そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

第二十五候 蟷螂生(かまきりしょうず)


(今年は)6月6日から二十四節気は芒種(ぼうしゅ)に入り、
七十二候は第二十五候 蟷螂生(かまきりしょうず)となった。

あの卵はどうなっているかしら。

d0288144_16322729.jpg
<2015.4.22.@散歩道>

春らんまんのころ、散歩道で細い木に産み付けられた蟷螂(かまきり)の卵を見つけた。

d0288144_20174442.jpg
<2015.6.5. @散歩道>

レンズを通してズームにしないと細かなところが見えないような、ちょっと離れたところにある卵。

d0288144_16222062.jpg
<2015.6.5. @散歩道>

後ろ側からのほうが近そうなのでぐるっと廻りこんでレンズを向けてみた。
あれ…
カマキリの子どもがわらわらと出てくるところを見てみたいと思っていたのに
すでに「もぬけの殻」かも。

どうやら、
花にも生き物にも、今年の季節はいつもより早く巡っているようだ。



★写真はクリックで拡大します。
★カマキリ(参考サイト)。


by pallet-sorairo | 2015-06-07 09:28 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2015-06-07 10:24
七十二候の改訂版が要るかも。
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-07 12:24
☆saheiziさん
改訂版作るの大変だから
「半月ほど前倒しでご覧ください」って
どこかに注意書き入れたほうがいいかもですね(^^;
Commented by shizenkaze at 2015-06-07 23:19
今見えるものと季節のズレ・・・・・
時々私も感じますし人の話も耳にします~
でもよく考えれば昔から言い伝えられている季節暦は『旧暦』なのでそれを考えるとあまりズレていないように思います・・・・・
最近私は花を見に出かけたりする時には旧暦の暦を参考にすることもあります~

カマキリに夢中になって毎日のように触れたり覗き込んだりしていることを『カマキリに構い切り』って言うとか言わないとか・・・・・(#^.^#)
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-08 13:58
☆shizenkazeさん
私もいまいちよくわかっていないのですが
二十四節気については「立春」から始まっているので
時期としてはあんまり変りないように思うのですが、
どうなんでしょう…。
いずれにしても、地球温暖化を実感するこの頃です。
「構い切り」終了っていうところです(^^ゞ
Commented by hanamomo06 at 2015-06-08 20:13
こんばんは。
先月、ラジオ深夜便で川上ミネさんというピアニストが『ピアノで奏でる二十四節気七十二候』と題して出演されました。
72曲作ったようです。
その一部紹介されとてもきれいな曲ばかりでした。
その豊かな発想に感動しました。
そらいろさんのことを思いましたよ。

蟷螂の卵、もう巣立ったあとでしたか。
私たちの前にはいつごろお出ましかな?
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-09 09:56
☆hanamomoさん
季節感あふれる72曲なんですね、素晴らしいです。
聞いてみたかったな。
ちょっと探してみますね♪
カマキリ、観察し甲斐ありそうでしょ(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード