そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

スプリングエフェメラルの蝶 etc


スプリングエフェメラル(春の儚いいのち)と呼ばれる
早春の短い期間にだけ現れるものたち。

ひとり沢沿いの道を歩いている私の周りを
時おりひらひらと横切るのはもしや…。
動いてゆく先を目で追いながら
止まってくれるのを息をひそめてじっと待つ。

d0288144_23575095.jpg
<スギタニルリシジミ>

しかし、
止まったところを目撃したはずなのに周囲のあれこれに混じり合って
視線をちょっと外しただけですぐにどこにいるのかわからなくなってしまう。

d0288144_23535401.jpg

あっ、
ふたたび飛び立ったチョウはまたすぐそばの岩の上に止まって
ゆ~っくりと翅を開こうとしている。
これは、スプリングエフェメラルのチョウ、スギタニルリシジミではないだろうか。
だとすれば、このチョウが翅を開くところはなかなか見られないと
どこかで読んだような気がする

d0288144_23532578.jpg

山道を進むことも忘れてじっと見入ってしまう。
と、どこからかもう一頭(匹)が現れ二頭でスクランブルを始めた後で
仲良くまた地上に降り立った。

d0288144_23544022.jpg

なにか揉めているようだ?

d0288144_00115965.jpg

むむ、この写真ならスギタニルリシジミの裏翅の模様がわかるだろうか。

d0288144_23582009.jpg
<ミヤマセセリ♂>

同じくスプリングエフェメラルのチョウ、ミヤマセセリ♂
それにしても小さな生き物たちは一見しただけではわからないほど
上手に身を隠す術を持っているものだとただただ感心してしまう。


バスを降り、林道へ入ってすぐについ先日知ったばかりの→
スプリングエフェメラルのチョウ、ツマキチョウも見かけたのだけれど、
何せ動きが早くて写真に撮ることができなかった。
ベテランでも撮るのに一苦労とあっては、
俄かチョウ・ウォッチャーに撮れるはずがないのは当然なのだけれども。

d0288144_23592124.jpg
<トラフシジミ>

スプリングエフェメラルのチョウではないようだけれど、
私は(たぶん)初見のトラフシジミ。
虎のような縞模様とあっては忘れようのないネーミングだ。

d0288144_23585001.jpg
<ムラサキシジミ>

広げた翅の色が美しいムラサキシジミ。
ムラサキシジミは成虫で越冬するということなので
なるほど、この個体も後翅がだいぶ傷んでいるように見える。
しかし、陽の光に映えてなんと美しい紫であることか。

d0288144_23595151.jpg
<アカタテハ>

アカタテハも成虫越冬とのこと、
この個体は傷みもなく無事に冬を越せたようだ。

d0288144_00002014.jpg

閉じたときに見える裏翅が
なかなかに複雑で美しい模様なのが見て取れる。
温かな日差しに気持ちよさそうにゆっくりと翅を開いたり閉じたりしている様子が
とても印象的だった。

d0288144_00021785.jpg
<テングチョウ>

この春、何度も目にしているので
「なんだ、またテングか」なんて見向きもしなかったのだが、
やっぱり一枚くらい撮ってあげようと撮った一枚。
テングのような鼻先?がよく見えなくて失敗だったかも。

(2018.04.10(火) @木下沢林道、@ザリクボ)


さてさて、きょうはスミレを見にやって来たのだったが、
ことほど左様になかなか前へ進まない(^^ゞ

★この日の山レポは(こちら)から。
※チョウの名前など間違いがありましたら教えていただけると嬉しいです。
★写真はクリックで拡大します。





by pallet-sorairo | 2018-04-13 08:52 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(14)
Commented by fusk-en25 at 2018-04-13 09:46
子供のとき。昆虫採集は好きでした。
こんなに色々の蝶や虫を知っていたのではありませんが。
夏休みの宿題に標本を作ったことも。
昆虫網も伸び縮みできるものを持ってました。

蜻蛉や蝉。蝶は手で捕まえるのも上手でしたよ。笑。
Commented by saheizi-inokori at 2018-04-13 10:34
シジミ、見れば見るほどシジミ、小さな蝶の名前を知って写真に撮る。
真似をしようと思うけれど蝶のアプリってあるかな。
さっき花の名を教えてくれるアプリをいれました。
Commented by sternenlied3 at 2018-04-13 15:26
スプリング・エフェメラルって花のことだと思ってましたが、
確かに早春に姿を現わす蝶達もまさしく春の妖精、
スプリング・エフェメラルですよね♪
散策中にこんなにたくさんの種類の蝶に出会えるなんて楽しいですね。
先日近所の運河沿いを散歩してた時に、その場所では珍しいクジャクチョウを見かけて嬉しかったですね。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-13 21:03
☆fuskさん
昆虫採集、今もお好きなのではありませんか?
ひらりと止まったチョウをつまむfuskさん、
絵になりそうですが(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-13 21:09
☆saheiziさん
裏翅の地味なシジミが翅をひら開くと
なんとも美しい色をしていたりするので目が離せませんね。
チョウは裏表で全然違って見えたりするので、
私はあちこちのサイトで比べて見たりしていますが
差し当たりこんなサイトはいかがですか↓
http://www.insects.jp/konbunrinsijimi.htm
http://www.insects.jp/konbunrintateha.htm
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-13 21:15
☆sternenliedさん
スプリングエフェメラルのチョウがいるのを知ったのは私も最近です。
この日は暖かく、沢に沿った林道で時間もお昼近かったので
チョウが飛ぶ条件がそろっていたのだと思います。
あと2種類ほど見かけたのですが動きが素早くて撮れませんでした(^^ゞ
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-04-14 11:30
おはようございます。
散歩道でもたくさんの蝶がいるのですね!
ごく普通のいわゆるシジミチョウ(?)はよく見かけますけど…

蝶々はバラの敵と無視してましたが、kazeさんのブログでいつも鳥
や蝶におもわず見惚れてしまっています。鳥の絵も描きたいなぁ〜
なんて。北海道に素敵な鳥ばかり描いた絵葉書があり、憧れています。

最近リョウちゃんと近くにある昆虫館へ行きましたよ。
そこには一年中蝶が飛び交っている温室があり、小さい子供達は大喜び。その日は昆虫も触らせてくれる日だったので、大喜びでした。
Commented by asitano_kaze at 2018-04-14 12:35
いや、すごいですね。スギタニルリシジミですか。
まだ、出会ったことがありません。
よくぞ見つけられましたね。
この種のチョウは注意力と根気がなければ出会うことは叶いません。
ミヤマセセリ、トラフシジミ、ムラサキシジミ、いずれもお見事な画です。
Commented by mother-of-pearl at 2018-04-14 14:55
お久しぶりです。

春の儚いいのち、は植物だけのことでは無いのですね。
山道を歩いて行くだけでも尊敬に値するのに、
道すがら儚いいのち達に優しい眼差しを向ける余裕が素晴らしいですね!

特にムラサキシジミの色に引き込まれてしまいました。

蝶!と見るとそ〜っと捕まえることしか考えていなかった自分を反省。
写真に収める、という優しい方法があったのですよね。
Commented by tukinobo at 2018-04-14 22:53
俄かチョウ・ウォッチャーさま。
わたしも山のチョウチョが大好きです。
伊吹山の麓にチョウチョの原種がいると
以前教えてもらったことがあります。
わたしも、チョウ・ウォッチャーしたくなりました。
すみれも気になります、笑。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-15 10:21
☆PochiPochiさん
散歩道ではヤマトシジミやベニシジミを私もよく見かけます。
チョウやトンボが楽しみな季節になってきましたね!
でも、昆虫館って行ったことないですが、
なんかちょっと怖そうです…って、ヘンですかね(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-15 10:26
☆asitano_kazeさん
kazeさんがスギタニルリシジミ、未見とはびっくりですが
どちらかというと山の中の沢沿いでみかけることが多いからでしょうか。
私はそうと意識して見たのは2度目でした。
私のは山歩きついでにコンデジで撮る写真なので
いまいちなものばかりですが、褒めていただけると嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-15 10:34
☆mother‐of‐pearlさん
スプリングエフェメラル、私も花だけではないのだと知ったのは最近です。
そう言われてみれば、ここは歩きなれている場所なので、
ひらひらと動き回るチョウを眺める余裕もあるのですナ。
いつものようにひいこらひいこら歩く場所ではこうはいきませんです。
昆虫採集ならぬ昆虫撮影、捕まえた後で育てる手間暇もかかりません(^^ゞ
motherさんもいかがですか?!
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-15 10:38
☆yakoさん
おお、今度はチョウ・ウォッチャーになりますか!
山・釣り・チョウ…すっかりアウトドア女子ですね(^^ゞ
それにしても、憧れの渓流釣り羨ましい限りです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite