そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

マララ・ユスフザイ


マララ・ユスフザイ、まだ記憶に新しいパキスタンの少女だ。
女子が教育を受ける権利を訴えていた彼女は、
2012年10月、スクールバスに乗り込んできた武装勢力に頭を撃たれた。

d0288144_10485971.jpg

翌2013年7月12日、奇跡的に回復したマララさんを国連はニューヨークの国連本部に招き、
彼女はそこで、「教育こそがすべてを変えられる」としたスピーチをした。
私はテレビニュースで一部を見たが、とても落ち着いて堂々とした少女の姿は感動的だった。
マララデーと名付けられたこの日は、彼女の16歳の誕生日でもあった。


d0288144_10105600.jpgone child, one teacher, one pen and one book can change the world.
Education is the only solution. Education first.

で、 ↓ ぜひスピーチの全文を見てみたいと思って見つけた記事
http://kyonenglish.blog98.fc2.com/blog-entry-1494.html
英語と日本語訳が載っています。


きょうは「こどもの日」、早朝、都心での震度5弱という地震で起こされた。
さて、こどもの日か…なにかふさわしいことはないかなと思い出したのがマララさんのこと。
16歳って、まだまだおとなの庇護が必要なころだと思うのだけれど、
16歳になったばかりですでにこれだけのことができるって言うことは、
その何年も前から、彼女の中には「すべての子どもに教育を」というテーマがあったということだろう。
スピーチの内容も整然としていて、とても子どもとは思えない。
将来は政治家になりたいというマララさん、おとなになった彼女を私もぜひ見てみたい。

★イラスト@BOUS
by pallet-sorairo | 2014-05-05 11:26 | 街暮らし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード