そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

大潮の日の谷津干潟


5月2日(水)GW中の平日、大潮の日
ウォーキングを兼ねて谷津干潟へ。

d0288144_18500542.jpg

期待したほどの鳥は見られなくて残念だったけれど
ハマシギが群れ飛ぶところだけでも見れたのでまっ、いいか。




d0288144_22253883.gif


南船橋駅を越えて、谷津干潟を見下ろせる場所まで来ると
「なんにもいないよぉ」と夫。
眼下には満々と潮をたたえる谷津干潟。

d0288144_18533524.jpg
<10:50>

だからぁ、言ったでしょ。
きょうの干潮は14時ごろだって。
午後から天気が下り坂だからって急かしたのはだぁれ?

d0288144_18542756.jpg

おや、鳥の替わりに遠足の小学生がいっぱいいるわよ。
可愛い小鳥さんたちと観察舎へ同時に入館、あらららら~。

d0288144_18545405.jpg
<チュウシャクシギ>

でも、観察舎のウィンドウ越しに真っ先に動くもの見つけたのはオット。
あら、すごい! やったね!
脇にいた人が「どこですか?」と尋ねてきました。
えっへん、教えてあげましょう(^^ゞ

d0288144_18545929.jpg

淡水池の水際にあやめがきれいに咲いていました。
いかにも5月の風景、爽やかです。

d0288144_18550368.jpg

おやっ、あそこで動いているのは蟹さんではないですか。
一部始終をじっと見ていると、器用に両手の鋏を使って草の葉を裂いています。
すごく面白くてちょっと立ち去り難かったほど。

d0288144_18551482.jpg
<観察舎を取り巻く葭原の葦/新旧交代の時期か>

観察舎を後にして干潟に沿った遊歩道を歩き始めると
ひらひら飛ぶ白いチョウを見かけました。
たぶん私は初見のウスバシロチョウだったかと。
写真を撮れなかったのが残念です。

d0288144_18552003.jpg

おや、遠くで泳いでいるあれはカンムリカイツブリではないですか。
何度も潜水を繰り返していましたよ。

d0288144_18553098.jpg
<11:49>

だいぶ潮が引き始めましたね。
「潮の引いた干潟で何か動くものがいる。ハマシギかも」と双眼鏡を覗く夫。

d0288144_18553669.jpg

わっ、一斉に飛び立ちました。
数は少ないけれど
ハマシギが腹や背を光に反射させながら群れ飛ぶ様はなかなかに見事です。

d0288144_18554334.jpg
<ハマシギ>

d0288144_18560279.jpg
<11:58>

潮が引き出してだんだんに水脈が見え始めた谷津干潟。
こんな光景はなにかしらロマンチックな感じがしてしばし見とれてしまいます。

d0288144_18561039.jpg
<コチドリ>

割と近くにいたので、ズームだとほかの鳥に比べてすごく大きく見えてしまいますね。
でも、全長16cmくらいです。
なんてったってチドリですから(^^ゞ
ちなみに、ハマシギは21cm、チュウシャクシギは42cmくらいだそうです。

d0288144_22120819.jpg

なにか貝のようなカニのような獲物をゲットしたチュウシャクシギ。
くわえては落して突くことを何度も繰り返した後で
ごっくんと呑み込んだように見えましたが、はて?

d0288144_22133712.jpg

カップリングが成功したみたいだったダイサギ。
2羽で戯れるようにして飛び回っていました。

d0288144_14175249.jpg
<塩田(明治時代中期~大正時代初め)跡/後の谷津遊園地跡>

いつもセイタカシギのいる塩田跡近くの水辺へ来てみましたが
きょうは一羽も姿が見えません。
あのセイタカシギたちはここに居付いてしまっているとのことなんだけれど
満ち潮の時はどこに隠れてるんでしょう。

さて、きょうはこの辺で帰りましょう。
ちょっとお腹もすいちゃったし(^^ゞ
これから京成電鉄の谷津駅へ出て電車で帰ります。
では~。




by pallet-sorairo | 2018-05-06 09:15 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(16)
Commented by unburro at 2018-05-06 11:11
ご夫妻でバードウォッチング、素敵ですね〜

「ひき潮」って、映画がありますね。
内容はすっかり忘れてしまいましたが、カトリーヌ・ドヌーブとマルチェロ・マストロヤンニの美しさは印象に残っています。
palletさんご夫妻も、きっとお洒落なカップルなんだろうなぁ〜と
勝手に妄想しています。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-05-06 12:55
ふふふ、頂いたコメントの言葉をそっくりそのままお返し
したい気持ちです。

〉ぴったり息の合ったご夫婦だなぁと、
折に触れ羨ましく思っております。

いいお出かけでしたね。
バードウォッチングも楽しいだろうなぁと。
山や海、自然の中で過ごすのは気持ちがいいですね。
それにしても山野草だけでなく鳥の名前もよく知ってられますね!
Commented by mimi-74 at 2018-05-06 13:48
こんばんは。
図鑑でしか見たことのないカンムリカイツブリが浮いているところが見られて嬉しかった!!
最近チュウシャクシギの姿が見えない と思ったら・・・お宅の方へ遊びに行ったのですねぇ~
コチドリの首に白い線を一本加えたら、ここに居るフタオビチドリになりますね。コチドリの鳴き声って どんなでしょう。
Commented by tsunojirushi at 2018-05-06 15:39
写真が皆、素晴らしいです。
海、干潟、薄曇りの空…もともと好きな世界ですが、切り取られ方が素敵で見惚れました。行ってみたいです。
蟹さんは、草を割いて何をしていたのでしょうね。わたしもきっと、延々と観察すると思います(笑)
Commented by fusk-en25 at 2018-05-06 18:07
11・58の塩が引き出す光景。。素敵ですね。
雄大でありながらも繊細な。。

鳥が飛び立つ時の勢いのいい。。風も巻き起こしそうな光景。
写したいなあとベランダから眺める時もあるのですが。。
どうして鳥はあんなに早く飛ぶのでしょう?
Commented by yukimama0202 at 2018-05-06 19:16

パレットさんはよくまぁー
色んな写真が撮れる人ですね~
蟹も何作ってたんだろうね^^

コチドリって可愛いですね!見たことのない鳥ばかりです
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-06 20:52
☆unburroさん
うふふ、妄想ならいくらでもなさってくださいまし!
結果、
unburroさんには絶対お会いできないですね、あらら(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-06 20:56
☆PochiPochiさん
あはは、やられた!
バードウォッチングは最近はまり始めたんですが
これもなかなか楽しいです。
ハードな動きもあまりないので年齢重ねても楽しめるかなぁ
なんてこともあって(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-06 21:01
☆mimiさん
カンムリカイツブリは今年何回か見かけたので、
よくわかるようになりました。
おやあのチュウシャクシギはカリフォルニアからやって来たんだったかしら(^^ゞ
mimiさんのところでよく見かけるフタオビチドリは見たことないのです。
鳴き声は…後で調べてみますね。
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-06 21:06
☆tsunojirushiさん
ありがとうございます。
コンデジでぱぱっと撮っているのであまりきれいではありませんが
褒めていただけると嬉しいです(^^。
谷津干潟、近くにバラ園もあるのでぜひ。
tsunojirushiさんに気に入ってもらえそうなこんなカフェもありますよ。
→ https://sorairo02.exblog.jp/23098893/
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-06 21:11
☆fuskさん
私も引き潮が作り出すこの光景大好きなんです。
いつも、こんな時間に巡り合うとついつい見とれてしまいます。
水鳥は水辺でちょこちょこしていることが多いので
山の鳥に比べるとずっと撮りやすいのですよ。
で、私でも撮れるっていうわけです(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-06 21:15
☆yukimamaさん
いろんな写真が撮れるっていうか
見るものみんな手当たり次第に撮ってるので(^^ゞ
コチドリ、目の周りがおちゃめで可愛いでしょ。
蟹はたぶん葉っぱについている虫か何かを食べてたんじゃないかなぁ
って思ってますが、はて。
Commented by saheizi-inokori at 2018-05-06 22:17
子供の頃、学校で連れて行ってくれたデイズニーかなにかの自然観察ドキュメント映画を思い出しました。
Commented by echalotelles at 2018-05-07 04:54
干潟っていいものですね~
パレットさんの写真を見て改めてそう思いました。^^
普段すっかり忘れているロマンチックという言葉もいい響きだな~と
まるで映画を見ているような気分になりました♪
干潟には、嘴の長い鳥が多いのかな~。鳥も潮干狩りですね!

↓刺繍のツバメ!我が家の窓辺にやってくるツバメにそっくりです。^^
とってもおしゃべりで、一日中鳴いています。そして、ひゅ~ってこの刺繍のツバメのように飛んでいきます♪
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-07 09:32
☆saheiziさん
何かの拍子のふっと昔のこと思い出しますよね。
私もそんな映画見たことあるような気がしてきました(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-07 09:40
☆echalotelleさん
ちょっと足を延ばすウォーキングにちょうど良い場所にあるので
谷津干潟にはよく行くのですが(観察舎の年間パスポート持ってます(^^ゞ)
そう言われてみれば、この干潟自体が魅力的なんでした。
潮の引いて行く様子は見ていて見飽きません。
そうそう、嘴の長い鳥が砂に嘴を突っ込んでいるところも面白いです。
ダイシャクシギとか大ソリハシシギなんてとっても長い嘴を持っているんですよ。
↓ツバメ、合格かしら?! 嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite