そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

サイドバー/ロゴ画像 2017年1月

サイドバーのロゴ画像については新年早々にお知らせしようと思っていたのに
なかなかチャンスがないまま月半ばを過ぎてしまいちょっと慌ててます(^^;
さて。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

d0288144_23320354.jpg

=私の山歩き街暮らし空の色=
散歩道でみかける鳥や虫や花も。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2017年最初のロゴ画像図案は「コンドル」。
酉年にちなんでペルーの『ナスカの地上絵』から選んだ鳥のモチーフです。


2012年、アルゼンチンとペルーを旅しました。

d0288144_09495119.jpg

で、これはその時のおみやげの水笛です。
色も形も幾種類もある鳥の中から選んだうちのひとつはコンドル(右側の鳥)でした。
ペルーと言うことで『コンドルは飛んでゆく』のメロディーが浮かんだんですね、きっと。

d0288144_14243267.jpg

ドライブの休憩地で見かけた二人の娘さんたちから水笛を一つずつ買って、
写真も撮らせてもらいました。
はにかみながらおみやげ売りをする娘さんたちがとても印象的だったのを覚えています。

d0288144_09522140.png

ロゴ画像のための鳥を「ナスカの地上絵」からと思って探していたら
そこにコンドルを見つけ、懐かしくこの娘さんたちのことを思い出したのでした。

あの娘さんたち、いまどうしているでしょう。
もうおかあさんになっていたりして(^^。



★残念なことですが、
 天候が読めないなどの理由で私たちはナスカには行ってないのです。
★画像はクリックで拡大します


by pallet-sorairo | 2017-01-18 09:22 | ブログだより | Comments(12)
Commented by kotoko_s at 2017-01-18 11:09
ナスカの地上絵、この赤い糸の刺繍はほんとうに素敵です。
数ある「とり」の中で、すてきなモチーフを選ばれましたね。
ペルーは訪ねてみたい。娘さんたちのはにかんだ笑顔がとても美しいですね。
Commented by mother-of-pearl at 2017-01-18 11:29 x
ナスカの地上絵を実際にご覧になったのですか!!
凄い!
私の憧れの旅(マチュピチュとナスカ)を既に実現なさっていたのですね~

電車に揺られながらロゴ写真を見つめ、彼方の空に心を飛ばしています。

遠くの国の人々の笑顔に温かい気持ちになりました。
Commented by sternenlied at 2017-01-18 14:14
ナスカの地上絵のコンドル、刺繍っていうところがとても素敵です!
去年、ナスカ地上絵研究のパイオニアでこの地上絵を保護しようと
身を捧げていたドイツ人の研究家マリア・ライヒェの伝記を読んでいたのですよ。

ペルーに行かれてたのですねえ?!
Commented by pallet-sorairo at 2017-01-18 14:14
kotokoさん
ありがとうございます。
ナスカの地上絵は一筆の線書き刺繍にぴったりなので選んでみました。
kotokoさんの古布のクッションカバーもとっても素敵ですね。
ペルーのこの娘さん(特に左の)の持つものに通じる素朴さと美しさと温かみを感じました。
次の作品、楽しみにしています。
Commented by pallet-sorairo at 2017-01-18 14:24
☆mother-of-pearlさん
言葉足らずでごめんなさい。念のため★追記しました。
ナスカは天候によっては飛行機が飛ばないというので最初から旅程に入れなかったのです。
私の第1希望はマチュピチュへはインカ道を歩いて入りたいということだったので、
こころ魅かれましたが譲歩しました。
全体として素晴らしい旅でしたが、
私はむしろナスカよりチチカカ湖を訪ねなかったことを後悔しています。
Commented by pallet-sorairo at 2017-01-18 14:32
☆sternenliedさん
高度順化しながら旅をするというのがいかにもペルーらしかったです。
ツアー旅行だとナスカはほぼ旅程に組まれているようですが(^^ゞ
実物を見るということでは、
アルゼンチンのイグアスの滝の凄さが私にはとても印象深く残っています。
旅っていいですね。
Commented by mother-of-pearl at 2017-01-18 17:48 x
追伸:またしてもフライング!大変申し訳ないm(__)m
わざわざ旅程を追記して頂きありがとうございました。

予定通りにいかないこと自体を旅の楽しみ、と思っています。

その意味でも素晴らしい旅をなさいましたね。

チチカカ湖、の名を知ったのはまだ子供の頃でした(^.^)
Commented by pallet-sorairo at 2017-01-18 21:29
☆mother-of-pearlさん
いえいえ、紛らわしい記事の作り方、気づかせていただいてありがたかったです。
で、mother-of-pearlさんの世界の飛び回り方だったら、すぐにでも行けるはず。
次の休暇にアメリカからひとっ跳びなさったら如何でしょう(^^ゞ
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-01-18 22:26
こんばんは。

いいなあ。
学生の頃から一番行きたかった場所。
でももう無理かな?
ナスカの地上絵のコンドルですか。
赤い糸だけの刺繍が効いていますね。
すてきです!

「エル コンドル パッソ 」だったかな。
「コンドルは飛んでいく」この曲は大好きな曲。
ウィーンのケルントナー通りでインディオのグループがケーナを奏でながら演奏していて、子供達はその前にどかっと座り、大喜びで何度もなんどもコインを入れに行っていたのを思い出します。
Commented by pallet-sorairo at 2017-01-19 14:48
☆PochiPochiさん
ロゴ画像、ほめてくださってありがとうございます。
赤い糸が七難隠してくれたかも(^^;
>でももう無理かな?
夏山縦走とはわけが違う?!し、PochiPochiさんなら全然大丈夫でしょう!
ぜひ、お出かけになってください。
わが家は、現役時代にはそんな長いお休みはもらえなかったので、
私と私より後に退職した夫と二人の修学旅行のようなつもりで出かけました(^^ゞ
Commented by poirier_AAA at 2017-01-19 22:29
この絵、インパクトがありますよね。
たったこれだけの一筆書きなのにすごい存在感で、しかも他のものを付け加えなくちゃと考える余地もない。
トリ年がこういう絵とともに始まると、いい1年になりそうです。

わたしはいつかペルーとチリに行ってみたいな〜^^。
Commented by pallet-sorairo at 2017-01-20 09:17
☆梨の木さん
初めてナスカの地上絵を見つけた時の驚きはどんなだったろうかと思います。
実は、昨年のお正月は同じナスカから「猿」のモチーフを借りたんですよ(^^ゞ
http://sorairo02.exblog.jp/22723406/

>わたしはいつかペルーとチリに行ってみたいな〜^^。
南米大陸とアフリカ大陸は、ちょっと違う世界かも…と思いますよね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite