そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

編み物上手  ナガコガネグモ

あれ~ずいぶん目立つクモの巣だなぁ。
遠くからはなんだかイマイチわからなかったけれど
近寄ってみたら、クモさんいるじゃないですか。

d0288144_21162307.jpg
<2015.6.8.@散歩道>

そうか、こうやって隠れてて
獲物が来たらムシャムシャと食べてしまうのね?
お名前は??と調べてみたら、ナガコガネグモっていうみたいです。

d0288144_21102420.jpg
<2015.6.20.@散歩道>                                 
d0288144_21000586.jpg                                                              
新しい編み物を始めているクモがいたので写真を撮ろう近づいたら
私に気づいてさささっと円網の端に避難?してしまいました。
どうやら、そういう習性があるようです。
←編み始め部分(ピンボケですが)。 

d0288144_12121307.jpg
<2015.6.15.@散歩道>

で、この編み物?って「隠れ帯(かくれおび)」とか「白帯(はくたい)」とか
「スタビリメンタム(stabilimentum・英)」とか言うんですって。
クモの円網に付けられた糸の装飾だというけれど、
もちろん飾りのためだけに小さなからだでこんな手間暇かかることするはずありませんよね?

★隠れ帯(Wikipedia) ←解説読むと面白いです。

d0288144_12335681.jpg
<2015.6.15.@散歩道>

もうすぐ咲きそうなアガパンサスの葉っぱの間に巣を張っていたのです。
私が如何にきょろきょろしながら歩いているか、わかってしまう(^^ゞ


d0288144_12214807.jpg
2012.4.25.@石老山

そう言えば、ずいぶん前にUFOみたいと思ったクモの巣があったのを思いだした。
ピンボケですが、ヤエヤマウズグモって言うクモの巣に似ていますよ。



なんだか、クモの巣探しをし始めそうな予感(^^;



★写真はクリックで拡大します。
★クモの巣で思い出した記事があるので写真追記します(6/23)。

d0288144_12283998.jpg

<露を編む>


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



by pallet-sorairo | 2015-06-22 10:34 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(12)
Commented by ゆき at 2015-06-22 12:46 x
わ、おもしろ。
「たくさんのふしぎ」3月号がクモの糸の話だったよ~。
Commented by hanamomo06 at 2015-06-22 18:23
本当に編み物上手!
息子が3年生頃、蜘蛛を飼ったことがあります。壺のようなものをつくってそれに卵を産みました。
感動でした。
Commented by moraisan at 2015-06-22 18:44
こんばんは。
クモを良く観察される方は案外少ないのではないでしょうか?
ヤエヤマウズグモなんて、名前を知ってる人は少ないでしょうし^^
私は幼い頃、クモが大の苦手でした。恩師に勧められた本『クモの話』(北隆館)で一念奮起‥クモの飼育をしたりしましたが、あまりの種の多さに負けて、当時からあまり知る種は増えてません^^;
今後もクモを題材にした楽しい記事、期待したいですね。

Commented by pallet-sorairo at 2015-06-22 21:34
☆ゆきさん
「たくさんのふしぎ」3月号、
まだどこかで手に入るかしら(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-22 21:37
☆hanamomoさん
壺のようなものに卵ですか?!
クモの卵って
わらわらとたくさんかえるのかしら。
見てみたいですね、その瞬間(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-22 21:41
☆moraisanさん
たまたま目にしたクモの巣です。
いつも「偶然目にして調べて載せる」の自転車操業なのです(^^;
でも、こういうのって面白いので
またなにか面白いものあったら載せますね(^^ゞ
Commented by ゆき at 2015-06-22 22:22 x
まだ発行元の福音館にバックナンバーの在庫があるみたい。
でもたいていの公共図書館にあるでしょう。
最近ご縁があって図書館で借り出して読みまくってるの。
その中で特に手元に置いておきたい何冊かを買い込んじゃった。
古いのなんかAmazonで。
Commented by shizenkaze at 2015-06-22 23:44
何となく悪戯書きみたいで楽しいですね~(*´∀`*)
こんな蜘蛛の巣ばかり見ていたら芥川龍之介さんの小説が違っていたかも知れないですね~(*´∀`*)

近付こうとすると蜘蛛が何処かへ行ってしまうでしょ?
きっと『蜘蛛ン行くもん~♪』って勉強しに出かけるのかな~?^^
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-23 12:42
☆ゆきさん
さっそく図書館児童室で借りてきましたよ(^^v
大人の本5冊借りたので、
残り5冊分で「たくさんのふしぎ」バックナンバー借りました。
相変わらずわくわくする本だねぇ(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-23 12:43
☆shizenkazeさん
そうか!くもんに行って勉強してるのね。
クモさんもなかなか大変ですねぇ(^_-)
Commented by unburro at 2015-06-23 14:10
「たくさんのふしぎ」懐かしい!
我が家にも、子供たちが小さい頃のが、そのままにおいてあります。

ウチの長男は、蜘蛛好きで、自分の家に出没する脚の長いヤツに
名前をつけて、仲良くやっている様です。
ゴキブリをやっつけてくれるので、頼りになる、とか。
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-23 21:51
☆unburroさん
「たくさんのふしぎ」や「かがくのとも」懐かしいですよね。
大人が読んでも満足感いっぱいで楽しいです。
クモ好きな方、案外多いのかな?
頼りにもなるんですね、うふふ(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード