そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:鳥・虫・樹・花など( 181 )

朝顔日記2017 その1(5/4~5/25)

d0288144_21032428.jpgd0288144_21031801.jpg


朝顔日記2017 始めます。
  

成長の進み具合など、様子を見ながら時々お知らせしていくつもりですので
どうぞよろしくお付き合いくださいませ(^^ゞ


d0288144_09120263.jpgd0288144_09255969.jpg 5/25
d0288144_14245728.jpgd0288144_14245288.jpg5/20
d0288144_14243975.jpgd0288144_14243510.jpg 5/10
d0288144_14242340.jpgd0288144_14242709.jpg5/4.5/7


今年はプランター二つ分の朝顔です。
昨年採った種をGWに蒔きましたが、ちょっと早すぎたかな。
今朝の時点で右側は苗4本まで間引きましたが、左は6本残してあります。
出来たら各3本にしたいのですが本葉の出てきた子たちを抜いてしまうのが忍びなくて…(^^:
しばらくこのまま様子を見ようと思っています。


d0288144_21145924.jpg


 その2(こちらから)へ続きます。



★写真はクリックで拡大します。




by pallet-sorairo | 2017-05-25 16:34 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(2)

5/21 小満の日


本日、二十四節気「小満」。

しょうまん
日ごとに上昇する気温に合わせ、万物の成長著しい時期です。
畑の麦は大きく穂を実らせ、草木の緑はくっきりと色濃くなってきます。
あらゆる生命が天地に満ち始める、という意味の言葉です。                 
(『くらしのこよみ』平凡社より)。

きょうは義母の卒寿のお祝いで家族一同で会食後
写真館で記念写真を撮りました。
老若男女総勢13名が揃っていいお顔で写るのはなかなか難しいものがありましたが(^^ゞ
なんとか楽しく撮影終了でした。
お宮参りのご家族なども多くて写真館が賑わっていたのは「大安」でもあったからなんですね。
「こよみ」は案外まだまだ暮らしの中に息づいているということでしょうか。


d0288144_21384034.jpg


さて、あんまり美しい写真じゃなくて申し訳ないんですが、
これは何かというと、花の終わった菜の花で見つけたテントウ虫(ナミテントウ)の幼虫です。
(「小満」の初候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」にちなんだつもりで出しました。悪しからず)
テントウムシは肉食で、アブラムシやうどんこ病の菌などを食べてくれるありがたい虫なんですって。
可愛い姿の成虫もこんな姿の幼虫もすごい食欲ということなので、
バラなどの花を育てている方には強い味方であるはずに違いありません。

d0288144_09404512.jpg

でも、
テントウ虫のこんな幼虫を見かけるたびに、
これがどうしてあんなピカピカした丸っこい虫になるのか不思議で仕方ない私です(^^;




★写真はクリックで拡大します。


by pallet-sorairo | 2017-05-21 22:26 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(4)

茉莉花(まつりか/アラビアジャスミン)


ある日、友だちとの飲み会へ出かけていた夫が
なにやらスーパーのレジ袋を提げて帰ってきました。
「これ、Mℤから奥さんにっておみやげ。庭にいっぱい咲くから、挿し木したんだって。」
「えっ? あら、嬉しい♪」

届いたメールには「茉莉花(まつりか)。東南アジア系と聞いています。
年2回咲いてジャスミンの香りがします。最初、紫の花が咲き白に変化します…」とありました。

d0288144_21435600.jpgd0288144_22300444.jpgd0288144_21442132.jpg

d0288144_21442538.jpgd0288144_13443285.jpgd0288144_21443625.jpg

d0288144_13442689.jpg d0288144_13400736.jpgd0288144_20493266.jpg

5/09. 5/10. 5/12.  
5/13. 5/14. 5/15.
5/16. 5/17. 5/18.

楽しみに咲くのを待っていたら、こんな風に次々と咲いてくれました。
どんどん増えそうなので、
これからどんなふうに仕立てようかなぁとあれこれ考えるのも楽しいです。

MZさんありがとうございました。
お礼が遅くなりましたが、ご報告まで(^^。



by pallet-sorairo | 2017-05-18 20:54 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(4)

つかまえた‼


例年だとゴールデンウイーク中に田植えを済ませる散歩道の田んぼ。
今年はちょっと遅れて3・4日前に完了したようだ。
この田んぼで、春先からつがい?のコチドリをよく見かけるようになっていたが
きょう(5月12日)も2羽一緒にちょこちょこと餌をついばんでいた。


d0288144_22343216.jpg

あっ、なにか美味しい物ゲットしたみたい?!!

d0288144_16544483.jpg

「きみの分も探してあげよう」と…言っているかどうか(^^ゞ

d0288144_16431654.jpg

こちらは滅多に地面に降りないというツバメ。
何か口にくわえているけれど、
餌ではなく巣作りのための泥を集めに降りたのかもしれない。
(逆光だったので?顔の表情が見えないのが残念)。

d0288144_16432018.jpg

トンボも、早くもすいすいと飛び交っている。
長いことこの2匹で追いかけっこしていたので
もしかしたら恋人探しかと思ったけれど、
結局捕まえられず捕まらず離れて行ってしまった。
胴体の色が違っていたから、雌雄ではなく種類が違ったのかな。
縄張り争いだったのかも。

d0288144_22344586.jpg

別の日(5月4日)、公園で。
あちこちで見かけるのであんまり被写体にすることのないハクセキレイ。
美味しい物ゲットしてたので登場させてあげました(^^ゞ






★写真はクリックで拡大します。


by pallet-sorairo | 2017-05-12 22:13 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(4)

見上げれば白い雲


八重桜の散り花もとっくにどこかへ消えてしまった散歩道に
今度は、こんな白い花がたくさん落ちていました。

d0288144_16273107.jpg

落ちたばかりの花は透き通るように白く
明るく黄色い雄蕊が色を添えてなかなかの美しさ。

d0288144_16291732.jpg

「あっ」と思い、上を見上げると
白くふわりとした雲のように頭上を覆っているの花の群れは、
私の散歩道に一本だけあるハクウンボク(白雲木)です。

d0288144_21524802.jpg

「いつ咲くのだろう」とずっと気にしていたのに、
落ちた花を見て初めて咲いたのを知るのがちょっと悔しい、
と言っては語弊があるかしら。


ハクウンボクが咲いているということはあの花も咲いているかもしれない。

d0288144_16292783.jpg

急いで「あの花」の樹の下へ行き、痛くなるほど首を曲げて見上げます。
背景の白っぽい空に紛れてなかなか花が目に入りませんが…

d0288144_16293193.jpg

あっ、咲いていましたよ。
ニセアカシア(ハリエンジュ)です。
この花を初めて見たときは、白い藤の花かと思ったのでしたっけ。


ハクウンボクとニセアカシア、どちらも落葉高木。
高いところで咲いているので、
うっかりすると知らないうちに咲いて散ってしまいそうです。
今年もちゃんと見てあげることができてよかったと
ちょっとほっとしたりしているワタクシです。


d0288144_16294149.jpg

同じ日、足元には可愛らしいシロツメクサが。

5月9日(火)散歩道で。

by pallet-sorairo | 2017-05-10 09:33 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(17)

春のクスノキ



今年はクスノキの紅葉がことのほかきれいなような気がする。
散歩道には何本ものクスノキがあるからこの時期は大量の落葉だ。

d0288144_00143381.jpg

春なのに紅葉?

d0288144_00143877.jpg

春なのに落葉?

d0288144_00144483.jpg

今は春。
ほらね、そばにナズナ(ぺんぺん草)が咲いている。


d0288144_00153906.jpg

見上げれば、
オブジェのような枝に若葉と紅葉が混じり合う。
(あの柔らかな感じは赤っぽい新葉かもしれない?)
  

d0288144_00212268.jpg

樹皮を見るたびに
「ひび割れ煎餅のようだ」と私は思う。


d0288144_00201154.jpg


クスノキの葉の寿命は1年と10日あまりとか。
新葉が出るのと入れ替わるように紅葉した古い葉が落ちるのだ。


d0288144_09262396.jpg


2017.4.25.散歩道で。



by pallet-sorairo | 2017-04-28 09:59 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)

ナガミヒナゲシ


お花見客でにぎわった散歩道も日常を取り戻したようなので、
久し振りに散歩道へ出かけてみました。
川辺には菜の花や諸葛菜(しょかっさい/ムラサキハナナ)に色をそえるように
ナガミヒナゲシが咲き始めています。


d0288144_23512594.jpg


この子、最近あちこちで目にしますが実は嫌われ者。
「爆発的な繁殖力を示す場合があり、地場の他の草花を駆逐してしまう可能性がある(Wikipediaより)」。
オレンジ色が目を引いてとってもきれいなのに…。
セイタカアワダチソウのようにいつかは淘汰されて消えていくということはないのかしら。
  ★ナガミヒナゲシ(Wikipedia
  ★ナガミヒナゲシ(国立環境研究所侵入生物データベース


d0288144_23412123.jpg


そんなことを思いながら写真を撮っている私の後ろを、
誰かの楽しそうなおしゃべりの声が通り過ぎて行きました。
振り向いて目をやれば、並んで自転車を漕ぐのは買い物帰りのご夫婦のようです。
なんだかとってもいい感じ。
幸せおすそ分けしていただく気分でパチリ(^^ゞ


ソメイヨシノもすっかり葉桜になった4月25日のことでした。


by pallet-sorairo | 2017-04-26 07:43 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

ツバメ来る


4月17日 月曜日、「朝日歌壇」「朝日俳壇」の挿絵がツバメであるのに目が留まった。
ツバメと言えばお腹が白く、尾が鋭角に切れ込んでいる姿が思い浮かぶ。
当の挿絵も然り。


d0288144_14440506.jpg
<2017.4.17(月)朝日新聞朝刊>

この日の俳壇にもツバメの句があった。

つばめ来て病床の妻起きて來し  (町田市)佐藤 隆市


そう言えば、私も何日か前に散歩道で今年初めてツバメを見かけていた。
ひゅっひゅっと素早く飛び交っているツバメを撮るのはとても難しくてその気もなかったのだが、
遠くで地上に下り立ったところを目撃したので、
適当にシャッターを切っておいた写真があったはず…


d0288144_16054419.jpg
<2017.4.12(水)ツバメ@散歩道>


脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない
★ツバメ(Wikipedia)より抜粋

そして、この写真。
Wikipediaによればそれなりに珍しいシーンであるかもしれない。
ところで…
目いっぱいトリミングした写真なので鮮明ではないが、
ツバメの額と喉が赤いのがわかるだろうか(クリックで拡大します)。

 のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁(はり)にいて足乳(たらちね)の母は死にたまふなり

中学校の教科書にも載っていて
授業で「鑑賞」した(半世紀以上前に)はずの斎藤茂吉の有名な歌だが、
私がツバメの喉が赤いと知った(認識した?)のはここ数年のこと。


…ああ、
なんてこった。







by pallet-sorairo | 2017-04-20 09:30 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

3/28 水たまりにコチドリなど


散歩道の植え込みが途切れると、
ぱっと目に飛び込んできたのは昨日の雨が作った水たまりでした。

d0288144_15211996.jpg

思わずきれい!と立ち止まったら
小さな鳥たちがたくさん集まっているのにも気付きました。
ざっと見て5・6種類の鳥がいるみたい…
と思うようになったワタシって、すごくない?!(って自画自賛(^^ゞ)。

d0288144_14482189.jpg

一番最初に目に入ったのはツグミ。
いつものように背伸びして、遠くの何かを見ています。
そして、そこここにお馴染みのムクドリ、スズメ、ヒヨドリもいるようです。
目の前の木の枝ではシジュウカラもせわしなく動いていますよ。

d0288144_14484066.jpg

おや、ツグミのずっと奥でちょこちょこ動いているのは
ここではあまり見かけないチドリかも。
ズームして見てみましょう。

d0288144_14491358.jpg
①目の周りに明瞭な黄色い輪。
d0288144_14491762.jpg
②前頭から目の周辺が黒い。
d0288144_14492104.jpg
③首から胸にかけて黒い帯がある。
④スズメよりやや大きいチドリ。
⑤春から秋にかけて見られる。

手元の『一年で120種類の野鳥と出会える本』で調べてみたらコチドリでした。
①~⓹の説明がありましたが、そのとおりですよね?

d0288144_14492588.jpg

この日、コチドリは3羽ほどが一緒に行動していたので、
PCに写真を取り込んでから
コチドリを撮っているつもりでいた中にこんな鳥がいたことに気付きました。
ヒバリかなと思いましたがヒバリよりちょっと優し気な感じがします。
どうやら、タヒバリのようです。
私はここでは初めて見る鳥かもしれません。

d0288144_15095739.jpg

散歩道で初めて見ると言えば、モズもそうでした。
この日も見かけたのですがうまく撮れなかったので、
初めて見かけた日の画像を載せますね、3月1日のことでした。

そして、もう一種類。

d0288144_16341457.jpg

なんと、コゲラです(3月20日)。
まさかこんなところでキツツキを見かけるとは思ってもみなかったので
とっても驚きました。
目の前をスズメほどの大きさの鳥、白黒縞の鳥がサッと横切って
川の向こう岸のどこかの木に止まったのでした。
眼を凝らしてやっと見つけて撮った写真をさらに大きくトリミングしてあります。
鮮明でないのはお目こぼしを(^^;


ついでに、と言っては何ですが水辺の鳥をさらにもう一種類。
谷津干潟で見かけたセイタガシギです(3月24日)。

d0288144_09165061.jpg

ここには一年中いるはずなのに、なかなか見られないのです。
今回は画像の中に4羽いるのがわかるでしょうか?


特別に珍しい鳥たちではありませんが、
だんだんにいろいろな鳥が見えるようになって(今まで何見てたんだろう(^^ゞ)、
バードウォッチングが楽しくなってきたこの頃です。
※鳥の名前など間違いがありましたら教えていただけると有難いです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


★ちょこっとお出かけしますので、
 ブログ、ちょっとお休みします。



by pallet-sorairo | 2017-03-30 09:25 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)

♪チョッキンナ~


一日中留守にした日に、またやられた。
ベランダの植木鉢に咲いている少しばかりのジュリアン(だけ)を
なにものかがチョキチョキと食べて行ったのだ。

d0288144_01052008.jpg
<花の中心部は不味いのだろうか?>

犯人はたぶん、ヒヨドリ。
ひとの留守を狙って、嘴を花粉だらけにしながら
悠々と花びらを食べていたに違いない。

わが家は何度もやられているのでもう怒る気にもならず
むしろあきれて、
この日私は思わず「♪チョッキンチョッキンチョッキンナ~」
なんて歌っちゃったほど。
いつも、留守を見計らってことに及ぶのに感心したりもして。


d0288144_00525678.jpgd0288144_00530067.jpg
d0288144_00530401.jpgd0288144_00555697.jpg
<2017.3.24.@谷津干潟>

後日、谷津干潟を歩いていたら、
私のすぐそばのレンギョウの植え込みにばさばさっと止まり
ひとのことなど全く気にせずに、
しばらくの間むしゃむしゃと花を食べていたヒヨドリ。

よっぽどお腹がすいていたのだろうか。





★あわて床屋(YouTube)
★写真はクリックで拡大します。


by pallet-sorairo | 2017-03-26 09:07 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite