そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:散歩道( 76 )

お花見日和@散歩道

本日はお花見日和♪
替わり映えしないけれど散歩道へ出かけます。

d0288144_20022376.jpg

春一番早くから咲いていた河津桜も主役の座をすっかりソメイヨシノに譲ってしまった散歩道。
ウッドデッキの入口で素敵なお二人を見かけました。

いいナァ、このお二人。

d0288144_20290408.gif



見とれていないで、進みましょう(^^ゞ


d0288144_20162439.jpg
<2015.3.31.>

桜はほぼ満開。
ここは、昨年暮れにサギがダンスをしていた場所です。

d0288144_20195966.jpg

最近は、オオバンが我が物顔で気持ちよさそうに泳いでいます。

d0288144_20052666.jpg

明日からお天気下り坂との天気予報に、みなさんどっと繰り出したようです。
私は毎日のように歩いている場所ですが、ここは案外遠くからもたくさんの方がお花見にやって来るんです♪

d0288144_20131733.jpg

あそこは亀のお昼寝場所で、いつもたくさんの亀がずらっと並んで甲羅干しをしています。
「きょうはなんだかうるさいぞ」って思っているんじゃないかしら。

d0288144_20062920.jpg

焼き鮎、お好み焼き、海鮮焼き、たこ焼き、綿あめ、アンズ飴、かき氷、チョコバナナ、今川焼、焼き鳥、から揚げ、焼きそば、ケバブ、トルコアイス…
ビールもお酒もお飲み物はなんでもあります?よ~(^^

d0288144_20072293.jpg

花が散るころにはこの狭い川いっぱいに花びらが散ってミルク色になるんです。
私は一度、ここで夢のような花吹雪に出会ったことがあります。

d0288144_20084053.jpg

春休みの子どもたちもお花見にやってきて…あらら、川の中州に降りてます。
気を付けてね~。

d0288144_20085231.jpg

おや、ここにも素敵なカップル。
若い二人もいいけれど、歩きながら今川焼を食べているお二人もいいでしょう?
うふふ。


おしまい。

★イラスト(ライン)@BOUS


by pallet-sorairo | 2015-03-31 21:40 | 散歩道 | Comments(8)

ベトナムの若者たち

ハクモクレンが咲いたと思ったらすぐに満開になってその日のうちにソメイヨシノが開花した。
春がずんずんと進んでゆく。
書こうと思っていたベトナムの若者たちとの出会いのこともなんだか賞味期限切れかもと思いかけた昨日、
なんと、新聞で「ベトナム戦争終結40年」という文字を見つけた。

これも何かの縁かもしれないな…やっぱり書いておきましょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3月20日、ハクモクレンの様子を見に行ったついでに
何日か前から気になっていた場所へ寄り道をしてみた。
田んぼの向こうのあのもえぎ色の木々はなにかしら。

d0288144_14485427.jpg

小さい水の流れに掛けられた木道を渡ると、足元には植えられたスイセンが花盛りだった。
おや、ここはあの風車のある場所の裏手ではないですか。

d0288144_14495211.jpg

もえぎ色の木は思った通りヤナギの種類だったけれど
ネコヤナギとはちょっと違うような気がする。

d0288144_15003425.jpg

だいぶ成長が進んで、もう葉も出始めている。
もしかしたら、カワヤナギ(ナガバカワヤナギ)というヤナギかしら?

d0288144_14505725.jpg

遠くから見るとこんなふう。
2・3日前はもっともえぎ色が強くて素敵だったのだけれど。


ハクモクレンの写真を撮るのに青空を待っていたら思いのほか時間がかかってしまったので
きょうはここでUターン。

d0288144_14512174.jpg

「河津桜もそろそろお終いかな」
川面に映る花の色を見てちょっと名残惜しい気分になりながら家路につく。

おやっ、
河津桜をバックにおめかしした若者たちが写真を撮りっこしている。
「あらっ、なにしてるの?」
「ベトナムから勉強に来ています」。

d0288144_14513599.jpg
<掲載了承済みです>

言葉があんまりうまく通じなくて、結局「今何をしているか」がわからずじまい。
でも、たぶん花を持っている男性と黄色のドレスの女性のお祝いか何かだったのじゃないかしら。

泥と炎のインドシナ…ベトナムというと今もそのことをまず一番に思い出してしまうけれど、
ベトナム戦争は私が中学生の頃に始まり、その後15年ほど続いたのだった。
この若者たちにとってあの戦争は、教科書で学ぶ歴史上の通過点に過ぎないのだろうな。

「ありがとう。さようなら」「さよなら。ありがと」。

屈託のない若者たちを前に思うのは、世界の若者たちを取り巻く状況のひどさ。
世の中の若者たちみんながこんなふうにいつも明るい表情をしていてくれたなら…
そんなことをあれやこれやと考えながら帰る昼下がりの散歩道だった。




by pallet-sorairo | 2015-03-25 11:44 | 散歩道 | Comments(4)

ハクモクレン満開 &…

朝から明るい日差しのまぶしい暖かな日曜日。
散歩道のハクモクレンが満開になった。

d0288144_14261339.jpg
2015.3.22.

d0288144_14224777.jpg

どれどれ、咲いてないつぼみは…
ないよね。

d0288144_14300062.jpg

いつもは散歩とウオーキングの人々の川べりも、きょうは日曜日とあってジョギングする人の率が高い。
ソメイヨシノのつぼみもずいぶん膨らんで、桜まつりの屋台を建て始めている人たちも見える。

d0288144_17524045.jpg

向う岸のしだれ柳とのコラボ。
白ともえぎ色が青空に映えていかにも春だ。

d0288144_14310381.jpg

あちこちから満開のハクモクレンを眺めて満足満足。
さて、私もさくさくとウオーキングの続きをしよう。


おやっ あれは えっ!

d0288144_17275057.jpg

もしかしてコブシの花じゃないかしら。
えっ うそっ いつも歩いている場所なのにと、車道を渡ってそばまで行ってみる。

d0288144_17281925.jpg

満開のコブシ。
満開になってはじめて気づいたコブシの花でした。

d0288144_17283108.jpg

今までどこに隠れていたの??
こんなところにいたなんて全然気づかなかったよ。

d0288144_17291047.jpg

大きなコブシの木。
定点観測の楽しみがひとつ増えたけれど
ますます散歩時間が長くなってしまうのが悩みのタネだなぁ。
でも、嬉しい。
るんるん。



ハクモクレンが咲いた♪

by pallet-sorairo | 2015-03-22 18:21 | 散歩道 | Comments(6)

3/13 水ぬるむが未だ春浅し

なんだか風邪っぽいけれど、明るい日差しに誘われて散歩道に出かける。
だいぶ暖かくなったので、きょうはハクモクレンもひとつふたつ咲き始めているかもしれない。

d0288144_15322690.jpg

最近は、ちいさな椅子を持参して文字通り腰を落ち着けて釣りをする人が増えてきた。
みんなほんとの春を待ちきれないのだろう。

d0288144_15324834.jpg

おや、あれは。
温そうな水のよどみに小さな魚が群れを成している。
見ていると、ひと塊になって少しずつ進んでいるようだ。

d0288144_15332077.jpg

そのまま上流へ向かって歩き、何気なく橋の下を覗くと黒く動くもの。
私の影に並んで写っているのは前へ前へと進む小魚の群れだ。
この川はこれから先だんだんと幅が狭くなるはずだけれど、いったいどこまで行くのだろう。

d0288144_15374686.jpg

いつもここでUターンする私の散歩道の終点には白梅がきれいだった。
きょうは高尾近くの梅園にでも行ってみようかと思っていたけれど、まっ、これでもよかったかな。

d0288144_15323299.jpg

Uターンしてもと来た道をちょっと違えて戻ると、
ジョギングロードの入口の馬酔木が満開で、小さなピンクの花が鈴なりだった。

d0288144_15371465.jpg

咲いているかなと思ったハクモクレンはあと一息!で、未だ「春浅し」を感じてしまったけれど、
いつぞやの大雨で崩れてしまっていた護岸の工事が進んで、ちょうど新しい桜の木を植えているところだった。
ジョギングをしている人までがしばし立ち止まってその作業を見ている。

みんな嬉しそうにしているのがよけいに嬉しいきょうの散歩道だった。


by pallet-sorairo | 2015-03-14 17:29 | 散歩道 | Comments(12)

啓蟄 

二十四節気は啓蟄(けいちつ)に入った。
啓蟄初候(七十二候第七候)は「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」 ですって。

d0288144_23532658.jpg

さまざまな生き物たちが目覚めるころらしいよ。
散歩道に出かけ、水たまりにおたまじゃくしでもいないかしらと覗き込む。

d0288144_23470346.jpg

あらら、おたまじゃくしじゃなくって男性がおひとり葦原で釣りをしている。
ここはなんだかまだ冬っぽい景色。
原っぱはどんなかしら。

d0288144_23304816.jpg

葭原のぐるりを周り込んで原っぱに行ってみる。
絨毯みたいと言うには早いけれど、オオイヌノフグリのブルーがきれいだった。
もう少しすればヒメオドリコソウも咲いて一面ピンクとブルーの野原になるはずだ。

d0288144_23313186.jpg

おや蓬が出ているとしゃがんでみると
草の葉の間を何匹ものナナホシテントウムシが忙し気に行ったり来たりしていた。
なるほど、
蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)だものね。
私の住むこの辺りではどうやら暦通りに季節が進んでいるようだ。
(2015.3.6.)

***************

2015.3.8.
コメント欄に誘発されて、以下追記しま~す(^^ゞ

「なぞなぞ」です。
この虫は何という名前でしょうか??

d0288144_09371782.jpg

転倒無視で~す(^^v

周りの景色はまだ冬っぽい部分もありますが
この日(3/6)散歩道を歩いていると
あちらこちらでどこからともなく沈丁花の甘い香りが漂ってきました。
春が確実にやってきているのを感じます。

おしまい。


by pallet-sorairo | 2015-03-07 00:15 | 散歩道 | Comments(12)

魚上凍


七十二候の第三候(二十四節気「立春」末候・2/14~18頃)は
魚上凍(「うおこおりをいずる」「うおこおりにあがる」 など)。
水ぬるむ春。
氷が割れて魚が飛び出してくるころの様子とのこと。

今日から明日に掛けての東北北陸地方には大雪警戒雪崩注意の予報が出ていて
まだまだ「魚上凍」には遠いようなのに、我が家の辺りはすっかり春の様相だ。

d0288144_15100990.jpg
<2015.2.13.@散歩道>

もちろん私の散歩道の小川にはめったに氷など張らないが
立春を過ぎてからは一日ごとに春めいて、水に泳ぐ鯉も暖かな日差しを楽しむかのように見える。

d0288144_15361700.jpg

水面の揺らめきの下をさらにゆらゆらと進んで行く鯉。
小川に沿った田んぼの畦には
オオイヌノフグリやホトケノザが咲いて高らかに春の訪れを告げている。

2月ももう半分が過ぎてしまった。
月日のたつのが本当に早い。



by pallet-sorairo | 2015-02-14 11:56 | 散歩道 | Comments(8)

余寒


明るい日差しに誘われて散歩に出かける。
足早に歩いているとものの10分ほどで身体も温まってくる。
散歩道のそばを流れる小さな川は日の光を反射して
まるで星屑を散らしたようにきらめいている。

d0288144_15571533.jpg

途中でダウンジャケットを脱いで歩いていたら、ちょっと寒くなってしまった。
光の明るさに騙されてしまったかもしれない。
立春を過ぎたとはいえ、風の冷たさはまだまだ冬の名残を感じさせる。
外していた手袋もはめ直し、
「余寒」ってこんなことを言うのだろうかと思いながら我が家へ向かって折り返す。

早くほんとの春が来ないかな。




by pallet-sorairo | 2015-02-10 16:53 | 散歩道 | Comments(8)

款冬華


二十四節気「大寒」初候(新暦1月20日~24日ごろ)は「款冬華(ふきのはなさく)」。
「款冬華」、わたし読めませんこれ(^^;

大寒は一年で最も寒い時期ですが
蕗の花が咲き始め、雪の下からぽつりと顔を出す頃でもありますということのようです。

d0288144_23173008.jpg
<2015.1.23.散歩道で>

まちの中で蕗の花を見るのはたぶん無理…
でも私、散歩道に河津桜が咲き始めているのを見つけてしまいました(^^ゞ

d0288144_00575523.jpg
<2015.1.23. 冬枯れの枝に止まるムクドリ>

「もう?」と、ちょっとびっくり。
「款冬華」…地面の下では春の支度が着々と進んでいるんですね?!


by pallet-sorairo | 2015-01-23 23:19 | 散歩道 | Comments(2)

1/3 快晴の一日


昨日は子どもたちがやってきて一日中賑やかだった。
きょうは一息入れて、散歩に出かけよう。

では、ご一緒に。

d0288144_19273122.jpg

青空がお似合いのハクモクレンとマグノリアが同じ花のことだとは昨年知った。
あと3か月もすればぽっぽっと花ひらいてとても見応えがあるはずだ。

d0288144_19281405.jpg

ダイサギが日向ぼっこをしている。
向う岸にも一羽。

d0288144_19435604.jpg

身の軽いコサギが枝に止まっていることはあるけれどダイサギは珍しい。
撮っておこうとした瞬間飛び立った。

d0288144_19283832.jpg

田んぼ脇の用水路には薄氷が張っている。
ここだけ何故?


d0288144_22333772.jpg

並行して流れている散歩道の小川はこんなにきらきら光っているのに。

d0288144_19285377.jpg

ツグミもお散歩中だ。
ツグミはいつも背伸びをして何かを見ている。

d0288144_19291327.jpg

暮れにサギのダンスを見た場所には多種類の鳥。
ダイサギ、アオサギ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オオバン。

d0288144_19294059.jpg

散歩道の途中にあるウッドデッキはあちこち傷みが出てきて、継ぎ接ぎがまるでパッチワークのようだ。
ずいぶん前から、出入り口に「通行注意」の掲示が出されている。

d0288144_19404547.jpg

いつものコースを歩き終えて家へ帰るとお昼どきだった。
マンションのエレベーターホールから見える筑波山。
箱根駅伝の10区を見ながらお昼を済ませる。
青山学院がすごいタイムで総合優勝、途中でも繰り上げスタートになって他大学が気の毒なくらいだった。

d0288144_19315920.jpg

あまりに気持ちの良いお天気なので午後も散歩、久しぶりに港のほうまで足を延ばしてみる。
港に続く公園のデッキでは、凧上げをする家族にしばらく見入ってしまった。

d0288144_19322739.jpg

港へ遠征した目的は海越しに見る富士山だった。
まだうっすらとは見えるけど、午前中のほうがずっとよかったはず。

d0288144_19331387.jpg

太陽がもうこんなに低くなっているのだもの。
やっぱり午前中に来るべきだった。

d0288144_19333944.jpg

でも、目を凝らして海の向こうを見ると
工業地帯の煙突などがまるで蜃気楼のように浮かんで見えて…これもまた面白かったから…まっいいか。

d0288144_19340231.jpg

家へ帰る途中で、明後日が満月の白くて丸っこい月が出ているのに気付いた。
早く帰って我が家のベランダから見よう。
で、我が家のベランダから見た月(16:15 / この日の東京地方の日の入り16:40)。
そうだ昼間はぼんやりしか見えなかった浅間山が見えるかもしれないと、マンションの最上階へも行ってみた。

d0288144_19410060.jpg

東京湾に立つヨットのような『風の塔』を目いっぱいズームして見る。

d0288144_19364119.jpg

ビルの間から見える丹沢の山々も。

d0288144_19365039.jpg

ビルの間から見える富士山も。

d0288144_19375176.jpg

奇跡的に?!遮るものなく見える東京スカイツリーと奥多摩や大菩薩の山々も。

d0288144_19380642.jpg

そして、遠くに浅間山も。

d0288144_19411446.jpg


昼間にはうすいグレーがかった空の色に紛れてよく見えない山々も
こんなふうに晴れた日の夕暮れにはそのシルエットが浮かび上がってくることが多いのだ。

d0288144_22041233.gif



雪国にお住まいの方々には申し訳ないような温かな日差しを受けて、
正月三が日最後の日の散歩を楽しんだ。
17958歩。
よく歩いた一日だった。


★山などの風景はほぼズームで撮影しています。
★写真はクリックで拡大します。
★イラスト(ライン)@BOUS


by pallet-sorairo | 2015-01-04 09:33 | 散歩道 | Comments(12)

12/14 冬の原っぱ


あちこちで大雪とのニュースですが、関東地方はとってもいいお天気。
私のせいではないけれどなんだか雪国の方には申し訳ない気がします。

さてそれではいいお天気なので山歩きにでも行こうかと思っても
毎日が日曜日なヒトなので何も混んでる時に行くこともないかとすぐにインドアを決め込みます。
で、運動不足です。

d0288144_22261138.jpg

これではいけないと、久しぶりに散歩道へでかけましたが
あんまり人の歩かない道をわしわし進んだらひっつき虫に引っ付かれてしまいました、あらら(^^;


More
by pallet-sorairo | 2014-12-15 09:06 | 散歩道 | Comments(8)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite