そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

人生 フルーツ


2月中旬のある日 "ルオーとマティス展” を見に行く予定っだったのだけれど
「思ってたような展覧会じゃないかもね、どうしようか」なんて夫と二人して話していた朝の食事どき。

なんともタイミングよく長女から嬉しいお誘いメールが届きました。
「きょう、暇だったら映画見に行かない? お母さんが好きそうな映画なんだけど」。
…そうして…夫と私と長女の三人で見てきたのは ” 人生 フルーツ ” という映画。

建築家津端修一さん90歳、英子さん87歳のご夫妻の2年間を追ったドキュメンタリー映画でした。
東海テレビ制作のテレビドキュメンタリーが評判よく、劇場映画用にリメイクされたようです。


ご夫妻が50年ほど前に自ら関与した草木も見えないニュータウンの一角に住まいを建てたのは
建築家自らがそんなところに住んでみなければとの思いからだったとのこと。
ひとりひとりが木を植えれば森ができる…その思いはみごとに育って
いま、ニュータウンの裏山も津端家の庭も見事な雑木林になっているのでした。
津端家には四季折々の作物の採れる畑もあり、
ご夫妻はその高齢ながらふたり仲良くたくさんの作物を作る毎日です。

風が吹けば、枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
こつこつ、ゆっくり。 
人生、フルーツ。

樹木希林のナレーションがそう繰り返します。


d0288144_22481944.jpg


自分はパン食なのに、ごはん党の修一さんに副菜たっぷりの朝食を整える英子さん。
英子さんが植えた作物の場所には、
修一さんの作ったかわいらしい名札(イラストや楽しい言葉の入った!)が据えられる。
収穫した野菜でつくる常備菜、果物でケーキ。
英子さんは特別なことは何もしていないというふうに背筋をしゃんとして
いつも生き生きと立ち働いている。
修一さんは毎日いくつかのおたよりを書く。
宛所は英子さんが懇意にしているお魚屋さんや八百屋さんへの
「美味しかった」というようなイラスト入りの葉書だったりする。
赤い自転車に乗って手紙を出しに行く修一さんはとても90歳とは思えない。

「できるものから、小さくコツコツと。時をためて、ゆっくりと。」
これも繰り返されるナレーション。

ある日、「経済優先の社会で疲弊した人もたくさん入院している」という精神科の病院から
仕事の依頼が来た。
自分にとって人生最後の仕事としてふさわしいものになると捉えた修一さんは
すぐさま雑木林の中に点在する病院の設計に取り掛かり
「謝意は無用。設計料も辞退します」と書いた手紙とともに相手方へ届けたのだった。

そんなある日、庭の草取りを終えてお昼寝をした修一さんはそのまま起きては来なかった。
お別れの日、英子さんは「お父さんは、賑やかなのが好きだったから」と
イベントの時にはいつもそうしていたように、庭にカラフルな旗をたくさん掲げる。
旗は光を浴びてキラキラと輝き、風にたなびいてとても気持ちよさげだった。

人生、
フルーツ。


津端ご夫妻の歳になるまでに私たちはほぼあと20年。
これからの20年をどう生きるか、
時を重ねる事の素晴らしさ、
豊かな暮らしとは何かを改めて教えて頂いたような気がするお二人の姿だった。


「あと20年、仲良く暮らしましょう。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」
多少の反省を込めて?!改めてそう挨拶しあったのは、映画を見終わった私たちです(^^;

そうそう、そういえば
我が家の娘たちの名前にも果物の漢字がひとつずつ入っているのでした。

人生、 
フルーツ♪



★劇場情報などは↓



by pallet-sorairo | 2017-02-28 09:48 | ちょっとお出かけ | Comments(18)

春を告げるカワラヒワ@散歩道


春めいた光に誘われて、もうオオイヌノフグリがたくさん咲いているのではないかと
散歩道から少しだけ逸れた原っぱに行ってみました。


d0288144_21250562.jpg
<2017.2.21.@散歩道>

オオイヌノフグリもホトケノザもヒメオドリコソウも原っぱの隅で咲き始めてはいましたが
まだまだ絨毯のような咲き方ではなくてちょっとがっかり。
でも、枯れ木や蔦や枯葉やらが絡まって集まっている場所でなにやら動くものが…
スズメくらいの大きさの鳥が群れをなしているようです。


d0288144_21213828.jpg


気づかれないようにそぉっと近寄ってカメラを向けましたが、
レンズはなかなか鳥の姿を捉えられません。
黄色が目に入ったのでもしかしたらカワラヒワかもしれない!ともう一歩近寄ったとたん、
わぁっ~と群れて飛び立ってしまいました。
慌ててカメラを空へ向けやみくもに撮った写真には、
ぼやけてはいるけれど広げた羽にきれいな黄色の帯が見えるカワラヒワが写っていました!


d0288144_21214811.jpg
<2017.2.12.@散歩道>

今年初めてのカワラヒワは、すでに10日ほど前に一羽だけ散歩道で見かけていたのですが。

旬の野鳥 かわらひわ    チュリリリと鳴いたり、チュイーッとさえずったり。すずめほどの大きさで、全体は黄褐色ですが、羽を広げると翼のきれいな黄色が映えます。 

『日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らし-』にはこんな記述がされていて、
二十四節気「啓蟄」の次候(新暦3/10~14ころ)がこの鳥の「旬」だと書いてあります。
それにはひと月ほど早いようですが、
以前の私の記録を見てもこの辺りにはいつもこの時期にやってくるようです。

黄色がいかにも春を運んで来るようで見かけるとわくわくするカワラヒワ。
一歩一歩春が近づいているのを感じます。




by pallet-sorairo | 2017-02-26 10:00 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)

風の強い日 散歩道で


2月21日火曜日。
「春一番」の生暖かい風は何日か前にすでに吹いた。
きょうのこの強く冷たい風は何だろう。


d0288144_22361887.jpg


水辺の葦はなぎ倒されそうだ。


d0288144_22260235.jpg
  

風に向かって立つユリカモメ、
身を縮こまらせての防風体制がなんだか可笑しい。


d0288144_09181773.jpg


すでに白い花穂を付けているのに気づいて近づいてみたが、
梢の先を大きく揺らしてなかなかアップの写真を撮らせてくれないカワヤナギ。


d0288144_22362409.jpg


雲はちぎれて飛んで行くみたいだ。


d0288144_22261180.jpg


川の水も風にあおられて、
時々ゆらりと波を寄せている。


♪ 春は名のみの 風の寒さや…

思わず『早春賦』など口ずさんでしまった。
光はすっかり春めいているが、
本当の春にはまだもう少し時が必要のようだ。



d0288144_08404510.gif



本日2月24日金曜日。
昨日は昼近く雨が上がる頃からまた生暖かい風が吹いて
出先から帰る午後にはコートがいらないくらいだった。
きょうも朝から暖かだ。
週末からはまた寒くなるらしいが
こうして寒暖を繰り返しながら本当の春に向かっているのだろう。
三寒四温とはこのことか、そう思う早春の日々が続く。



★写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2017-02-24 08:50 | 散歩道 | Comments(6)

『錆と人間』


時々この家の前を通るようになって何年になるだろう。
少なくとも10年以上にはなると思うが
初めて見たときと全く変わらない姿でここに建っている。
錆びたトタン板?のチョコレート色が
初めからその色に塗られていたかのようにしっくりと馴染んでいて美しく
私は通りかかるたびにいつもほれぼれと見惚れてしまう。


d0288144_23100042.jpg


二階建てのこの家はたぶんアパートなのではないかと思っていたが
いつもひっそりとしていて、よくよく見てみるとどうもそうではないようだ。
一階の出入り口には自転車が一台だけ停められており、傍らには鉢植えもいくつか置かれている。
錆びてはいるがこの辺りの主のようにすっくと立っている姿は抜群の存在感だ。


d0288144_22483510.jpg


『錆と人間』なんていう本を読んでいる。
錆びるもの、朽ちるもの…そんなものには「いのち」が感じられるような気がして
私はとても心惹かれるのだからして。
しかし、錆をメンテナンスしないでいたらこの世はどうなるか…
考えるだに恐ろしいではないか?!


こんな、ある意味マニアックな本に興味を持つ人はそんなにいないだろうと思っていたのに
あにはからんや。
図書館に予約したら順番待ち、
順番が回ってきたら「後ろに予約者がいるので延長できません」ですと。


d0288144_22484265.jpg


自由の女神のあばたやら、危険を冒してまで錆の美を撮るフォトグラファーやら、
飲料に腐食されない(我々は腐植されるような飲料を飲んでいる??)缶の開発やらと
たくさんのエピソードがちりばめられていて私のような素人にもたいそう面白い本なのだが、
今週は何やかやと忙しく、2段組み350ページの本を2週間で読み切るのはなかなか難しそうだ。

あと1/3ほどを残しているのに期限が来てしまった。
仕方がない、一度返却してまた予約し直さなくてはならないな。
次に順番が回ってくるのはいつのことになるやら。

やれやれ。

※『錆と人間 ビール缶から戦艦まで』
  ジョナサン・ウォルドマン著
  三木直子訳
  築地書館 2016年9月刊


★写真はクリックで拡大します。

  



by pallet-sorairo | 2017-02-22 09:22 | 街暮らし | Comments(10)

蓋085 川下り


先日蝋梅を見に行った宝登山は、埼玉県秩父郡長瀞(ながとろ)町に位置しますが、
長瀞へは小学生の時に遠足に来て渓谷で遊んだような記憶があって、
私はとても懐かしい土地といったイメージを持っています。

d0288144_23321248.jpg
<2017.2.3. @秩父鉄道野上駅前>

長瀞と聞いて思い浮かべるのはなんといっても荒川の急流下り(長瀞ライン下り)。
長瀞渓谷の岩畳などの風景を見ながら20分ほどの川下りを楽しめるそうです。
冬は「こたつ舟」が出るんだとか。
マンホール蓋も…やっぱりね(^^ゞ

d0288144_23321645.jpg
<2017.2.3. @秩父鉄道野上駅付近>

絵入りマンホールにある「秩北」とは何て読むのだろうと思っていたら
しっかり読み方教えてくれているマンホール蓋に出会いました。
「ちちほく」とは「秩北衛生下水道組合」(現在は「皆野・長瀞上下水道組合」)の略で、
中心のマークは長瀞町の「ナ」を図案化した町章だそうです、


さて、ついでと言っては何ですが
実は宝登山レポでは触れなかったけれど同じ日に訪ねた場所がありますので、ご紹介しておきますね。
長瀞町の貴重な文化財です。

■■

宝登山から下山して宝登山神社に寄った後で長瀞駅までまっすぐに続く広い道を歩いていたら
右手の竹藪の中になにやら古そうな家が建っているのが見えました。
「国指定重要文化財 旧 新井家住宅/郷土資料館」と案内板がありますよ。

d0288144_10251083.jpgd0288144_15102220.jpgd0288144_15102513.jpg
d0288144_11365838.jpg d0288144_15104536.jpgd0288144_15105014.jpg
d0288144_15115195.jpgd0288144_15115608.jpg d0288144_15131781.jpg
d0288144_10422650.jpg

調べて来た帰りの予定の電車までまだたっぷり時間があるので、
ここにもちょっと寄ってみました。
建物は移築されたものですが、珍しい屋根葺きだそうです。
屋根裏の「モヤ」に取りつけた竹をアケビ蔓で編んだ様子も
なるほど見事でした。


d0288144_14013056.jpg
<産卵紙(部分)/小さなぽつぽつが卵(黒い文字部分によく見える)>

郷土資料館で見た「銘仙」も私世代にとっては懐かしく、
極小のカイコの卵を産み付けた産卵紙なども初めて見るもので興味深かったです。


d0288144_21593532.jpg

野上駅で観光案内板を写してあったのを思い出しました。
水色の点線の「長瀞アルプスハイキングコース」がこの日歩いたところで、
下方にはちゃんと「長瀞ライン下り」の写真やイラストもありましたね。
そうそう、天然氷の阿佐美冷蔵でかき氷を!なんて思っていたのに
すっかり忘れていたのを帰ってから思い出しました。
まっ、なにも真冬にかき氷食べなくてもだったかな、また今度(^^ゞ

■■

長瀞アルプスは冬の陽だまり山行にぴったりのハイキングコースでした。
疲れたら下りにはロープウェイも利用できるので
ハイキングしてみたいと思っているのになかなか足を踏み出せないでいる方にも
おすすめできるコースのように思います。

おしまい。

★写真はクリックで拡大します。


by pallet-sorairo | 2017-02-20 09:03 | 蓋(マンホール)など | Comments(10)

セリバオウレン


山友のはなねこさんに誘われて都立小峰公園(あきる野市)でセリバオウレンを見てきました。
夏山でミツバオウレンはよく見かけますが、
セリバオウレンって私は初めてそうと意識してみるかもしれません。


d0288144_23585090.jpg
<花粉を出し始めたセリバオウレン(雄花) 2017.2.13.@小峰公園>


d0288144_12490004.jpgd0288144_00000946.jpgd0288144_00001323.jpg
d0288144_00001795.jpgd0288144_00002919.jpgd0288144_00003369.jpg
d0288144_00003939.jpgd0288144_00005615.jpgd0288144_11464197.jpg
<雄花(右へ1~5枚目)、両性花(6~8枚目)、葉(9枚目)>


みんな同じ花ばかりと思って「あらきれい!」とただぼぉっと見ていたら、
同行のゆきさんとはなねこさんは「雌花はなかなかないかもねぇ」なんて言ってます。
「それって、なぁに?」と聞けば、「雄花・両性花・雌花があって…」との応え。
※詳しくはこちらのサイトが参考になるかと…→

そう教えられて、改めてちょっと目を凝らしてみると…
おや、花が開くまでの様子もとっても面白いです。


d0288144_10433181.jpg

d0288144_00011096.jpg

花も茎も暖かくなってその時期が来るまでこの「苞」?の中で
ずっと縮こまっていたみたいですよ?!
セミの抜け殻はよく見かけるけれど、
植物が脱皮する??…のかなぁ、なんて思ったんですが、
……そういうことでいいのかしら(^^ゞ



★写真はクリックで拡大します。
   ★2/13 冬の低山(今熊山&刈寄山)


by pallet-sorairo | 2017-02-18 08:37 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)

2/13 冬の低山(今熊山&刈寄山) 


週後半に関東南部にも雪が降った週末、
どこかで雪遊びしましょうとわくわくしていたのに
雪は思いのほか積もらなかったみたいです。


d0288144_12185851.jpg


微妙な積雪量だしメンバーの予定も合わないしで
それなら一層のこと、
お花見を兼ねて低山へ陽だまり山行へ出かけようということになりました。


More
by pallet-sorairo | 2017-02-16 08:26 | 山歩き2017 | Comments(12)

2/13 きょうの東京スカイツリー


早朝の電車の中からくっきりとした富士山が見えた日。
冬の低山歩き第2弾?へ出かけましたが
残念ながら今日のお山からは富士山見えないんです(泣)。
その代わりと言ってはナンですが東京スカイツリーが見えたので載せておきましょう。


d0288144_13535041.jpg
<2017.2.13 @54.9km離れた標高505mの山から見た東京スカイツリー>


そばで山友のゆきさんが「富士山とまではいかないけど見えるとなんだか嬉しいわね」
同じく山友のはなねこさんは「あ~、私のカメラでは遠くて写らない」
なんて言ってます(^^ゞ
えっ?見えませんか??
クリックで拡大していただくと中央にうっすらと見えるかと(^^ゞ


★この日の山レポはまた後日に。(こちら)から。


by pallet-sorairo | 2017-02-14 14:13 | 山歩き2017 | Comments(0)

満月(日本海側は大雪というのに!)


昨晩は満月だった。


d0288144_09560049.jpg
<2017.2.11.17:52>

カーテンを閉めようと窓際に立って行って
思わず「わっ、でかっ」と声を出してからそうと知ったのだけれど。


d0288144_10205169.jpg


出たばかりの月が本当に大きくて
オレンジ色に近い山吹色のような黄色い色をしているのを知ったのは
ここへ引っ越して来てからだ。
空高く上がった月しか見ていなかった頃は
絵に描くときには黄色く塗るのに、
どう見ても月は白にしか見えなかったんだったような気がする。→


d0288144_09342601.jpg


わが家の辺りは満月も見え
今朝はベランダの影もこんなにくっきりとしているのに
ここのところ何日も、山陰地方からの日本海側にかけては大雪に見舞われているという。
私が天気を操っているわけではないけれど、
なんだかこんな記事をアップするのが申し訳なくて…
つい「ごめんなさい」と言いたくなってしまう。

つくづく、日本列島が海に囲まれた南北に長い島であることを感じる日々だ。



★2月11日の東京地方の月の出時刻は17:38。


by pallet-sorairo | 2017-02-12 10:58 | 空の色 | Comments(16)

ポップコーン


2月に入ってすぐに映画を観に行った。
映画館へ足を踏み入れるのなんて何年ぶりだろう。
入口ホールに売っているポップコーンも懐かしい?!
なんだかすごく欲しくなっちゃって、キャラメル味Sサイズお買い上げ。

d0288144_22451063.jpg


座席のひじ掛けに置けるようになっているトレーを貸してくれたんだけれど、
初めてなのでどうやってセットしたらよいのかさっそく迷ってしまった。
それに、買ってしまってから言うのもナンだけど
Sサイズなのにどっさり山盛りのポップコーンにも、あらちょっと困ったわ。
だいたい、ポップコーンを食べながら見るような映画じゃないのはわかってたのにね。


d0288144_22451521.jpg


遠藤周作の『沈黙』は、50年ほど前出版されてすぐに読んだ。
小説は年を経て読むと以前とは感じ方が違うことが多いものだが、
物語の詳細はほとんど忘れてしまっていても、この小説で扱われているテーマは不変だ。
いまこの映画を観終えて考えているのと同じような感想を持っていたに違いないと
私は遥かに遠い高校生?だったころの私自身の心の内を思いめぐらしてしまった。


何度か繰り返される霧の中から浮かび上がる未知なるものや
並んで歩く司祭たちを真上から撮ったワンシーンなど
カメラワークも素晴らしかった。
何より、キチジロー役の窪塚洋介がすごくよかった。
アカデミー賞で助演男優賞などもらえるような気がするのだが。


ポップコーンは…
こぼれ落ちそうな山盛り部分だけ次回予告編の上映中にちゃちゃちゃっと食べて
あとはお持ち帰りでした。あらら。





by pallet-sorairo | 2017-02-10 09:44 | ちょっとお出かけ | Comments(18)