そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

3/27 西穂丸山(新しい靴で その5)


前日のうちに上高地から新穂高温泉へ転進。
上高地へ発つ朝、翌日も天候良好とみて急きょ宿を確保していたのでした。
曇天であれば帰宅、晴ならば転進という当初の計画も
仕事を離れて自由の身であればこそ。
しかし…
こんなに毎日違う場所で雪遊びなんかしていていいんでしょうか(^^;

d0288144_15140658.jpg
<西穂丸山へあと一息 2018.03.27>

といいながら、きょうも抜けるような青空の下、
素晴らしい雪遊びができました。
感謝。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


さてさて、朝一番の新穂高ロープウェイで
ひとまず標高2156mの西穂高口までびゅ~っと行ってみましょう。

d0288144_21262777.jpg

到着した展望台からは、労せずしてこんな景色が見れるのです。
家族の誰彼を連れて来てあげたいなぁと思います。

きょうの私たちのとりあえずの目標は、
写真右手に見えている西穂高岳(2909m)の下に建つ西穂山荘(2385m)まで。
できたらその上の丸山(2452m)まで行きたいと思っています。
では、出発。

d0288144_15175233.jpg

西穂高口駅の周りはこんな雪壁がめぐらされていて、
観光客の皆さんがプチ雪の回廊を楽しめます。

d0288144_15182010.jpg

「ここからは登山道云々」という立て札の先はそれなりの装備が必要です。
しばらくは樹林帯の中をゆるゆると上ります。

d0288144_15182995.jpg

冬季登山道です。
時々、樹々の向こうに素晴らしい景色が広がりますが、
段々に傾斜が増す登山道がしんどいです。

d0288144_15184523.jpg

そろそろ森林限界かなと思う間もなく、西穂山荘の屋根が見えました。
あっという間に着いてしまいましたね。

d0288144_15190044.jpg

ロープウエイ駅から標高差僅か230mほどですからね。
でも、気温が低かったり風が強かったり、とりわけ吹雪いたりしていたら
こんなのんきなことは言ってられないはず。

d0288144_21300176.jpg

西穂山荘前広場で私。
後ろ右は笠ヶ岳、左手奥遠くに白山。

d0288144_21470720.jpg

ひとしきり景色を見たら、山荘に荷物をデポして空身で丸山へ向かいます。
行く手にそびえ立つ西穂高岳のなんとかっこいいこと!

d0288144_21471219.jpg

西穂高岳へ登る人が何人か見えます。
独標もピラミッドピークもはっきりくっきり見えて
なんて素敵な山日和なんでしょう。

d0288144_21474652.jpg

左下のあのこんもりとしたところが丸山でしょうか。
先に出発したゆきさんが山頂に着いたみたいです。

d0288144_21481724.jpg

今回のメンバー勢ぞろい(^^ゞ
一緒に歩ける山友がいる幸せをかみしめるばかり。

d0288144_21484028.jpg

丸山山頂から振り返り見る景色。
昨日、上高地で見上げていた霞沢岳や焼岳が同じ目線の高さにあります。

d0288144_21484936.jpg

ずっと見ていたい景色ですがそろそろ戻らないと…でも、もう一枚(^^ゞ
真後ろ奥の白い山は乗鞍岳、右の兜みたいな山は焼岳。

d0288144_21485799.jpg

風もなく暑いくらいの山道ですがこの場所だけ強い風が吹いていました。
風の通り道なんでしょうか、風紋がこの通り。

d0288144_21490308.jpg

小屋まで下りてきましたよ。
焼岳から西穂高への縦走路が目に見えるようです。
何年か前にあのルートを辿りましたが、
9月というのに途中で雪がちらつき、胆を冷やした覚えがあります。

d0288144_21490707.jpg

小屋に戻って軽くランチを済ませ、
予定のロープウエイに乗るために亀足の私たちはsanpoさんより一足お先に出発。

d0288144_21491869.jpg

傾斜のきつさは写真には現れなくて残念ですが
ここ、けっこうな急傾斜。

d0288144_21535989.jpg

下るにつれて樹々が向こうにそびえたつ高い山々を隠し始めます。
それにしても、
雪の季節は重なった山々の区別が容易にできてなかなかに楽しいです。

d0288144_21540691.jpg

思っていたより早くロープウエイ西穂高口駅に着きました。
入り口脇にあった三頭三角点表示。
本当の三角点票は雪に埋もれているのかな。

d0288144_21541449.jpg

予定していた時間に乗れて一安心。
まだまだくっきり見えている山々に別れを告げながらゴンドラに揺られて山麓駅へ向かいます。

d0288144_21542573.jpg

あっ、私たちの乗っているゴンドラの影が見えますね。
これ以上ないお天気に恵まれて素敵な雪遊びができました。
お天気と山友に、心からありがとうを。

ああ、きょうも一日楽しかった!
あっ違った、この三日間ほんとに楽しかった。
感謝、であります。



2018.03.27(火)西穂丸山(2452m)
(往)新穂高ロープウエイ・新穂高温泉駅9:00-鍋平高原駅/しらかば平駅-西穂高口駅9:30ころ
(歩)西穂高口駅9:55-西穂山荘11:20/11:40-西穂丸山11:57/12:10-西穂山荘12:20/12:55ー西穂高口駅13:45.
(復1)新穂高ロープウエイ・西穂高口14:15-しらかば平駅/鍋平高原駅ー新穂高温泉駅14:45ころ.
(復2)新穂高ロープウエイ駅15:55(濃飛バス)-平湯温泉16:28/17:00(高速バス)-新宿バスタ21:30


★写真はクリックで拡大します。





by pallet-sorairo | 2018-04-05 08:41 | 山歩き2018 | Comments(12)
Commented by fusk-en25 at 2018-04-05 09:46
見えましたゴンドラの影。。
本当に楽しそうな3日間でした。。
Commented by mimi-74 at 2018-04-05 13:20
宿泊 テント 受付
って書いてありますね。
雪の中にテントを張って一夜を???
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-05 21:05
☆fuskさん
下を覗いてロープウェイの影を見るのが好きです(^^ゞ
楽しかった3日間、感謝あるのみ。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-05 21:14
☆mimiさん
この日、私たちは日帰りだったので
前夜泊まったロープウェイの山麓駅至近のホテルに余計な荷物を預け
帰りには温泉でひと風呂浴びるという贅沢をしてしまいました。
で、下山途中で会った女子大生たちはテント装備だったので
彼女たちはこの晩は雪上テント泊で、翌日、西穂高岳へ登ったのだと思います。
西穂山荘も営業していたので小屋泊まりも可能なはずですが
最近は学生さんでなくともテント泊をする人がとても増えているんですよ(^^。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-04-05 21:48
こんばんは。
久しぶりの雪景色に行きたい気持ち全開!
弟をせっついて全体に実現するぞと。
いい仲間がいて幸せですね♪

昔、室堂から美女平のダウンヒルをしたくて5月の連休に行った
立山を思い出しました。女子4人、男子1人(荷物持ち・ウイン
パーが重かったので)で。美女平から室堂まで雪の上を歩き、
室堂平にテントを張りました。
初日だけ好天で雷鳥沢へ。スキー板を背負って歩いて登り滑り降り
ました。今から思ってもゾッとします。無謀だと。そのあと天気が
荒れ、テントに閉じ込められ、敢え無く退散。室堂から扇沢に方に
出て大阪へ。
危なっかしい青春時代の一コマです。


Commented by echalotelles at 2018-04-06 06:54
お天気がよくてほんとによかったですね!!
雪にも空の青さが映って見えます。
素晴らしい景色、たっぷり楽しみました。ありがとうございます♪
ゴンドラも上手に利用すれば、こうやって山頂を楽しめますね。
あ~、私もパレットさんの3日間のブログを読んで、楽しかった!(*´▽`*)
Commented by こんの at 2018-04-06 08:58 x
生まれてきた喜びを、生きていることの素晴らしさを
大きく感じられる時ですね
拝見できることに感謝です
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-06 09:01
☆PochiPochiさん
青春時代の失敗談、今は懐かしいばかりですね。
ご無事で何よりでした(^^ゞ
で、
上高地線の開通、今年は4月17日のようです。
 https://www.okuhida.or.jp/archives/6928
この暖かさで雪もどんどん解けているか…と
あんまり面白くない情報ですみません(>_<);
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-06 09:10
☆echalotelleさん
何よりこのお天気が保証されていたので出かけたのです。
見たかったケショウヤナギの時期にゲットしたお天気、幸運でした。
楽しんでいただけて嬉しいです。
このロープウェイを使えばお年寄りでも小さな子でもこの景色を見られるのです。
素晴らしいなぁと思いました。
ハイシーズンには長時間待たないと乗れないこともあるようですが。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-06 09:12
☆こんのさん
ついこの間まで、こんな雪遊びができるとは思ってもいませんでした。
誘ってくれる山友がいて、自分もまだなんとかついていけることに
感謝するばかりです。
Commented by cyu2 at 2018-04-12 14:59 x
こんな素晴らしい天気の中あるけるなんて幸せ感じちゃいますね!
新穂高は夏も冬も楽しめる場所ですね、
さくっとは行けないけれど。
ところで上高地からどこに泊まられたんですか~?

Commented by pallet-sorairo at 2018-04-12 22:55
☆cyu2さん
ほんとに幸せでしたっ(^^ゞ
山友に感謝です。
>ところで上高地からどこに泊まられたんですか~?
曇天で展望が期待できないようだったら転進しない予定だったので
上高地に立つ朝に大急ぎで宿を確保したのです。
なかなかよい宿が見つからなかったので、
手っ取り早くロープウェイ駅至近のホテル穂高に決めました。
私にしてはちょっと贅沢してしまいましたが
まっ、たまにはね(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite