そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

3/26 春浅き上高地 ①(新しい靴で その3)


山友sanpoさんの上高地レポ(2016年)を見てチャンスを狙っていたゆきさんの発案で、
上高地へ紅いケショウヤナギを見に行こうとのお誘い。
一も二もなく乗っかって、
早春の静かな素晴らしい上高地を満喫してきました。


d0288144_13313186.jpg
<ケショウヤナギ@大正池畔>

私、雪の上高地には2011年に一度来ていますが、
その後上高地トンネルができてからはこのシーズン初めての上高地。
紅くなったケショウヤナギの群生を見るのも初めてです。
わくわく。




で、ささっと釜トンネルと上高地トンネルを抜けて上高地に入ろうと思ったんですがこれがなかなかすんなりと行かないのです(レポが(^^ゞ)。入るまでがちょっと長くなりますが、シーズン中には見られない場面などもあったのでご紹介しておこうかと。どうかよろしくお付き合いくださいませ。

d0288144_13353749.jpg

前夜、松本集合、駅近のビジネスホテル泊。
この日朝一のバスで中の湯下車。
ここでバスを降りたのは男性お二人と私たち3人(sanpoさん、ゆきさん、私)の5人だけでした。
反対方向の平湯から来る人が何人かいたとしても
ツアー客でもいなければ
きょう上高地に入る人は数えるほどしかいないのではないかしら。

d0288144_13354822.jpg

この時期、上高地へは「冬季閉鎖中」「通行止」と表示のある釜トンネルを徒歩で行くしかありません。
でも、今は先で工事中箇所があるらしく時々ダンプなどが通るため
例年は暗いトンネル内には灯りが点いていて、
とりあえずヘッドランプの出番がないようなのが嬉しいです。ほっ。
では、出発。

d0288144_13360052.jpgd0288144_14222106.jpg

ゆるゆるながらけっこうな傾斜のある釜トンネルを30分ほどで通過すると…
あっ、向こうのあれが新しい上高地トンネルですね。

d0288144_14221242.jpgd0288144_13375396.jpg

上高地トンネルができる前は
頭だけを出した焼岳を見ながら左手へ大きくカーブして行ったような気がしますが
今は続いてすぐに上高地トンネルに入ります。
この辺り、雪崩の多発地帯で
何度か道路が破壊されてしまったので作られたトンネルなのだそうです。
で、トンネル出口からは、焼岳がど~んと見えました。
ちょっと面白い見え方です。

d0288144_16180090.jpg

上高地トンネルを抜けると間もなく雪の穂高が目の前に現れて目を奪われるのですが、
雪遊びをするにはもう少し先まで歩かねばなりません。
それにしても青と白のコントラストのなんて素敵なこと!

d0288144_16183177.jpg

うむ、「なだれ発生危険個所」とありますよ。
足元もちょっと凍っている場所があるので要注意です。

d0288144_16190032.jpg

おや、ここは?
この冬の雪崩でまた道路がめちゃめちゃになってしまったようです。
作業員さんたちが鋭意復旧工事中の脇を遊びに行く私たちが通って行きます(スミマセン)。
ここはシーズンにはバスが通る道のはず。
通行開始まであと3週間ほどでしょうか、よろしくお願いします
…と、心の中でぶつぶつ(^^ゞ

d0288144_15370031.jpg

工事現場のドア代りのブルーシートから外へ出ると、
目の前に雪崩跡のデブリが重なり合っていました。
こんな堅い雪に押し込められたらひとたまりもないですね。
しかし、今はとりあえずこの山?を乗り越えなくてはなりません。

d0288144_15373022.jpg

本来の道に戻って振り向くと、
先ほどのブルーシートの向こうに大きな焼岳が見えていました。
ブルドーザーが何度も行ったり来たりしてデブリをどかしていますが
道路が繋がるにはまだまだ時間がかかりそうでした。

d0288144_22525408.jpg

さて、そうこうするうちに大正池ホテルの前に到着です。
釜トンネルを出発してからほぼ1時間半でした。
一時間半の間にも、ずいぶんいろいろなもの見てきたような気がしますが
ここからが本日のメーンイベント、
いよいよ(やっと?)上高地の散策が始まります。



★長くなりますので続きます(こちらから)
★行程表などは次回にまとめて記載します。
★写真はクリックで拡大します。




by pallet-sorairo | 2018-03-31 08:47 | 山歩き2018 | Comments(18)
Commented by unburro at 2018-03-31 09:38
ケショウヤナギ!
初めて見ました。
ほんのり紅をさした姿、ですか。
ほほう〜ほほほ〜なるほど〜
と、眺めております。

残雪と青空、眼福であります。
Commented by amanojakusan at 2018-03-31 10:22
槍や穂高に登るために5月の上高地には何度か行っていますが
3月の上高地?釜トン先の雪崩は?ということがすぐに頭に
浮かびました。上高地トンネルができたのですね。
バスが入る前の上高地は静かでしょうね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-03-31 10:51
いいなぁと、ただただ眺めいます。
sanpoさんの上高地レポもみせていただきました。
「これならば♪」
お天気次第、雪の状態次第ですが、ひょっとしたらひょっとするかも。
東京の弟に声をかけようかな。実現させたいなぁ。
春スキーでよく見ていた山に景色ですね。
今年は◯◯代最後の年。これからは、なんかやってみたいなぁと。

続き楽しみです。
Commented by pallet-sorairo at 2018-03-31 16:57
☆unburroさん
ケショウヤナギ、きれいでしたよ。
若木の冬枝が紅く色づくようですが、ほんのりというか
場所によっては真っ赤な枝の群生も見かけました。
紅・白・青…当地で私も眼福でした(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-03-31 17:01
☆Mr.amanojakusan
上高地トンネル、歩いて10分ほどでしたが
これができたおかげでだいぶ危険が回避されるのだろうなと思いました。
春休み初日の日曜日でしたが
この日は数えられるほどの人数しか入っておらず静かな上高地でした。
Commented by pallet-sorairo at 2018-03-31 17:35
☆PochiPochiさん
行きたい熱が高まってしまいましたか(^^ゞ
この時期の装備は難しく、人それぞれと思いますが
念のため私たちの場合の気づいたことをお知らせしておきますね。
①晴天予報が続き安定した天候であるのを確かめてから入山日を決めた。
②ヤマレコなどで直前の状況は把握していたが、
3・4日前の降雪が思いがけず多かったので念のためワカンを持参した。
③ワカン、アイゼン、予備の防寒具など含めると荷物は10㎏前後。
(この時はつごう2泊したので、最低限の着替え・洗面具などもあり)
➃しかし晴天で気温も高く、現地ではワカン・アイゼン・防寒具・スパッツなど使わなかった。
⓹バスの時間に縛られるので時間の管理を慎重に。
⑥全員が夏道は何度も歩いており、この時期にも入山経験あり。
言わずもがなですが、この時期上高地の宿・施設などは全部クローズです。
とりあえずこんなところです。
Commented by fusk-en25 at 2018-03-31 19:00
私も「ケショウヤナギ」は初めて見ました。
菩提樹もまず新芽がほんの少し薄赤くなって来るのですが。。
こんな風な色の感覚は。。
自然でこそだなあ。。と思います。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-01 08:18
☆fuskさん
ケショウヤナギ、Wikipediaによれば
「日本では北海道日高・十勝地方と長野県・梓川上流に自生する」とあるので
見られる場所が限られるようです。
で、どちらもその季節には入りにくい場所なので
なかなか目にすることができない紅色ということになるでしょうか。
きれいでした。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-01 08:19
☆PochiPochiさん
追伸、訂正です。
スパッツは使ったのでした(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-01 08:20
☆Mr.amanojakusan
追伸、訂正です。
山行日は26日月曜日でした(^^;
Commented by mother-of-pearl at 2018-04-01 10:38
まだ雪の残る道を一歩一歩進む姿を画面から想像し、頼もしく思います。

トンネルを歩く、、、なかなか機会が無いことなのでワクワクしました。
トンネルは、何故かSF的な場所に思えてしまいます。

雪崩の跡の復旧作業中の人々への優しい思いがパレットさんらしいですね!
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-04-01 14:13
詳しいお知らせありがとう!
行くときに参考のさせてもらいます。
弟は去年11月末か12月初めにひとりで行ってきたようです。
電話の向こうで熱っぽく語っていました。
残念ながら4月は予定がつまり無理っぽいですが、次の機会を
と考えています。じっくり調べ、綿密に準備をと。

ところで刺繍は結婚指輪?
ふふふ、四月の結婚式だったのかなぁ〜と。
Commented by echalotelles at 2018-04-01 21:29
夏でも静かな大正池だから、この時季はもっと静けさに包まれているでしょうね。
ケショウヤナギの赤い新芽がきれいですね♪
トンネル、工事中の電気とはいえ、明るい中を歩けてよかったですね!
短いトンネルでもヘッドランプだけで歩くのって、怖いですものね。
私が怖がりだけかな…
奥多摩のどこかの真っ暗な古いトンネルの中を歩くの怖かった~
松本の駅も懐かしいな。私も駅近ビジネスホテル、泊まったことがあります。^^
さて、どんどん雪の道を進んで、これから山々が間近に見えてきますね~
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-01 22:21
☆mother-of-pearlさん
しっかり晴天が続くのを見極めてから出かけましたし
3人ともここは夏には何度も歩いている場所なのです。
でも、冬はお天気次第で全く条件が違うので頼もしいと言われると
はてと自分を再点検せねばなりません(>_<)。

Commented by pallet-sorairo at 2018-04-01 22:25
☆PochiPochiさん
11・12月にここへ入るとは! 頼もしい弟さんがいらっしゃるのですね。
綿密に準備なさってお出かけください。
ロゴ画像の刺繍、遊びに忙しくてちくちくできなかったので
指輪は指輪なんですが既存のものからの間に合わせです。
途中で変えるかも(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-01 22:30
☆echalotelleさん
ケショウヤナギの紅は新芽ではなく若木の紅い冬枝で、
こうして紅くなって春を待つんだそうです。
きれいでしたよ。
実は今回のパーティのうち、約ひとりがトンネル大嫌い人間だったんです(^^ゞ
まっ、人それぞれ苦手がありますね(^^ゞ
Commented by こんの at 2018-04-02 05:45 x
大正池は、40年あまり前に行った思い出の地
晩秋で、バスが今日で終わりという際どい日
大正池 ずいぶんと変わりましたですね
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-02 10:20
☆こんのさん
大正池は何よりあの象徴的だった立ち枯れの木が朽ちて
無くなってしまったので変わりようが目立つのだと思います。
池自体はなにも変わってないはずなのに印象が全く違うのでしょうね。
季節の違いもあるかもしれませんが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite