そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

おばぁさんの人生…


あれこれ遊びながら往復一時間半ほどの私の散歩コース。
時間によって見かける人がほぼ決まっているのは相手も同じ条件だ。
おや、きょうは平日なのに…女子高生は学校をさぼったのかしら。
そんな女子高校生の隣に座っているおばぁさんも、この時間によく見かける一人。

この写真は帰り道で撮ったのだけれど、
実は往きにももう少し離れた場所のベンチで私はこの二人を見かけていたのだった。

d0288144_21343317.jpg

私の見るところ、おばぁさんが「あんた、きょうは学校はどうしたんだ」と
ベンチに座っていた女子高生に声をかけたのではないかと思う。
女子高生に声をかけたものの、
おばぁさんはつい長きにわたる我が人生について語り始めてしまったのだ。

前を通り過ぎるときにちらと聞こえて来たおばぁさんの言葉の端からは
どれだけ苦労してきたかを話していたような様子がうかがえたが、
女子高生は嫌がりもせず聞き入っているようだった。

d0288144_21553024.jpg
<2018.10.18.@散歩道>
 
彼女は、きょうは何か思うところがあって学校へ行かなかったのではないか。
そんな時、思いがけず見知らぬおばぁさんから声を掛けられて身の上話を聞かされたのだ。
何を思いながら耳を傾けていただろうか。
明日は必ず学校へ行こうと思えるようになったとしたら、めでたしめでたしなんだけれど。


…って、勝手なストーリー作りすぎかしら?
まっ、いろいろなものに出会う散歩道、ということでご容赦くださいませ(^^ゞ
そうそう、往きに二人が座っていたベンチには陽がかんかん照り始めていたのでした。
日蔭になるあずまやへ移動して話の続きをしていたんですね、あらら。





昨夜は衆議院選挙開票速報と台風21号情報を見ていて
床に就いたのはきょう未明になってしまった。
台風一過だが、朝の空はなにやらどんよりとした雲が覆っている。


# by pallet-sorairo | 2017-10-23 10:23 | 散歩道 | Comments(10)

『仁義なき戦い?』その後


なんともぼやけた画像で申し訳ありませんが、
遠くからなのでズームで撮ってもこんな具合でごめんなさい。

d0288144_10391662.jpg
<@散歩道/2017.10.18.>

これはたぶんイヌタデ(赤まんま)だと思うのですが。




秋とは思えない天気の続く中にたった一日だけ挟まれた秋晴れの日、
散歩のついでに、昨年『仁義なき戦い』で紹介した場所へ行ってみました。


ここだったかな、もうちょっとこっちだったかしら
と、何か所かで写真を撮っていると…
おやっ、背高なススキとセイタカアワダチソウの間になにやらへこんだ場所がありますよ。

d0288144_11351271.jpg

ススキの白とセイタカアワダチソウの黄色の間に鮮やかな濃い赤紫はイヌタデじゃないかしら。
これは……落ち目のセイタカアワダチソウが
ススキだけではなくイヌタデにも駆逐され始めているということでしょうか?
新たな『仁義なき戦い』が始まっているのかしらと、なんだかちょっとドキドキします(^^ゞ

d0288144_10393050.jpg
<@散歩道/2017.10.18.>

昨年とほぼ同じ辺りから撮った写真ですが
今年はこの左手の少しへこんだ場所にイヌタデがはびこっているのです。
来年、この場所はどうなってるかしら。
また一つ一年先の楽しみができました、うふふ。


# by pallet-sorairo | 2017-10-21 09:00 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(4)

10/18 秋の小川(久しぶりに晴れた日に)

きらきらひかる秋の小川。
キンエノコロも負けずにきらきら。

d0288144_15072086.jpg

久し振りの青空に
散歩道を行く人も小川の縁の生き物たちも楽し気だ。

d0288144_15001961.jpg

水辺に咲くミゾソバの花。
小さな花が絨毯のように群れ咲くさまは
可憐でありながら華やかでなんとも心奪われる光景だ。

d0288144_15003544.jpg

水の中で時々きらりと光るのはボラだろうか。
揺れる水面には、気付けば木々の黄色い葉っぱが映っている。

d0288144_15004245.jpg

近くの浅瀬ではコサギが黄色い脚を踏ん張って
隙あらばと、近づく獲物を狙っているようだ。

d0288144_15000501.jpg

草むらに飛ぶヒメアカタテハ、ひと夏を越えて翅の一部が欠けてしまったのだろうか。
それでもなお時を惜しむかのようにせっせと蜜を集めるその姿に
私は、日ごとに秋が深まって行くのを目の当たりにするような思いがした。





キンエノコロ→
ミゾソバ→
ヒメアカタテハ→


■■■ 後日のためのメモ ■■■

10月18日(水)
4・5日冬の寒さと雨が続いた後、気温は低いが気持ちの良い青空が広がった。
が、それもつかの間翌日からはまた寒さと雨がぶり返すという。
はるか南の海上には台風まで発生しており、
夏に続いて、おかしな天気の続く秋だ。



# by pallet-sorairo | 2017-10-19 09:00 | 散歩道 | Comments(12)

健気な子たち


切り落とした朝顔のグリーンカーテンもすっかり乾いたようなので、
(…といっても、まだ二つ三つ小さな花が咲き継いでいましたが)
10月10日、ひとまとめにしてゴミに出しました。

d0288144_15282453.jpg

んっ?!

d0288144_15283222.jpg

10月15日朝、再利用するために乾燥させていた土にみどりが見えました。
切り落とした蔓からこぼれたタネからもう芽が出ていたのです。
「朝顔さん、これから寒くなるんですよ、季節間違えちゃったね」。

d0288144_22250684.jpg

確かに、12日は夏日の暑さだったけれどそれ以後は11月並みの気温で
昨日(16日)など東京地方は10月中旬としては46年ぶりの12月の寒さだったとか。
既に双葉を開いてお日様を浴びようと準備している姿を見ると抜いてしまうのもかわいそうで、
少し水をかけてあげたりしてみましたが。
さて。


今朝も寒いです。
ヘンなお天気です。
体調くずさないように気を付けなくちゃ。
みなさまもどうぞご自愛くださいませ。



# by pallet-sorairo | 2017-10-17 09:26 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)

蓋088 丹波山村(雲取山 その4)


楽しい仲間たちと雲取山へ行き、鴨沢へ下山しました。
ややっ、疲れた足元にマンホール蓋が♪

d0288144_09300418.jpg
<山梨県北都留郡丹波山村/鴨沢BS付近/2017.10.09.>

「た」の字がデザインされた丹波山村の村章を囲んで
村の鳥・花・木が描かれています。
うふふ、わかりやすいデザインマンホール蓋だこと(^^ゞ
それにしても、
こんな奥まった場所に点在する集落にも下水道が普及しているって素晴らしいことですね。

d0288144_07584377.jpg

さて、マンホール蓋と同じくこの丸い物は、
鴨沢ルート登下山口に今年限定で据えられた看板。
そう、標高2017mの雲取山は今年の西暦2017と同じなので記念登山で賑わっているのでした。
山頂には「雲取山西暦二千十七年記念」と書かれた4mほどもありそうな柱も立っていましたよ。
で、黄色の「たばやま」は何かというと、
丹波山村のマスコット『タバスキー(丹波好き)』とか(^^。

d0288144_08365038.jpg

かわいい黄色くんは、たぶん「丹」の字のデザインですね。
電柱の上にもこんなふうに立っていて集落を見守ってるみたいです。

d0288144_08013311.jpg

あっ、こちらの丸いお顔はみっちゃん手編みのストックカバー。
お若い方々は、こんなふうにちょっとしたものに自分らしさを出していて、
みなさんそれぞれ素敵なデザインのくりぬきのカップなど持ち歩いているのには
感心してしまいます。
私など、軽さ第一で選んだいただき物のチタンのカップですからね(^^;

というわけで
楽しい山行の最後に、マンホール蓋にも出会って
さらに満足度アップの雲取山山行になったのでした♪



★雲取山 その1は(こちらから)

# by pallet-sorairo | 2017-10-15 08:22 | 蓋(マンホール)など | Comments(16)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite