そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

昆虫が消えた


ひと月ほど前、
子どもたちが小学校の時に使うお馴染みのジャポニカ学習帳から昆虫が消えたというニュースを目にしました。
「それってなに?」と思ってよくよく読めば…
親や教師から寄せられた「気持ち悪い」という声がきっかけだったとか。
「???」

d0288144_14002348.jpg

「娘が昆虫写真が嫌でノートを持てないと言っている」
「授業で使うとき、表紙だと閉じることもできないので困る」
1970年発売開始からのロングヒット商品を販売するショウワノートもお客様の声を無視できず
徐々に写真を入れ替えて2012年以降は表紙から昆虫の写真が消えてしまったのだそうです。
 

d0288144_14001998.jpg

過保護もそこまで来たかとため息が出てきます。

画像は絵葉書(©7 days cards /Designed by Yayoi Fujiwara)ですが
こんなふうに美しく描かれていても「気持ち悪い」と思うんでしょうか。
困ったもんだというより、その子たちは不幸だとさえ思います。

d0288144_14324126.jpg
2012@アルゼンチン

こんな忍者ハットリ君みたいなチョウも気持ち悪いのかなぁ。
追記;(スペイン語で”オチェンタ・イ・オチョ”というチョウ。
   日本語だと”88(はちじゅうはち)”の意味と、コメント欄でアイさんに教えていただきました。)

d0288144_14375445.jpg

2011@尾瀬

おっ、これは…
ちょっとびっくりかもですが。
(追記;「ヒメヤママユ」とmoraisanさんから教えていただきました。2016.4.)

…って、私のアルバムからはいろいろな虫が出てきます(^^;

昆虫大好きな子どももたくさんいるはずなので
見たくない人が多いものは消してしまおうって言う風潮はやっぱりまずいです。
選択肢のたくさんある社会でありたいものだなって、そう思います。


★追記;ヤフーニュースより昆虫復活(2015.7.7)


by pallet-sorairo | 2014-12-27 14:52 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(12)
Commented by saheizi-inokori at 2014-12-27 19:14
私もその記事読みました。やたらに清潔第一の風潮なんかもそうですがひ弱な、生命力や好奇心のない人間たちばかりの世界って、かえって薄気味悪いです。
Commented by pallet-sorairo at 2014-12-28 09:49
☆saheiziさん
最後の画像の蛾に出会ったときは
さすがの私も「ええっ??△□×★~」って思いましたが…
でも、この蛾すごく面白いですよね?仮面舞踏会用のお面かと思っちゃいます。
「こうやって自分を大きく見せて身を守ってるんだなぁ」とか
子どもたちにも思ってほしいんだけどなぁ。困ったもんです。
Commented by tukinobo at 2014-12-28 13:57
虫の絵葉書、きれいですね~
色もあかるくてきれいだし。

近所に町の文房具屋さんというのも無くなりまして
こちらではいまはコンビニで、文房具を置いています。
ジャポニカ学習帳が並んでいたので、手にとってしげしげと
見てきました、ぼっちゃんと一緒だったので
表紙のことを話しながら。
内側になんページか、コラムがあるんですが
うちのこは小さいころ、そこを読むのが好きだったとかで、
そのページには、昆虫だのライオンだのの挿絵がまだ
健在であることを喜んでおりました。

ジャポニカ学習長の昆虫の表紙は今後
プレミアものになるのでしょう。
ふたたび限定とかで出したり、してくれないですかね。
しかも、この写真は同じものは繰り返し使わないんですってね。

子供らにきのこブームも来ていますし、
昆虫ブームも起こるといいなぁと思います。

http://tukinobo.exblog.jp/20625854/

うちのぼっちゃんと、クスサンという蛾の幼虫を
みつけたときのブログです、是非見てください。
うす緑色でとてもきれいなの。
カイコさんの仲間です。
Commented by アイ at 2014-12-28 14:38 x
>選択肢のたくさんある社会でありたいものだなって、
そうですね。
少なくとも、虫好きの子が肩身の狭い思いをするようなことにならなければいいな、と強く思います。
”2012@アルゼンチン”の蝶の南米での俗名は、スペイン語で”オチェンタ・イ・オチョ”。
日本語だと”88(はちじゅうはち)”の意味です。なるほど・・・でしょ?!
Commented by pallet-sorairo at 2014-12-28 15:05
☆yakoさん
ぼっちゃんは虫好き少年だったのね。
で、一緒にノート見に行った?んですね!
そうか、コラムには健在なのね、よかったですね。
教えてくださってありがとう。
クスサンの記事 ↑ 見ました。
クスサンの繭はよく見かけるんだけど(http://sorairo02.exblog.jp/17457751/)
幼虫と成虫の姿は初めて見るかも…で、幼虫がシラガタロウっていうのも初めて知りました。
面白いですね~。
こうやって話が弾んでいくととっても楽しいのにねぇ。
Commented by pallet-sorairo at 2014-12-28 15:11
☆アイさん
”オチェンタ・イ・オチョ”ですか♪なるほど!
さすが南米在住だったことのあるアイさんだ!
このチョウは羽根を開くととってもきれいなブルーでしたよね?(写真が撮れなかった)。
たっくさん飛んでたので私は見る度に「あっ、ぐるぐるチョウだ!」って思ってました(^^ゞ
Commented by mt_kawamin at 2014-12-29 07:39
palletさん おはようございます♪

ジャポニカ学習帳の表紙のイロイロ
本当にビックリでした
息子が小学生の時でも
過保護な親が多くてビックリだったのに
今やノートにまでクレームが付くなんて。
その内、昆虫が表紙を飾るジャポニカ学習帳はきっとプレミアム扱いですよ笑

蛾と言えば
妙高のトイレに驚く程たくさんの蛾がへばりついていて
戸を開けるのさえ躊躇したのを覚えてます
両手を広げる位の大きさは流石に度肝を抜かれますね(^^;;

今年もあと3日。
早いですね(*^^*)
Commented at 2014-12-29 07:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pallet-sorairo at 2014-12-29 10:16
☆かわみんさん
いやはやの親御さんが多くなってて、「モンスターペアレント」
なんて言葉が生まれるのもよくわかります。
でもさすがにトイレにたくさんの蛾は、ちょっと勘弁してだなぁ(^^;
最後の画像の蛾は両手ほどはないけど
私の手のひらいっぱいに広げても足りないくらいだったかも。
もっと巨大な虫もいるんでしょうね。
見てみたい…かも(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2014-12-29 10:19
☆鍵コメさま
喜んでもらえて嬉しいです。
ミシンかけが上手くできなくてへこんでたんですけど。
お目こぼしを~(^^ゞ
Commented by NON at 2014-12-29 13:07 x
知りませんでした。
昆虫の生態、観察すると面白いし、見た目が美しいものもあるのに、自然と接する機会がそれだけ減っていいるからでしょうか・・・
蛾や蜘蛛は確かに気持ち悪いけど、相手から何か仕掛けてくることは無い、子供の時、気持ち悪いながらも共存して生きてきた感があります。表紙に昆虫があってもの決して気持ち悪いものではないと思います。
除菌、除菌と騒ぎ、気持ち悪いから排除 何か間違っているような気がします。
Commented by pallet-sorairo at 2014-12-29 16:34
☆NONさん
私も、虫とか爬虫類とかほんとはけっこう苦手なんですが
でもね、じいっと観察してると引き込まれます。
虫たちにとって人間から「共生」なんて言われるのは迷惑かもしれないけれど、
気持ち悪いから目隠ししてしまうってとってもヘンですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード