そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

運んでもらう

d0288144_15030631.jpg
<タンポポの綿毛>

運んでもらう
種子を風に。

d0288144_15031143.jpg

花のころは
黄色い絨毯のようだったろうなあ。

d0288144_15031511.jpg

運んでもらう
種子を動物に。

d0288144_15031825.jpg
<オオオナモミの実>

毛に絡みつき
あちこちに散らばって落ちる。



★2018.04.22.@散歩道。
オナモミは絶滅危惧種に指定されていて、
現在よく見られるのはオオオナモミだとのことです。


by pallet-sorairo | 2018-04-25 09:18 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(14)
Commented by saheizi-inokori at 2018-04-25 09:34
これで遊んでいると、耳つんぼになるよ、と止められました、春の日の思い出。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-04-25 11:18
ふふ、どちらも身近で描きたいなぁと。
オオオナモミは2、3年前絵にしたことがありますよ♪
でも、タンポポの綿毛は難しい。
いつも堀文子さんのタンポポの綿毛の絵を眺めては描けない
かしら…と。ため息です。

今庭では原種アネモネの綿毛ができ飛んでいますよ。
Commented by tukinobo at 2018-04-25 14:53
「運んでもらう」、良いタイトルですね。
わたしが子供時代をすごした名古屋の郊外は
田んぼや畔がいっぱいあって、空き地には
やはりタンポポの黄色い絨毯があったなぁと思います。
オオオナモミの実、こんな感じのちくちくとトゲのある実。
わたしは、犬やウサギを飼っていたので、遊びをかねて
散歩にいくと、袖や背中やズボンにたくさん、
くっついて、それらはなかなか取れなくて大変だったかな。

少し前のパンジーの記事、徒長のこと、
なるほどね-って読みました。風が抜ける方が良いのねぇ。
Commented by echalotelles at 2018-04-25 16:36
オナモミって懐かしい響き♪
ひっつき虫ね。^^
昨日、道端を歩いてるとき
かっちゃんの体ががたんぽぽの綿毛に触れたので
ふわ~っと白い綿毛が飛びました。
かっちゃんも、ちょっとだけ運んであげたようです。U^I^U*
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-25 22:07
☆saheiziさん
有毒成分を含むようです。
昔の人は何でもよく知っているのに驚きます。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-25 22:18
☆PochiPochiさん
タンポポの綿毛をPochiPochiさん風に描くのは確かに難しそうですね。
ぜひチャレンジして描いてほしいです。
原種アネモネも綿毛になるんですね?
私見たことないような気がします。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-25 22:27
☆yakoさん
これはもう「運んでもらう」しかないだろうと思ったんです(^^ゞ
私の育った辺りは原っぱも何もないような東京の下町だったので
ひっつき虫のオナモミも子どもの頃の思い出には出てこないので
羨ましいです。

「徒長」ね、何故風通しが必要かというと
>揺られていると植物ホルモンが分泌され茎の伸長を防ぐことができる
っていうところにびっくりでした。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-25 22:30
☆echalotelleさん
かっちゃん、ひっつき虫にひっつかれたらお母さんがまた大変!
タンポポの綿毛なら目立たないし、安心ですね(^^ゞ
Commented by fusk-en25 at 2018-04-26 10:04
うふふ。私も今日運んでもらいました。
自転車で5、5キロ。

森や公園の道にブルトーザが入ることがあるのですが。
そのあと必ず、違った園芸種に近い花が咲きます。
矢車草やケシ、アリッサムやノコギリソウ。
ところがその翌年は淘汰されてノコギリソウだけ残ったり。
植物って不思議だなとつくづく思います。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-26 17:22
☆fuskさん
はて? 
自転車だと自分で自分を運んだってことですかね(^^ゞ
自然の原っぱの移り変わりは面白いですね。
私の散歩道の原っぱも毎年様子が違います。
種子があちこちにばらまかれていくのかしらん。
Commented by moraisan at 2018-04-27 02:44
もうタンポポが綿毛なんですね。
こちらはちょうど花盛り、在来種はまだこれからといったところです。
オナモミの実、懐かしく拝見しました。子供の頃(北海道)、この実をぶつけ合って遊んだものでした。
気がつけばずいぶん長くこの草に逢っていません。メナモミの方はずいぶん見かけるのですが、すっかり忘れていました。
Commented at 2018-04-27 09:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-28 10:15
☆moraisanさん
こうして季節の歩みが少しずつ違うのを知らせていただく度に
南北に長い日本列島を思ってしまいます。
私は大した原っぱもない東京下町に育ちましたので
オナモミが子どもの頃の思い出とつながる方がとっても羨ましいです。
メナモミは知りませんでしたのでちょっと調べてみました。
関係のない植物どうしのようですが雌雄のような雰囲気、
名前を付けた人はなんてセンスの良い人なんだろうなんて思ってしまいました。
Commented by pallet-sorairo at 2018-04-28 10:16
☆鍵コメさん
了解です。
かえって、嬉しいです。
ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite