そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

11月22日/二十四節気・小雪(しょうせつ)


11月13日日曜日、朝日新聞朝刊の朝日歌壇に目が留まる。
同じ紙面に、まるで、こだまするような二つの歌が並んでいて(高野公彦選)、
とても印象的だったからだ。 

 期限切れの仲間うろつく期限切れ弁当狙って深夜二時です (ホームレス)坪内 政夫
 悴み(  かじかみ)し指でひたすら葉書かく坪内さんの街に冬来る (男鹿市)天野美奈子
)
作者の坪内さんと天野さんは、朝日歌壇への投稿者であると同時に読者でもあろう。
天野さんはまた、しばしばこの歌壇に登場する坪内さんの歌の愛読者でもあるに違いない。
そして二人は、お互いに新聞紙上でしか知らない者どうしのはず。

秋田県男鹿市はこの時すでに初雪をみていただろう。
そんな北国に暮らす天野さんの歌からは、
どこに住むとも知らない寒空の下のホームレス歌人坪内さんのことを思いやる様子が
じんわりと伝わってきて読む者の胸を打つ。


d0288144_23230397.jpg
<11月13日 @牛ノ寝通り

さて、本日11月22日火曜日
二十四節気・小雪(しょうせつ)。
北風の冷たさが、日々はっきりと感じられるようになります。北国では里にも雪がちらつくことがありますが、まだ本格的な寒さには至りません。ちょっとした雪、の意としての「小雪」です。
★『くらしのこよみ』平凡社より

「ちょっとした雪」としてもホームレスの人々にとってはさぞ辛かろう。

深夜2時であればなおさらのこと。
天野さん同様に私も、遠くから坪内さん(たち)がこの冬をどのように過ごすのかと想うばかりなのが
なんとも歯がゆい。

今朝の天気予報によれば「明日夜から東京は雪かも」とも。
私の住む辺りはまだ寒暖を繰り返しているが、どうやらそれもきょうまでということのようだ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今朝6時前、福島県で震度5弱という地震があり、首都圏の我が家でも大きな揺れを感じて飛び起きてしまった。
すぐにテレビをつけると福島県には津波警報が出ていて、画面には「すぐにげて!」の文字があった。
地震発生2時間後に仙台港で1.4mの津波を観測しているが、
今現在、大きな被害は出ていなくとも警報はまだ解除されておらず警報の地域も広がっている。
まだ油断しないようにとのことだ、自然は人知を超える。

あっ、たった今「警報」が「注意報」に変更され始めた。
どうやら今日のところはひとまずの危険が少しは遠のいたということだろう、少しほっとする。


by pallet-sorairo | 2016-11-22 09:49 | 街暮らし | Comments(14)
Commented by unburro at 2016-11-22 10:37
私は、朝起きてすぐつけたテレビの、「すぐにげて!」の赤い文字で
地震を知りました。
ニュージーランドの地震の後、続かなければいいが、と
思っていたところなのに…

天災も人災も、弱い人に大きく災いします。
寒空の下のホームレス、復興途上の東北のみなさま。
被害が広がりませんように、祈るだけです。
Commented at 2016-11-22 14:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by linden2151026 at 2016-11-22 19:28
昨夜娘に聞いて驚いています。どうか東北の皆さまのご無事を願うばかりです。震災の時にボランティアで行った石巻の方々も思い出しました。
朝日歌壇のおふたりの歌はじんときますね。

Commented by saheizi-inokori at 2016-11-22 21:58
私も朝日歌壇・俳壇をさっと斜め読みしますが、こういうことには気がつかなかったなあ。
育った長野市の人の句はファンみたいによく読みます。
なんか故郷の頼りみたいな気がするのです。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-22 22:18
☆unburroさん
>天災も人災も、弱い人に大きく災いします。
ほんとに…。
地震もまだしばらくは油断ならないということですし
明日からは寒さが厳しくなるとのことなので余計に心配です。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-22 22:27
☆鍵コメさん
>ホームレスで有りながら歌心のある人など存在不可能です。
お国のホームレス問題は見聞きする以上にかなり深刻なのですね。
でも、詩心のある人が全くいないとは断言できないしたくないと
どこかで少しでも思われることもあるのではないですか?
>平和で豊かな国のホームレスの歌人。若い人達の将来が心配。
私もとても心配です。
歌を詠むような人がホームレスになっているという現状に暗澹たる思いがします。
Commented by hanamomo08 at 2016-11-22 22:30
こんばんは。
坪内 政夫さんの歌、胸に迫りますね。
それをあった事のない男鹿の天野さんが詠む。
こんな歌のやりとりが雪待ち月の寒い日には暖かいですね。
天野さんは地元新聞の歌壇でもよく上げられる方で、私も好きな方です。
私も今日はお天気がよかったので軽装で出かけたら寒さが身に浸みました。
小雪だったのですね。
明日は雪になるでしょう。
今日よりも10度下がるそうで、そろそろ覚悟しなければ。

れみちゃんかわいい!
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-22 22:32
☆lindenさん
今のところあまり大きな被害は出ていないようですが、
今回も津波が白波を立てて川をさかのぼっていく様子が見られ
テレビ画面で見ているだけでも怖かったです。
たぶん、坪内さんは図書館で新聞を読み、
少ない所持金の中から52円の葉書を買って投稿しているのだろうと思います。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-22 22:41
☆saheiziさん
たぶん坪内さんとは違う方だと思いますが、数年前にもホームレス歌人の方がいらしたのです。
体調思わしくないような歌が続いた後で、ある時からぷっつりと投稿がなくなり、
次には、愛読者であった人たちから
どうしたかと心配する歌がしばらく続いたことがあったのを思い出しました。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-22 22:50
☆hanamomoさん
この歌にも感じることですが
坪内さんは時折ほんとにホームレスなの?と思うほど深刻ぶらない歌を詠む方だと思います。
これからの季節、体調崩さずに乗り切ってほしいです。
>天野さんは地元新聞の歌壇でもよく上げられる方で、私も好きな方です。
秋田の方なので、hanamomoさんもしかしたらご存知かな?と思っていました。
Commented by haru_rara at 2016-11-22 23:21
ちょうど短歌のことを考えていたのです。
明日は関連の本を探しに街へ行きたい、と。

お二人の歌、胸にしみます。
これから始まる長い長い冬・・・地震のあった今日、改めて、見ず知らずの人たちの無事も祈りました。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-11-22 23:59
朝日歌壇、よく読みますね。

坪内さんの歌、身につまされます。
これからだんだん寒くなっていく時に、
ホームレスの人たちは一体どのようにして過ごすのだろうかと
、よく思います。

不運にもホームレスになってしまった人、
非正規で働く人の多い社会。
格差がだんだんと大きくなり、政府は無関心。
やりきれない思いです。

以前カーディフに行った時、図書館でよくホームレスの人達を
見かけました。少なくともと図書館が開いている時間帯はそこで過ごせるから寒い冬場でも暖かいのでしょうが、夜はどうするのだろうかと
思ったものです。日本ではどうなんだろうか?

再び地震、怖いですね。
気をつけてくださいね。



Commented by pallet-sorairo at 2016-11-23 10:31
☆ハルさん
地震、まだ油断ならないようです。
お気をつけて。
見ず知らずの人たちの無事を祈る気持ち大切にしたいです。
誰にもこんな気持ちがあったら、争いなど起きないはずなのに…。


Commented by pallet-sorairo at 2016-11-23 10:43
☆PochiPochiさん
自らを「期限切れ」と詠む坪内さんの気持ちがやりきれないです。
私の利用する図書館にも以前はホームレスと思われる方が何人かいましたが
社会的に問題視されるようになると、民間警備員の方の巡回が始まって
最近はほとんど見かけなくなりました。
でも、たぶんどこも入館拒否しているわけではないはずなので、
坪内さんは朝日歌壇の載った新聞(いつもは月曜日)を
火曜日(月曜日は休館日の所が多いので)に読みに行くのだろうなと想像しています。
寒さに向かうこれからの季節、どうか無事に乗り切ってほしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite