡市史とかにあるものですか?
なんだか郷土愛にあふれた文章のような気がします。
それにしても『雪の降る街を』、名曲だなあってあらためて思っちゃいました♪
Commented by jupiter70 at 2012-01-26 11:38 x
街の醜い部分も覆い隠してしまうようなあの感じは良いんですけど、私の住む町では全く降らないんですよね…

ずいぶん昔に歌詞についての話で、
 雪「が」降る街を~ではなく、
 雪「の」降る街を~にしたから、名曲になったのだと云ってた人がいました。誰だったっけなあ?
Commented by pallet at 2012-01-26 16:27 x
[E:camera] jupiter70さん こんにちは
そちらは、雪が全く降らないんですか?
もしかして、冷たい風だけが吹いたりするのかしら。
それはそれでとっても寒そう [E:typhoon]。

この詩の中の「が」と「の」、どちらをとるかで確かに名曲度?が違うかもですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite