そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

博物館に初もうで


1月4日、新年初めてのお出かけは上野の東京国立博物館へ。

d0288144_22341074.jpg

「博物館に初もうで」は東博のキャッチコピー(^^ゞ
1月2日から12日まで新春にちなんだ展示がされているのです。




d0288144_23053218.jpg
<2015.1.4(日)正面が東京国立博物館>

午前中とあってか、いつもは賑わっている上野公園のこの辺りもまだひっそりとしています。
大道芸人さんたちの熱演?もお客さんがまばらでお気の毒な感じ。
さて、

d0288144_14100522.jpg

その1「名品いっぱい! 新春特別公開!!」 の目玉は長谷川等伯の『松林図屏風』でした。
墨の濃淡だけで靄の中に浮かび上がる松林を描いているのだそうです。
う~む、描けそうで描けないこの感じ(^^ゞ
写真は可なのですが見学する人がいっぱい…で、リーフレットから拝借。

d0288144_22365339.jpg

その2は「特集 博物館に初もうで ~ひつじと吉祥~」
きょうの私はこれが一番楽しみでした。
さっそく、本館前庭に朝鮮時代・18~19世紀の羊の石像(通年展示)が置かれているのが目に入ります。
朝鮮では、高貴な人物のお墓の周りにこのような石像が置かれていたのだとか。


d0288144_22370401.jpg

d0288144_14463851.jpg展示室に入って私の目を一番に引いたのはこの『羊付耳飾』。
素朴な雰囲気の羊のシルエットが素敵です。
←解説。

これは今で言うイヤリングではなくピアスだと思うんですが、ずいぶん大きな通し穴を作らねばなりませんね。
痛そうだし重そうだし(^^;


d0288144_22372213.jpg

d0288144_14464732.jpg一番気に入ったのはこの『青玉筆洗(せいぎょくひっせん)』でした。
なんとも優雅な感じに魅了されます。
←解説。

筆を洗うのももったいないような筆洗ですが、洗ったらたちまち画も書も上手になるような気が(^^ゞ


d0288144_14260468.jpg

絵画や袱紗などにおめでたいモチーフが扱われたものがいっぱいの「吉祥」の部で気に入ったのはこれ。
葵のご紋の産着(うぶぎ)『納戸紗綾地宝尽模様(なんどさやじたからづくしもよう)』です。
どんな姫が着たのでしょう。
特にブルーの産着の色合いと模様の散り具合がとっても素敵だと思いました。

d0288144_22390206.jpg
<東博本館正面玄関ホールから上野公園方向を見る>

若冲の『松梅群鶏図屏風』とか『十二神将立像 未神』とか
まだまだたくさん見応えあるものがありましたがこの辺で。

実は、
きょうは黒田清輝記念館へ行くというもう一つの目的があっての「博物館に初もうで」だったのです。

★続きます(こちらから)
★写真はクリックで拡大します。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

おまけ
d0288144_22313790.jpg                                                                                                                           今晩(1月5日)は新年初の満月。
とってもきれいでしたね~。
旧暦11月15日だそうです。
なるほどね。










:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

by pallet-sorairo | 2015-01-05 22:53 | ちょっとお出かけ | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2015-01-06 10:06
混んでましたか。行ってみよう。
Commented by pallet-sorairo at 2015-01-06 10:28
☆saheiziさん
思ったほどでもありませんでした。
きょうからはもっと見やすくなるのではないかしら。
それより、これから記事作りますが黒田清輝記念館(東博並び)もおすすめです。
リニューアルオープンして2日から開館(特別室の公開は12日まで)しています。ぜひ。
Commented by tukinobo at 2015-01-08 21:50
palletさんへ

わぁ、青色の産着が、気になります~(笑)
松竹梅、鶴亀、おめでたい吉祥模様をちりばめた
お姫さまの着物なんて、すてきねぇ、
わたしには東京は遠いところだけれど、
palletさんの目を通して、こうして紹介されると
とても身近に感じます。

いいな、東博に初もうでかぁ(^-^)
黒田清輝も、教科書で見たなぁ、
本物にふれると、感動するんだろうなぁ。

モネやルノアールや、セザンヌ展があると
京都まで見にでかけた、娘時代を思い出しました。
それらは教科書で見るより、うんと大きかったのよ。
Commented by pallet-sorairo at 2015-01-09 20:18
☆yakoさん
この産着素敵でしょう!
明るいブルーが何とも言えない。
この産着をどんなふうに赤ちゃん姫にまとわせるんだろうって
考えてるとなんだかとってもワクワクします。
黒田清輝の本物見てね、本物の持つ力はやっぱりすごいと思いました。
yakoさんもいつか上京する機会があったらぜひ見てね。

そうそう教科書で見るよりうんと大きいものってある。
私の場合は「玉虫厨子」だった。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード