そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:旅@遠いどこかへ( 118 )

東欧の旅 ⑮ ドゥブロブニク/旧市街を歩く


6月8日(木)@クロアチア

炎天下の城壁めぐりを終えて、ドゥブロブニク旧市街へ足を踏み入れる。
名所めぐりを済ませてから、路地のレストランでランチだ。

d0288144_23024444.jpg

レストランのお姉さんはすぐに私たちを日本人と見定めて
「コンニ⤴チハ⤵」と陽気に声をかけて来た。
あの陽気さは、もしかしたらイタリア人だったかも(^^ゞ


More
by pallet-sorairo | 2017-07-14 09:23 | 旅@遠いどこかへ | Comments(22)

東欧の旅 ⑭ ドゥブロブニク/城壁をめぐる


6月8日(木) @クロアチア

遥か彼方に緩くカーブする水平線、
アドリア海と空の澄みきった青さに吸い込まれそうな気がする。
あの海の向こうにあるはずのイタリアが見えるのではと思うほどに晴れ渡った日だ。

d0288144_10062986.jpg
<スルジ山からドゥブロブニクを見下ろす/クリックで拡大します。>

左に見える城壁に囲まれた一角がドゥブロブニク旧市街、
海に浮かぶ島はロクルム島だ。
街を一望できるスルジ山にはロープウェイが通っている。


More
by pallet-sorairo | 2017-07-12 07:15 | 旅@遠いどこかへ | Comments(12)

東欧の旅 ⑬ あるエピソード/ドゥブロブニクでこんにちは


6月8日(木) @クロアチア

旅の最終地・ドゥブロブニク、
旧市街のメーンストリート・プラツァ通りの本屋さんのウインドウに
手刺繍の手芸品を見つける。
探していたものとは違うけれど何故か目が合ってしまったのだ。
ひとりのお客もいない静かなお店の中に足を踏み入れると、
レジのそばに本に囲まれるようにして年配の女性が座っていた。
また冷やかしのお客が来たという風にちらと目配せをしたけれど特に関心なさそうな様子に、
「ハロー」、クロアチア語を忘れてしまったのでひとまず英語で私から挨拶をする。

d0288144_20293936.jpg

海外ではお店の人が「いらっしゃいませ」とは言わないから、
お店に入るときには「こんにちは」と言って入ること、というのは
初めて海外旅行した時の諸注意の中で私が今でも忘れずに守っていることのひとつだ。
「んっ?!」、一瞬ののち、まるでどこかのスイッチが入ったように彼女は破顔一笑。
たぶんいつも、黙って入ってきてあれこれ見て、黙ってまた出て行くお客ばかりなのだろう。
こんな観光地で、わざわざ本を買う人がたくさんいるとも思えないし…。
「ハロー」と返してくれた眼鏡の奥の彼女の目に生気が戻ったのがはっきりわかる。
商売抜きに「挨拶をしてくれたのが本当に嬉しい」という様子が伝わって
不思議なことに、お店の中が俄かに生き生きとしてきたように感じられたのだった。

その後の買い物のちょっとしたやり取りとりもとってもにこやかにスムーズに進んで、
今なお、ここでのひと時はとても嬉しく楽しい私の思い出のひとこまとなっている。



d0288144_23485410.gif



旅の最終地「アドリア海の真珠」とも呼ばれる世界遺産の町、ドゥブロブニクを歩いた。
クロアチアを知らなくてもドゥブロブニクを知っている人は多いという。
私はこの旅が決まってから知ったことだが
なんでも、ジブリ映画の「紅の豚」や「魔女の宅急便」の舞台であることは
有名なことなのだそうだ。
なんだ、有名ならいくらでも観光案内情報はあるわけだし、レポなんか書かなくてもいいかなぁ。

d0288144_14011700.jpg
<城壁に囲まれたドゥブロブニク旧市街/スルジ山から>

旅の記録なんて、思い出シーン一つあればいいのかも。
どこにでも必ず出てくるこんな写真載せてもね。
…なぁんて、ちょっと中だるみ気分。

いやいや、でもね。
やっぱり、まずは城壁一周してみよう。


★続きます(こちらから)
★写真はクリックで拡大します。



by pallet-sorairo | 2017-07-10 09:24 | 旅@遠いどこかへ | Comments(14)

東欧の旅 ⑫ Windows 10


6月8日(木)@クロアチア/ドゥブロブニク

d0288144_16162583.jpg
d0288144_16002026.jpgd0288144_16005924.jpg d0288144_15594932.jpg












d0288144_16001515.jpg
d0288144_16004397.jpgd0288144_16002553.jpgd0288144_16003830.jpg




d0288144_16003183.jpg

あっ、あとひとつ。

d0288144_16402131.jpg
<大聖堂ステンドグラス>


で、

Windows 10 

なんちゃって(^^ゞ




のぞき見はルール違反ですが…
城壁からちらと見えた教室やどこぞのお宅の開いた窓など
とても素敵だったので我慢できずにぱちり。
ご容赦を。

ちょっとした瞬間に、
どんな観光地にも人々の暮らしがあることを知るのが
旅の醍醐味のような気がするのです。




ここドゥブロブニクが旅の最後の訪問地なのですが
なかなかレポに取り掛かれなくて…💦
こんな記事でちょっと休憩、ごめんなさい。






★東欧の旅 ⑬に続きます(こちらから)
★写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2017-07-06 09:12 | 旅@遠いどこかへ | Comments(4)

東欧の旅 ⑪ トロギール


6月7日(水)@クロアチア

こういう場所を見るとすぐに上りたくなってしまう(^^ゞ

d0288144_15072392.jpg
<聖ロヴロ大聖堂鐘楼@トロギール>

ところでこれって、見下ろしているの?見上げているの??
なんだかだまし絵みたいで、撮った自分も一瞬どっちだったか?と迷ってしまった。


More
by pallet-sorairo | 2017-07-04 15:00 | 旅@遠いどこかへ | Comments(12)

東欧の旅 ⑩ プリトビッツェ湖群国立公園


6月6日(火)@クロアチア

昨夜は、夕食の時間に滑り込みセーフでプリトビッツェ湖畔近くのペンションに着いた。
プリトビッツェ湖畔付近はクロアチアの一大観光地の割にはホテルが少なくて、
Trさん企画としては珍しくペンション泊となったのだった。

d0288144_12011109.jpg
<@プリトビッツェ湖群国立公園/湖畔を歩く人の群れも見えるだろうか>

きょうは午前午後とほぼ一日をかけて、プリトビッツェ湖群国立公園を歩く予定だ。
プリトビッツェ湖群国立公園はまたもや世界遺産の一つ、
今までの体験からしてどんな素晴らしい自然遺産なんだろうと気分はとてもわくわくだ。


More
by pallet-sorairo | 2017-06-30 08:59 | 旅@遠いどこかへ | Comments(14)

東欧の旅 ⑨ 国境を越える & ラストケ村@クロアチア


6月5日(月)@スロヴェニアから@クロアチアへ

現実とは思えないようなシュコツィアン鍾乳洞の見学をもってスロヴェニアでの予定はほぼ終了。
スロヴェニア到着以来ずっと私たちの車を運転してくれているドライバーのジェリコさんも
この日は一緒の席でランチを済ませ(ジェリコさん、ビールやワイン飲めなくてごめんなさい(^^;)
一路、クロアチアへと向かった。

d0288144_17473957.jpg
<ラストケ村@クロアチア>

写真は、クロアチア入国後に立ち寄ったラストケ村。
「ヨーロッパの美しい村30」に選ばれている小さくも美しい村だった。


More
by pallet-sorairo | 2017-06-27 17:03 | 旅@遠いどこかへ | Comments(6)

東欧の旅 ⑧ シュコツィアン鍾乳洞


6月5日(月)@スロヴェニアから@クロアチアへ

きょうはクラニスカ・ゴラのホテルを引き払うので、トランクを車に積んでの移動。
世界遺産のシュコツィアン鍾乳洞を見てから国境を越え、一路クロアチアへと向かう予定だ。


d0288144_14175531.jpg
 <地上から見たシュコツィアン鍾乳洞外観遠景>

旅行社のツアーでよく見かけるのは、スロヴェニアの2大必見スポットの一つ
ヨーロッパ最大規模(全長21㎞とか)と言われるポストイナ鍾乳洞だが、
私たちが見に行ったのはシュコツィアン鍾乳洞だった。
ポストイナの周辺はすっかり観光地になっているらしいが、
シュコツィアン鍾乳洞は交通の便が悪いとかで、観光地らしくない雰囲気がなかなか好ましかった。


More
by pallet-sorairo | 2017-06-26 14:43 | 旅@遠いどこかへ | Comments(8)

東欧の旅 ⑦ あるエピソード/ホテルでお説教される??


6月3日(土) @スロヴェニア

昨夜
日本からの長旅を終えホテルに到着してすぐに夕食の時間だったので、
シャワーを浴びるのは就寝前になってしまった。
おや、バスタブの水栓がないわ、後でフロントに言っておかなくちゃ。

今朝
ホテルに泊まった時はいつもそうするように
使ったリネン類をバスタブに投げ入れてこの日の旅先へ出かけた。

夕方
ほかの皆さんのお部屋にはちゃんと水栓があったということなので
外出からの帰り際にフロントに水栓のことを告げておいたら、
すぐにリネン類の係らしい伯母さん(と親しみを込めて言わせてもらおう)が水栓を持ってきた。
顔が「こんなの使ってどれだけ水を溜めるのだ?!」とあきれたふうに言っている??
「フヴァーラ(スロヴェニア語でありがとう)」。
ドアを閉めてすぐにバスルームへ水栓を持って行くと、
おや?? 今度はリネン類が全く補充されていないことに気づく。
「???」。

フロントに電話しようにも、
ホテルの利用案内がスロヴェニア語で書かれていてなかなか番号が見つからない。
「私が言ってくるよ」とフロントに向かい、なんとか一件落着
…と思ったところに電話が鳴った。番号を探し当てた夫からのようだった。
やれやれうるさい客だと思われたろうな、ははは。


★旅の途中での個人的なエピソードですので… (よろしければ続きはこちらから(^^ゞ)。
by pallet-sorairo | 2017-06-25 09:39 | 旅@遠いどこかへ | Comments(4)

東欧の旅 ⑥ ヴラタ谷ハイキング


6月4日(日)@スロヴェニア

昨日一日でずいぶんいろいろなことに出会ったので
もう何日もスロヴェニアにいるような気がするが、
旅はまだやっと二日目だ。

d0288144_21161987.jpg
<ヴラタ谷を行く>

きょうは、スロヴェニア人にとって富士山のような山
トリグラフ山(2864mスロヴェニア最高峰)の北壁を見に行く。
ハイキングなのでぜひ晴れてほしかったから、
ちょっと雲が多いとはいえ願いが通じてとても嬉しい。


More
by pallet-sorairo | 2017-06-24 09:17 | 旅@遠いどこかへ | Comments(6)