そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

5/19 滝子山(寂ショウ尾根から笹子駅)


深まる緑に染まり、新緑を愛で、満開のヒメイワカガミの岩場を越え
目指す山が目に入る尾根に登りあげると
この辺りの樹々はまだやっと芽吹きをむかえる季節だった。


d0288144_12453020.jpg


滝子山(1620m)には2度ほど登ったことがありますが
近年よく歩かれるようになった寂ショウ尾根からはまだ登ったことがありません。
アカバナヒメイワカガミが満開との山便りが聞こえて来たので
久し振りにゆき&pallet隊で出かけることになりました。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


d0288144_12425888.jpg

笹子駅から甲州街道を行き、吉久保入り口BSで左折して桜森林公園へ向かいます。
雲湧くあたりのピークが目指す滝子山。
要所要所の道標を見逃さないように行けば、山里はすでに初夏の陽気で暑いくらいです。
(桜森林公園先の寂惝苑入り口で右折しますがちょっと分かりづらいので後述します)。

d0288144_12433112.jpg

のっけからの急登に息も絶え絶え、
駅から小一時間で初めて目印になる送電鉄塔の下に着きました。
長い長い一時間だったなぁ(^^;

d0288144_15514332.jpg

すぐに(と言っても鉄塔から15分ほど)大鹿林道の寂ショウ尾根登山口に到着。
ガードレールの途切れたところ(印)が上りついたところ、
林道右手先に大月市の立てた道標がありました。
さて、ここからが今日のメーンです。
どんな道が待っているのかな。

d0288144_12434053.jpg

わぁ、深まる緑がきれいです。
ヤマツツジもちらほらと咲いています。
う~ん、いい気持。

d0288144_12434456.jpg

あっ、これがこの尾根で一番立派だと言われている噂の大ブナね。
「人間が入ると大きさがわかるのよね」とあっちとこっちでパチリ。

d0288144_12434952.jpg

左手に視界が開けた辺りで一休み。
きょうはいいお天気のはずだったのだけれどちょっと雲が多くなってきたかも。
朝の電車の中からは、すごくくっきりとした富士山の頭だけが見えたんだけれど
出発が遅かった分、きょうは富士山は望み薄のようですね。

d0288144_12435446.jpg

大ブナの樹から一時間ほど、
どうやら、寂ショウ尾根上部にあるという岩場が始まったようです。
けっこう急な場所もありますが、
それなりに足がかり手掛かりがあるので慎重に進めば(たぶん)大丈夫です。
気を付けて行きましょう。

d0288144_12442725.jpgd0288144_12444139.jpg d0288144_12441971.jpgd0288144_16190146.jpgd0288144_12442323.jpg 

急登の続く岩場の途中にちらほらと見かけるようになったアカバナヒメイワカガミでしたが、
写真を撮るのをちょっと我慢してその先にあるという群生地を待ちました。
わっほんとだ! 我慢した甲斐がありました!!

d0288144_11105209.jpg

目に見えているようには撮れない写真がもどかしいですが(^^;

d0288144_12443124.jpg

しかしこの辺り、新緑もきれいですよ。
おや、向こうに見え始めたのはもしかして目指す滝子山でしょうか。

d0288144_12445836.jpg

おっと、岩場はまだ続きます。
「あれぇ、ゆきさ~ん。ここどうやって下りたの~」
油断大敵、前を行くゆきさん(白い帽子が見えてます)に声をかけてっと(^^ゞ

d0288144_12450848.jpgd0288144_12450214.jpg 
d0288144_12451258.jpgd0288144_12451640.jpg

岩場の先は二つ目の群生地でした。
ここには少し白っぽい花も。
これが、いわゆるヒメイワカガミでしょうか。
いずれにしても、本日満開といったイワカガミを見ることができて
とってもシアワセな気分です。

d0288144_12452048.jpg

どうやら岩場が終わったみたいとほっとしたのもつかの間、
何故かそこだけ泥んこの滑りやすい斜面が現れ、脇の岩角や根っこなどにつかまってやり過ごします。
おや、こんなところにスミレさん。
ポピュラーなタチツボスミレですがなんてキュートなんでしょう。

d0288144_12452614.jpg

ひと登りで浜立山への尾根分岐に到着です。
私たちは「滑落多発! 危険」と赤字で書かれている方からやって来ましたが(^^;
この辺り、ほっとするような新緑の間に
オオカメノキの白い花がちらちらとしてとてもきれいでした。

d0288144_12453020.jpg

岩場が終わっても、目指すピークは向こうに見えている山のもう一つ向こうのようですよ、ふう。
おや、この辺の樹々はまだやっと芽吹きが始まったところです。
アップダウンを何回か繰り返すうちに標高も少しずつ上がっていることを
こうして周りの樹々が気づかせてくれるのでした。
いま、遠くからこの尾根を見れば、新緑が駆け上がるさまが見られるかもしれません。

d0288144_12453541.jpg
<滝子山(1620m)山頂 >

山頂直下のドーム状のちょっとした岩場で、
きょう初めての登山者(年配者7・8人グループ)とすれ違いました。
上り優先と、狭い場所にへばりつくようにして私たちを先に通してくれましたが
はて、あの方たちは寂ショウ尾根を下るんだったのかしら。
いえ、寂ショウ尾根を下りに使うのは確かに少々危険であまりお勧めできないと思ったものだから。

d0288144_12455215.jpg

ほかの登山者のみなさんはたぶん私たちよりスタートが早かったはずだし
私は歩くのも遅いので、山頂にはもう誰も居ませんでした。
思った通り富士山も見えないので、
見えない富士山に背を向けて大菩薩方面を見、あれこれおしゃべりしながらランチです。

d0288144_12455632.jpg

さて、お腹が落ち着いたら出発。
復路は予定通り道証地蔵に出ることに決定です。
小さなフモトスミレに導かれるようにして下山にかかります。

d0288144_10260410.jpg

鎮西ヶ池は相変わらずあまり美しくない水たまりと言った感じ。
お社にご挨拶して先を急ぎましょう。
ゆきさんは流れのそばにクリンソウの葉らしきものを見つけて気にしていましたが
残念、花は終わった後のようでした。

d0288144_12461468.jpg

大谷ヶ丸分岐付近のカラマツ、広々と気持ちの良い防火帯先のブナ林。
全身が洗われるようなみどりのシャワーに目を奪われます。

d0288144_12463666.jpg

やわらかな芽吹きの色。
落葉の積もるふかふかの道。
時々ふっと吹き抜ける甘やかな風。

d0288144_12464203.jpg

足元を流れるすみ沢の瀬音を遠く近くに聞きながら
ただただ続く緑の中を誰にも会わずゆるゆると下りて行きます。
そう言えば、ヤマツツジくらいあるかと思っていたのに…
ほんとに「ただただ緑」(^^ゞ

d0288144_12464550.jpg

地図に「悪路で歩き難い」とある場所は当然「迂回路」で行くことにして
分岐の水辺できょう最後のティータイムとしましょうか。
ゆきさんが持ってきてくれた「ヨーグルトチーズケーキ」(お義母さん作だそう)と
熱いほうじ茶でほっとひと息です。

d0288144_12464969.jpg

迂回路もみどりみどり、ふかふか落葉。
梢の先に時々見え隠れする山入端はきょう歩いて来た場所かしら。
美しい林の中にはきらきらと木漏れ日がこぼれています…
ああ、きれい。

d0288144_12465377.jpg

三丈の滝下ですみ沢を渡る木橋が見えてくれば
きょうの山歩きもそろそろ終了間近。

d0288144_12465623.jpg

植林の中を少し行けば、
きょうの最終地点「道証地蔵(みちあかしじぞう)」の立つ林道に到着でした。

d0288144_12470300.jpg
<笹子町吉久保辺り>

道証地蔵からは舗装された林道とダンプなどの行き交う甲州街道を
小一時間歩かなければならなくてこれがなかなかの難題なのですが…
途中で出会った地元のおじいさんと立ち話などして
なんとか嫌にならないうちに?笹子駅へ着くことができました。

ああ、楽しかった。



2017.5.19(金) 滝子山(1620m)/(寂ショウ尾根から道証地蔵)私たちのCT(随時休憩)

(往)JR高尾7:27-笹子8:28.
(歩)笹子8:40-寂惝苑9:20-大鹿林道・寂ショウ尾根登山口9:45/9:55-大ブナの樹10:50-浜立山分岐12:50-滝子山13:10/13:45-悪路迂回路分岐14:55/15:10-迂回路合流15:35-道証地蔵16:15-吉久保入り口BS16:55-笹子駅17:15.
(復)JR笹子17:30-高尾18:38/18:44(快速東京行).




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


後述すると言った寂ショウ尾根への取りつき付近です。

①桜森林公園から道証地蔵への林道から右折して寂惝苑へ入る場所。
青丸で囲んだ棒杭のようなところに「寂惝苑」と書かれていますが
すでに判読不能のような感じになっています。 
d0288144_12471084.jpg




②寂惝苑から寂ショウ尾根へ入る場所。
向こうからやって来て、振り返ったところです。
写真左手の建物が寂惝苑で、尾根取りつきへは青矢印の方向へ進みます。
d0288144_12471517.jpg

すでに原形を留めないような案内板があり、
進行方向は倒木で通せんぼをされているような気がしますが
樹々をまたいで15・6m進むと登山道に当たります。
もしかするとここは私有地を通らせていただいているのかもしれません。



③いずれにしても、
寂ショウ尾根(滝子山南陵)は昭文社の山岳地図で未だ破線になっていますので
最新の詳しい情報で歩くことが肝要かと思います。


d0288144_18484107.jpg
<アカバナヒメイワカガミ@寂ショウ尾根/2017.5.19>


★写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2017-05-23 13:00 | 山歩き2017 | Comments(18)
Commented by こんの at 2017-05-23 15:41 x
大きな息をしながら、楽しませて頂きました
アカバナヒメイワカガミ
きれい!ですねぇ 疲れも吹っ飛びましょう
ありがとうございます
Commented by amanojakusan at 2017-05-23 16:18
滝子山、私にとってはとってもなつかしい山です。寂惝庵の持ち主は知っており、この尾根のルートを開いた方です。この尾根は以前は滝子山南陵と言っていましたが、いつのまにか取りつきにある建物の名称から寂惝尾根と呼ばれるようになりました。
このルートの危険個所は報告の中の土の急登で、濡れているときに下りで転落する事故がおきます。また下って来て土の下りルートは手前で左に曲がるのですが、まっすぐに降りてしまい急斜面を降りるはめになっての事故も多くあります。
安全な下りはやはり初狩に降りるルートですが、近年浜立山ルートに赤布が付きわかりやすくなっています。また初狩方面へ降りる途中の檜平から寂惝尾根の途中で横切る林道に降りるルートがあり、林道を
西に歩けば送電鉄塔から登って来るルートに出ます。
もっとも palletさんならもうご存知かもしれませんね。
コイワカガミも久しぶりに見させていただきました。
Commented by はなねこ at 2017-05-23 18:28 x
たくさんのヒメイワカガミが見事でしたね。にこにこだったでしょう。
私が行ったのは もう10年近くも前になるのに、出会った時の感激は今も覚えています。
(昔のことはよく覚えているお年頃 ^^;)
大きなブナも印象的でした。
お花も緑も岩も沢も と、欲張りなコースですね。
車道歩き(特に帰り)だけが何だかなぁですが、秋もよさそうですよ。
次はご一緒したいです。
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-23 19:19
☆こんのさん
楽しんでいただけて嬉しいです。
アカバナヒメイワカガミ、すごくかわいくてきれいでした♪
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-23 19:26
☆Mr.amanojakusan
寂惝庵の持ち主さんについては、帰りに立ち話をした方からちょっとお聞きしました。
あの建物は、今はもう使われていないのでしょうか。
昭文社地図には、今も「南陵」と書かれています。
浜立尾根は山友も歩いていて知ってはいましたので
山頂直下で会ったグループはもしかしたらそちらへ行ったのかなと思っていました。
滝子山、いい山ですね。
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-23 19:28
☆はなねこさん
以前のレポ、参考にさせていただきました。
ありがとう(^^。
アカバナヒメイワカガミ、ドンピシャの満開で素晴らしかったです。
秋は紅葉がさぞきれいだろうと思いますが
私の足では日没時間が心配であります(^^;
Commented by tukinobo at 2017-05-23 21:23
アカバナヒメイワカガミ、群生素晴らしいですねぇ。
赤花で姫(小さい)のかな。
こういうの、見ると山歩きしたくなりますわ。
Commented by koruko-yuki at 2017-05-23 21:36
アハハ、あのタチツボスミレさん、
ヒメイワカガミを堪能した後に、
ひょこっと出てきて可愛かったよね~。

Commented by PochiPochi-2-s at 2017-05-23 22:27
山野草の群生を見ると、心は弾みますね。
今までにカタクリの群生、クリンソウの群生などを見ました。
アカバナヒメイワカガミ、見てみたいなぁ。
気持ちのいい山歩きでしたね。
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-24 08:59
☆yakoちゃん
ふふ、
山歩きの季節到来ですよ♪
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-24 09:00
☆ゆきさん
そうそう、紅い花堪能した後だったから
余計に目立ったよね(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-24 09:07
☆PochiPochiさん
今や野生の花の群生地は盗掘の恐れがあって
ふつうは場所を特定できないように気を付けるのですが
ここはそんなに簡単に行けるところではない?はずなのでレポしました。
とってもきれいでしたよ(^^。
Commented by saheizi-inokori at 2017-05-24 09:17
自然はいい、やっぱりいい。
もっと若い頃歩くんだった。
Commented by unburro at 2017-05-24 10:57
新緑のシャワー!
堪能させていただきました。

岩や根っこの山道でなくても、近隣の遊歩道など
歩きに行きたいものだ…と、改めてヤル気がでてきて、
こっそり?ストレッチと筋トレをしてみる今日の朝…です(笑)

実は、リハビリの補助になるかな、とピラティスを始めました。
明日が3回目、アチコチの筋肉の硬さや弱さを再認識しているところです。
palletさんの山レポでモチベーションを上げて、頑張ります(^。^)/
Commented by cyu2 at 2017-05-24 12:50 x
いいですね~満開のイワカガミ。
私も毎年、イワカガミの時期に行きたいと思いつつまた行けなかった。
(ダンナ様があの長い車道歩きが嫌だと言ってなかなかOkでませんで)
やっぱり楽しそう、来年こそ!

そうそう、palletさんに蓋のお土産があるので近いうちに送りますね、
と思いながらもう3週間も経ってしまった(´ω`。)
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-24 20:06
☆saheiziさん
若いころは自然など感じている暇もなかったのではありませんか。
今は毎日たくさん歩いてらっしゃるsaheiziさんだから
身近な場所でのバードウォッチングなど最適かも!

Commented by pallet-sorairo at 2017-05-24 20:09
☆unburroさん
ヤル気まんまん、いいですねっ、
頑張ってください(^^!
私も歩くのは歩けるのですが、重たいしすごく硬いので
どうにかしなくちゃと思っているところです(^^;
Commented by pallet-sorairo at 2017-05-24 20:13
☆cyu2さん
そうなの、あの車道歩きが難なんですよね(^^ゞ
ヒメイワカガミとってもきれいでした、来年はぜひ。
蓋のおみやげありがとう、楽しみにしています。
3週間前っていうと…ふむふむあそこかなぁ(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite