そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

江戸東京たてもの園


11月27日(金)
遠出はできないけれどお天気続き。
前から行ってみたかった武蔵小金井の『江戸東京たてもの園』へ行ってきました。

d0288144_17401940.jpg

江戸・東京下町のまちなみ復元。
正面は子宝湯。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


『江戸東京たてもの園』は都立小金井公園の中にあります。
私は初めて訪ねましたが、この公園は都立公園最大級の規模なんだそうです。

d0288144_17411444.jpg

きれいな青空に向かって大きな樹々が気持ちよさそうに背伸びしています。
ちょうど皇帝ダリアが花盛りで、これも空に向かってすくすく。

d0288144_17412613.jpg

裸木の下に並ぶベンチもおしゃれ。
こんなところで小さなお子さんやワンちゃんと一緒にお散歩できるって羨ましいです。

d0288144_17445841.jpg

さて、たてもの園に入ってみます。
シルバー料金は200円(^^ゞ
すでにお昼近いので、まずは下町仲通りにあるといううどん屋さんを目指しますが…
おや、居酒屋がありますよ。入ってみましょう。

d0288144_17451897.jpg

1856年(安政3年)ころに建てられた『鍵屋』さんは、
震災・戦災を免れて昭和後年まで営業していたんだとか。
作家など有名人も集ったようです。
でも、女性だけのお客は断られたんですって、あらら(^^ゞ

d0288144_17460305.jpg

お隣はお風呂やさんの『子宝湯』(1929(昭和4)年)。
元は足立区千住にあったそうです。
私は東京・下町育ちなので、もちろん小さいときはこんなお風呂やさんに行きました。
竹籠や脱衣所周りの濡れ縁などとっても懐かしい。

d0288144_17462912.jpg

遠足(校外学習だね)に来ていた小学生も浴槽に入ったりして楽しそう。
おいおい、覗きたいのはわかるけどそっちは女湯?だよ!
おばちゃんにお湯ひっかけられちゃうよ~(^^。

d0288144_20082218.jpg

『小寺醤油店』(1933(昭和8)年)。
港区白金で営業していたそうです。
昭和30年代はこんなレジスターだったかも、たしかに見覚えがあります。
おっ、サントリーオールドが置いてありますね(^^ゞ

d0288144_20084600.jpg

左はお花やさん、右は鍋・釜・やかんなど扱う荒物屋さん。
建物の間の路地に入ってみます。
裏には長屋が続いているんですね!面白いです。

d0288144_20085834.jpg

路地から振り返り見た通りの向こうは左が「看板建築」と呼ばれる造りの『植村邸』、
右が乾物屋の『大和屋本店』。
d0288144_20093506.jpg

この辺りの建物は昭和初期のものが多そうです。
あっ、ついつい懐かしくて下町ばかり歩いてしまいました。
めざすうどん屋さん(休憩棟)で武蔵野うどんを頂いてから山の手通りに向かいましょ。

d0288144_20122607.jpg

何度も建築雑誌などで見ていたこの切妻屋根、内部吹き抜けの建物は
ぜひ見たかった『前川國男邸』。
プライベート部分(キッチン・バス・トイレ・寝室)とのつながり方も素晴らしく
全体が実にシンプルで美しい。
折から高い窓のガラスを通して差し込む日差しが
室内に窓枠の模様を作り出しているのもなかなか素敵でした。

d0288144_20141441.jpg

さすが三井家の邸宅と思わされた『三井八郎右衛門邸』。
下町の長屋を見てきたばかりの目には
「さすが…」とつぶやきがひとつ出るばかり(^^;

d0288144_20142434.jpg

庭園を含めた高橋是清邸や大きな格式ある農家の建物、
近年まで大切に住み続けられたというモダンな小出邸など興味深い建物を次から次へと見ていると
けっこう時間がかかります。

d0288144_20143687.jpg


デ・ラランデ邸は明治時代の建物ですが、増築された後1999年まで新宿区信濃町に建っていて
三島食品(カルピス)の事務所として使われていたのだとか。
ここはいま喫茶室にもなっていてお茶やお食事ができるので
見学を最後に回してついでにお茶してから帰ることにしました。

d0288144_20145487.jpg

けっこうしっかりと全部の建物を見たのでもう4時近く。
お昼前後には賑わいを見せていた園内もすっかりひっそりとしてしまいました。
さてさてもう帰りましょう。
我が家まで帰るには、ラッシュの始まる新宿駅を通って行かなくちゃなりません。
あらら(^^ゞ

では~。

江戸東京たてもの園HP


by pallet-sorairo | 2015-12-05 09:46 | ちょっとお出かけ | Comments(4)
Commented by tukinobo at 2015-12-06 22:21
パレットさん、こんばんは。

江戸東京たてもの園、すてきなところですね、
それに良いお天気だこと。
子宝湯、面白そう(^-^)
服のまま、お風呂に入れてこどもは喜ぶね。
美しい邸宅めぐりも楽しそうだな~、

愛知県の犬山には、博物館明治村があって
朝ドラの撮影をよくしています。
雰囲気が似ているわ。
Commented by pallet-sorairo at 2015-12-07 15:50
☆yakoさん
以前から行ってみたいと思っていたのです。
「田園調布の家」とか言われると、
どんなお家だったのかとちょっと覗いてみたくなりますよね(^^ゞ
明治村にはずいぶん前に行ったことがありますが
江戸東京たてもの園は都内に所在したものだけなので
雰囲気はよく似ていますが、規模が全然違います。
ところで、今回、見たいと言っていた東京駅は見てきたのかな?
市川からだったら総武横須賀線一本でつながっていたんだけれど。
Commented by amanojakusan at 2015-12-08 11:11
高橋是清邸の隣に西川邸というのがあったでしょう?
父の友人の家で、子供の頃訪れたことがあったので
江戸東京たてもの園で出会ったときは驚くとともに
懐かしかったです。昭島市から移築されたものです。
最もお隣さんがあまりにも有名なので記憶にないかも。
Commented by pallet-sorairo at 2015-12-08 11:49
☆Mr.amanojakusan
製糸業をしていたという西川家別邸ですね。
高橋是清邸と反対側に玄関を向けて立っていたので
見逃しそうでしたがちゃんと見てきました。
実際に使われていたこういうお宅を拝見するのは
実に楽しかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード