そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

款冬華


二十四節気「大寒」初候(新暦1月20日~24日ごろ)は「款冬華(ふきのはなさく)」。
「款冬華」、わたし読めませんこれ(^^;

大寒は一年で最も寒い時期ですが
蕗の花が咲き始め、雪の下からぽつりと顔を出す頃でもありますということのようです。

d0288144_23173008.jpg
<2015.1.23.散歩道で>

まちの中で蕗の花を見るのはたぶん無理…
でも私、散歩道に河津桜が咲き始めているのを見つけてしまいました(^^ゞ

d0288144_00575523.jpg
<2015.1.23. 冬枯れの枝に止まるムクドリ>

「もう?」と、ちょっとびっくり。
「款冬華」…地面の下では春の支度が着々と進んでいるんですね?!


by pallet-sorairo | 2015-01-23 23:19 | 散歩道 | Comments(2)
Commented by hanamomo06 at 2015-01-24 15:44
こんにちは。
>款冬華
きれいな言葉ですね。
ふきのはなさく、かんとうはなさくと読むのですね。
こちらも雪が少なく、ふきのとうが顔を覗かせているかもなんて思いました。(たぶんまだでしょうが)
河津桜の可愛い色と水の色がとてもきれいですね。一枚の絵のようで感動しました。
Commented by pallet-sorairo at 2015-01-24 19:38
☆hanamomoさん
「款冬華」は「ふきのとうはなさく」と呼んでいる本もありました。
どちらが正解ということでもないと思いますが、一応お知らせしておきますね。
で、「款(カン)」と言う字を調べてみましたら「まごころ」って言う意味があるみたいです。
ふきのとうの花は「まごころの冬の花」?!
水の色、ありがとうございます。
水面が揺れていたので不思議な感じに撮れました(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite