そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

11/27 東京ステーションギャラリー/植田正治のつくりかた

昨年10月にリニューアルオープンした東京ステーションギャラリーを訪ねました。

d0288144_21273393.jpg

新ギャラリーは、場所も移動して新しい美術館として生まれ変わり 、
レンガ壁を残した建物自体も、展示物として見応えのあるものとなっています。







d0288144_21221076.jpg
階段室のシャンデリアとステンドグラス。

d0288144_21222720.jpg

階段室3階から下をみおろす。
レンガの壁が少し写っています。

d0288144_21244951.jpg

創建当時の構造用レンガを活かした造りになっているので、
そこここに鉄骨もむき出しになっています(写真ボケボケですがご容赦を)。
黒くなっているのは『木(もく)レンガ』、
ネジや釘を埋める素材としてところどころに木のレンガを使いましたが、
先の戦争の空襲(1945.5.25)で焼け黒く炭化してしまったのだそうです。

d0288144_22152501.jpg
壁に白い色が残っていてでこぼこしているのは、壁にはもともと漆喰が塗られていて、
その漆喰が食いつきやすいようにレンガに凸凹を付けたからだとのこと。
               ※この表面の削り跡を『目あらし』と言うそうです。

d0288144_21253644.jpg
漆喰で埋められている白い縦線のところは何かの配管か配線があったのかしら。
そんなことをあれこれ思うのも楽しみです。

d0288144_22175167.jpg
モダンなデザインの椅子が置かれれば、
それに合わせてわざわざデザインされた壁のように見えます。
美しい壁、と思います。


************************************************************************

展示室は撮影禁止なので写真があまりありませんが、
旧ギャラリーはもっと天井の高い空間や壁があったような気がします。
でも、こちらのほうが建物の主張する部分が比較的少ないせいか、
展覧会を楽しむという点ではギャラリーとしての役割をよく果たせるかもしれませんね。




d0288144_21204662.jpg
ギャラリーの玄関は、丸の内北口のこのドームのある駅出入り口内部に新設なっていました。
展示室は3階と2階部分になっています。


d0288144_21275158.jpg
展示を見終わって2階の展示室出口を出た回廊から、下を見下ろしたところです。
1階左手がギャラリーの入口。右手には改札口が見えています。

d0288144_21283800.jpg
回廊をぐるっと半周して、ギャラリー入口の上から下をみおろしたところ。
ここからは、右手に駅出入り口(丸の内北口)、左手に切符売場が見えますね。
この方向3階部分に見えているのは、ステーションホテルの一部でしょうか。

d0288144_21450055.jpg
ギャラリー入口の真上(2階)はミュージアムショップになっています。
この写真はショップのレジカウンター背面ですが、階段だった名残の斜めの溝が残っていました。
ここのショップには、なんだかおもしろいおしゃれなものがいろいろあって、
お土産一つ買いましたが、それはまたいつか。

d0288144_21213891.jpg
ところで、きょう見に行った展覧会は『植田正治のつくりかた』。

植田氏は「砂丘の写真家」として有名ですが、今回はその生誕百年を機に開かれた展覧会です。
独特な演出による写真を見ているとなんだか楽しくなってくるのは、
たぶん私だけではないと思います。

d0288144_21292177.jpg
会場には、有名な写真の『パパとママとコドモたち』が
愛娘和子さん(カコちゃん)の綴り方『私の家族』とともに展示されていてとても新鮮だったので、
展覧会関連のお土産に、そのカコちゃんの著書(2013.3刊)と
『パパとママと…』のポストカードを買いました。
下は展覧会のチケットです。


d0288144_21312003.jpg
東京駅って、もうすぐ99周年なんですね。
駅のあまり目立たない場所でこのポスター?を見かけました。
ちょっと素敵だなと思ってついでに撮ってきました。


※生誕100年で、植田正治の展覧会は東京都写真美術館でも開かれているので(『植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ』展)、そのうち、そちらも見に行こうと思っています。

※おまけ
d0288144_10182271.jpg
きょうの和田倉門交差点付近です。
お濠にはもう、ミヤコドリやキンクロハジロなどの冬鳥がやってきていました。

おしまい。
                             
※写真はクリックで拡大します。
※もう一つのお土産の話は(こちら)から。

************************************************************************

d0288144_07574540.jpg※追記; 東京駅丸の内駅舎の写真
新丸ビル7階展望デッキより。
私のカメラではこの横幅が精一杯(^^ゞ。
左側のドーム内に、ステーションギャラリーがあります。 




by pallet-sorairo | 2013-11-28 10:38 | ちょっとお出かけ | Comments(8)
Commented by ゆき at 2013-11-28 16:26 x
あ、なかなか素敵なギャラリー、これは行ってみなくちゃ。
旧ギャラリーではコンドル展なんかを見たと思うんだけどけど、
横に広がって平らだったような印象が残っている。
別のギャラリーかしら。
Commented by akko-kornblume at 2013-11-28 17:58
わーこれは東京駅にわざわざ行ってでも覗いてみたいギャラリーですね!
さすがpalletさんですね、こういうとこの目のつけどころがオシャレですねェ。

そして最後の一枚!
すっごく好きな画です~~~~興奮(笑)
外国みたい。もっと大きくして見せてください!
東京の街中もいいところいっぱいあるんですよね。
Commented by pallet at 2013-11-28 21:19 x
☆ゆきさん
今回写真を撮れたのは、ほんの少しの部分です。
>横に広がって平らだったような印象が残っている。
たぶんそこが旧ギャラリー、狭い廊下が真ん中に通っていたはず。
クラシックな階段あがると小さな喫茶室があって…
あの感じ好きだったんだけどナ。
Commented by pallet-sorairo at 2013-11-28 22:21
☆矢車草さん
雪の立山、素敵でしたね♪ カズさん運転お疲れ様でした。
それにしてもパワフル(って、読み逃げでごめんなさい。
矢車草さんのところはコメントたくさんなのでコメつい遠慮してますが、
いっつも真っ先に読んでますよ~)。
東京駅のあのドーム、
ここにカズさんのお仕事の足跡残ってるのねって思いながら見上げてました。
新しいギャラリーは、コンパクトにまとまっていて、
なるほどミュージアムではなくギャラリーだと思いました。
植田正治も面白かったので、この機会にお出かけになるといいかも。
私のブログの写真は、クリックで拡大する設定にしてあります。
ますます粗が見えちゃうけど、よかったら拡大して見てくださいナ(^^ゞ

Commented by tukinobo at 2013-11-28 23:09
2枚目の写真とか、8.9.10枚目とか
ひかりや色がきれいでまるで教会のよう
見とれてしまいます、映画のワンシーンみたい。
東京駅ってこんなにきれいなのね。
いろんな角度から、のんびり眺めてみたいな。
palletさんはいろんなことに興味を持っててすてきですね、

Commented by urara at 2013-11-29 08:05 x
最後の写真、素敵です。
”素晴らしい”と思わず声がでてしまい、見とれていました。
植田正治にも興味を持っているので、ステーションギャラリーに行ってみたいと思います。
Commented by pallet-sorairo at 2013-11-29 08:19
☆yakoさん
東京駅には幅広い線路部分を挟んで丸の内口(皇居側)と八重洲口があるのですが、
丸の内駅舎は重要文化財になっていて、昨年創建当時の姿に復元改修されました。
きれいでしょ。
駅の前に建っている新丸ビルの7階から横に長い全体像を見ることができます。
この日、私も見て写真を撮ったので、後記にして載せました。
拡大してみてね。
Commented by pallet-sorairo at 2013-11-29 08:25
☆uraraさん
おまけの写真ですか?
こんなのもあるからちょっと載せておこうかと思っておまけにしたのですが(^^ゞ
黄葉は終盤だったのですが、
午後の日が当たってとってもきれいに輝いていたので何気なく撮ったんです。
褒めていただいて、嬉しいです♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード