そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

2/29 なごり雪

うるう年でなければきょうから三月なのに
外には、この辺りとしたらめずらしい勢いのある雪が降っています。



d0288144_20161059.jpg

                              2012.2.29(水).12:31.





          なごり雪          伊勢正三 作詞・作曲



           汽車を待つ君の横で僕は     
           時計を気にしてる 
           季節はずれの雪が降ってる
           東京で見る雪はこれが最後ねと 
           さみしそうに君がつぶやく
           なごり雪も降る時を知り 
           ふざけすぎた季節のあとで
           今春が来て君はきれいになった
           去年よりずっときれいになった



           動き始めた汽車の窓に顔をつけて 
           君は何か言おうとしている
           君の口びるがさようならと動くことが 
           こわくて下をむいてた
           時がゆけば幼い君も 
           大人になると気づかないまま
           今春が来て君は きれいになった
           去年よりずっときれいになった



           君が去ったホームにのこり 
           落ちてはとける雪を見ていた
           今春が来て君はきれいになった

           去年よりずっと きれいになった      UtaNetより



             



          



ケイタイやスマホの時代にはあり得ない?別れの風景。
いやいや、ひとの心の中は見えないのだから…
これはむしろいつまでも変わらない風景なのかもしれません。


by pallet-sorairo | 2012-02-29 16:09 | 街暮らし | Comments(2)
Commented by wahei at 2012-03-03 04:37 x
携帯の存在で、恋人たちの風景はずいぶん変わってしまいましたよね。待つとか不明瞭な部分が少なくなって、代わりに自分の想いで自縛されていくところが増えた気がします。

『なごり雪』。この曲がヒットした頃、小学6年でしたが、怪我で入院していたのです。退院しても外出を制限されて、家でラジオばかり聞いていました。「およげ、たいやきくん」「木綿のハンカチーフ」などと一緒に、僕に取ってはなじみ深い曲です。
Commented by pallet at 2012-03-03 10:57 x
[E:pen] waheiさん こんにちは
携帯を持つことで、恋人たちだけではなく私も
「待つ」という体験をすることがとんと無くなりました。
どこへ行くにもPCで調べて行くようになって
乗り継ぎに失敗したり、思わぬ遠まわりをしたりも無くなりました。
「どうしたのかな~」と待ち人を思いやったり、
「あら~、失敗。やんなっちゃう。まあしゃあないなあ」なんていう
赦しの感情(ちょっとオーバー?)を持つ機会もずいぶん減っているように感じます。
これって、人間の感情の動きというか許容範囲が
どんどん狭くなってるってことですよね。
ちょっとマズイんじゃないでしょうか…。
  
『木綿のハンカチーフ』懐かしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード