そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

鳥の名前


木々が葉を落とす冬から早春にかけては
遠く北の国からやってきた野鳥の姿を見るのによい季節だ。

山形は月山の山麓に住み折に触れ私のところにコメントをくださるこんのさんは
この季節、野鳥の飛翔する姿を撮りブログ『天童の家』にたびたびアップなさっているが、
街暮らしではなかなか見られない身近にやってくる野鳥の姿を見られるので
それは私にとってとても楽しみなことになっている。

d0288144_14154404.jpg

先日、鳥の名前がわからないとあったので、
私も知りたい一心で手持ちの本をあれこれ当たってみた。
手っ取り早いのは図鑑で調べることだけれど、
これもなかなか面倒なものがあってすいすいとはいかない。
で、登場したのがこの本。
一年で120種ということは、春夏秋冬一つの季節に30種。
水鳥を半分として一つの季節にほぼ15種の野鳥が載っていると思えばいい?!

d0288144_14213145.jpg

これなら簡単…かな(^^ゞ
で、あれこれ見比べて見当をつけたら
(といっても、微妙に違っているような気がしてなかなか見当もつかないんだけれど)
次に私はネットで「鳥の名前+画像」検索をかける。
ネットってほんとにすごい。
これでもかこれでもかというほどいろいろな角度から撮った画像が出てくるので
ほぼ「これ」だろうと確定できる(ような気がする(^^ゞ)。

d0288144_14155932.jpg

で、この本はその入り口「名前の見当をつける」のに最適な本のように思う。
つい最近、こんのさんのブログに登場した「エナガ」と「カシラダカ(たぶん)」を
こんのさんのお写真とこの本を参考にしてちょっといたずら描きしてみた。
本にあったそれぞれの特徴。

①エナガ
 ◆尾が長く、体が丸い ◆小さなくちばし ◆赤褐色の肩 
 ◆数羽の群れで行動する ◆ジュリジュリと濁った声で鳴く
②カシラダカ
 ◆目の上に黄色みを帯びた白色の線 ◆わき腹に茶色の縦斑 
 ◆頭の羽毛をよく立てる ◆チッと鳴く

とてもわかりやすい。
実際に見かけてすぐにそれとわかるかといえば全く自信はないけれど
画に描いてみると少しは細かなところが見えてくるようだ。

何かを調べたり知らなかったことを知ったりするのは
いくつになってもやっぱり楽しい。


★『一年で120種類の野鳥と出会える本』
 文・写真 中野泰敬  文一総合出版 2005年初版 ¥1600+税



by pallet-sorairo | 2016-02-29 15:38 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)

2/26 雛を飾る


例年だと2月立春の日に雛を飾り
3月3日雛祭りのあとの天気の良い日になるべく早く片づけることを繰り返してきた。

d0288144_09390928.jpg

そうするとほぼ一か月の間、お雛様は箱から出て外の空気を吸うことができる。
一緒に暮らすわれわれも
春とはいえ風の冷たい日々を華やいだ緋毛氈の紅い色に温められながら過ごすことができて
言うことなしのスケジュールだったのだが…。
気が付けば今年の2月はなにやらあたふたと過ぎ、
雛祭りまであと一週間を切ってしまったではないか。

d0288144_09384680.jpg

なにやらとはなんだったか、手帳のメモを見返してみた。
第1週はシュウ君の不調で前半は娘宅へ、後半はシュウ君からもらったらしい私の不調。
第2週の初めまで引きずった私の不調に加えマンションの戸別インターフォン交換工事立ち合い、
乳がん検診、友人たちとの定例のランチ会と目白押し…あっ、山へも行った(^^ゞ
第3週は隔週のボイトレと週一のコーラス、3か月に一度の通院日に加えて娘がインフルに。
間隙をぬって三番瀬にダイヤモンド富士も見に行ったんだった(^^;
第4週は前週末から続いてシュウ君れみちゃんの送迎で大車輪の間に胃がん検診や
マンションの戸別消防施設点検立ち合い。

d0288144_09390185.jpg

改めて書き出してみてびっくりぽん。
これって、相当忙しい2月ではなかったか。
お雛様もきっと「仕方ないね」って言ってくださるだろう。
その代わりといってはナンだが、今年は春分の日あたりまで飾らせていただこう。
そうすれば、例年と同じひと月あまりをいつもより暖かな風にあたっていただけるはず!

お雛様方、そういうことでどうぞよろしくお願いいたします(^^;

d0288144_09391751.jpg

キッチンで水仕事をしながらひょいと後ろを振り向くと、対角線上にこんな風に雛飾りが見える。
飾るといってもこのお二人だけだし、
お道具も何も飾らなくなってしまった(狭いし(^^ゞ)のですぐに済んでしまうのだが。

花もまにあわせだし、
きょうは街へ出て桃の花とひなあられやおこしの菱餅くらい買ってくるとしよう。


by pallet-sorairo | 2016-02-27 09:54 | 街暮らし | Comments(12)

ちくちく針仕事32 Ballerina Green / Dansuese tutu vert ①


じじばば業が忙しくてちょっと疲れた。
身体が疲れると気持ちもちょっとぷっつんしてしまう。
少し落ち着きたくて久しぶりに針を持つ。

しばらく前に買っておいたクロスステッチのキット。
春らしいグリーンのチュチュを着た可愛いバレリーナの図案だ。
小さな図案なのでたぶんすぐにできるはず。
さっそくちくちく取り掛かる。

d0288144_23310263.jpg

グリーンといえば、
先日の記事にいただいたコメントに「緑色の親指」が出てきて
語学音痴の私はそれが英語の言い回しにあるのを知らずにお返事をしてしまった。
後で夫に言われて初めて知った次第で、汗たらたら(^^;;;

忘れないように、例文を書き留めておくことにしました。

①You may be all thumbs.(あなたは不器用のようですね)
なるほど、指が全部親指(thumb)じゃあね(^^ゞ

②He must have a green thumb.(彼は植木好きにちがいない)
なるほど、親指が緑色になるくらい植木に親しんでいるってわけね。

なるほどなるほど。
でも、いつまで覚えていられるかなぁ(^^ゞ






by pallet-sorairo | 2016-02-25 11:36 | ちくちく針仕事 | Comments(6)

じじばば業で忙しい


れみちゃんシュウ君のいる娘宅、無事に10日ほどが過ぎたと思ったら
今度はママ(娘)が職場からインフルエンザをもらってきてしまった。
あちゃ。

d0288144_23193931.jpg

木曜日。
早朝、娘からSOSの電話。
パパは保育園の送迎ができない時間帯なので
電話をもらってすぐにじじ(夫)が電車で娘宅へ向かい、姉弟別々の保育園へ送っていく。
ばば(私)はコーラスの日だったので、練習が終わってから娘宅へ直行、片付けや洗濯物の始末などする。
夕方、再度やってきたじじがまた保育園二か所に姉弟を迎えに行った。
じじが帰ったあとばばだけが残り、
子供たちに簡単な夕飯を食べさせてパパとバトンタッチする時間まで娘宅で待つ。

d0288144_23194749.jpg

4月から小学生になるれみちゃんは、ママがいると時間制限のあるテレビを心行くまで見ていたが(^^ゞ
きょうはお昼寝のない日だったとかでいつの間にかソファで寝てしまった。
シュウ君はいつもは「ママ、ママ」なのに、ママはドアを閉じた別の部屋で寝ているので
聞き分けよく私と一緒に遊んでいる。
蒸しタオルで身体など拭いてパジャマを着せているところへ、パパが帰ってきた。
バトンタッチ。

d0288144_23313000.jpg

金曜日。
じじは所用ありなので、ばばが保育園の送迎も受け持つ。
まずはシュウ君をM保育園へ、取って返してれみちゃんをS保育園へ。
パパにしておいてもらった洗濯など干せばさしあたりの用事はないのでいったん帰宅することにする。
ママは高熱だけれどタミフル飲んでひたすら寝ているしかないので、大人だしまあ大丈夫だろう。

d0288144_23195434.jpg

夕方、再度娘宅へ行き、れみちゃんを迎えに行く。
きょうは卒園式の練習をしたとかで、みんなで式で歌う歌を調子よく歌い始めてしまってなかなか帰れない。
やっと帰宅、れみちゃんを家において今度はシュウ君のお迎えだ。
家に近づくころには夕闇が迫ってきた。
簡単に済ませるつもりの夕食の準備もなんだか勝手の違う台所で手際が悪い。
れみちゃんが「ママに会いたいなあ。ばあばと暮らすのももう飽きた」だって(^^;
今晩パパはお客さんとのお付き合いで遅くなるとのこと、
子供たちを寝かしつけてからもいられるだけいてあげることにする。

d0288144_23200097.jpg

土曜日。
さすがの私も昨日はなんだか疲れた。
あちこち動いたので、なんとガラケーの歩数計が14,000歩を越えていた。
お天気も良くないし、ひたすら休養。

日曜日。
私も元気になったので、水曜日に買っておいたキンカンで甘露煮など作ってみた。
ほのかに柑橘類の香りが残る甘い甘露煮でお茶にする。
夕方、娘から「私はやっと熱が下がったんだけど、今度はシュウ君がお熱なの」との電話。

本日火曜日。
まだまだこんなのが続いてるのだけれどひとまずこれにて。
いやはや、大変。


by pallet-sorairo | 2016-02-23 10:08 | 街暮らし | Comments(10)

2/20 ヒヨ現る


ここのところずっと良いお天気だったのに、
二十四節気「雨水」を過ぎたとたんに早春の暖かな雨が細く降ってきた昨日土曜日の昼下がり。
ベランダでちらちら動くものがあると思ったら
ヒヨドリが二羽お食事にやってきたところのようでした。
えっ?お食事?? また花を食べに来たんだな!

d0288144_12345870.jpg
<ガラス戸越しに@我が家のベランダ 2016.2.20>

何を食べるのか見ていると、上のヒヨはオリーブの葉を
下のヒヨはアリアッサムの花をチョキチョキしてはもぐもぐしています。
オリーブの葉っぱなんておいしいのかしら?
ふ~む、今日のところは見逃してやるけどね(^^ゞ
アリアッサムの下にはチューリップの球根が、
そしてビオラの下にはやっと丈が伸び始めたテタテタ(水仙)の球根が埋めてあるので
今度来たときには悪いけどすぐに追い払うから覚えておいてね!

とは言え、ヤツラは結構お利口で
普段は人が家の中にいない日を見極めたようにやってくるんです。
う~む。

d0288144_09503582.jpg
<2016.2.21日曜日>

今日は打って変わっていいお天気で、暖かな日差しがいっぱいに降り注いでいます。
ビオラの間に水仙の葉がつんつんと伸びているのがわかるでしょうか?
今頃?なので、花はあんまり期待してませんが
葉っぱだけでもちゃんと出てきてくれたのがなんとも可愛くて嬉しいです。



行方は如何に(2015.12)

by pallet-sorairo | 2016-02-21 10:03 | 街暮らし | Comments(10)

新聞小説


久しぶりに新聞小説にはまっている。
いわく、朝日新聞朝刊の沢木 耕太郎作『春に散る』、
いわく、朝日新聞夕刊の宇江佐 真理遺作『うめ婆行状記』。

沢木耕太郎『春に散る』は、
初老をむかえたもと世界チャンピョンを目指したボクサーたちの物語。
すでに300回を越えているが、ここのところまた新しい人物が登場して目が離せない。
しかし、沢木耕太郎はともかく
一方で時代小説の宇江佐真理作品を読むことになったのには
我ながらちょっとびっくりしていたりする。

d0288144_12390360.jpg
<2016.2.19(金)朝刊>

ある日、台所の生ごみを包んで捨てようと手に取った新聞紙にその小説『うめ婆行状記』はあった。
台所仕事の手を止めてしまったのは、
ひときわ目を引く安里 英晴さんの挿絵のせいもあるかもしれないが
登場人物それぞれの個性が実に生き生きと描き分けられているのに
思わず引き込まれてしまったからに違いない。

私はたまたま台所でこの小説に出会ったのだが、
偶然にも宇江佐さんは忙しい主婦業をこなしながら台所の片隅で小説を書いていたとのこと。
八百屋やスーパーに主婦として買い物にも出かける身としては、要するに本名を隠蔽したいだけのことだから、
ペンネームも、いつか「ウエザ・リポート」というタイトルでエッセイを書くために決めたのだという。
「天気予報のようなものよ、私のエッセイなんて。」
くだんの『ウエザ・リポート』の中であっけらかんとそう言い放つ。

d0288144_12391366.jpg
<2016.2.18(木)夕刊と『ウエザ・リポート』(PHP研究所.2007)>

宇江佐さんは乳がんを発病したあとでこの小説の執筆を決心し、
昨年11月に亡くなる二日前に脱稿したとのこと。
夫の急死後、家族の反対を押し切ってひとり暮らしを始めるしゃっきりとした雰囲気漂ううめ婆に、
がんと闘う宇江佐さんがどんな人生を歩ませたのか興味はつきない。
配達される夕刊が待ち遠しいこの頃だが、
しかし、私と同世代の活躍中の作家の逝去はなんともやりきれない思いがする。

d0288144_12392092.jpg
<2016.2.19(金)朝刊>

ここまで書いて、今朝の新聞を開けると
作家津島佑子さんの訃報が目に飛び込んできた。
また同世代の女性がひとりが亡くなった。

なんとも悲しい。


by pallet-sorairo | 2016-02-19 13:09 | 街暮らし | Comments(8)

ダイヤモンド富士?


我が家から比較的近い三番瀬(千葉県船橋市)の海岸から
ダイヤモンド富士が見られるという日。

d0288144_13290222.jpg
<三番瀬 2016.2.16>

雲が多くてダメかなと思っていたのに
午後になると晴れ間が広がってきました。

d0288144_13401703.jpg

で、私もやって来てみましたよ。
おや、みなさん早くもスタンバイ。

d0288144_13435152.jpg

他は雲もない空なのに…ううむ
富士山だけに雲がかかっているようです。

d0288144_13442705.jpg

そうこうするうちに、陽がずいぶん傾いてきました。
もしかしたら今が山頂真上あたりなんじゃないかしら?
光が強すぎてなんだかわかんないよ~。

d0288144_13444827.jpg

もしかして、いまかなぁ。
それにしてもまぶしすぎる。
もっとズームして撮ったほうがよかったのかしら?

d0288144_13472117.jpg

あたふたしているうちにぐんぐんと陽は落ちて、
気づけば、裾野近くにかけらがちょっと顔を出すだけになってしまいました。

d0288144_13474405.jpg

この日の日没時間17:22の三番瀬から見る東京湾越しの富士山です。
もう少し早くに雲がどいてくれるとよかったんですが。
まっ、往々にしてそんなもんですよね。

翌日(きょう)も見られそうなんだけれど…
また来年のお楽しみにとっておくとしましょうか。


★三番瀬海浜公園とその周辺は
 国土交通省が定める「関東の富士見百景」のひとつなんですって。
 知らなかった(^^;


★PCを新調しました。
 ウィンドウズ10での初めての投稿です。
 まだ、使い方の全体像がわかっておらず悪戦苦闘中なので
 記事のアップも少しペースダウンするかもしれませんが、
 どうぞ変わらずお付き合いくださいませ。


by pallet-sorairo | 2016-02-17 14:50 | 空の色 | Comments(10)

2/11 日光・社山 =雨量計(1550m地点)で時間切れ撤退=


昨年6月に歩いて以来、雪のころにも来てみたいなあと思っていた日光の社山。
例年だったら冬は雪が深くて私など歯が立たないはずですが、
暖冬の今年、最近のヤマレコでお子さん連れで登っているレポを見かけて矢も楯もたまらず
好天を見計らっての直前になって山友たちにダメもとでお誘いメールを出したら…あら嬉しい♪
sanpoさんとアイさんがご一緒してくれることになりました。

d0288144_23133324.jpg
<2016.1.11 中禅寺湖&社山>

前日の天気予報では午前中強風と言われていたのに
現地へ着いてみれば無風快晴で絶好の山日和。
楽しい一日になりそうです。
楽しいと言えば ♪ 電車の中で偶然一緒になった山友の山うさぎさんも
予定を変更して私たちと合流することになりました。
雪道歩きに4人とはなんとも嬉しい人数です。


More
by pallet-sorairo | 2016-02-14 17:01 | 山歩き2016 | Comments(32)

2/11 1550mで撤退

湖の向こうのあの三角のお山(1826.6m)へ出かけましたが
時間切れ?で途中1550m地点で撤退。

d0288144_08582821.jpg

例年に比べればずいぶん積雪量が少ないはずですが
トレースはあれどあまり踏み固められていない雪道は
やっぱりかなり手強かったです。

でも、思いがけないバッタリがあったりで
とっても楽しい一日でした。

レポは後日。(こちら)から

by pallet-sorairo | 2016-02-12 09:17 | 山歩き2016 | Comments(12)

不覚


先週前半の2・3日、具合が悪くて保育園をお休みしたシュウ君のお世話をしに出かけた。
熱はあんまりないしぐったりしているわけではないのだけれど下痢がひどい。
どうやら、感染性胃腸炎(冬に流行する)にやられたようだった。

娘は在宅でできる仕事を持ち帰ったので家にはいるのだけれど
こんな時は、遊びたい盛りのシュウ君のお世話は私の係り。
抱っこして頬っぺたくっつけたり、「はいどうぞ(とはまだ言えない)」と
半分に割ってくれたビスケットもらって食べたり、手をつないだり。

d0288144_20322077.jpg

シュウ君の調子がだいぶよくなってまた保育園に行った日あたりから、
今度は私の体調がおかしくなってしまった。
何よりも手洗い第一と気を付けてはいたけれど、
不覚にも今度は私が感染してしまったようだ。
あんなに濃密にくっついてたらね。

d0288144_20325029.jpg

で、シュウ君は再登園したその日にまた発熱で呼び出し。
今度はインフルエンザだった!
あちゃ、私も続けてインフルにも感染したかと思いきや
どうやらそれはなかったみたい。
お姉ちゃんのれみちゃんやほかの家族に移らなかったのにもほっとする。

d0288144_20325664.jpg

なんともトホホな毎日。
小さな子どもを育て乍ら働くって、ほんとに泣きたくなるくらい大変。
そばに頼れる人がいない人たちはこんな時どうしているのだろう。
私が時々お世話になっている医院にはそんな家族のための
病児保育(ゼロ歳児~小学3年生)が併設されているのだけれど
そんな施設が身近な場所にあるのはごく稀なことに違いない。

少子化も食い止めなければいけないし女性の社会進出も進めなければというけれど
先々、この時期を社会的にどうクリアするかにそれはかかっているような気がする。
パパは十分協力的なのに、体調の悪い乳幼児にとっては圧倒的に「やっぱりママ」なのだ。

          *

あっ、私の不覚の話しだった。
どうも育休明けの娘の様子を見ているとハラハラし通しで
ついついこんなことを考えてしまう。
なんて思っていたら、「育休議員」不倫疑惑報道だって。
あんまりあほらしすぎて言葉も出ない。


さてさて、
インフルエンザとノロウィルスが猛威を振るっているとか。
どうぞみなさまくれぐれもお気を付けくださいませ。


★追記
こんなことを追記してもなんにもならないんだけれど…
件の育休議員は昨日(2月12日)、国会議員を辞職した。
ほんっとに情けない。


by pallet-sorairo | 2016-02-10 09:12 | 街暮らし | Comments(6)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite