そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

小学生、稲を刈る


続・9月19日水曜日。

気持ちの良いお天気に昆活などして遊びながらの散歩を切り上げての帰り道。
車道の向こうの風車のある場所に赤い帽子がたくさん動いています。
なんだろう。

d0288144_08512378.jpg

カメラでズームしてみます。
おやっ、稲が干してある?
あっ、あそこには確かY小学校のたんぼがあったはず。

d0288144_21545909.jpg

小学生の稲刈りだ! と、大急ぎで道路を回り込んで近づいて行くと
子どもたちはちょうど稲刈りを終えて集合しているところのようでした。
あ~あ、稲刈り風景見たかったなぁ、とっても残念。
きっと春には田植えもしたんでしょうね。
いい経験してますね子どもたち、羨ましいです。

d0288144_22230391.jpg

なんだか去りがたくて、
田んぼの脇に最近できたビオトープのような小さな水辺でトンボの写真など撮っていたら
この稲刈りのお手伝いをしたらしい男性がお二人いらしたのでちょっとおしゃべり。
思っていたとおり、風車のある場所のお世話をしているボランティアの方たちでした。
この小さな池もトンボやチョウを呼びたくて水の出入りを工夫して作ったのだそうです。
お互い山好きなこともわかって意気投合…私は帰宅がますます遅くなります(^^ゞ

d0288144_21550447.jpg

そうこうするうちに子どもたちは学校へ帰る時間になったようです。
それでは私もお暇をば。
離れたところで見ていたら、子どもたち一列に並んで礼儀正しく
お手伝いくださった方たちにご挨拶しながら帰って行く様子、うん、なかなかよろしい。

d0288144_21551065.jpg

そうそう、これがその小さな池。
真っ赤なトンボや、緑と青の胴体の大きなトンボがたくさん飛び交っていました。
池の淵に生えているひと固まりのガマには
鶏卵ほどの大きなカマキリの卵も産み付けられていていましたよ。
あんな大きな卵からはどれだけたくさんの子どもが生まれてくるんでしょ。
ちょっと見てみたい気もしますが…と楽しみな場所がまた増えました(^^;

ああ楽しかったと家に帰ったら、もうお昼近い時間なのでした。
あらら。






※同じ場所、今年のお正月


今朝はしとしと雨が降っています。
半袖Tシャツでは寒いです、
家の中でもカーディガンでも羽織らないと
うっかり風邪を引きそう。
アブナイアブナイ。





by pallet-sorairo | 2018-09-21 07:58 | 散歩道 | Comments(12)
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-09-21 08:42
pallet さんらしさ全開!
こんな”横道散歩“、楽しいのよねぇ。
お昼近い帰宅。いいじゃないの、時間はたっぷり(?)。

小学生の稲刈り体験や、山好きのボランティアの方とも知り合いになれたし、その上小さな池まで教えてもらえた。
いい事づくし♪
嬉しくなるような記事をありがとう。
Commented by fusk-en25 at 2018-09-21 10:04
楽しんでますね。
稲刈り私も見たかったな。。

そういえば昨日息子が南仏に仕事に行って
行き先のカマルグで稲の穂がたわわに垂れている写真を
送ってきました。懐かしい光景でした。
Commented by saheizi-inokori at 2018-09-21 10:56
人生フルーツがここにもいた。
フルーツの種かな。
Commented by slow33jp at 2018-09-21 15:00
私は茶処の生まれ。
中学校の遠足が1回だけ茶摘み。
茶摘みの経験など無いから教えてもらっても良く分からずポイポイと摘んでは袋に投げ入れた!
あれからうん十年どの山に登っても海は見えないという詩を友人が書いた町から
今は東京の雑踏の中で暮らしてる…
Commented by tsunojirushi at 2018-09-21 18:05
佳き出会いだなあ。
とれたお米は脱穀や精米もやるのかな、いい勉強ですよね。
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-21 20:54
☆PochiPochiさん
寄り道は楽しいです。
でも、この日はこちらから歩いて行けばよかった!
そしたら稲刈り見れたのにって思います(^^ゞ
ほんとに一粒で何度も美味しい散歩でした。
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-21 20:59
☆fuskさん
ヨーロッパで見かけるのは小麦畑がほとんどですものね。
懐かしい頭を垂れた稲穂、
もうちょっと早かったら子どもたちの稲刈り風景を
fuskさんにお見せできたのにと思うと余計に残念です。
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-21 21:00
☆saheiziさん
このボランティアの方たちは
名実ともに「種まく人」と言うことになりますね(^^。
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-21 21:03
☆カフカフカさん
茶摘みはちょっと技術がいりそうですね。
中学生がぽいぽいするのもわかるような気がします(^^ゞ
茶処とは静岡ですか?
で、海が見えないとなると南アルプス山麓だったりして?!
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-21 21:06
☆tsunojirushiさん
佳き出会いでした。
脱穀や精米、
どこかに子どもたち全員で経験できる場所があるといいですが。
Commented by れれちゃん at 2018-09-22 06:59 x
そっかぁ、Y小学校の田んぼだったの~知らなかったです。
確か、K谷津のK小・中学校が先駆けだったような?稲作体験ね。
食育だったり…学びの場として、最後は給食に出るってイイですよね(結局そっちか^^;)
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-22 08:32
☆れれちゃんさん
どなたかから借り上げているんでしょうね。
あの風車のある場所もボランティアの皆さんが借りているんだと思うんですが
いつまでも残って欲しいです。
たぶん、給食で食べるんじゃないでしょうか、格別おいしいだろうな(^^v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite