そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

2/13 冬の低山(今熊山&刈寄山) 


週後半に関東南部にも雪が降った週末、
どこかで雪遊びしましょうとわくわくしていたのに
雪は思いのほか積もらなかったみたいです。


d0288144_12185851.jpg


微妙な積雪量だしメンバーの予定も合わないしで
それなら一層のこと、
お花見を兼ねて低山へ陽だまり山行へ出かけようということになりました。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


お花見と言っても桜を見に行くわけではありません。
ご一緒するはなねこさんが今回おすすめの花は「セリバオウレン」です。
前日、ビジターセンターに尋ねたところではまだ1・2分咲きということですが
そのあとで低山を歩く予定なので、まっ、ひとまず行ってみましょう。


d0288144_12490004.jpg
<セリバオウレン(雄花)@小峰公園/2017.2.13.>

都立小峰公園に咲くセリバオウレンはお花マニアの中では有名なんだそうです。
まだ目を凝らさないと見つからないくらいしか咲いていませんでしたが
とっても清楚な感じで美しい花がちらほらと咲いているのを探すのも
なかなか楽しかったです。
(この日のセリバオウレンについては→


d0288144_12210876.jpg


お花見で小一時間遊んでから、今熊山へ向かいます。
小峰公園桜尾根伝いに登山口へ出、「イノシシに注意」の掲示を横目で見て登山道に入りました。
きょうは、陽だまり山行にうってつけのいいお天気です♪


d0288144_12211206.jpg


登山道はしばらくの間、東京電力新多摩変電所の上北側を巻いて行きます。
変電所なので送電線が四方に出ていて、
なるほど、きょうは一日中目の端のどこかに送電線が入ってくることの多い一日になりそうです。


d0288144_12214666.jpg


林床にちらほら見えるカンアオイの葉に、花は咲いているかどうかと探しながら行けば
左手に見えて来た尾根は目指す今熊山の尾根でしょうか。


d0288144_12215135.jpg


おやぁ、上を見上げて撮っているのは…たぶん…
また巨大な鉄塔に行き当たったのかもしれませんね。


d0288144_12215760.jpg


きょうは、はなねこさんとゆきさんとの3人パーティです。
さぞ姦しくなることでしょう(^^ゞ


d0288144_12220155.jpg


と言いいながらゆるゆると下って来たら、
件の変電所のフェンス沿いの道を行くようになりました。
だだっ広い構内に働いている人が見えたので、金網越しにズームでパチリ。
広い構内に塵一つ落ちていないのではと思うほど整然としているので、
ちょっと見とれてしまいました。


d0288144_12220864.jpg


ネットのハイキングマップにあったとおり10分ほど行くと消火栓がありました。
向こうに見えている赤テープが巻かれている木と木の間からまた登山道が始まるようです。


d0288144_12221221.jpg


ちょっと登山道らしくなりました。
日の当たらない場所には先週後半に降った雪がちらほらと残っています。


d0288144_12222227.jpgd0288144_12222846.jpg
  d0288144_12223242.jpgd0288144_12223600.jpg


目玉おやじ/大きなターバン巻いたヒト
鼻たれ小僧/巨大なロールケーキ

きょうも色々面白い物見つけながら歩いています(^^ゞ


d0288144_12224679.jpg


「陽だまり山行サイコー」なんて歩いていたら、急にきつい登りが始まりました。
なんだか陽も差さない斜面だし、こういうところ嫌い…


d0288144_12225053.jpg


なあんて思いながら歩いていたら…あらら、励ましのメッセージが!
はい、がんばりまっす(^^ゞ
ここって、この辺りの小学校の遠足コースなんですって。


d0288144_12230064.jpg


小峰公園からほぼ2時間、今熊山(505m)今熊神社奥社に到着。
だぁれもいないと思っていたら、おや、後ろから男性がおひとりやってきましたね。
ちょっと早いけれど、ここで私たちはランチです。


d0288144_12231114.jpg


ここからは遮るものなく関東平野の都心方面がよく見えます。
写真中央に東京スカイツリーが見えていますが、あそこまで54.9㎞だとか。
ふうむ、そういう距離感なんだ。
ちなみに、あのツリーの向こう側のちょうど直線上にわが家があります。


d0288144_12232215.jpg


ランチの後は時間もたくさんあるので、予定通り刈寄山へも行くことにします。
あとでまたここ今熊山へ戻って来るつもりですが。
ここを回り込んでからはしばらく気持ちの良い道が続きます。


d0288144_12232762.jpg


「あれは何ですか?」
工事現場のような音と舞い上がる砂埃に、
先へ進んでいた先ほどの男性(地元の方ふう)が戻って来たので聞くと
山砂利を採っているのだとか。ふうむ。


d0288144_12235191.jpg


前方に小高い山が見えると「あれが刈寄山かしらね」なんて思うのだけれど
そのつど違って(たぶん)いてちょっとがっかり。
それでも、こんなふうに平らで暖かな道を行くのは全然苦ではありません。


d0288144_12235556.jpg


雪道の続きそうな最初の刈寄山巻き道には入らず
急な登り下りをこなします。


d0288144_12235989.jpg


入山峠を過ぎて、山火事跡のような斜面を上り下りしてから
もう一登りすれば刈寄山山頂です。


d0288144_12240757.jpg


刈寄山(687.3m)山頂、ここからも関東平野がよく見渡せます。
関東平野ってつくづく広いなあ。


d0288144_12241640.jpg


さっきお昼を済ませたばかりのような気がするけれど
四阿もあるので、ティータイム。
私のお茶のお伴は、三頭山と宝登山へも一緒に行ったレモンケーキ
(両山へ持って行ったけど食べないで持ち帰って来た、賞味期限もうすぐ(^^;)。


d0288144_12242163.jpg


林に囲まれた山頂は寒いので景色を堪能したら早々に退散しましょう。
暖かな登山道に戻ると春のようです。
眼の先に見えるのは先ほども通った入山峠ですが、
なんだか戻って来る私たちをのんびりと待っていてくれたみたいな気がします。


d0288144_12242807.jpg


山火事跡は北八ツの縞枯山ふうですね。
それにしても、すてきな青い空と白い雲!


d0288144_12243217.jpg


きょうの山行のお伴の送電線と鉄塔。
木々の間はるか向こうに見えているのは丹沢三峰と右端には蛭ヶ岳でしょうか?


d0288144_12244350.jpgd0288144_12244797.jpgd0288144_12245049.jpg

今熊山までは同じ道を戻ればよいので、いくらか楽々気分ですが、
下りなので木の根なんかに気を付けて行かなくちゃね。


d0288144_12250410.jpg


気持ちの良い道を戻って来ると、近くでコゲラ?がドラミングしていました。
往きに会った男性が今熊山山頂から刈寄山の四阿が見えると言っていたので
山頂まで戻り2万5千分の1地形図で確かめてみましたがよくわからず、
結局、またまたティータイムを取って大休止(^^ゞ


d0288144_12251801.jpg


さて、最後の下りです。
山頂の階段下を通りかかると左手遥か遠くに
雲かと見紛うような白き峯の連なりが見えるではありませんか。
西上州の山々のような気がしますが、どこでしょう。


d0288144_12252496.jpg


今熊山から今熊神社へ向けて下山を始めるとすぐに、
登山道の途中でしめ縄をくぐりました。
ああそうか、ここは今熊神社奥社への参道なんですね。


d0288144_12252894.jpg


参道らしく石組みの土留めで階段状になった山道が続きますが、
途中で展望が開けたところでは冬木立ながら木々の柔らかな色合いがとてもきれいで
三人で思わず立ち止まり景色に見入ってしまいました。


d0288144_12253130.jpg


おや、いますれ違った方はもしやご住職だったかしら…
いよいよ参道らしくなった道でふり返った眼を元に戻すと、もう今熊神社は目の前でした。

d0288144_12253627.jpg


今熊神社本殿と後ろに今熊山。
一日遊ばせていただきありがとうございました。


ああ、楽しかった。
冬(もしかして早春?!)の低山陽だまり山行もなかなか面白くて病みつきになりそうです(^^ゞ


この日のみなさんの山レポ

     はなねこさん『はなねこやま』
     ゆきさん『ぽつぽつ山レポ、ときどき休み、ところにより道草』

                  

2017.2.13(月)今熊山(505m) 刈寄山(687.3m) 
(往)立川7:26-JR武蔵五日市7:59/8:03(バス)orタクシー(@730)-小峰公園8:10
(歩)小峰公園(セリバオウレンお花見)8:10/9:20-今熊山登山口9:40-消火栓10:25-今熊山11:10/11:40-刈寄山13:10/13:30-今熊山14:45/15:10-今熊神社15:40.
(復)今熊神社-(タクシー@1720迎車込)-JR武蔵五日市16:00/16:06(拝島行).


★小峰公園は通年開園(年末年始休業)。
★トイレは小峰公園(園内トイレは凍結のため使用不可だった)。今熊山山頂。
★写真はクリックで拡大します。
   ★セリバオウレン



by pallet-sorairo | 2017-02-16 08:26 | 山歩き2017 | Comments(12)
Commented by saheizi-inokori at 2017-02-16 09:59
いいなあ、写真だけでも山の空気と景色と楽しいお喋り(歓声入りの)を満喫しました、あ、レモンケーキも^^。
Commented by pallet-sorairo at 2017-02-16 20:49
☆saheiziさん
あらら、おしゃべり聞こえちゃいましたか(^^ゞ
レモンケーキも可笑しいでしょう?! 
いろんな山へ一緒に行ってるおやついろいろあるんです(^^;
Commented by echalotelle at 2017-02-16 21:20
低山の日だまり、いいですね~
早春の香りもしてくるけれど、パレットさんたちの歩く音もちょっと聞こえてきましたよ!(*‘∀‘)
おやつも楽しみなんですよね♪
関東平野、ほんとに広いですよね~~
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-02-16 23:53
いい山歩でしたね。
近場の六甲山を歩くのもいいかもと思いました。
アップされていた"セリバオウレン"の写真に即庭にダッシュ(笑)。
枯葉をそおっとかき分けて見ると、咲きかけてました。
嬉しくてリンクさせてもらいました。
事後承諾でごめんなさい。
Commented by こんの at 2017-02-17 07:56 x
>目玉おやじ/大きなターバン巻いたヒト
>鼻たれ小僧/巨大なロールケーキ

盛り沢山の、贅沢な一日を過ごされましたですねぇ
拙ブログにもたくさんの妖精たち、並べました
Commented by pallet-sorairo at 2017-02-17 09:45
☆echalotelleさん
冬の陽だまりというより、もう早春の光のような一日。
ここは、関東平野の広さが一目でわかるお山でした(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2017-02-17 09:49
☆PochiPochiさん
PochiPochiさんのお庭のセリバオウレン拝見しました。
お庭にはほんとにいろんな山野草があるんですね!
六甲山、ぜひお出かけください。
レポ、待ってます(^^♪
リンクありがとうございました。
Commented by pallet-sorairo at 2017-02-17 09:51
☆こんのさん
クルミの妖精拝見しました。
可愛いですね~楽しいですね~(^^ゞ
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-02-17 11:12
ふふふ。
このセリバオウレン、絵の先生にもらったものなのです。
絵に描くには小さすぎるのですが、毎年根がついたままの状態で
教室に持ってきてくれます。もう5、6年経ちます。地植えにした
環境が良かったのか根付いてくれました。去年も誰かもらって
帰っていましたよ。
娘のことが落ち着いたら出かけてみようと思ってます。
Commented by pallet-sorairo at 2017-02-17 21:12
☆PochiPochiさん
季節の花がお庭にあるって超羨ましいです。
私は写真もたくさん撮ってきてあったので
セリバオウレンのこともアップしておこうかななんて思っています。
Commented by はなねこ at 2017-02-17 22:16 x
陽だまりの低山もいいでしょう?
里山よりは登った気がするし、南面はポカポカだし
私は、こんなお山も好きです。
 
セリバオウレンをアップしたら、もう気が抜けちゃって
山レポはいつになるやら。。。(^^;
Commented by pallet-sorairo at 2017-02-18 08:33
☆はなねこさん
お世話になりました(^^。
陽だまり山行、サイコーですね。
しかし、わが家からはほら
みなさんより往復二時間は余計にかかるので
自分ではなかなかほいほいと行く気分にならないのです。
誘っていただいてほんとによかったです。
またよろしくお願いいたします(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite