そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

柄合わせ

散歩道わきの畑でネギの収穫。
ふっくらとした青みの部分がいかにも新鮮でおいしそう。
でも私が心ひかれたのは…

d0288144_13321446.jpg
                                                             
働いている女性(後姿でごめんなさい)の上着とズボンの柄合わせ。
野良着なのかしら
なんとも素朴な感じで、ちょっと見とれてしまったワタクシでした。
by pallet-sorairo | 2013-03-30 22:48 | 散歩道 | Comments(0)

私の散歩道 / 桜のころ

今年は急に暖かくなって、桜も例年より二週間ほど早い開花となりました。

3月26日(火)
d0288144_23424742.jpg
d0288144_0184068.jpg

d0288144_0285785.jpg
                                                  

3月28日(木)
d0288144_23455265.jpg
もえぎ色も素敵です。

d0288144_23514281.jpg
この橋の名は「さくら橋」。

d0288144_2349241.jpg
露天商の皆さんも大慌てで屋台を造作です。

d0288144_054323.jpg
きょうは平日なのに桜を愛でるたくさんの人。

d0288144_2354577.jpg
ここは海辺に近い散歩道、

d0288144_23554343.jpg
川にはユリカモメがやってきます。

d0288144_23565281.jpg
花見客が投げる食べ物に群がるユリカモメ。

d0288144_0451876.jpg
今週末が満開でしょうか。
忘れられない花吹雪に出会った2010年4月のレポ(こちらから)もぜひご覧ください。
by pallet-sorairo | 2013-03-29 13:07 | 散歩道 | Comments(4)

春の旅 その3 / 奈良 3月23日

さゆりんの修学旅行?最終日は、奈良へ。
時間があまりないので「奈良ならまずはここ!?」の2寺を訪ねます。

d0288144_10175211.jpg
東大寺大仏 / 左御手

More
by pallet-sorairo | 2013-03-27 21:57 | 旅@遠いどこかへ | Comments(2)

春の旅 その2 / 京都 3月22日

さゆりんの修学旅行?二日目。
きょうはお天気も良いのでお寺さんはひとつだけにして、保津川下りをしようということになりました。
   
朝一番は宿近くの嵐山。まずは私たちとさゆりん母娘は別行動です。

d0288144_16195861.jpg

私たちは渡月橋辺りをぶらぶら。一人旅の若者とおしゃべりしたりして時間をつぶします。
さゆりん母娘はどこへ行ったかというと…あっ戻ってきましたよ。

More
by pallet-sorairo | 2013-03-26 22:41 | 旅@遠いどこかへ | Comments(2)

春の旅 その1 / 京都 3月21日

さゆりんの小学校卒業記念にと、二泊三日で京都・奈良を旅して来ました。
最初は爺婆孫の3人旅の予定でしたが、
「私も行っていいかな」と孫母(爺婆娘)も加わっての4人旅となりました。

d0288144_1150556.jpg
三十三間堂(西面)

More
by pallet-sorairo | 2013-03-25 17:27 | 旅@遠いどこかへ | Comments(0)

蓋056 鹿と八重桜

市章の周りに奈良公園の鹿と八重桜がデザインされている、奈良市のマンホール蓋です。

d0288144_10295687.jpg奈良市/奈良県 2013

『…周囲には、平安朝の女流歌人伊勢大輔歌「いにしえの奈良の都の八重桜けふここのへに匂いぬるかな」(歌詩集)によって知られる「八重桜」を図案化しています。…』(県HPより)

よくよく見ると、市章も八重桜の中に奈良の「奈」の文字があって、なんだかとってもキュートな感じがします。
調べてみましたら
『この奈良の字「示」は、日・月・星の三光にかたどられています。
 昔、三笠山で鶯に三光の鳴き声を習わせたという伝説にちなんだものです。』(奈良市HP)とのこと。
この小さなデザインの中にいろいろな意味が含まれていて素晴らしいなと思います。
ちなみに、この市章は1903年の制定だそう(なんてモダンな!)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0288144_10305872.jpg孫娘の小学校卒業を記念して、3月21日~23日に京都・奈良を旅してきました。
彼女曰く「一番楽しかったのは奈良公園の鹿と保津川川下り」とのこと。
なんたってまだローティーンですものね(^^ゞ

d0288144_10451190.jpg
八重桜はもちろんまだ咲いていませんが、今年は桜の開花が早いので早咲きの桜がちらほらと咲いていて、浅い春の雰囲気がなかなか素敵な旅となりました。

レポは近々(のつもり…)こちらから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by pallet-sorairo | 2013-03-24 12:09 | 蓋(マンホール)など | Comments(0)

春に

d0288144_238967.jpg

                                                   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


春に
        谷川俊太郎

この気もちはなんだろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地からあしのうらを伝わって
ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
声にならないさけびとなってこみあげる
枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
よろこびだ しかしかなしみでもある
いらだちだ しかもやすらぎがある
あこがれだ そしていかりがかくれている
心のダムにせきとめられ
よどみ渦まきせめぎあい
いまあふれようとする
この気もちはなんだろう
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
あしたとあさってが一度にくるといい
ぼくはもどかしい
地平線のかなたへと歩き続けたい
そのくせこの草の上でじっとしていたい
大声でだれかを呼びたい
そのくせひとりで黙っていたい
この気もちはなんだろう
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

d0288144_9144384.jpg                        昨日は小学校の卒業式でした。
         孫娘とのこの6年間は、
         私にとってもとても楽しい日々でした。
         さゆりん卒業おめでとう。
         そして、楽しい日々をありがとう。
                               
by pallet-sorairo | 2013-03-20 09:09 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

菜の花

d0288144_21272877.jpg

「いちめんのなのはな」とはいかないけれど、たったこれだけの菜の花畑でもとってもきれい。
道行く人がみんなひとしきり立ち止まっては眺めて行きます。

d0288144_21342692.jpg

黄色って、「倖せの」という言葉がほんとうによく似合う色だなと思います。
手入れをする方の春色のダウンジャケットとチェックの帽子もいい感じですね♪
いつも楽しませてくださって…ありがとうございま~す。
by pallet-sorairo | 2013-03-18 22:06 | 散歩道 | Comments(2)

奏楽堂

上野公園にある旧東京音楽学校(現東京芸術大学)奏楽堂(国重文)が老朽化し、
建物の保全を図る調査などのためこの4月から休館するとの話を耳にしました。

d0288144_23562336.jpg
奏楽堂正面 2013.3.14. 人通りがぱったり途絶えて和服姿の女性がふっと現れた。「?」…タイムスリップしたような不思議な気分。

奏楽堂の前は何度も通ったことがありますが、気になりながらもまだ中に入ったことはありません。
次にはいつ中を見られるかわからないとのことなので、さっそく訪ねてみることにしました。

d0288144_0104856.jpg
奏楽堂裏面

この奏楽堂は明治23年に建造された日本最古の音楽ホールで、昭和62年に現在地に移築。
移築後も現役の音楽ホールとして利用され、また歴史的建造物としても一般公開され続けてきたものです。

d0288144_9294877.jpg

ここが正門でしょうか。
かつて、この門を滝廉太郎や山田耕筰、そして三浦環らがくぐっていたのかと思うと感慨深いものがあります。
では、私も中へ入ってみましょう。

d0288144_20252048.jpg

その前に、パンフレットで沿革や建物の見取り図などを…。

d0288144_042210.jpg

階段を上りきって振り向いたところです。
すぐ前にある木のドアを開けてホールに入ります。
開けると、座席の前後を区切るように広い通路が向うのドアへと長く伸びています。

d0288144_045855.jpg

なんて明るいホール内でしょう。
床材のリノリウム?や椅子などは現代のもののように思いますが、
こんなふうに外の光が入る音楽ホール、今どきの建築にはあまりないのではないかしら。


d0288144_085622.jpg
正面のパイプオルガンは我が国最古のコンサート用オルガン

建物全体に目立った装飾がなく、至ってシンプルにできている印象を受けましたが、
舞台の両側面にも窓があるのにはちょっとびっくりしてしまいました。
でも、そこから入る柔らかな光が漆喰壁の白さとカーテンのワインレッドを際立たせていて
なんとも素敵な空間を生み出しています。
コンサートの時にはカーテンも閉じられてまた違った空間が出現するのでしょうね。

程よい大きさ、古いものが醸し出すゆったりとした雰囲気、自然光につつまれる居心地の良さ…
近い将来にまた音楽ホールとして使われるようになることを願いながら、ひとまず「さようなら」の奏楽堂でした。


♪ この後、西洋美術館で開催中の「ラファエロ展」に寄り道。
  上野の山は文化施設がいっぱいです。

♪?? 3月31日最終日は特別コンサートで、チェンバロやパイプオルガンの演奏があるとのことです。
    お時間がありましたら、いかがですか。
by pallet-sorairo | 2013-03-16 10:00 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

カテゴリーの変更

「旅orお出かけ」カテゴリーの記事が増えて、ごちゃごちゃしてきたように思うので
「ちょっとお出かけ」と「旅@遠いどこかへ」の二つのカテゴリーに分けました。

「ちょっとお出かけ」はほんとに「ちょっとそこまで」くらいの気分で行くことのできる日帰りの小さな旅。
「旅@遠いどこかへ」は泊を伴う旅をイメージしています。
by pallet-sorairo | 2013-03-16 09:56 | ブログだより | Comments(0)