そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

春休みのれみちゃんと


さてさて、山レポも書き終わっので
気になっていた展覧会でも見に行くとしようか。

d0288144_15433135.jpg
<熊鷲図屏風(右隻)>

予定外に3日間も山へ出かけてしまったので
うっかりしていたら会期がもう残り少なくなっていました。
あらら。

d0288144_15432773.jpg
<写生帖より「犬」>

あっ、そうだ! ちょうど春休みだし
動物好きのれみちゃんにも声をかけてみようかな。

d0288144_15432287.jpg
<奔馬図>

もしもし、れみちゃん。
動物の絵の展覧会へ行きませんか。
明日なら、じいじも一緒に行けるので
お昼はレストランで美味しいハンバーグを食べようと思いますが。

d0288144_15431887.jpg
<狐 / 屏風「寒月」(左隻)より」>

「うん、行くぅ!」とは、
もしや大好きなハンバーグに釣られたのかも(^^?

d0288144_15430888.jpg
屏風 <寒月(左隻)><寒月(右隻)>

どんな絵か言ってなかったので心配していたのですが
美術館入口でポスターを見たれみちゃん、
はっと息を呑んで「あっ、私これ好きかも」。

d0288144_15425287.jpg

「生誕140年記念特別展 木島櫻谷(このしま おうこく)PartⅠ 近代動物画の冒険」展です。
私もこの方知らなかったんですが、展覧会案内で見て気になっていたものだから。

d0288144_15424718.jpg

れみちゃんが「おもしろかったぁ」と言ってくれたので、じいじもばあばもほっとしました。
ライオンの絵が一番好きだったそうです。
都心へ出ることも滅多にないので「六本木一丁目」にも興味津々なれみちゃんでした。
ハンバーグも美味しかったしね(^^ゞ

d0288144_15433492.jpg
<購入した絵葉書を入れてくれた袋に「桜谷」の押印>

小さな美術館で、展示作品も少なかった(絵画34点+写生帖など)ので
子どもが飽きずに見るにはちょうどよい規模だったなと思います。
れみちゃん、この4月から小学3年生。
いつの間にか、すっかりお姉さんになったねぇ(^^。
(2018.04.04(水)@泉屋博古館 分館)


d0288144_15430432.jpg
<木島櫻谷/チラシより>



★写真はクリックで拡大します。





by pallet-sorairo | 2018-04-07 09:07 | ちょっとお出かけ | Comments(12)
Commented by saheizi-inokori at 2018-04-07 09:37
こんなじいじばあばであったらよかった、まだ間に合うのだけれど。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-04-07 10:42
レミちゃんとのいい時間でしたね。
楽しかったことでしょう。きっと。

木島櫻谷、知りませんでした。
調べてみたら去年京都でやはり生誕140年を記念して
作品展があったようです。
最近はこのような日本画がいいなぁ〜と。
奔馬図の馬、見惚れました。
Commented at 2018-04-07 13:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fusk-en25 at 2018-04-07 14:57
こう言う絵を見ると
写真なんかとても及ばないなあ。。と思いますね。
動物の生き生きの仕方が違う。
Commented by unburro at 2018-04-07 17:17
娘が、昨年、泉屋博古館で見て
大ファンになって帰ってきました。
この熊の表情が、良い、ですね。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-07 19:52
☆saheiziさん
何をおっしゃいますか
saheiziさんはそのままですてきなじいじではありませんか!
そうそう、この展覧会は明日まで、まだ間に合います(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-07 19:54
☆PochiPochiさん
久し振りのれみちゃんとのお出かけ、じじばばが楽しませてもらいました(^^ゞ
奔馬図の馬の躍動感が素晴らしいですよね。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-07 19:56
☆鍵コメさん
物語を知ってなおのこと印象深く親しみを感じました。
ありがとうございました(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-07 20:00
☆fuskさん
動物たちそれぞれのまなざしや
毛足の一本一本までが生き生きとしているのでした。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-07 20:05
☆unburroさん
昨年12月の京都旅行で、法然院の帰りに泉屋博古館前からバスに乗ったのですが、
その時、この展覧会が前日で終了したのを知ってとても残念に思っていたのです。
梅子さんも大ファンになりましたか。
若冲とは違う、優し気な雰囲気が魅力的であるような気がします。
Commented by echalotelles at 2018-04-08 04:25
れみちゃんは、展覧会とハンバーグとお祖母ちゃん、お爺ちゃんと楽しい一日を過ごして嬉しかったでしょうね♪
この展覧会に行った友人が、この美術館の名前は
センオクハクコカンと読むのだと教えてくれました。^^
どの動物も生き生きとして、息遣いが聞こえてきそうですね。
犬の写生は、カシューにそっくり。
カシューの寝息がこの絵から聞こえてくるような気がしました♪
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-08 09:18
☆echalotelleさん
大きなサイズのハンバーグを頼んだれみちゃん、
「う~ん、わたし、残せないのよね」なんて言いながら
ムリムリ?食べてましたよ(^^ゞ
私も最初、クッキーの泉屋(イズミヤ)さんの美術館かと思ってましたが
住友のコレクションなんでした(^^;
カシューの子ども時代、ですね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite