そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

ちょこっと瀬戸内/8月28(月)~30(水)


さゆりん家の夏休み旅行に便乗して、四国へ足を伸ばしました。
日にちも少ないので、さらっと四国ひと撫でというところでしょうか。
レポもざっと駆け足で。




8月28日(月曜日)
東京 6:00発(のぞみ1号)
岡山 9:09着 レンタカーでしまなみ海道ドライブスタート

d0288144_23410515.jpg
<亀老山展望公園から来島海峡大橋を望む/青空が欲しかったが靄って一面薄グレーのスクリーン>

海道途中、伯方(はかた)島で「伯方塩ソフトクリーム」を食べ(^^ゞ
村上水軍ゆかりの地・大島に上陸し、小さな漁村を巡りながら海岸線をドライブして
この日のランチはここでと(さゆりんママが)決めていた食堂みつばちへ。

こんな場所で、と思うような辺鄙なところで若い人たちが素敵なカフェを営んでいて、
私たちの後からもクルマやサイクリングのお客さんがそこそこやって来るのだった。
ふうむ、瀬戸内の島々に移住する若い人たちが増えていると聞いてはいたが、
そうか、こういうことなのだなと思う。
いいなぁ、若い人たち!

d0288144_00345926.jpg

この日の宿泊は松山市内。
夕食後、散歩がてら路面電車で道後温泉へ行く。
夜の道後温泉、なかなかきれいで見応えもあり、
中には入らなかったけれど足湯に浸かってみたり、おみやげやさんをぶらぶらと覗いてみたり
タイミングよく始まった坊ちゃん時計のからくりショータイム(30分おき)を見たりと
のんびりした時間が楽しかった。




8月29日(火曜日)
朝ごはんもそこそこに讃岐うどんを食べに行く。
行先は高速道路を2時間!ほど走った先、(さゆりんママが選んだ)谷川米穀店。
おじぃさんが打ち、おばぁさんが茹でたうどんに刻みネギをたっぷりかけて生醤油をかけるだけ。
ふうん、これが噂の讃岐うどんか…でも、とっても美味しい! ふふふ。
人気のお店で、週末には1・2時間待つこともあるのだとか。

海海海…と思っていたけれど四国もなかなかに山深いのね、
ここまで、トンネルをいくつもくぐって来たのが印象的だった。

d0288144_23411208.jpg
<金刀比羅宮より讃岐富士/遠くに瀬戸大橋>

四国へ行くなら金刀比羅さんくらい行かなくちゃとは私たちの提案。
谷川米穀店からは小一時間の距離だった。
おみやげやさんが左右に並ぶ800段近くの石段をひいこら登って本殿へ着いてみれば、
この日も靄ってあまり遠望は利かなかったが、
眼下に広がる景色はなかなかのもの。
讃岐富士の向こう遠くにかろうじてうっすらと瀬戸大橋の橋脚を見ることができた。

d0288144_00395545.jpg
<金刀比羅宮本殿直前の石段>

しかし、暑い。
早々に退散して、階段下まで戻ったらかき氷など食べて身体を冷やさなくちゃね。
一休みして、高松港からフェリーで小豆島へ向かう。

高松港への途中、〇△池橋という橋があり川ではなく大きな池を渡っていることに気づく。
あちこちで見かける水面はため池なのだった。
帰宅してから調べてみると、
香川県は降水量も少なく大きな河川もないのでため池の数国内第3位、
総面積に対する密度は全国1位なのだそう。
こんなことを知るのも旅の楽しみだ。





8月30日(水曜日)
はや最終日。きょうはドライブで小豆島の見どころを2・3繋ぎ、
夕方のフェリーで岡山へ戻って新幹線で帰京の予定です。

d0288144_10315983.jpg
<エンジェルロード@小豆島>

ホテル前の海岸にあった「エンジェルロード」という砂浜。
潮が引くと砂の道が現れて向こうの島とつながるので、「恋人の聖地」と言われているとか。
ここにもほかの観光地同様、中国からのお客様がたくさんだったので
何故、こんな小さな島に?と不思議だったが、
ホテルのフロントで干潮の時間を確かめている人たちの様子を見て納得。
インスタグラムでの発信などで、
もしかしたらかの国でのほうが「恋人の聖地」として人気沸騰しているのかもしれないな
なんて思ってしまった。

d0288144_14303003.jpg
<ギリシャ・ミロス島から送られた風車@小豆島オリーブ公園>

小豆島と聞いて私(たち世代)が思い浮かべるのは『二十四の瞳』の舞台・岬の分教場、
しかしそれもすでに今は昔のこと。
今はオリーブ公園にある『魔女の宅急便』のロケセットが有名なようで、
公園内にある道の駅でホウキを借り(無料)て、記念撮影している人たちがたくさんいた。
(私もやってみたのはナイショ(^^;)。

紅葉の名所「寒霞渓(かんかけい)」、醤油の蔵元が点在している「醤の郷(ひしおのさと)」を巡り
(「醤の郷」で醤油ソフトクリームを食べた(^^ゞ)、
少し時間があったので「岬の分教場」へも回ってもらって満足満足(^^ゞ

d0288144_10185849.jpg
<さよなら四国/小豆島・土庄港~新岡山港を結ぶ両備フェリー上から>

また高松へ戻って、電車で瀬戸大橋鉄橋を渡ろうかなどの案も出たのだけれど
最初の予定通り両備フェリーで岡山へと向かう。
最終日にしてやっと、この青空だった。

小豆島・土庄(とのしょう)港発 15:30
新岡山港着 16:40
〃 バス発 16:50
岡山駅着  17:30 
〃  発  18:29(のぞみ52号)
東京駅着  21:53。




と、3日間目いっぱい楽しんできた四国の旅でした。
私だったらつい名所旧跡にとらわれての計画を立ててしまうはずなので、
今回はとても新鮮な感じのする旅ができてよかったなぁと思っています。
四国ならここ!と思っていたいくつかの場所は
そのうちまた行くことにいたしましょう(^^ゞ

おしまい。




by pallet-sorairo | 2017-09-06 07:33 | 旅@遠いどこかへ | Comments(16)
Commented by fusk-en25 at 2017-09-06 07:57
旅嫌いの私が。祖母の懇願?で八十八ケ所の約一部を回ったことがありました。
徳島から宇和島抜けて松山まで。
途中で付き添いだったはずの私が食中毒にかかってしまうハプニングもあって。。と50年も前のことを思い出しました。
そのとき阿波踊りも。金毘羅さんの階段も登って。おうどんも食べて(そこまでは良かった。笑)
Commented by こんの at 2017-09-06 08:32 x
2泊3日の四国の旅 新鮮な世界 良かったですねぇ
若い頃行った金比羅を思い出し、楽しませていただきました

Commented by saheizi-inokori at 2017-09-06 09:56
海のある風景っていいなあ。
谷川米やの饂飩、いつかテレビでみました。
近所のお年寄りも毎日通ってるとか。
Commented by unburro at 2017-09-06 10:35
小豆島のエンジェルロード!
懐かしい…子どもたちが小学生の頃の夏休み、この海辺のホテルに
一週間ほど滞在しました。
海やプールで遊んだり、星空を見たり、
小豆島のあちこちを散歩したり、
美味しいものもいっぱい食べました。
今でも、時々、家族の話題にのぼります。

娘は「潮の満ち干」息子は「ウミホタル」を自由研究のテーマにして、
ホテルのスタッフや、アルバイト?のお兄さん、お姉さんに、
色々手伝ってもらいながら、夏休みの宿題を片付けました。

私は、自由律の俳人、尾崎放哉のゆかりの地などウロウロして、
熱中症になりかけました。
夫は…何をしていたんだろう…(笑)

いつか、もう少し脚に自信がついたら、
金比羅さんに行きたいな〜と、思っています。
Commented by はなねこ at 2017-09-06 11:10 x
四国は夫も私も足を踏み入れたことのない土地なんです。
話には出るものの、いつも先送りしていましたが
pallet さんたちの旅の様子を拝見して、そろそろ計画してみようかなぁという気になりました。
若い人たちの感覚っていいですね。
一緒に出掛けられて、羨ましいです。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-09-06 16:58
まあ、四国だったのですか?
スケッチはpalletさんが描いたの?
雰囲気が出ていますね。

知っている場所ばかりなので、ふむふむと言いながら読ませて
もらっていましたよ。
松山の近くには学生時代の友人が住んでいますし、
金毘羅さんは何度かお参りしたし、小豆島の土庄は
やはり大学時代の友人の出身地でよく遊びに行きました。
しまなみ海道よかったでしょう?
関東と比べ関西はいかがですか?

今の車に乗り換えた時、慣らし運転だと、家→神戸→
明石大橋→鳴門→今治→しまなみ海道→岡山→神戸→家
と一日でぐるっと一回りしたのが結構おもしろかったです。

娘さん家族との旅行、いいなぁ。
Commented by mother-of-pearl at 2017-09-06 21:36
素敵で温かい旅をなさいましたね!
風車からは地中海の雰囲気が伝わってきました。

実は瀬戸内海側の四国に住んでいました。ちょうど真ん中あたり。
本四架橋ができた時には既に引っ越していましたので、
四国に行くには必ず船、という時代です。

魔女のホウキにまたがってみたパレットさん、
きっと満面の笑顔だったのでしょうね!!
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-06 23:11
☆fuskさん
えっ? fuskさんが旅嫌いだなんて思えないです(^^ゞ
おばあ様との思い出、たくさんある四国なんですね。
懐かしく思い出すきっかけになったみたいでちょっと嬉しいです。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-06 23:18
☆こんのさん
山形からはずいぶんな遠征になるはずですが、
お若いころに行っておられるのですね。
金比羅さんの階段も苦も無く上られたことでしょう(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-06 23:21
☆saheiziさん
さゆりんパパが「高速代払って、280円のうどん食べに来るって」って
笑って(あきれて?)ましたが(^^ゞ
美味しかったし、こういう旅もいいもんだなぁなんて思いました。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-06 23:28
☆unburroさん
unburroさんのところを通り過ぎて行ってきました。
エンジェルロードって以前から有名なんですね?!!
そう言えば尾崎放哉の案内板、けっこう何か所かで見ました。
今晩のお夕飯の時にその時のことまた話題になったかなぁ
なんて思ってました(^^ゞ
金毘羅さんをすいすい上るって、リハビリの目標にぴったりかも、
がんばれ~(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-06 23:34
☆はなねこさん
私もしまなみ海道ができたばかりの時、尾道などへ出かけたついでに
ちょこっと今治辺りへ行っただけだったのです。
思いがけなく再訪しましたが、まだ行きたいところがあるので
そのうちまたと思っています(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-06 23:39
☆PochiPochiさん
新神戸を通るとき、PochiPochiさんのこと思い出してました。
いい写真がなかったのでちょっといたずら描きしてみました。
写真よりいいわけじゃないですけど(^^ゞ
一日でぐるっとって、ずいぶんな距離ですよね?すごいなぁ。
金毘羅さんも何回も行ってらっしゃるんですね。
瀬戸内海って、なんかちょっとロマンチックな感じがしていいですね(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-06 23:52
☆mother‐of‐pearlさん
おや、四国にお住まいだったことがおありでしたか。
ミロス島と小豆島は同じくらいの面積というご縁で姉妹島なんだそうです。
魔女のホウキ、ママに言われてまたがったさゆりんは恥ずかしがってましたが
私もやりたいって言ったら、オットがあきれておりました(^^;
Commented by tukinobo at 2017-09-07 20:36
四国かぁ、いいなぁ。道後温泉はうちのぼっちゃんが
高校の修学旅行ででかけたのが、とてもうらやましくて、
その年の夏休みに初四国へ、ドライブで出かけたのでした。
讃岐うどんの谷川米殻店、知らなかった。ぜひ行きたいです。
金毘羅さんも行ってないし、
さゆりんママ情報すてきねぇ(^-^)

Commented by pallet-sorairo at 2017-09-07 21:46
☆yakoちゃん
yakoちゃん家からならずっとクルマでOKでしょうから、
何度かに分けて行けばいいんじゃないでしょうか。
今回はさゆりんママの計画に乗っけてもらって
なんの予習もしていかなかったのでかえってびっくり箱みたいで
面白かったです(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite