そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

白黒の昆虫


会いたいと思っていたこの方とやっと出会えましたよ ♪

d0288144_14594437.jpg
<ラミーカミキリ / 2016.6.27.@東京都・檜原村>

ホルスタイン種の牛を思わせるような姿はなんともキュート!
もともと日本にいた種類ではなく、
明治初期に中国大陸から輸入されたラミーという植物にくっついて入ってきたらしいとのこと。
そういえば、何となく異国の匂いがする?


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


昆虫の名前などとんと知らずに、
ちょうちょ、蛾、ばった、クモ…なんて呼んでいたのに
なんで、こんなトシになってから興味を持ち始めたんだろ(^^ゞ

d0288144_11314167.jpg
<ゴマダラカミキリ / 2014.7.6.@散歩道>

もちろん今だって、知らないことだらけだから
名前を知りたいときには「昆虫 白 黒」なんて検索して探している。

d0288144_23580173.jpg
<ヨコヅナサシガメ / 2016.5.18.@散歩道>

こんなとき、ネットってほんとに便利だと思ってしまう。
で、「白 黒」とか「黒 白」で探し当てた名前の昆虫がいくつか集まったのに気が付いた。

d0288144_12230131.jpg
<アカスジキンカメムシ / 2016.4.9.@高尾・小下沢林道>

これは「白 黒」で検索したら出てきたのだけれど
よくよく光に透かして見ると確かに赤っぽい色が見える。

さすが、プロは見逃さずに名前を付けているが、
それでもなぜか「白 黒」で検索できるのがなんだか可笑しい。

d0288144_12232115.jpg
<ゴマダラチョウ / 2016.5.12.@散歩道>

この上の4枚はみんな今までにアップ済みの物だけれど
集めてみてあらためて自然の造形の多彩であることに感心してしまった。

d0288144_22451302.jpg
<コトラガ / 2016.5.29@大菩薩登山口>

ゴマダラ…といえば先日見かけたこの蛾も白黒ごまだら模様のようだと思ったけれど、
これは胴体の色合いからのネーミングなのだろうか。
「白 黒 蛾」ですぐに名前がわかったのだったが。

d0288144_12202889.jpg
<(ピンボケですが)ホタルガ / 2016.6.27.@東京都・檜原村>

ひらひらと飛んでいる姿はチョウかと思ったがガだった。
それにしても、触角が立派なのにはチョウびっくり。
いでたちがなんだか悪魔っぽい。

ところで、ガとチョウの区別はなかなか難しいらしく
「ガでないのがチョウ、チョウでないのがガである」などと言う解説を
どこかで読んだことがある。

d0288144_23160715.jpg
<モンシロチョウ / 2016.6.1@散歩道>

あれっ! 
「白 黒 蛾」ときたら、調べるまでもないけど「白 黒 蝶」で真っ先に思い出すはずの
この方を忘れちゃいけませんでしたね(^^ゞ

d0288144_15035489.jpg
<スジグロシロチョウ / 2016.6.27.@御岳山>

でも、モンシロチョウと思っていても
実はこのスジグロシロチョウであることの方が多いらしいです。




梅雨時だというのに関東地方にはほとんど雨が降らず
深刻な水不足の夏になりそうです。
例年ならこの時期は、関東は雨でも上越・東北は晴れている場合が多いので
今年は東北への山行を計画しているのに
天気予報が刻々と変わってなかなか出かけられません。

山友のみなさんはどこへお出かけかなぁと思いながら
さて、それじゃ私はこれからちくちくでも始めようか
という晴天の土曜日朝です。



では~。



★参考;虫マトリックス(こちらから)。 

★写真はクリックで拡大します。
★間違いなどありましたら教えていただけると嬉しいです。


by pallet-sorairo | 2016-07-02 10:16 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(12)
Commented by fusk-en25 at 2016-07-02 10:31
60年も前のことですが、ごまだらカミキリムシはそのころまだ家の庭にもいました。
私は子供のころ、昆虫採集が好きでした。得意といったほうがいいかもしれない。
蝶も蜻蛉も蝉も手で捕まえて。。
今でもモンシロチョウを手で捕まえてやると孫がびっくりします。笑。
ついでに関係ないけれど金魚すくいも得意なんです。
他の子供の遊びはまるっきりできませんでした。
ゴム段跳びも。鉄棒も。かけっこもできなくて、ちょっと惨めな子供でした。
Commented by mother-of-pearl at 2016-07-02 17:01
お見事!です。なんと美しい命!!
昆虫採集に明け暮れ、蚕を飼い、蝶々の羽を顕微鏡で見ていた私には、
まさに空翔ぶ宝石!

登山の傍ら、虫や草花にも目を止めるパレットさん!
お声をかけたくなる何かがやっぱりあったのですね~!

素敵な昆虫図鑑、ありがとうございました。
Commented by echalotelle at 2016-07-02 17:44
花をはじめ植物や、雲など、自然は芸術だと思いますが
虫はおしゃれですね♪
虫たちをお手本にして編み物や刺繍をしたくなります。
虫の種類は、こちらより日本の方がずっと多い気がします。
ちくちく、進んでますか~?(*‘∀‘)
Commented by pallet-sorairo at 2016-07-02 20:53
☆fuskさん
昆虫少女でしたか(^^。
私は東京下町(スカイツリーがあるところ)で生まれ育ったので
小さいころは虫と言えばアリか蚊か蠅か蜘蛛か…って、あらら。
でも、ゴム段跳びも鉄棒もかけっこも…遊びは得意でしたっけ(^^ゞ
あっ、金魚すくいは私も得意でした。
夜店のおじさんに嫌がられたかも。
懐かしいです。
Commented by pallet-sorairo at 2016-07-02 21:02
☆mother-of-pearlさん
おやおや、motherさんも昆虫少女でしたか!
蝶々の羽を顕微鏡で見ていたとは本格的でしたね、すごい。
登山は自然の中を歩くので、
花や虫や動物、道々に現れる岩や石の様子、雲の動き、風の音や土の匂い等々
知らず知らずのうちに全身で感じているのだと思います。
とりもなおさず、それが登山の楽しみでもあるのですが。
なんて、ちょっとカッコつけすぎですね(^^;
Commented by pallet-sorairo at 2016-07-02 21:08
☆echalotelleさん
虫はほんとにおしゃれだと思います。
ラミーカミキリなんか、おしゃれなベストなんか着ちゃって
いまにもタップダンスでも踊り出しそうですよね ♪
日本は湿度も高いし温暖だから、虫も多いのかしら?
ちくちく、今日はちょっと進みましたが、
まだ、何になるのか全体像がはっきりと現れるまでは行きません。
もう少ししないとダメかなぁ(^^。
Commented by wawa38 at 2016-07-02 22:08
あらぁ、面白い虫! ラミーカミキリ。
こんなん、写真でも初めてお目にかかります。

自然の造形、蛾でもなんでも美しいですね。
こんなに虫やら蝶やら撮れて、いいなぁ。
私も探してみようっと(^_^
Commented by linden2151026 at 2016-07-03 05:56
palletさんは何でもなさるのね。
いつも登山の様子をよませていただいて、私も山に登りたくなりました。
いろいろな種類のカミキリ虫がいるんですね。
Commented by tihiro58 at 2016-07-03 09:04
驚きました、色々あるのですね、虫たちにも。
モンシロチョウを勘違いしていました。新しい知識をありがとうです。
わたしは虫という感じでしかとらえていなかったのですが、一つ一つ種類があって蝶でも、テントウムシでも、蛾でもおソロカニはできないと思いました。これからは気を付けて観察してみようと思います。

わたしは体力がないので山登りはできないので、あなたのブログで観察します。^^
Commented by pallet-sorairo at 2016-07-03 10:06
☆wawaさん
ラミーカミキリ、面白いでしょう!
私は写真で見ていて、ぜひ本物をと願っていたら会えました。
wawaさんの写真、いつもいいなぁって拝見しています。
探して、撮って、見せてね。
待ってます(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2016-07-03 10:09
☆lindenさん
>palletさんは何でもなさるのね。
lindenさんにそう言われるとかなり焦ります(^^;;;
山登りは楽しいですよ! 
ぜひ!!
Commented by pallet-sorairo at 2016-07-03 10:11
☆tihiro58さん
なんだろうと観察し始めると
目が離せなくなったりします。
楽しいです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード