そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

脱穀してますよ


10月3日水曜日。
いつものごとく散歩道を大手を振って(^^;歩いていると
前からやって来たご婦人から「向こうで子どもたちが脱穀してますよ」と声をかけられました。
「はぁ、なんで私にそのことを??」と聞けば、「カメラ持ってらっしゃるから」ですって。
「あら、それはありがとうございます。知らずにいて撮り損ねるところでした!」

d0288144_15180423.jpg

大急ぎでぐるりと大回りして田んぼへとUターン。
あっ、いたいた間に合った。

d0288144_15310939.jpg

稲架(はざ)から乾いた稲の穂束を下ろして
脱穀機の列に並んでいる子。

d0288144_15313860.jpg

順番が来て、
ボランティアのおじさんに渡して脱穀してもらっている子。

d0288144_15304435.jpg

脱穀が済んだら稲をまとめて藁束を作るみたいです。

d0288144_22094041.jpg

出来上がったら藁束をここへ運んで、と。

d0288144_15320438.jpg

昔なら?鬼ごっことか始めてしまう子もいそうなのに
みんな、稲架が空っぽになるまで何度も列に並び直したり、
自分の持ち場の仕事をしっかりこなしているのでした。

d0288144_21072419.jpg

脱穀が終わりに近づくとボランティアのおじさんたちが空になった稲架を解体し始め、
列に並ばない子たち何人かでその丸太を(楽しそうに!)担いでてきぱきと片付けも。
いやはや、みんななんていい子たちなんでしょ。
田んぼはいつの間にかすっかりきれいになっているのでした。

自分たちで作ったお米は近いうちに給食に出るのかしら。
さぞかし、美味しいご飯になることでしょうね!
楽しみ楽しみ(^^。







by pallet-sorairo | 2018-10-11 07:58 | 散歩道 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2018-10-11 09:34
私の小学校のときはみんなで収穫したコメで家庭科の時間に五目御飯を作り、謝恩会に出したような気がします。
Commented by echalotelles at 2018-10-11 19:48
私は子どもの頃、幼稚園でお芋掘りぐらいしかしたことがなかったです。
いいな~、稲を育てながら季節を感じられる子どもたち!
お米がどうやって食卓まで届くのかとか、脱穀機の仕組みとか、子どもたちもいろいろ楽しく理解できますね。(*‘∀‘)
Commented by pallet-sorairo at 2018-10-11 20:39
☆saheiziさん
あっ、そうですね。
自分たちで調理して食べるまでやって全体の流れが完結しますものね。
給食じゃなくて、家庭科だったか(^^ゞ
Commented by pallet-sorairo at 2018-10-11 20:47
☆echalotelleさん
学校の近辺にこんなところがあって子どもたち幸せですよね。
で、幼稚園でお芋掘りで思い出したことがあります!
捨ててもいいような靴下持たせてくださいと言われて、
私はてっきり掘ったお芋を入れる袋にするのだろうと片方だけ持たせたら
土が入らないように運動靴の上からそれを履いて畑に入ったということでした。
今でも笑っちゃう失敗談です(^^ゞ
Commented by fusk-en25 at 2018-10-12 08:24
このお米の試食会なんてないのかしら?と。
父兄でもボランティアでもない私に
試食はさせてもらえそうにはありませんが。

稲わら欲しいなあ。。灰汁を作りたい。。
そんなことばかり考えてしまいました。
でもこの稲わらどうするのでしょうね。堆肥になるのかな?

でも本当にいい子達ですね。
Commented by pallet-sorairo at 2018-10-12 08:54
☆fuskさん
私も見学者(記録者?!)として
ちょこっとお相伴させてほしいなと思いました(^^ゞ
稲藁はここ(風車のある場所)の農作業に使うのかもしれません。
灰汁を作るには燃やす場所もいるから、まぁ無理っぽいですよ(^^ゞ;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite