そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

その通りです/ウミネコ。


久しぶりに谷津干潟へ。


d0288144_11544325.jpg
<2016.10.31月曜日@谷津干潟>


朝の青空はどこへやらの曇天にあんまり見るものもなさそうだと思いながらぶらぶらと。


おや、あれはウミネコみたい。

あの目つき、ちょっと苦手、でも撮っておこうか。

家に帰ってから一応確認のためにWikipediaなど当たってみる。


以下、Wikipediaの「ウミネコの解説文から抜粋


d0288144_11251614.jpg


全長44-48センチメートル[5]。翼開張120-128センチメートル[2][4][7]体重0.5-0.6キログラム[5]。頭部や体下面の羽衣は白、体上面の羽衣は黒灰色[4][7]

d0288144_11260494.jpg

尾羽も白いが内側尾羽10枚の先端付近が黒く[3][4][5][7]、英名(black-tailed=黒い尾をした)の由来になっている[1]。翼上面は黒灰色[7]。初列風切先端は黒く、先端に白い斑紋が入る個体もいる[6][7]

d0288144_11255810.jpg


嘴は太く頑丈[1]。種小名crassirostrisは「太い嘴の」の意[1]。嘴の色彩は黄色で、先端が赤くその内側に黒い斑紋が入る[3][4][5]。後肢の色彩は黄色[4][5][7]




自分の撮ってきた写真を見ながらこういう解説文を読むと「ふむふむなるほどその通りです」と、

そうと知らずに撮ってきた鳥の形態の特徴が余すところなく書かれているのに

いつも感心させられる(って、私なんかが言うことじゃないけれど)。


この日の干潟にはアオサギとチュウサギとコサギとカワウばかりが目立ったが、

歩いて行くうちには、スズガモやオオソリハシなども私の視界に入ってきた。

そして、

大きなカメラを構えた方からはミサゴの食事風景が見えると教えてもらったし、

私と同じような散歩中の方は「あそこにカワセミがいるよ」とそっと目配せして指差してもくれた。

こういう方々は知識豊富で、何を見ているのかと問えば喜んでいろいろと教えてくれるのだ。

実物を目の前にしていろいろと教えてもらえるのだからこんなに面白いことはない。


いよいよ干潟の楽しい季節が始まった。



★写真はクリックで拡大します。

その通りです。第2弾/カワセミ&ミサゴ。



by pallet-sorairo | 2016-11-03 10:27 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)
Commented by saheizi-inokori at 2016-11-03 10:40
いい散歩道があって、いい人に会えて羨ましいなあ、海猫は珍しいのですね。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-03 11:06
☆saheiziさん
ウミネコはそんなに珍しくはないのですが
ここで見かけるのは私は初めてだったような気がします。
あの目つき、いつ見てもコワイんです(^^;
この日の収穫はなんといってもミサゴの食事風景でした。
ちょっと遠くて写真がボケているのでアップしようかどうか迷っています。
谷津バラ園にも寄りたかったので、楽するために電車で往復。
あんまり散歩にならなかったです(^^ゞ
Commented by sternenlied at 2016-11-03 14:39
ウミネコってカモメかと思ってました(汗)ドイツ語版のウィキで確認してみたら、
ドイツ語ではJapanmöwe、日本カモメと書かれていて、やはりカモメの一種かとホッ(笑)
バルト海や北海にも似たような鳥を見かけるのですが、カモメ科は種類が豊富なようですね。
最近近くの運河にもたくさんのカモメの群がやってきました。
暖かい季節になると、どこかに行ってしまうのですが、毎年秋冬の間はずっといるようです。
Commented by mother-of-pearl at 2016-11-04 12:07
木々や草花の名前に詳しく、山歩きが充実しているだけではなく、
海辺を歩いても雲を眺めても、マンホールの蓋に描かれている図柄も、
全てを流さず解明していらっしゃるのですね!
私はpallet-sorairさんに出会ってから、如何にボ~ッと歩いているか、に気付きました。

昨日も新宿公園の周りをぐるりと歩いてみたのですが、
携帯で写真を撮りながら、えっとこれ何の木だっけ?ま、いっか!と
ダラダラ歩いてしまいました。

名前が分かったら楽しいですよね!
名前が無い植物は無い、とおっしゃったのは昭和天皇でしたね(確か・・)。

いつも勉強になりますm(__)m
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-04 12:38
☆sternenliedさん
鳴き声が猫に似ているのが和名の由来のようです。
日本カモメと言われるとは初めて知りました。
留鳥になっているようですからなんでしょうか?
私のいつもの散歩道には冬になるとユリカモメがたくさんやってきますが
春になって北の国に帰る頃には頭部が黒くなるので
こちらは英名Black-head Gull というようです。
いくつかアップした中からご紹介(^^ゞ
→  http://sorairo02.exblog.jp/22859653/
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-04 12:47
☆mother-of-pearlさん
なんかほめ過ぎ(^^;
散歩はだらだらぶらぶらとが一番、大正解ではありませんか!
「百科事典」と「新聞縮刷版」が現役時代の愛読書でした???
ってこともないですけど、調べ物はけっこう好きなんです(^^ゞ
ほんとは、何気ないことを何気なく書けるといいなぁと思うのですが。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-11-04 20:23
ウミネコ。
名前は知っていたけれど、実物は見たことがなかったです。
ウミネコと聞けば、谷村志穂の小説「海猫」を思い出すのみ。
なんとも貧弱な知識で…😓
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-05 17:07
☆PochiPochiさん
ウミネコ、嘴がドイツ国旗みたい(色の順番が違うけど)でしょう?
なかなかの強面だと思いませんか(^^ゞ
谷村志穂『海猫』私はまだ読んでいません(^^;
映画にもなったようですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite