そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ちょっとお出かけ( 71 )

1/15 串田孫一展


ブログのお友だち・やまびこさんのところで知った串田孫一展。
あわわ、会期あと3日ですって。
さっそく出かけましょう。

d0288144_23184675.jpg

武蔵小金井の「はけの森美術館」は、初めて聞く美術館です。
「はけの森」ってなんだか変わった名前、ちょっと調べてみたらこんな記事 を見つけました。
小金井には「国分寺崖線・はけ」と呼ばれる段丘崖があるので坂がとっても多いんですって。
ついでに坂の道巡りも楽しんでしまいましょう。


More
by pallet-sorairo | 2016-01-16 11:56 | ちょっとお出かけ | Comments(12)

江戸東京たてもの園


11月27日(金)
遠出はできないけれどお天気続き。
前から行ってみたかった武蔵小金井の『江戸東京たてもの園』へ行ってきました。

d0288144_17401940.jpg

江戸・東京下町のまちなみ復元。
正面は子宝湯。


More
by pallet-sorairo | 2015-12-05 09:46 | ちょっとお出かけ | Comments(4)

鳥撮る人たち@三番瀬

なんだか小さな用事がちょこちょことあったり、
晴天予報もいまいち信用できなくて山へ行こう!という気が起きない。
で、朝起きるとしっかり晴れていてちょっぴり後悔。
でも、もう山へ行くにはスタートがいくら何でも お・そ・す・ぎ(^^;

「毎日同じ散歩道歩いてるのも飽きちゃった。どっか行こうよ」
で、以前から行ってみたいと思っていた三番瀬(千葉県)へ行ってみました。

d0288144_15440336.jpg

思い立ってすぐ、きょうの潮位も確かめずにあてずっぽうに来てみたけれど
ちょうどよく干潟が広がっていて…いたいた、鳥撮る人たち。
ここは魚介類や野鳥が多く生息し、貴重な自然を保っている浅瀬。
千葉県が埋め立ての計画を白紙に戻して保全した経緯を持つ場所です。

d0288144_23380495.jpg

特に渡り鳥にとっては貴重な中継地で、飛来するたくさんの種類の鳥が見られるのだそうです。
季節には潮干狩りなどもでき、
海岸続きの東京都江戸川区の葛西地区では、この夏海水浴場もオープンされたようです。

おやっ、砂浜の模様が面白い。

d0288144_07364943.jpg

あら、これはなんだろう。
大きい粒と小さい粒があるけれど…
ささっ、まずは早くあの人たちのところまで行ってみよう。

d0288144_16484537.jpg

鳥がたくさん集まっていますよ。
え~っと、あそこの両端の鳥と中の二羽は違う鳥よね?
バードウォッチングなんか初めてなので
なんだかよく見ないとみんな同じ鳥に見えちゃったりして(^^ゞ

d0288144_16364742.jpg

★ダイゼン(Wikipedia
いつの間にかとなりに並んで望遠鏡で観察していた方が教えてくれました。
今はどの鳥もちょうど夏羽から冬羽へ換羽中なので、見分けるのが難しい時期なんですって。
でも、この微妙な羽色を見られるのも短い時期なので貴重な季節なんだそうです。
↑ Wikipediaに出ている写真だとこのダイゼンはお腹から顔が真っ黒な夏羽になってます。

d0288144_16465016.jpg

★ミユビシギ
これも教えていただいたんだけれど、名前失念。
いろいろ探してはじめはトウネンって言う鳥の冬羽かななんて思ったのですが
どうも、ミユビシギのようです→(よっちのバードフォト)。
足元のわかる写真があると良かったんですが。

d0288144_15360900.jpg

★オオソリハシシギ(Wikipedia
これも教えていただきました。
覚えやすいネーミング。
大きくて反った嘴(はし)を持ったシギですよね(^^ゞ
ダイゼンとミユビシギ?とオオソリハシシギは同じ潮だまりで餌を探していました。

d0288144_21264101.jpg

★ウミネコ(Wikipedia
ウミネコは教えてもらわなくともわかりましたよ!
どこかの遊覧船に乗った時に「ウミネコとカモメの違い」って言うのを見たことがあって
黄色い嘴の先端が赤、黒と色が付いているというのを覚えていたし
ウミネコって、カモメに比べるとなんだかちょっと強面の顔してるんですよね(^^ゞ
この方、浮かんでるんじゃなくて歩いている?ところです。

d0288144_21504803.jpg

★コメツキガニ(Wikipedia
あっ、さっき見たこれはやっぱりカニの仕業だったようです。
砂とおんなじ模様をしているカニ…これモノクロ写真ではありません。
ここには二匹写ってますが、わかるでしょうか。

d0288144_22011020.jpg

で、鳥撮る人たち。
みなさんバズーカレンズにさらにフードを付けたどでかいカメラの三脚担いですごいです。
ちゃんと長靴はいてリュック背負ってるし。
それに比べて、ウォーキングシューズにコンデジ手持ちの私って…
でも、コンデジでもこれだけ撮れればいいでしょ…って、ちょっといやだいぶ負け惜しみかな。
あっ、長靴だけでも買おうかな なぁんて(^^;

半日だったけど、とっても楽しかった。
ちょっと病みつきになるかも。
(2015.9.14(月)@三番瀬)


おしまい。

★鳥の名前など間違っていましたら教えていただけると嬉しいです。



by pallet-sorairo | 2015-09-16 08:45 | ちょっとお出かけ | Comments(4)

雨の日は美術館へ =ユトリロとヴァラドン= 

初めて西洋絵画の画家として覚えた名前はユトリロだったような気がする。
モンマルトルの街並を描いた絵が表紙にあるスケッチブックを買った時ではなかったかしら。

ヴァラドンと言う画家の名前は知っていたような知らないような…
で、彼女がユトリロの母親だということを今回初めて知って俄然興味が湧いた。
ぜひ、見に行かなければ。

d0288144_15585610.jpg

ルノワールやロートレックなどのモデルを務め、恋多き女性でもあったヴァラドン。
自身も父親がわからない生まれであったけれど、ユトリロもまた父親のわからない子どもであったという。
そんな母と子の物語。

d0288144_15590168.jpg

モデルでありながらもかなりのデッサン力を持ち、
ユトリロが生まれたころから絵を描き始めたヴァラドン。
母親ヴァラドンを画家としてのルーツに持ちながらも、
奔放な母との愛憎に精神を病んでゆくユトリロ。
そんな母と子の関係を交えながら、同時代的に二人の作品が並べられていた。

d0288144_00265995.jpg

ヴァラドンの絵は(たぶん)初めて見る絵ばかりだったけれど、
明るい色彩と力強いタッチにあふれ堂々としていてたいそう魅力的だった。
私は好きだなこういう絵。
ユトリロの描くモンマルトル界隈は生き生きとそこにあり、
ぜひこの景色の前に立ってみたいと私に思わせた。
フランスへ…行って…みたい…かも。
(2015.6.26.)



★『ユトリロとヴァラドン 母と子の物語』展
 損保ジャパン日本興亜美術館(新宿)できょう6月28日(日)まで。
★写真はクリックで拡大します。




by pallet-sorairo | 2015-06-28 00:38 | ちょっとお出かけ | Comments(10)

6/14 国会周辺

d0288144_22195730.jpg
d0288144_09014095.jpg
d0288144_20195648.jpg
d0288144_22585852.jpg



戦争になぜ反対をしなかったそう賢(さか)しげに我ら言ったはず  (大和市)春原 正彦


                         朝日歌壇(朝日新聞 2015.6.8.)より



★この日、国会周辺には「戦争は嫌だ」と25000の人々が集まったという。



by pallet-sorairo | 2015-06-15 13:22 | ちょっとお出かけ

市川市動植物園


6月6日(土曜日)動物園へ行きました。
動物園なんて何年ぶりでしょう。

d0288144_17480291.jpg
<スマトラオランウータン/いま日本には10頭しかいないそうです>

いやあ、動物園って面白いですね。
この方(スマトラオランウータン)なんか、
最初見たときは目をつぶってくしゃっとした感じだったので顔?おしり?なんて思っちゃいました。



(続きはこちらから)。
by pallet-sorairo | 2015-06-13 10:33 | ちょっとお出かけ | Comments(12)

@アキバ


d0288144_22470023.jpg


コンクリート打ち放しのおしゃれな店内。
パン屋さん?と思ったら
自然食品のようなものが並んでいました。

d0288144_22474495.jpg

レストランもあるみたい。

d0288144_22483105.jpg

ここで売っているのは紙の?!時計…
なんだかさっきからがたごとと音がする…ええ、ちくたくではなくがたごと。

d0288144_22485163.jpg

いろいろなショップがブースごとに続いてるのね。
おやっ、不思議な天井。

d0288144_22493611.jpg


天井のアーチの縁どりと壁のレンガはずいぶん古そう。
それに、あのグリーンの鉄骨はなにかしら、レールのような…。

d0288144_22495578.jpg

ショップの窓の外に広がる満艦飾のまちの風景。

d0288144_22554959.jpg

ガラスドアのブリキ製のような取っ手を押して外に出てみると
木でできたテラスが建物に沿ってずっと長く続いている。

d0288144_22585711.jpg

テラスの向こうはまちなかを流れる幅の狭い川だった。

川の名は神田川。

d0288144_22465046.jpg

反対側は道路に面していてショップの入口になっている。

そうと知らない人には
人通りの少ないここがあのアキバ界隈だとは思えないだろう。



d0288144_00501061.gif


ここは明治45年(1912)に完成したJR中央線万世橋高架橋跡。
1943年に休止となった万世橋駅の駅舎はその後交通博物館として親しまれ
私も小学生の時遠足で来たことがあったように思います。

施設老朽化などで交通博物館が閉館した後、
一昨年秋に、おしゃれな商業施設『マーチ エキュート 神田万世橋』として
生まれ変わったのだそうです。

d0288144_22510100.jpg
<万世橋から見る秋葉原電気街>

外神田のイタリアンで元仕事仲間との定例ランチ会を楽しんだ後、
ぶらぶらと秋葉原(あきはばら&アキバ)まで歩きました。

秋葉原は山の往き帰りなどによく通る駅ですが、乗り降りしたのは何年ぶりでしょう。
電車の窓から見ていて以前から気になっていた場所へ行ってみたのです。
(このショップの上には今もJR中央線が走っているんですよ。
先ほどのがたごとという音は電車の通る音だったんですね。)
なかなか面白い空間だったので、ちょっと雰囲気だけでもお知らせしてみたくなりました。

アキバを目的にやってくる人々にとっては
ちょっと異空間かなとも思いましたが。



★mAAch マーチ エキュート神田万世橋(concept
★イラスト(ライン)@BOUS

by pallet-sorairo | 2015-04-12 10:54 | ちょっとお出かけ | Comments(14)

雨の浅草


所用があって浅草へ出かけました。
今日は冷たい雨が降っています。

d0288144_21411048.jpg
<浅草・新仲見世通り 2015.1.21(水)>

昭和にタイムスリップしたような雰囲気ですが…今日のことです。


More
by pallet-sorairo | 2015-01-21 23:35 | ちょっとお出かけ | Comments(16)

銀座


もと仕事仲間との定例ランチの会。
3か月ぶりの今日は銀座で中華です。

d0288144_21533882.jpg

待ち合わせ場所は4丁目角の三愛前ですって。
銀座4丁目三愛前なんて何年ぶりでしょう、なんだかうふふな待ち合わせ場所。
GUCCI のウインドウに映っている上部が白くて丸い筒のような建物が三愛ビルです。


More
by pallet-sorairo | 2015-01-09 22:53 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

続・博物館に初もうで / 黒田清輝記念館


「博物館に初もうで」に来ましたが、ほんとはこちらをぜひ訪ねたいと思って来たのでした。

d0288144_22255074.jpg

<黒田清輝記念館>

こちらは耐震工事などが終わって新年2日にリニューアルオープンしたばかり。
以前は週2日の限定公開でしたが、これからは東京国立博物館に準じた開館日になります。


More
by pallet-sorairo | 2015-01-06 15:47 | ちょっとお出かけ | Comments(10)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite