そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

11/13 牛ノ寝通り・錦繡の山を行く


d0288144_18371639.jpg
<牛ノ寝通り/2016.11.13>

大菩薩峠の東へ延びる牛ノ寝通りは、
その名の通り寝そべった大きな牛の背中を思わせる長い尾根です。
錦繡とはこのことかと思うような色とりどりの林の中を
気持ちの良い小春日和の日に、山友のはなねこさんと歩いてきました。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

d0288144_18511250.jpg

甲斐大和駅発のバスは増発されてつごう3台。
私たちの乗ったバスからは、石丸峠登山口の小屋平で20人ほどの人が下車しました。
この辺りのカラマツの黄葉はもう終盤のようです。

d0288144_18511717.jpg

30分ほどの急登をこなすと富士山がきれいに見えるようになって、今日のお天気に感謝です。
後ろから追いついた足の速い若者たちに道を譲ると
「いい天気でサイコーっすね」とはじけるような笑顔を見せて抜いていきます。
おば(あ)さんはこんな時、街ではこんなこと絶対あり得ないよなぁと嬉しくなります。
葉をすっかり落としてしまったダケカンバの白い幹が銀色に輝いています。

d0288144_19182816.jpg

さて、標高1900m辺りから見たきょうの富士山。
ずいぶん暖かなので靄っていていまいちクリアーでないのが残念ですが
雪を頂いた富士山はやっぱりため息が出るほど美しいです。

d0288144_18513164.jpg

登山口から一時間ほどで石丸峠(1925m)まで登ってきました。
左手に見えている小金沢山の右手に富士山、
残念ながら写真ではよくわかりませんが、
そこからずずずっと南アルプスの白い高峰が続いているのが一望できます。
手前下方に見える水面は上日川ダムです。

d0288144_18513666.jpg

石丸峠を過ぎて振り返れば、
ビロードのような笹原に覆われた熊沢山(1990m)がきょうも気持ちの良い斜面を見せています。
下左手奥に雪をかぶった南アルプスも見えますよ!
小金沢山に隠れてしまうので富士山が見えるのもこの辺りまで。
では、もう一度しっかり見ていきましょう。

d0288144_18514222.jpg
<天狗棚山から奥多摩方面を見る>

石丸峠を過ぎ今日の目的地・牛ノ寝通りへ向かいますが、
その前にちょっと脇へ逸れて、分岐から湯ノ沢峠への道に入り景色の良い天狗棚山へより道してみます。
手前に見えているのが牛ノ寝通りですね?ふむふむなるほど牛の背中のようです。
奥に見えるのは奥多摩三山や雲取山から鷹巣山の石尾根でしょうか。

d0288144_18515042.jpg

先ほどの分岐に戻り牛ノ寝への道に入れば、しばし急な下りが続きます。
落ち葉に埋まる登山道には木の根や岩屑などが隠れていて、うかうかしているとずるりと足を取られそう。
慎重にと思いながらもたくさんの落ち葉に上を見上げれば、
紅葉などとっくの昔に終わっているみたい、あらら。

d0288144_18515432.jpg

しかし心配ご無用。
だいぶ下ったころ、紅葉が現れ始めました。
樹々の間から見えるより低い向こうの斜面は今紅葉真っ盛りのよう。
このまま行けば私たちも錦織りなす中に身を置くことができそうです。

d0288144_00262067.jpg

わっ、金色のブナだ!

d0288144_00262576.jpg

わっ、色とりどりだ!

錦を広げたかのようになってきた紅黄葉を見てはそう胸の中で思い、声にも出しながら進みます…
でも、実のところは写真を撮るために何度も立ち止まるのでなかなか進まないのです。

d0288144_18521518.jpg
<榧ノ尾山(1429.4m)>

素晴らしい紅葉に時の進むのを忘れて到着した榧ノ尾山で、大急ぎでお昼を済ませます。
ちょっとタイムオーバーかも。
写真を撮るのもほどほどにしないとねと思っていたら、
反対側からやってきた男性が「この先はもっとすごいよ」と。

d0288144_18522309.jpg

うむ、先が思いやられる。

d0288144_18525062.jpgd0288144_18525445.jpgd0288144_18530053.jpg
d0288144_18532015.jpgd0288144_18530927.jpgd0288144_18532524.jpg

ほんとだ、立ち止まらずに行くなんて無理かも…。

d0288144_00171452.jpg

赤や黄に混じって時折、緑のままの葉もあるななどと思いながら歩いていると
突然のように辺り一面が金色になりました。

d0288144_18534728.jpgd0288144_18535105.jpgd0288144_18540324.jpg
d0288144_18540611.jpgd0288144_18541124.jpgd0288144_18541679.jpg
d0288144_18580453.jpgd0288144_18581196.jpgd0288144_20541296.jpg

しばらく金色の林の中を進みます。
前を見ても後ろを見ても上を見ても下を見ても…金色です。

d0288144_18583682.jpg

ふっと鮮やかな色が途切れると、枯れた朴の葉などが散らばるようになりました。
中にヤツデのような形の大きな枯葉。
「はなねこさ~ん、この葉っぱなにかしら?」
静かな林の中に私の声が響きます。

d0288144_00263860.jpg

「あっ、カラマツの黄葉が少し残ってる。青空もきれいね~。」
ここまでまるで息を呑み込むかのように声も出さずに来た二人、
ちょっと雰囲気が変わってほっとしたような気分だったかもしれません。

d0288144_18585264.jpg

おやっ、一枚の葉っぱの中にも淡いグラデーションが見えますね。

d0288144_18582151.jpg

紅いモミジの落ち葉が目立つようになると…
右手に真っ赤な林が見えてきました。

d0288144_18590150.jpg

はなねこさんが登山道を離れて、吸い込まれるようにその紅い林に向かって行きます。
「あんまり、深入りすると危ないから~」と言いながらも私も誘惑を避けきれず
後を追うように進んで行きました。

d0288144_18590403.jpg


急斜面の始まる際まで行って覗き込むと「うわっなにこれ?!!」
真っ赤なモミジが一面を屏風のように覆っているのでした。
(パノラマモードで撮った写真は少し赤が強いですが、実際の雰囲気とあまり変わらないように思います。)

d0288144_18590999.jpgd0288144_23400599.jpg
d0288144_18591580.jpgd0288144_18592533.jpg
d0288144_18594465.jpgd0288144_18594859.jpg

先ほどすれ違った3人パーティにオオダワはもうすぐと聞いたのに、なかなか着きません。
でも、こんなお地蔵さま?を見かけたからもうすぐかな。

d0288144_18595304.jpg
<オオダワ>

登山地図上で棚倉小屋跡となっているオオダワは、松姫峠からのルートとの合流地点。
榧ノ木山同様ちょっと開けていて休憩の適地ですが今日は時間が押しているのでスルーします。
あまり人と出会わなかったこの日ですが、ここでちょうどそちらから二人パーティがやってきて、
モロクボ平まで抜きつ抜かれつ行くことになりました。

d0288144_18595802.jpg

そろそろバスの時間も気になってきたし、紅葉も堪能したので少しピッチを上げて進みましょ。
すると、「チャリが来たわよ~」後ろを歩くはなねこさんから声がかかります。

d0288144_19000292.jpg

「なぁにぃ??」と振り向くと、すぐ後ろにこんな人たちが数人連なっています。
みんなで自転車を抱えて私たちを追い抜くと「行くぞっ」と再びサドルにまたがってひゅぅ~っと出発。
「気を付けてね~!」の声の届く間もなく見えなくなってしまいました。
山の楽しみ方も、それぞれ、です。

d0288144_19002238.jpg

暖かだったきょうの日差しもだいぶ西に傾いて、
この時期になってもなお薄緑色の葉っぱ(なんだろう)に柔らかな光を投げかけるようになりました。
目指す小菅の湯ももうすぐです。

d0288144_19003344.jpg

暗い植林の中の急斜面のジグザグ道に入ると、以前からあまりよくない私の膝がちょっと悲鳴を上げ始めました。
終盤になってピッチを上げ過ぎたせいもあるけれど、なんと言っても2か月ぶりの山歩き、身体は正直です。
それでも時々ストレッチしながらなんとか歩き続け、
たわわな柿のなる里に降り立った時には正直言って「ほっ」としましたです(^^ゞ

d0288144_18203017.jpgd0288144_18203653.jpgd0288144_18204134.jpg
d0288144_18204678.jpgd0288144_18212510.jpgd0288144_18214775.jpg

今年は見ずに終わってしまうかと思っていた山の秋。
飛び切りの紅葉を堪能できてとっても嬉しかったです。
はなねこさんありがとう。

ああ楽しかった。

★長いレポ、最後までご覧くださってありがとうございます。
★写真はクリックで拡大します。

はなねこさんのレポ『はなねこ山』は(こちら)から。


2016.11.13(日) 牛ノ寝通り・小屋平~小菅の湯(私たちのCT/立ち止まり多し)
(往)JR高尾7:06-甲斐大和8:01/8:10(栄和交通バス)ー小屋平8:50頃
(歩)小屋平9:00-石丸峠10:05-天狗棚山往復-分岐10:35-榧ノ尾山11:40/12:10-オオダワ(棚倉小屋跡)13:45-モロクボ平14:25-小菅の湯15:05.
(復)小菅の湯(富士急山梨バス)15:25-JR上野原16:45/17:07(ホリデー快速富士山2号)-新宿18:06.
★トイレは各最寄り駅と小菅の湯。小屋平BSにはありません。
★バス情報

おしまい。



by pallet-sorairo | 2016-11-16 14:45 | 山歩き2016 | Comments(26)
Commented by koruko-yuki at 2016-11-16 15:52
一緒に行けたらよかったなぁ。
今年は赤い紅葉の記憶が寂しいの。
金色はたっぷり見たけど。
Commented by インレッド at 2016-11-16 21:15 x
今晩は。
牛ノ寝通りの紅葉は素晴らしいですね、昨年の今頃に小屋平
から石丸峠に出て、牛奥雁ヶ腹摺山迄いきましたが、その折
そこから牛ノ寝通りを眺め、良さそうな尾根だなーと思いました。

まあ2ヶ月も山に行かずに良く我慢が出来ましたね。
Commented by はなねこ at 2016-11-16 21:57 x
pallet さん 今回もありがとうございました。
素晴らしい紅葉黄葉を堪能できましたね。
おまけに静かで、ホント「心ゆくまで」という感じでした。
 
いろんな写真を撮っていますね。
私ったら、おんなじようなものばっかり 何枚も (^^;
次は、もっと視点を変えなくては・・・
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-16 22:02
☆ゆきさん
残念だったね。
ドンピシャの時期で、素晴らしかった。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-16 22:05
☆インレッドさん
以前にも紅葉の時期に歩いたことがあるのですが
今年はお天気も紅葉も申し分なく、素晴らしかったです。
はなねこさんとちょっとお噂してたんですが、くしゃみ出ませんでしたか(^^ゞ
>まあ2ヶ月も山に行かずに良く我慢が出来ましたね。
毎日が日曜日のワタクシにもいろいろありまして、えへへ(^^;
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-16 22:12
☆はなねこさん
こちらこそ(^^。
秋の山へ行かずに過ぎてしまうと思っていたのに
あんなに見事な紅葉を見ることができて本当に満足満足でした。
ご一緒していただいて嬉しかったです。
私も同じような写真ばかりで選ぶのもしんどくて、
ごちゃごちゃとたくさん載せてしまいました(^^;;
Commented by unburro at 2016-11-16 23:43
金色の森、写真を拡大して楽しませていただきました。
美しすぎて、言葉を失いますね。
紅葉も見事。

最近は、片道徒歩20分までの行動範囲なので、
こんなに素敵な山の景色を見せていただいて、
深呼吸したような
広々とした気持ちになりました。
ありがとうございます。
Commented by ヒサ at 2016-11-17 00:02 x
いいお天気でしたね。
ブナやカラマツの黄葉、好きです。
秋の森に射す柔らかな陽光、大好きです。
ありがとうございました。
Commented by mimi-74 at 2016-11-17 06:34
全部拝見して「あぁ楽しかった!」と心の中で呟き、眼をモニターへ移すと”ああ楽しかった。”とありましたから、又楽しくなりました。
偉大な自然の中に入ると人も本来の善さを取り戻しますね。
で、私もお天気が好いと外へと足が向いてしまいます。
Commented by こんの at 2016-11-17 07:56 x
拝見しました  スバラシイ!
はなねこさんのもいいですねぇ

ありがとうございます
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-17 09:21
☆unburroさん
諦めていた今年の山の秋。
あんな素晴らしい紅黄葉に出会えてすごく嬉しかったです。
そして、リハビリ頑張ってらっしゃるunburroさんにも喜んでいただけて
ほんとに嬉しいです。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-17 09:22
☆ヒサさん
>ブナやカラマツの黄葉
私も大好き。
カラマツはちょっと遅くて残念でしたが
素敵な一日でした。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-17 09:25
☆mimiさん
>で、私もお天気が好いと外へと足が向いてしまいます。
そうして撮ってくださったカリフォルニアの鳥や小動物や植物を見て
私もいつも「ああ、きょうも楽しかった」とつぶやいています(^^。
ありがとうございます。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-17 09:27
☆こんのさん
こんのさんのところで天童の素晴らしい里の秋を拝見しながら
秋の山を想っていました。
日本の秋は本当に素晴らしいですね♪
Commented by saheizi-inokori at 2016-11-17 09:42
私も膝がすぐ痛くなるのですが、こうして拝見していると楽してうっとりです。
やっぱり歩きたいけれど。
Commented by sanpo at 2016-11-17 15:41 x
palletさん  こんにちは~

牛ノ寝通りの紅葉、やはり素晴らしいですね~!
あそこは広葉樹林がずっと続くので、いつまでも歩いていたい素敵な尾根ですよね。
今年は高山の紅葉が残念なようでしたが、1500m以下の山々はきれいに色づきましたね。
私もあちこち紅葉名所の山も気になりましたが、今年はこの季節に行ったことのない山を歩いてみました。

Commented by pallet-sorairo at 2016-11-17 19:32
☆saheiziさん
お互い加齢?には勝てないようですね。
でも「楽してうっとり」していただけて嬉しいです(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-17 19:35
☆sanpoさん
榧ノ尾山で、あの時sanpoさんこの木株に座ってたなぁって思いながら
同じ木株に座っておにぎり食べました(^^ゞ
紅黄葉ドンピシャの時期で素晴らしかったです。
HP毎回拝見してますよ♪
Commented by echalotelle at 2016-11-17 23:04
これまた懐かしい名前の山々!!
晩秋の山、日本の紅葉!たっぷり堪能しました。ありがとうございます♪
カサカサした葉の感じ、吸い込まれそうになる真っ赤のモミジ、牛の背のような尾根・・・いいわ~。(*‘∀‘)
高い山への意欲は小さくなりましたが、大菩薩の辺りならまた行けるかな~なんて思いました。雲取は3回くらい登ったのでとても懐かしい!
この富士山の写真は、最高ですね。(^_-)-☆
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-18 08:47
☆echalotelleさん
いつもechalotelleさんが届けてくださるフランスの美しい秋を
羨ましく思っていましたが
おっとどっこい、日本の秋も負けずにきれいですよ~(^^ゞ
牛ノ寝通りは石丸峠まで登れば後はずっとだらだらと下るだけなので
比較的楽々歩けるんです。
echalotelleさんなら、まだまだ楽勝なはず。
今度帰国なさったらぜひ歩いてくださいな♪
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-11-18 11:45
晩秋の山歩き。
素晴らしい景色、紅葉を堪能されたようでよかったですね。
やっぱりpalletさんには山歩きがよく似合うわ!と。
私は昨日平地で綺麗な紅葉とモネの絵を楽しんできましたよ。
家から自動車で1時間余りのところに素晴らしい山荘美術館があります。
5500坪の庭園がなんとも素晴らしい。
これから度々行きたいなぁと思いました。

Commented by linden2151026 at 2016-11-18 12:51
素晴らしい紅葉ですね!ありがとうございました。
私も山々を眺めてる気分でした(^^)
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-18 17:35
☆PochiPochiさん
PochiPochiさんのところあとでコメントに行こうと思ってました。
大山崎、私もだいぶ前に行ったことがありますが、庭園の記憶があいまいです。
お近くとは羨ましいです。

>やっぱりpalletさんには山歩きがよく似合うわ!と。
一応、ブログジャンル「登山」をメーンにしていますので(^^;
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-18 17:36
☆lindenさん
ご一緒に歩いた気分になっていただけるのが一番嬉しいです(^^。
ありがとうございます。
Commented by amanojakusan at 2016-11-21 06:00
このルートは13年前の冬に陽だまりの山歩きを楽しみました。
当時より登山者が多くなったのにはびっくり。
バスが開通したせいかしら。
そのときは石丸峠の登山口までタクシーを使いました。
小菅の湯はちょうど建て替え工事で入れず残念でした。
今回は紅葉の牛ノ寝通りの様子を楽しませていただきました。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-21 09:43
☆Mr.amanojakusan
私も初めて行った時は上日川峠から入りました。
栄和交通のバスは有難いのですが、この時間帯だけなので私は朝4時起きです(^^;
6年ぶり3度目の牛の寝を歩いてから到着した小菅の湯には道の駅などできていて
紅葉真っ盛りのこともあり凄い賑わいでびっくりしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite