そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

4/19 春の渡り鳥など@谷津干潟


渡り鳥のシギやチドリは、南のオーストラリアから北のシベリアまで約12,000キロを渡る旅鳥。
毎年、谷津干潟では3月中旬から5月にかけて旅の途中に立ちよったシギ、チドリでにぎわいます。
(谷津干潟自然観察センター内の掲示板より)。


この日は途中で思いがけずダイサギ(チュウダイサギ)の婚姻色をみたので、
ルンルン気分で自然観察センター(年間パスポート買ってあります(^^ゞ)へ到着です。


d0288144_22113497.jpg
<ホウロクシギ/今年は4月10日が初認日@谷津干潟>

ここにも望遠鏡を熱心に覗いているお嬢さんがいました。
「何が見えるんですか?」「ホウロクシギです。どうぞ」
またまた覗かせてもらいます。
日本に飛来するシギの中ではよく似たダイシャクシギとともに最大級だそうです。
対岸の干潟で行ったり来たりしながら餌を探しているようでした。

d0288144_22321559.jpg

対岸まで行く途中でもいろいろ寄り道していてずいぶん時間が経ってしまったのにまだ餌探しの最中!
お陰で、あきらめていた写真が撮れてラッキーでした。
おやおや、あんなに長い嘴を持っているのにさらに首まで突っ込んでいますよ。

d0288144_21091392.jpg

なので、首を出した時にはずぶ濡れ(^^ゞ(上の写真とは違う個体です)。
カニやゴカイなどを食べるのだそうです。
辺りにはボラの稚魚など群れなして泳いでいるのにね。


d0288144_22131841.jpg
<コチドリ/今年は3月18日が初認日@谷津干潟>

観察舎内から淡水池を眺めていたらちょうど目の前に飛んできてくれたコチドリ。
何年か前に私の散歩道でも一度だけ見かけたことがあったのですが
こんなにはっきりとお目にかかるのは初めてです。
目の周りの黄色い縁取りがかわいいですね!
4年連続で谷津干潟への春の渡り一番乗りだったそうです。


d0288144_22135751.jpg

この子はだれでしょう?
それでなくとも何がなんだかわからないのに、ちょっと遠くてあんまりはっきりしません。
でも、目の上の白線が印象的です。

d0288144_22140048.jpg

今度、観察センターのレンジャーに聞いてみましょう。( ★換羽前のダイゼンだそうです。5/5追記)。
もしかして ↓ のダイゼンの換羽前でまだ冬羽?なんても思いますが嘴の尖り具合が違うみたいだし。
                         

d0288144_22140634.jpg
<ダイゼン 夏羽>

この子は夏羽になるのがずいぶん早かったんじゃないでしょうか。
これなら私でもダイゼンだとわかります。
キジバトよりやや小さいチドリ(私の覚えのためのメモ)。

d0288144_22141433.jpg
<ダイゼン 夏羽へ換羽途中>

換羽する鳥たちは、季節によって私にはまったく違う鳥に見えますが
ベテランのバードウォッチャーは違いがみんな頭に入っていてすごいです。
そばにいればすぐに教えてもらえるんですが(^^ゞ


d0288144_22115189.jpg
<スズガモ♂ スズガモ♀ オナガガモ♂>  

さて、
こちらは冬からずっと居付いていてまだ旅支度もしていないカモたちの仲間。
まだいろいろいましたが、この日はスズガモが一番多かったかもしれません。
のんびり日向ぼっこしてるみたいだったけれど、あらあら見る間に潮が満ちはじめましたよ!

d0288144_22115602.jpg

「ねぇ、あなた。いつまでも座り込んでいないでくださいな。
 ほら、オナガガモさんは泳いで行っちゃったじゃないですか。」

d0288144_22140272.jpg

そうこう言っているうちにすっかり潮が満ちてきて
ふと目の前の水面に目をやれば…えっ?えっ?えぇっ?!!
こんな方が満ち潮に乗ってやって来たではありませんか。

びっくり~~~。



★鳥の名前など間違っていましたら教えていただけると嬉しいです。
★写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2016-04-25 09:16 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)
Commented by saheizi-inokori at 2016-04-25 09:42
楽園ですねえ、この辺りにも鳥はいるのですが、ちゃんと見えて区別できるのはスズメとカラスに鳩、声はすれども。
Commented by pallet-sorairo at 2016-04-25 11:32
☆saheiziさん
私も、ついこの間までそうでした。
今だって、図鑑と首っ引きです(^^;
Commented by unburro at 2016-04-25 14:29
知ること、が、見えること、につながるのですねえ。
そして、見ることによって、また、知ったことが深まる。
鳥も花も、名前って大切ですね。
AKBとかの女の子たちも、みんな同じ顔に見えるけれど、
名前を知ると、ちょっと見分けがつくようになる、みたいな…^_^;
Commented by pallet-sorairo at 2016-04-25 21:11
☆unburroさん
名前が付くことによって個が立ち上がるのだと思います。
と言っても、AKBとかの女の子たちの名前は
覚える気力がもはやありません(^^;
Commented by こんの at 2016-04-26 07:31 x
えっ?えっ?えぇっ?!!

 マンタのコドモ ?(笑)
Commented by PC-otasukeman at 2016-04-26 12:19
谷津干潟・・・素晴らしいところですね。
コチドリ以外は初めて見ました。
野鳥撮影は本当に楽しいですね。勉強になります。

ホオジロの件、ありがとうございました。
図鑑で調べれば一目瞭然ですね。
ホオジロの名前は聞いたことがありますが、スズメのような鳥とは思いませんでした。
岩屋堂39種類目の野鳥です。
カモにも色々な種類があるようですね。これからもご指導ください。
Commented by pallet-sorairo at 2016-04-27 10:42
☆こんのさん
えっ?えっ?えぇ~い!!!
エイは水族館で見るものと思っていたので
びっくりでしたぁ(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2016-04-27 10:48
☆PC‐otasukemanさん
谷津干潟はラムサール条約で保護された世界的にも貴重な干潟ですが、
以前はゴマ粒を撒いたくらいたくさん来ていた渡り鳥が激減しているとのことです。
地球温暖化などで鳥の渡り自体が変化してきているのでしょうか。
私も鳥見は始めたばかりです。
ご一緒に学ぶお仲間がいて嬉しいです。
Commented by wawa38 at 2016-04-29 10:26
わぁ・・・
鳥をこんなに上手く撮れるなんて!

名前がわかって嬉しいです。
Commented by pallet-sorairo at 2016-04-29 12:46
☆wawaさん
いえいえ、遠くにいるのでコンデジではなかなかうまく撮れません。
いっぱい撮ったうちのわずか1・2枚なんです(^^;
名前もいつも
「★鳥の名前など間違っていましたら教えていただけると嬉しいです。」
ですから(^^;;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite