そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

ギャベ(GHABE・GABBEH)


カラリとした秋晴れの日。
部屋に風を通しながらちょっと模様替えでもしようかしらと思う。
とりあえず、夏の間しまっておいた絨毯を引っ張り出して裏返し、丁寧に掃除機をかける。
あれっ? 端っこに貼ってある紙は何だったろう。
MADE IN IRAN…ふむ、イランか、そうよねペルシャだものね…遠いな、あっ絨毯の出生証明ってとこね。


d0288144_13523461.jpg


GHABE(ギャッベorギャベ) ともありますよ。
ギャベはもともとはペルシャの遊牧民がベッドのようにして使っていたという絨毯。
その重い形状から「ギャッベ(garbage=ゴミ)」と言われて
ペルシャ絨毯の中でも商品価値のないものとして扱われていたのだとか。
でも、近年その素朴な雰囲気が好まれるようになって市場が拡大し
はるばるわが家にもやってくるようになってきたということなんですね。


d0288144_13524490.jpg


遊牧民の暮らしを映す素朴なデザイン、自然の草木で染めた柔らかな色合い。
羊毛で織られているので夏涼しく冬暖かいのが何よりだし
手織りの持つ温かみに織った人のことを想像する楽しみまでが加わるのがまた嬉しい。
今回の成り行きで思いがけずあちこちのサイトを当たっていたら
結婚の際には3枚を織り上げて嫁入りするならわしだったなどとの記述も見かけたし
あらためて、織り込まれている模様のそれぞれの意味も知ることができた。


d0288144_13524816.jpg


「長寿」や「健康」を願い樹齢の長い糸杉やナツメヤシなどをモチーフにした樹木『生命の木』。
大切に子育てをする『鹿』は「家庭円満」を、『羊・山羊』は「不自由のない暮らし」を意味し、
四角形の『幸せの窓』は「幸せを呼び込む」入り口で、「邪悪なものを防ぐ」意味を持っているのだそうだ。
花咲く牧場に羊や鹿が遊んでいて可愛い模様だとは思っていたが
それぞれにひたむきな願いが込められているのを知れば一段と愛着も湧くというものだ。


d0288144_14224088.jpg


夏の間楽しんだグリーンカーテンもなくなってすっきりとし、
クッションカバーを秋色に取り換えたらこの小さなリビングも少しは秋らしくなったかな。
幸せな暮らしの願いを込めて織られ、はるばる遠い国からやってきたギャベ。
100年以上長持ちするとも知ってびっくり、
ずっと大切にしていかなくちゃと思った爽やかな秋の日の昼下がり。





by pallet-sorairo | 2016-10-22 09:22 | 街暮らし | Comments(18)
Commented by unburro at 2016-10-22 12:46
ギャべ(ギャッベ)…素晴らしい!
梨木香歩「からくりからくさ」で、読んで以来憧れています。
シルクロード関係のテレビ番組などで映る度に、コレコレ!と
指差して画面に張り付いて、見ています。
お宝ですね〜いいなぁ〜
Commented by mother-of-pearl at 2016-10-22 13:42
素敵な旅を想わせて頂きました。

と~っても深みのある色合いですね。

今、好きで足繁く覗いているインテリアショップの、憧れの壁の色に似ていて、見とれていました。

良い週末を!
Commented by sternenlied at 2016-10-22 15:25
この絨毯はこちらでも人気があります。
絨毯の模様のシンボルにそんな意味合いが込められていたとは!
初めて知りましたが、教えていただいて嬉しく思います。
うちには一室にチベットの絨毯を敷いております。
Commented by fusk-en25 at 2016-10-22 18:38
イラン人だったら、この絨毯の上で毎日何度もお祈りをするのかなあ。。。
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-22 22:27
☆unburroさん
unburroさんにそう言われてお宝かもしれないと思い始めました。
『からくりからくさ』も読んだはずなんですがギャベが出て来たの覚えてないです。
あとで探してみましょう(^^;
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-22 22:32
☆mother-of-pearlさん
外国から来たことにあらためて気づいてみると
たしかにはるか遠い国の人々の暮らしなど想って、旅に出た気持ちがしますね。
わずかなグリーンのグラデーションがあるのですが、
毛足の向きや太陽の差し込む方向によっても微妙に色が変化します。
目にも優しい色合いのような気がします。
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-22 22:38
☆sternenliedさん
ドイツの方はこういったどちらかというと曖昧な?色は好みではないような気もしますが
やっぱり素朴な雰囲気が心をつかむのかもしれませんね。
チベットの絨毯、見てみたいです。
敷物一つとってみてもいろいろなお国柄が見えてきそうです♪
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-22 22:41
☆fuskさん
イスラムの方は、お祈り用のmy絨毯を持ち歩く方もいるそうですから
お祈りはもう少し毛足の短い軽い絨毯でするんじゃないかななんて思います。
ギャベは小さくともちょっと重たいです。
Commented by cyaa9090 at 2016-10-23 10:08
先日、この絨毯の事をテレビ放映をしていました。
土足生活の上100年経過していても
より味わいが出て新品の様に綺麗だと。
使われた素材の事も話していました。

sorairoさんのブログを拝見して絵に込められた家庭円満を願い
生活に密着している絨毯なのですね。
物に込められた意味を知ると疎かにできませんね。
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-23 14:32
☆cyaaさん
テレビで放送してたのですか?!見たかったです。
わが家にはもう一枚これの半分くらいの大きさのギャベがあるのですが
それはもうたぶん20年以上経っています。
でも、端に出ている糸のフリンジ部分が少しまばらになってきたかなと
思えるだけで後はあんまり買った時と変わりありません。
この分ならほんとに100年も長持ちしそうです。
Commented by haru_rara at 2016-10-23 15:53
こんにちは。
素朴な模様に色々な祈りがこめられていて素敵です。
そういう物語を知ると愛着もいっそう増しますね。

旅先で求めた布類、今はしまいこんでいますが、飾ってみたくなりました。
Commented by saheizi-inokori at 2016-10-23 22:24
なんとも言えないいい色ですね。
こんな部屋に暮らしたい!!
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-10-23 22:55
私もいい色だなぁと思いました。
それに素朴な模様。
幸せな暮らしの願いを込めて織られた絨毯。
いいお話ですね。
セーターのアラン模様を思い出しました。
一つ一つの模様に願いが込められているのは同じですね。
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-24 08:32
☆haru_raraさん
それまで何気なく見ていた模様にこんな意味が込められていたのかと
なんだか愛おしくなりました。
もしかしたら孫かひ孫の誰かが100年後もこのギャベを使っていてくれるかもしれないな
なんて想像するのも楽しいです(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-24 08:35
☆saheiziさん
>こんな部屋に暮らしたい!!
たったこれだけの小さなスペースなんですよ~(^^;
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-24 08:40
☆PochiPochiさん
ありがとうございます。
あらためてギャベの持つ魅力に気が付いて、大切にしようという思いが湧きました。
アラン島の女性たちが夫の無事や豊漁を願ってセーターを編むように
ギャベにもいろいろな想いが紡がれているのでした。
それぞれに気持ちがこもるのが手仕事の素晴らしいところなのですね。
Commented by tukinobo at 2016-10-26 22:07
こんばんは。
ギャベ、きれいな空色で、すてきです(^-^)
似たようなものを、家具やさんで見かけたことがあります。
羊毛なのですね。
鹿は家庭円満、羊と山羊は不自由ない暮らし
四角の窓はしあわせの入口、
すてきな願いのじゅうたんなのね。
これから、見かけたら、ぜひちゃんと見たいと思います(^-^)
Commented by pallet-sorairo at 2016-10-27 22:09
☆yakoさん
あらら、yakoさん家のPCでは空色に見えますか?!
実際の色はグリーンのわずかなグラデーションなんですが
光の当たり具合や毛並みでちょっと違った色合いに見えるので
そんなところもまた、味わいなのかもしれません。
高級品には凝ったデザインもあるようですが、
こんな風な素朴なものの方がギャベらしいななんて思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite