そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

モウセンゴケ

今回の尾瀬で、ワタスゲの次に印象深かったのがモウセンゴケでした。

d0288144_09171652.jpg
モウセンゴケは『食虫植物』としてよく知られていると思いますが、
葉の粘毛にある粘液をしげしげと見たことのある方は少ないんじゃないでしょうか。
これにぺったりくっつかれたら、小さな虫はたしかに身動きできなくなっちゃいますねぇ。




d0288144_08595046.jpg
<尾瀬沼周辺で>
さて、いままで私の頭の中にあったモウセンゴケの姿はこれで
なぜか「ナガバノモウセンゴケ」っていう名前がセットでインプットされていたのです。
で、これのどこが「ナガバ」なんだろうって、ずっと思っていたわけです。

d0288144_09075950.jpg
ぼやけて見えている青いのはイトトンボですが、見てくださいなこの小さなモウセンゴケたち。
獲物を狙ってまるで「おいでおいで」をしているようでしょう?

d0288144_09085138.jpg
そんな手には乗らないと、子孫を残そうとしているヒト?たちもいますけど(^^ゞ
水辺をすいすいと飛ぶイトトンボは青い体がとってもきれいで私はしばらく見とれてしまったんですが。

d0288144_09093674.jpg
<尾瀬ヶ原周辺で>
尾瀬ヶ原にやってきて見かけたモウセンゴケに「おやっ?」と思いました。
どうみてもこれが「ナガバ」ではありませんか!?
初めて見たわけじゃないと思うのだけれど、
初めてはっきり「区別」できました(^^; という意味で印象深かったわけです。
でも、何年も何となく腑に落ちなかったことが突然すっきりするってとっても嬉しい。

d0288144_09111843.jpg
こんなふうに緋毛氈敷いたみたいに群れていて、
あの長いぺたぺたした葉っぱで小さな虫をくっつけてからクルリと巻いて食べてしまうのね!
おお怖い(^^ゞ

えっ? もちろんこの時期、尾瀬にはもっと美しい小さな花も咲いているんですが…
きれいなお花はほかの方のところで見てくださいませね(^^;

おしまい。

モウセンゴケ属(Wikipedia)。
イトトンボ(Wikipedia)。

by pallet-sorairo | 2014-07-22 15:53 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(4)
Commented by cyu2 at 2014-07-23 09:59 x
palletさん、おはようございます。
すっかり出遅れてしまいましたが、尾瀬、とても良い時期に行かれたのではないでしょうか!キスゲもワタスゲも両方見れるなんて!
い~~なぁ~と拝見しておりました。
やっぱり尾瀬はゆっくり(電車バス派は)一泊するのがいいですよね。
夜行日帰りだと忙しすぎますね。
ナガバノモウセンゴケ、私が行った時も赤く染まる湿原で「?」
と思ったらあの子たちの群れだったんですよね、なんか好きです、ユーモアがあって(*^_^*)
Commented by pallet-sorairo at 2014-07-23 15:51
☆cyu2さん
yakoさんの言う中の「瓢箪から駒」かな(^^ゞ
素敵な尾瀬をお天気とともにゲットしました。
平日に動ける身分が申し訳ないくらいですが、
お泊りできれば、広い範囲もゆっくりみられまものね。
モウセンゴケ見逃せないですよね。
トキソウもサワランもヒメシャクナゲもウラジロヨウラクも…って
きれいな色合いのお花の写真がみんなボケボケなもんで
苦し紛れに…ってことでもないんですけど(^^;
Commented by shizenkaze at 2014-07-25 21:16
お邪魔します~~♪

モウセンゴケのような植物が一杯だったら小さな虫達は前に進めないですね・・・・・
きっと虫達はモウセンゴケのことを『トオセンボゴケ』なんて呼んでるかも・・・・・(*´∀`*)

いつも他のブログで『ぷぷぷ(^^ゞ』ってサンキュ~です~(#^.^#)
Commented by pallet-sorairo at 2014-07-26 09:04
☆shizenkazeさん
ようこそ!
いつもよそ様のところで「ぷぷぷ(^^ゞ」しててすみません(^^;
こちらでは「モウセン」なんておっしゃらず(^^ゞ
どうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite