そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

6/24 池ノ平湿原 / 風衝地のコマクサ群生

昨日の夕食時から降り出した雨(この夜のスーパームーンが見れなかったのが残念!)は、
朝になると止んでいましたが…きょうは一日中はっきりしない梅雨空が続くようです。

d0288144_2231285.jpg

で、予定していた山歩きのかわりに、宿の自然体験プログラム「池ノ平湿原ツアー」に参加してみます。

More
by pallet-sorairo | 2013-06-29 12:47 | 山歩き2013 | Comments(4)

6/23 黒斑山 @浅間山のビュースポット

雨模様だと思っていたのに晴れマークの見える週末…こんな梅雨の晴れ間を逃すわけにはいきません。
急きょ、温泉と山歩きを兼ねて出かけます♪

d0288144_2314469.jpg

黒斑山への途中(槍ヶ鞘)から見た浅間山と左手にトーミの頭。
浅間山の美しさに誰もがしばし立ち止まって見入ってしまう(モデルのお二人はよそ様です(^^ゞ)。

More
by pallet-sorairo | 2013-06-27 12:30 | 山歩き2013 | Comments(8)

山と温泉

d0288144_723479.jpg

予想に反して晴れマークが並んだ週末。
急きょ、山歩きを兼ねた温泉に
(温泉を兼ねた山歩きかな(^^ゞ)出かけてきました。

レポは《こちら》から。
by pallet-sorairo | 2013-06-25 07:10 | 山歩き2013

街に暮らす鳥 26 ツバメ

d0288144_1554264.jpg
2013.6.20.
「おなかすいたよ~」黄色いお口を大きく開けて元気いっぱいなツバメのヒナたち♪

More
by pallet-sorairo | 2013-06-20 23:01 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(2)

イタリアの旅(その6) Ⅰ.ピサ  Ⅱ.サン・ジミニャーノ

****************************************************(その5)はこちらから*******

花の都フィレンツェを後に、きょうは美しい塔の町をふたつ訪ねます。

d0288144_14133863.jpg
2013.5.19.サン・ジミニャーノ遠望 / トスカーナ地方 / イタリア.

More
by pallet-sorairo | 2013-06-18 10:55 | 旅@遠いどこかへ | Comments(6)

国立新美術館

友人たち4人で久しぶりのランチの後、揃って国立新美術館へ寄り道しました。
建物も話題になっていたので来てみたいと思いつつ、なかなかチャンスがなくて、私はここ初めてです♪

d0288144_17455524.jpg
友達と一緒なので、美術展の会場まできょろきょろせずに (^^ゞ 進みます。

More
by pallet-sorairo | 2013-06-15 19:54 | ちょっとお出かけ | Comments(7)

イタリアの旅(その5) フィレンツェ・Ⅱ

********************************************(その5)フィレンツェ・Ⅰはこちらから***

d0288144_221650.jpg
ドゥオモのクーポラ見晴台から見たジョットの鐘楼とフィレンツェの町。

ドゥオモの方が高いし、なんたってあのドゥオモに登れるなんて!と勇んで行きましたが…
あちらの屋上にも人がいるのがわかるでしょうか?
画像的にはあちら(ジョットの鐘楼)からこちらを撮ったほうがフィレンツェっぽかったなあなあんて…(^^ゞ

More
by pallet-sorairo | 2013-06-15 08:32 | 旅@遠いどこかへ | Comments(4)

イタリアの旅(その5) フィレンツェ・Ⅰ

*******************************************************(その4)はこちらから***

フィレンツェは「華の都」と形容されるに恥じない華やかな町でした。

d0288144_23422534.jpg
フィレンツェを代表する建物 / サン・ジョバンニ洗礼堂,ドゥオーモ,ジョットの鐘楼。

その地名は、古代ローマ時代に「花の女神フローラの町」を意味する「フロレンティア」と名付けられたのに由来するとのこと。
今日に至るまで連綿とその息吹を保ち続けていることに敬意すら感じてしまいます。

More
by pallet-sorairo | 2013-06-12 13:52 | 旅@遠いどこかへ | Comments(0)

6/10 時の記念日

何気なく見た時計。
「おや、いまはもう12時過ぎてるのに…。止まってる? おや、動いてる…電池が切れそうなのかなあ」。

d0288144_17482998.jpg
しばらくして…「あっ、そうそう。これイタリア時間だわ♪」と気づきます。
この小さな目覚まし時計は旅行用。
イタリアから帰国してもう3週間近く経つのに、持ち帰ってそのままになっていたのでした。

で、偶然にもきょうって「時の記念日」なんだそうです。

で、で、改めて気にしてみると、時計って不思議なモノですね。
見えない「時」を計る道具、でもこれを使うと「時」が見えるんですものね?

で、で、で、
「イタリアの旅」レポ、まだ半分も行ってません。
早く終わらせなくちゃ…(^^ゞ
by pallet-sorairo | 2013-06-10 22:46 | 街暮らし | Comments(2)

ワカシュウスミレ

某所(^^ゞでシロスミレを撮った写真の中に、側弁に毛のないものを見つけました。
Hgさんにお聞きしたら、相当(たぶん)珍しいとのことなので改めてアップしてみようと思います。             (写真はクリックで拡大します。)

d0288144_951252.jpg
*********************************ワカシュウシロスミレ?*********


d0288144_10201446.jpg⇐スミレ(という名のスミレ=マンジュリカ)
の側弁基部に毛のないものが時として見られ、それを「ワカシュウスミレ」と呼ぶことがあるそうです。
で、この写真のスミレも「すわっ! ワカシュウスミレかっ!!」と思いましたが、
ほかのみなさんの写真でよ~く見ると左の側弁にわずかな毛が見えるのでした。
「ワカシュウ」はそのものズバリの「若衆」で、なんだかユーモラスな呼び名ですね(^^ゞ


d0288144_1095167.jpgところで、トップの写真のシロスミレ。
これにも毛がなくて(というのは、帰宅後に写真を見ていて気づきました。後日確認に行った方も!)…かなり(?)珍しい。
Hgさんによれば、差し詰め「ワカシュウシロスミレというところかな」ということでした。
問い合わせなければそのままになっていたところだったので「聞いてびっくり」の私です。


右の写真はふつうのシロスミレ。
こちらには側弁基部にはっきりと毛があるのがわかるでしょうか?


***********************************************************
それにしても、
つい先日まで「側弁? 唇弁?? 基部??? 毛???? どこどこどこ?????」なんてやっていたワタクシが、
「少しは違いの分かるヒト」になっていたのにも…いやはや自分でびっくりしています(^^ゞ
by pallet-sorairo | 2013-06-09 22:52 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(0)