そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

街に暮らす鳥 21 ハシビロガモ(嘴広鴨)

散歩道の冬鳥たちもそろそろ北の国へ帰る心づもりを始めているのではないかしら…と寂しく思っていたのに、
なんと、この日は今冬にぜひ見たかったハシビロガモに出会うことができました。
ちょっと見はマガモにとてもよく似ていますが、
口元を見れば「あらら」なので、会いたいと思っていたワタクシには遠くからでもすぐにわかりましたよ(^^ゞ

d0288144_2128188.jpg
2013.2.25. 上・♀,下♂.

日本名の「嘴広鴨」は読んで字のごとし、嘴の広い鴨。
英語名は〝Shoveler”で、これもそのものずばりのシャベルからきているんですって。

d0288144_2230132.jpg真正面から見ると嘴が顔の幅より広いように見えますね。

水面に浮いているプランクトンや草花の種子などを掬いやすいようにできていて、
水ごと餌を飲みこんでから嘴のヘリにある櫛の歯状で水を濾して食べるのだそうです。
仲間同士でくるくる回って渦を作り餌を中心に集めることから「めぐりかも」とか「くるまかも」などの古名があるとか。

↓ のページに詳しいです。
http://www.cec-web.co.jp/column/bird/bird121.html

この散歩道ではいろいろな種類の鴨を見ますが、ハシビロガモは初めて見たような気がします。
飛来する個体数はそれほど多くはないとあったので、季節の終わりになってから出会えたのはラッキーだったといえそうです??


❀この日の日中は日差しが暖かだったせいか、今年初めて河津桜に遊ぶメジロも見ました。
  季節は少しずつしかし確実に春へと巡っているようです。❀
by pallet-sorairo | 2013-02-27 09:35 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(2)
Commented by はなねこ at 2013-02-27 16:37 x
pallet さん こんにちは♪
すっかり野鳥づいていますね。
ハシビロガモを見たとたんに、すぐそれとわかるなんて、さすがです。
知識の泉はこんこんと湧き、プールにため込まれていくようですね。
そして、あふれださないところがまた素晴らしい (^-^)
私なんて、流れていくだけでございます (^^;)
Commented by pallet-sorairo at 2013-02-28 15:30
??はなねこさん
この散歩道を歩くようになって3回目の冬です。
最初は「カモはなんでもカモ」だったのに、
いろいろ見比べ調べたりしているうちに何となく違いが分かるようになってきました。
はなねこさんが、あの小さなスミレたちの違いを見分けられるのに比べたら
お話にならないくらいの知識です(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite