そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:山歩き2017( 22 )

10/8~9 仲間と歩く(雲取山 その3)


10月9日(月・祝/体育の日)
たぶん定員いっぱいの宿泊者のいたこの日。
食事は2回転で、朝食は並び順だったので
私たちは5時半からの一回目に間に合うように準備を済ませます。

d0288144_15391434.jpg
<三条の湯の朝>

豊富な水とかまどにふつふつと湧いているお湯は無料でいただけるとのことなので、
食事の前に釜から柄杓でテルモスにお湯を入れておきましょう。
「熱いから気を付けて」小屋番さんから声がかかります。


More
by pallet-sorairo | 2017-10-13 07:20 | 山歩き2017 | Comments(16)

10/8~9 仲間と歩く (雲取山 その2)


山友の矢車草さんと山うさぎさんの呼びかけで
なんと総勢13名もの人数で雲取山へと出かけました。
計画したお二人もこんなにたくさんになるとは予想していなかったとかで嬉しい悲鳴(^^。

d0288144_14340298.jpg

いつもは単独か二人くらいのパーティで歩いている人ばかりなので、
とても新鮮な気分でもあり、
さらに、友だちの友だちはまた友だちと輪が広がり、
初対面の人も以前から知っていた人も入り混じってたいへん楽しい二日間になりました。


More
by pallet-sorairo | 2017-10-11 09:00 | 山歩き2017 | Comments(6)

10/8~9 仲間と歩く(雲取山 その1)


ほんの少し秋色の始まった山の中を
気持ちの良い山仲間たちと歩いた二日間。

d0288144_10214646.jpgd0288144_10432069.jpg


 d0288144_09215870.jpgd0288144_10242082.jpg


ほ~んとに楽しかった♪
今朝は身体中が痛いけど(^^ゞ



★この日の山レポは(こちらから)
★写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2017-10-10 10:34 | 山歩き2017 | Comments(2)

9/24 畦ヶ丸(あぜがまる)


西丹沢・畦が丸。
わが家からだと登山口まで片道4時間弱かかる近くて遠い神奈川県の山。
いつものように新松田からバスに乗り、大滝橋で下車して山道に入ります。
きょう同じバス停で降りたのは私たちのほかに一組のペアーだけでした。

d0288144_23070166.jpg

❝ 地図を眺めてみると、大滝沢の支流?には「マスキ嵐沢」「地獄棚沢」「鬼石沢」
「ステタロー沢」など何やら恐ろしげな名前の沢が…。❞

…と、前回のレポをそのまま貼り付けてもよさそうなんですが…
まっ、季節も微妙に違うし、なんとか頑張ってレポ書くことにいたしましょう。
何と言っても、記録は自分のためでありますから(^^;


More
by pallet-sorairo | 2017-09-28 08:07 | 山歩き2017 | Comments(16)

水の爪痕


あっ、ここ!
以前来た時に「あれぇ、ちょっと感じ悪くない?!ここ。」と思った場所。
新しそうな桟道や木橋が壊されて使い物にならなくなっている。
固定していたらしいワイヤでかろうじて流されずにはいるが
どうなってるんだろう、きょうもまた、ちょっとヤな…感じ…

d0288144_09551447.jpg
<2017.09.24. @西丹沢・畦ヶ丸>

でも、思いのほかあまり大変な想いをせずに向こうへ渡れてほっとする。

この場所、きょうはほとんど水が流れていなかったけれど
水量の多い時には橋がなかったら向こうへは進めないってことね。
というより、橋まで流されてしまう水が押し寄せることがあるってことなのだ、な?!
恐ろしや、水の力。

d0288144_09583665.jpg
<2014.11.05. @西丹沢・畦ヶ丸>

以前の写真を見てみると、
この時の橋が流された後に架けられた橋もまた、流され(壊され)たということのようだ。

こういった水害はここでは毎年のように繰り返されると聞いてはいたが、
年月を置いて同じ場所の光景の移り変わりを目にすれば、
根気強くその度に登山道整備がなされていることがよくわかって
ただただ頭が下がる思いがするばかりだ。

感謝。



★この日(2017.09.24)の山レポは(こちら)から。
★以前の山レポは(こちら)から。


by pallet-sorairo | 2017-09-26 08:35 | 山歩き2017 | Comments(6)

9/10 陣馬山~景信山(初秋の低山)


土曜日夜、桐生詳秀くんが日本人初の100m9秒台(9.98)を出したというニュースを見て
「よかったよかった、初が桐生くんでほんとによかった」
(高校3年生で10.01出して以来4年間期待され続けたからね)と思っているところへ、
ゆきさんから「明日、軽いところなら行けるかなぁ」とメール。

d0288144_15584544.jpg
<陣馬山山頂から奥多摩方面を望む/下に見えるのは茶店>

実は金曜日に、週末は忙しいと断られていたんですが(^^ゞ
あら嬉しい…でも今からじゃ行きなれた陣馬山くらいがいいかな。
私はほ~んとに久しぶりの山歩きなので、
「軽いところ」は願ったりかなったりです。
では、出発。


More
by pallet-sorairo | 2017-09-12 09:58 | 山歩き2017 | Comments(6)

7/7~8 甲武信ヶ岳 その2 


山やさんはとっくにご存じのはずだし、
山にご縁のない方ももうお気づきかもしれないけれど、
甲武信ヶ岳(甲武信岳)の「甲」は「甲州」で、「武」は「武州」、
そして「信」は「信州」を表しています。

d0288144_19450280.jpg
<道標/八丁坂の頭>

つまり、甲武信ヶ岳は山梨県・埼玉県・長野県の3県にまたがる奥秩父山塊の主峰として
存在感を示している山なのです。
あてられている文字はともかくとして、
山容が「拳」のようなので「こぶし」という名が付いたとの説もあるようですが。

という能書きは置いといて
さて、



More
by pallet-sorairo | 2017-07-27 08:43 | 山歩き2017 | Comments(12)

7/7~8 甲武信ヶ岳 その1 


7月7日(金)
千曲川源流遊歩道を経て甲武信(こぶし)ヶ岳から甲武信小屋へ。

d0288144_23583813.jpg
<道標/千曲川源流遊歩道標高1800m地点>

私が甲武信ヶ岳に登るのは20年ぶりくらい。
登山口までのタクシーで車酔いしてふらふらしながら歩き始め、
山頂標識の石段にすっぽり収まって風を除けていた
くたびれ切った私のことだけを?覚えています(^^;


More
by pallet-sorairo | 2017-07-26 09:04 | 山歩き2017 | Comments(10)

7/21 届ける。


大岳山・御岳山ロックガーデンへ夏山トレーニングに行った日のこと。
ロックガーデン入口(この日の私たちにとっては出口)付近で、
向こうからかなりのスピードでやって来る若者二人と出会いました。

会うなり「外人さんと会いませんでしたか?」との問い。
「会いましたよ。だいぶ先だったけど…お父さんと息子さんだったような。」
「そうです! ありがとうございます。」
すれ違いながらのそんなやり取りに「なんだろう? どうしたのかな、あの人たち」。

d0288144_11064638.jpg
<階段蹴上部分/御岳山神社参道>

一時間ほど後、
相変わらず遊びながらの亀足歩きで御岳山神社付近を歩いていると
先ほどの若者二人がもう戻って来たのに気付きました。

「あら、会えましたか?」
「あっ、会えました。忘れ物届けたんです。
 パスポートやクレジット・カードや現金や。大事なもの全部入ってて」
「本人、全然気づいてなくて」。
「とてもびっくりして、お礼に5000円くれるって言ったんですけど」
「え~、もらったの?」
「まさか~!」

「よかったよかった。
 これで、日本人の株がまた上がったね。
 お国へ帰ったら、日本はすごい!って話になって評判になるよきっと」。
「あはは」
「うふふ」。


大岳山・御岳山ロックガーデンの前に行った甲武信ヶ岳のレポを
早くアップしなければと思っているのですが、
この素敵な若者たちのエピソードはやっぱりメモしておきたいなと。



by pallet-sorairo | 2017-07-24 11:09 | 山歩き2017 | Comments(10)

7/21 大岳山&御岳山ロックガーデン


「夏山、どうしよう?
差し当たり明日、トレーニングにロックガーデンでも行こうと思うんだけど」
ゆきさんからそんなメールが届きました。

d0288144_11094416.jpg

木曜日は「きょういく(今日行くところがある)の日」なので翌金曜日にしてもらって
行ってきました、夏の低山。
最近、トレーニングばかりでその先に進まないのが「あらら」ですが(^^;


More
by pallet-sorairo | 2017-07-22 14:11 | 山歩き2017 | Comments(10)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite