そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ


簡単なブラウス作りにはまってしまったみたいで、
夏の終わりにまた生地屋さんをうろうろしていたら、
布地の巻物にそれぞれに適応した使用糸やミシン針や手縫い針の号数
などが書かれたタグが付けられているのに気付きました。
でも、木綿でも麻でもみんなこのポリエステル100%の糸なんです。
何でかなぁ。
木綿を縫うんなら木綿糸でいいように思うんだけれど。

d0288144_00041894.jpg

お店の方に聞いてみると
「木綿糸でもいいんですけど、木綿のミシン糸は白と黒しかないんです」。
「えっ、そうなの?!」思わず棚を見直してしまいました。
そう言えば、カラフルな木綿の縫い糸って、見たことないかも。
絹糸は微妙な色合いの違いもものともせずに多色展開しているのにね。
木綿糸じゃ生産に高くついちゃって採算が合わないのかな。




糸で思い出したのは、孫娘のさゆりんが中学3年生の時のこと。
その秋に担任の男先生の結婚式があって、
中島みゆきの「糸」をクラス全員で合唱してビデオレターでプレゼントしたというエピソード。
サプライズで式場で映し出されたものを見た先生、大感激だったとか。


<ユーチューブ/音が出ます>


あとでさゆりんからその話を聞いて、
中学生が担任の結婚式のプレゼントにこういう曲を選ぶということも驚きだけれど、
合唱のピアノ伴奏をできる子がクラスに何人もいるっていうのにも
私世代には想像できないことだなあと思ったり、
担任に知られないように練習場所を確保したりビデオ撮影をほかの先生に頼んだり、
何よりも部活やら塾やらのやり繰りをして
クラス全員で撮影にまで漕ぎつけるという中3生たちのエネルギーに、
今の子どもたちって、すごいなぁと思ったんでした。

そりゃぁ先生泣いちゃうわよね、男泣きね(^^ゞ




ところで、この時買った布地ではチュニック丈のブラウスを作りました。
夏の終わりとはいえまだ暑かったのでブルー系を買ってしまったんだけれど、
差し色でパープルの柄もあるのでお彼岸頃までは着れるでしょう(^^;

d0288144_07180891.jpg

パターンは前回のものとほぼ同じですが、
襟ぐりを狭めたので背開きをボタン留めにしてみました。
初めてボタンホールを作ったのですが案外簡単だった(器械がやってくれる!)ので、
次は前開きのものを作ってみようかななんて身の程知らずに思っています(^^ゞ








by pallet-sorairo | 2017-09-08 09:21 | ちくちく針仕事 | Comments(10)
Commented by kotoko_s at 2017-09-08 14:31
素敵!
背開きがボタン留めだとちょっと雰囲気があっていいですね。

中学校1年の夏休み、ボタンホールをなるべくたくさんやってくる、という宿題が出たことを思い出しました。
手縫いでしたが、同じ糸だと飽きてしまうので、虹色のグラデーションにしてなんとかやり終えました。20個ぐらいはやったかな。
でも、そのせいかどうか、お裁縫は苦手でした。布地選びだけが楽しかったです。

今の子どもたちはすごいですね。
仲のよいクラス、先生も幸せですね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-09-08 16:44
こんにちは。
これで3作目?" 着々と"ですね。
すごいなぁ〜と。

私も思っていたのですよ。
何故木綿のミシン糸がないのかなと。
何故木綿糸が人気がないのかな?

今の若者は一旦決めたら、すごいことをやりますね。
先生が大喜びだったのは言うまでもない!


Commented by pallet-sorairo at 2017-09-08 18:37
☆kotokoさん
手かがりでボタンホールを作ったんですね、大変そう。
でも、虹色でっていうところがいかにもkotokoさんらしい!
面倒なことも工夫次第で楽しくなりますものね(^^。
いじめなんてどこのこと?というくらいみんな仲良しで、
校内合唱祭を見に行ったことがありますが、
合唱も素晴らしかったですよ。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-08 18:46
☆PochiPochiさん
単純なパターンなので、
面白いくらいにすぐ縫えちゃうんです、すみません(^^;
今は、化学染料で色のバリエーションを作るのだと思うので
ポリエルテルのほうがうまく発色するんじゃないかしら。

中学生おそるべしですよね(^^ゞ
新郎新婦の感激ぶりはもちろん、
なにより、結婚式でこれを見た両家のご両親が
すごく安心なさったんじゃないかしらなんて思いました。
Commented by fusk-en25 at 2017-09-08 20:57
昔は(今もあるかも)蝋引きの糸がありましたね。
あれをミシンで使うとスルスル解けて糸立てに絡まるから使いにくいと縫製工場でパタンナーをしていた友達が言ってました。
縫製をする人たちが使わなくなって作らなくなっていくのでしょうか。。
刺繍糸だけは発色も種類も欧州の方が優れているものの
縫い糸と縫い針(ミシン針)の品質は日本製が優れているように思えるのですが。。

さゆりんたちのアイデアはすごいですね。
思ったことをパッとやれる時代なのか。。
彼女たちのクラスと担任との結びつきがまたいいのだろうなあ。
とほのぼのしてしまいました。

因みに息子が社会心理のカウンセラーをしていますが。
その事務所につけた名前がメチサージュ(織物)なんです。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-08 21:27
☆fuskさん
蝋引きの糸ってカタン糸のこと?といま調べてみましたら、
コットン糸がなまってカタン糸になったんですって!
で、fuskさんが言われるような不具合や糸切れが起きやすいから、
手縫いはともかくミシンには使わないようにとの注意がありました。
目からうろこ、調べてよかった!
ありがとう!! fuskさん。
で、日本製の針は世界一の呼び声が高いそうですよ!

メチサージュ!縦の糸と横の糸で出来上がっているもの、
素晴らしいネーミングですね。
Commented by unburro at 2017-09-08 22:46
中学生が、中島みゆき「糸」ですか〜渋い!
合唱曲としても、馴染みがあるのでしょうね。
先生は もちろん、生徒さんたちにとっても、一生の思い出ですね。

先ほど、録画していた昨日の番組(NHKのSONGS「平井堅」)を見て、
平井堅が中島みゆきを歌うのを聞いて、
ちょっとジワ〜っと…していたところです^ ^;
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-09 11:20
☆unburroさん
渋いでしょう。
合唱祭を見に行ったことがありますが
その時は全学年どのクラスも本格的な合唱曲を選曲して
素晴らしい合唱をするんですよ♪
素晴らし過ぎて、ちょっとウルウルしちゃたりするくらい。
SONGS、いつも見ているのにこの回、DVD取り忘れたんですって
(夫の係(^^ゞ)、残念。

Commented by mt_kawamin at 2017-09-11 07:42
ただただ手芸出来る方を心から尊敬します。
実はpalletさんに習ってブックカバーを作ろうとしたのですが
(モチロン刺繍入り!)
ミシンの上下の糸調節が上手くいきません。
直線縫いも波縫いになる私ですが
それ以前に糸調節も出来ない次第です。( ´ Д`)トホホ…
自分で服を作るなんて、憧れのまた憧れです。
Commented by pallet-sorairo at 2017-09-11 14:44
☆かわみんさん
私のミシンは義母から譲り受けたもので、
かなり精巧なコンピューターミシンなの。
面倒なことはほとんど器械がやってくれるので
自分でするのはデザインをちょこっと変化させることや
生地を選ぶことくらいなんです。
パターンも簡単なものしかつくってないので、
実は「針仕事」なんて言うのもナンだなって思ったりしています(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite