そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

4/27 鶴寝山・大マテイ山(新緑を行く)


私たち山仲間が「奥多摩の主」と呼んでいるHgさんと久しぶりにご一緒し、
美しい新緑の中を歩いてきました。

d0288144_11542868.jpg

行先はすっかりお任せで地図も見ず、ただただ新緑にうっとりしていたら
「ここは山の中を彷徨うような感じで道が付けられているんです」とHgさん。

ふかふかな山道とやわらかなみどりに囲まれた素敵な一日でした。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


奥多摩駅でHgさんの車にピックアップしていただいて
山藤の咲く奥多摩湖を通り過ぎ小菅の湯に向かいました。

d0288144_17105484.jpg

沢沿いの道を小さな草花を見たり撮ったりしながらゆるゆると進みます。

d0288144_17112336.jpg

沢を渡り返すとわさび田の脇を行くようになりますが、
大きな丸い緑の葉っぱの間から、白いわさびの花がちらちらと見えて涼し気です。

d0288144_11311085.jpg
<オオルリ♂>

盛んに鳴く鳥の声に高い梢を見上げて…
Hgさんが「オオルリがいるんだけど」と見つけてくれました(さすが!)。
   ※オオルリは♂しか鳴かないのと♀はまわりに紛れてしまう色をしているので
   ♀はつがいでいる時にしかなかなか目にすることができないとのこと(Hgさん談)。
   ※後日、こちらのブログで♀の写真を発見!→

d0288144_17115487.jpg

きょうはスミレを見るのも目的のひとつですが、
あちこちに咲くタチツボスミレはこんなに可愛いのに
いつもながらあんまり見向きされないのがちょっとお気の毒。

d0288144_11324096.jpg

きょうの周回の分岐となる道標の所では「松姫峠・牛ノ寝」への道を取りました。
「帰路はここへまた戻ってきます」という声を「ふ~ん」と思いながら聞いた覚えがありますが
なんだか朝からぼんやりよくわかっていない私。

おやっ、オトシブミ、どんなお手紙書いてあるんだろ。

d0288144_11334257.jpg

「ひとまず、大トチの木のところまで進みます」Hgさんから声がかかります。
それにしても落葉が凄いですね。
ところどころ、つま先が埋まってしまう場所もありますよ。
足を取られないように気を付けて行きましょう。

d0288144_11341176.jpg

落葉の中にスミレの葉2種類。
「左はシコクスミレ、右はヒナスミレ」「当たり!」
「葉っぱを見てスミレの種類を当てられるようになるとは!」「ははは」「うふふ」
静かな山の中に楽しい声が響きます。

d0288144_11414014.jpg
<大トチノキ>

大トチノキその1、その先右手に見えているのが大トチノキその2。
ああ、そう言えばここにはずいぶん前に松姫峠方面から下りてきたことがあるわ。
私の中でやっと地図上の位置が少しはっきりしてきました。

d0288144_20102442.jpg

大トチの木その2の下で小休止。
はなねこさんから葉っぱの形の紅葉まんじゅうが配られます。
ごちそうさま~。
あっ、きょうはHgさんとはなねこさんとゆきさんと私の4名のパーティで歩いています。

d0288144_11430853.jpg

今まで花の少ない山の中だったので、
まだつぼみのミツバツツジなどが出て来た時にはみんなで思わず歓声を上げてしまいました。
この木は何故かつぼみがいっぱいでしたが、全体的には花ももう終盤かな。
今年は本当に花の季節が早く進んでしまって私はまったく追いつけませんでした。

d0288144_11440853.jpg

地図上で道が交錯している場所。
一目では私にはどうなっているのやらさっぱりわかりません。
こういう場所には絵地図が欲しいなぁなんて思いますが
Hgさんは南面歩道をとって鶴根山に向かいました。
写真右にちらりと見えるメンバーが行く方向、私も遅れないように着いて行きます。

d0288144_11545814.jpg

いったい何種類の緑色があるんだろう、見たようには絶対撮れないのよね
と言いながらも、やっぱり何枚も写真を撮ってしまいます。

d0288144_11552827.jpg
<フモトスミレ>

足元には、こんなかわいい人たちが。
きょう一番たくさん咲いていたフモトスミレです。

d0288144_11581076.jpg
<富士山はどこ?@鶴寝山>

鶴寝山山頂のすぐ下でみなさんがアケボノスミレの専門的な同定などしているので
私はお先に山頂まで上がってしまいました。
「関東の富士見百景」という表示板に気づいてどこどこ?と見回すと
わっ、あれは? …雲っていて見えないと思っていた富士山ではないですか→
思わず「お~いお~い!」とみんなを呼んでしまいました。
富士山が見えると俄然テンションが上がってしまうワタクシであります。
ここで、富士山見ながらランチです。
眼福眼福。

d0288144_12000976.jpg

小休止後、大マテイ山へ向かって進むと目を引く立派なブナの樹があって
傍らにはこんな空洞になって切り倒されてしまったブナの樹が転がっているのでした。
雷にでもやられたんでしょうか、以前は二本仲良く立っていたのだそうですが。

d0288144_12003943.jpg

う~ん、まだいまいち自分の立ち位置が解っていないワタクシ。
こんなことでいいんでしょうか。
きょうはいいと思うんですけどね、たぶん(^^;

d0288144_12010942.jpg

???な私を察してか
「さっき歩いた道は、今来たこの道のほんの少し向こう側に付いていて
ここは山の中を彷徨うかのように道が付けられているんです」とHgさん。
私もその時「なんだか彷徨い歩いているみたいだなぁ」と思っていたんです。
しっかり地図を頭に入れて歩けば、
一人でも迷わず彷徨える(って、ヘン?)んですね、ここ。

d0288144_12085227.jpg
<大マテイ山>

ひと上りで着いた大マテイ山はまだ浅い新緑でした。
なんとも清々しく初々しい緑が目に沁みます。

d0288144_12103130.jpg
<大ダワ>

「あそこが大ダワできょうの終点かな」と示されたところに来て初めて
はっきりと自分がどこにいるのかがわかりました!
一昨年はなねこさんと一緒に牛ノ寝通りを歩いたときは
あの青い表示板の向こうからやって来て、
それから、小菅の湯に向かって右手へ下りって行ったんでした。

d0288144_12112367.jpg

「ああ、やっとわかったのね。」
ふと目をあげると
まだまだやわらかな緑のハウチワカエデが「あらあら」というように
私を見下ろしているのでした。

d0288144_12125834.jpg

モロクボ平へと向かう道の途中から朝来た道への急坂を下り終えて、
朝「またここへ戻る周回コースです」と言われた分岐に戻れば
あとは来た道を帰るだけ。
それにしてもここもずいぶんな急傾斜だったわねえなんて言いながら。

d0288144_12132307.jpg

朝オオルリを見た木ではまたオオルリがさえずっていました。
あら、青空も!
わさび田の脇を通って沢沿いに歩けばきょうの山歩ももうお終い。
私、一度歩いたことのある場所だったんですが、
なんだか初めて来たような気がした新鮮な一日でした。

一日中誰にも会わず貸し切りだった山の中。
ああ楽しかった。
すっかりお世話になってしまったHgさん、
ありがとうございました。


2018.04.27(金)鶴寝山(1369m)・大マテイ山(1409.2m) スミレの写真など撮りながら。
小菅の湯9:20-大トチノキ-<南面林道>-鶴寝山12:40-大マテイ山-大ダワ-小菅の湯16:30.


★この日ご一緒したみなさん
はなねこさん『はなねこ山』
ゆきさん『ぽつぽつ山レポ、ときどき休み、ところにより道草』


d0288144_15433630.jpg

この日見たもの/自分のためのメモ。

d0288144_15465562.jpgd0288144_15465895.jpgd0288144_15470783.jpgd0288144_15471130.jpgd0288144_15472296.jpgd0288144_15475701.jpgd0288144_15480298.jpgd0288144_15480559.jpg
ムラサキケマン、マルバスミレ、わさび、ミヤマハコベ、
イワタバコ(葉)、ハシリドコロ、サワハコベ、ウワバミソウ(ミズナ)
d0288144_15480807.jpgd0288144_15481849.jpgd0288144_09014772.jpgd0288144_15484507.jpgd0288144_15485673.jpgd0288144_15581391.jpgd0288144_15584366.jpgd0288144_16044458.jpg



コチャルメルソウ、ミツバコンロンソウ、シコクスミレ、落ちていた鳥の巣、
ミツバツチグリ、ニリンソウ、フイリフモトスミレ、ヒゲネワチガイソウ
d0288144_15591457.jpgd0288144_15594377.jpgd0288144_16001346.jpgd0288144_16004435.jpgd0288144_16011467.jpgd0288144_16280811.jpgd0288144_16024494.jpgd0288144_16031473.jpg
ユキザサ、カジカエデ、フモトスミレ、アケボノスミレ、
ハウチワカエデ、エイザンスミレ、イタヤカエデ(落花)、タチキランソウ
d0288144_16130804.jpg d0288144_16034466.jpgd0288144_16041421.jpgd0288144_16051499.jpgd0288144_16070255.jpgd0288144_15483294.jpgd0288144_16561093.jpgd0288144_16054463.jpg
わさび田、ヒナスミレ、アセビ、ウワミズザクラ、
ヒメウツギ、ヒトリシズカ、チドリノキ、ミヤマキケマン
d0288144_09485579.jpg
カジカエデ(葉)。

※スミレはフモトスミレが花盛りだった以外ほぼ終わり。
 山の中は花が終わった後の新緑の頃となる。


★写真はクリックで拡大します。
★花の名など間違いがありましたら教えていただけると嬉しいです。





by pallet-sorairo | 2018-05-02 08:41 | 山歩き2018 | Comments(20)
Commented by koruko-yuki at 2018-05-02 11:15
しっとりとした新緑の中、いい山歩きができたね。
お土産の「ガトーインヴィジブル」ごちそうさま。
コーヒーを淹れてゆったりした気分でいただきました。
この日のレポはね、写真選びもまだなの。
ひとり眺めてほくそ笑んで、それでおしまい(^^;
Commented by amanojakusan at 2018-05-02 15:47
小菅の湯から鶴寝山へのルートがいまいちわかりませんが、私が持つ
2004年の登山地図には載っていない道ですね。でもしっとりした好もしい
ルートですね。
Commented by echalotelles at 2018-05-02 18:35
新緑の中の登山、とっても気持ちよさそう~(*‘∀‘)
落ち葉を踏みしめる音も聞こえてきました。
オオルリの声も聞こえてきます~(^_-)-☆
あの素晴らしい富士山を見ながらのランチもおいしかったことでしょうね。
大トチノキ、立派ですね♪
Commented by fusk-en25 at 2018-05-02 20:50
どこにいるのかわからない。
ミステリアスの中で。。
ファンタジーの世界かな?
と指輪物語の中のような光景でした。。
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-02 22:56
☆ゆきさん
あの辺りは春秋の山歩きにはぴったりだなぁと思いました。
ガトーインビジブルは持ち歩いちゃダメだったなぁと反省。
少し冷やして食べるたほうが美味しいんだった(^^;
レポ、焦らずに書いてね、待ってます。
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-02 23:02
☆Mr.amanojakusan
小菅の湯から二股に道が出ていると思いますが
今回は車だったので左のしばらく林道を行く道(山沢)から入りました。
いずれにしても鶴寝山周辺は登山地図ではちょっとどうなってるのか分かりづらいです。
この辺り秋もとっても素敵なんですよ♪
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-02 23:05
☆echalotelleさん
落葉を踏みしめる音、オオルリの鳴き声、フランスまで届きましたか!
さすがに、富士山は見えなかったかしら(^^ゞ
大トチノキ、立派ですよね。
初めて見た時にびっくりしたこと思い出しました。
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-02 23:07
☆fuskさん
素敵なところでしょう?!
ほんとになんだか彷徨っている感じがしていたんです。
この辺りを熟知した方と一緒だったので
すっかりファンタジーの世界に浸っていたような気もします(^^ゞ
Commented by こんの at 2018-05-03 07:23 x

pallet-sorairoさんの世界を満喫!
楽しかった。ありがとうございます
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-05-03 09:22
おはようございます。

富士山がいつも見られるって、関東の人は羨ましいなぁ。
楽しい山歩でしたね♪
ところで”鶴寝山”って名前おもしろいですね。
何かいわれがあるのかな⁇

楽しいレポで一緒に歩いているようでした。
ありがとう。
Commented by daikatoti at 2018-05-03 10:54
ほんの少し自分も歩いた気になれました。眼福眼福^^
ほんとに何もかもが綺麗。
マイナスイオンがここまで伝わってきましたよ。
関東の山いいですねー。富士山のオマケまであって。
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-03 22:41
☆こんのさん
楽しんでくださって嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-03 22:45
☆PochiPochiさん
お天気よくなくて富士山が見えないとがっかりするって
考えてみれば、ずいぶん贅沢なことなんだなって思いました。
見たくても見れない場所のほうが多いですものね。
鶴寝山は地図を見て見ると
等高線が鶴を描いているようにも見えなくもないかも…かな(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-03 22:47
☆totiさん
新緑の山はほんとに奇麗です。
マイナスイオンお届けできて嬉しいです(^^ゞ
富士山、やっぱり特別な山だなぁと思います。
見えるととっても元気になります!
Commented by はなねこ at 2018-05-04 08:54 x
緑がきれいでしたね。
曇り空のしっとりも、帰り道のキラキラ緑も、いい感じでした。
ホント、ちゃんと見たように撮れたらいいんですけどね~

Hgさんとも久しぶりにお話できて、楽しかったですね。
おしかけ隊復活かな。隊長さん よろしくです。(^^)
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-05 09:24
☆はなねこさん
お誘いありがとう! とっても素敵な一日でした。
そうそう「朝顔」のお話し、意外でうふふでしたね。
お世話になるばかりなので隊長?失格でもう引退。
はなねこさんよろしくお願いいたしまする(^^ゞ
Commented by cyu2 at 2018-05-06 17:02 x
Hgさんとご一緒出来てよかったですね!
みなさんと一緒に歩いた日の事、思い出しながら拝見しました。
懐かしいなぁ~~
って懐かしむにはまだ早いですね(笑)
たくさんのお花たち、ちゃんと記録していてpalletさん、すごい!
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-06 21:25
☆cyu2さん
平日だったのでご一緒できなくて残念でした。
Hgさんとは本当に久し振りの山歩きでしたが私はすっかりお任せで
一日中ぼんやりと山の中を楽しませていただいちゃいました。
機会を見つけてcyu2さんもまた一緒に歩きましょうね(^^。
花の写真はあくまでもメモの記録写真なのです。
きれいな写真ははなねこさんのところで見てね(^^;
Commented by echalotelles at 2018-05-08 18:04
パレットさん、ボンジュール!
カジカエデ、これまた興味深い木ですね~(*‘∀‘)
花もおもしろい!!
ウィキで見てみたら、カジカエデは日本固有種だそうです。
こちらのセイヨウカジカエデとは全く別のもののようですね。
葉がカジノキの葉に似ているのでカジカエデという名前だそうですよ。
セイヨウカジカエデよりカジカエデの方が趣がありますね~
カジカエデもフライングシードがくるくると回って飛んでいくのでしょうね。
植物の話をするのって楽しいですね~(*´▽`*)
パレットさんのおかげで、セイヨウカジカエデに加えて、カジカエデのことも知ることができました!
メルシー・ボクー♪
ウィキにもたくさん写真が載っていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%87
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-08 22:29
☆echalotelleさん
カジカエデ、山で見たばっかりだったのでセイヨウカジカエデの記事にびっくりでした。
カジカエデは趣があるというかなんというか、不思議な花の付き方だなぁと思いました。
ちょっと遠かったので登山道を離れてだいぶ近くまで行ってみたんですが
いまいちはっきり見えなかったのが残念です。
セイヨウカジカエデはよくまとまって咲いてるなぁというのが第一印象でした。

>植物の話をするのって楽しいですね~(*´▽`*)
遠く海を隔てて、それぞれの場所で今見掛ける植物の話がこうしてできるなんて
ついこの間まで思っても見ませんでした。
夢のようですね(^^ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite