そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

「お帰りなさい」と三日月が


1月8日(火)旧暦12月3日。
90歳の義母がわが家から一時間ほど離れた旧宅で一人暮らしをしている。
未だにご近所のお友だちとグランドゴルフなどして元気にしてはいるのだが、
最近とみに物忘れが目立つようになってきた。
日常生活のこまごまとしたことは身に着いた生活リズムで割合スムーズにできても
ときどきしかない予定などをうまくコントロールできなくなってしまったのは
歳相応の現象だと思うもののやはり心配だ。

d0288144_22443596.jpg

そんな義母にデイサービスを受けてみたらと勧めて、いくつかの事業所を見学に行ったのが昨年末。
きょうは介護認定の為の面接にケアマネさんが来るというので、私たちも義母宅へ出向いていた。
ひとり息子である夫は毎日朝晩の電話を欠かさず、
毎週一度義母宅へ行きゴミ出しなどこまごまとしたサポートをしているのだが(嫁は何をしておるか(>_<))、
そろそろ受けられるサービスを検討してみたほうがよさそうだと言うことになったのだ。

d0288144_08473573.jpg

これまでは勧めても少し抵抗感があって断っていた義母も、
見学をした事業所の雰囲気を気に入って、今回はすんなりと事が運んだので私たちもほっとした。
小一時間の面接も終わり、義母宅の冷蔵庫の中身など整理して家へ戻るとちょうど18時だった。
マンションのエレベーターを降りると
西の空に細い三日月が「お帰りなさい」と言うかのように美しい横顔を見せていた。
明日もよいお天気の一日になりそうだ。



by pallet-sorairo | 2019-01-09 08:42 | 空の色 | Comments(12)
Commented by saheizi-inokori at 2019-01-09 09:35
一回り以上も年下なのに、似たような困ったことがときどき起きて、ふとどうしようもない不安にかられることもあります。
ま、ゴミ出しやトイレ掃除などができているからまだ大丈夫だ、と自分を励ますのです。
いい嫁さんがいて幸せ長寿のお母さん、ことしは暖かくていいね。
Commented by fusk-en25 at 2019-01-09 09:55
お姑様も一人暮らしだから。。お元気なんでしょうね。
緊張することがより人間らしく暮らせて。。

私も一人暮らしをせいぜい楽しんで長くやりたいとは思っています。
体が動けなくなったら介護には色々な方法はあると息子は言いました。。
頭の方が動かなくなったら?と私が言うと。。
それは困るなあと笑いました。

Commented by unburro at 2019-01-09 10:36
1時間ほどの距離、ってちょうどいいですね。
近すぎないし、遠くもない。
朝夕の電話と週1の訪問も、良い息子のお手本ですね。
嫁はそのサポートで、充分だと思います。
全面的全力サポートは、遅いほど良いです、ゼッタイ!

ケアマネさんと出会う事、介護認定が、公的介護のスタートですね。
デイサービスうまく行くといいですね♪

昨日、『長いお別れ』(中島京子)を読了し、しみじみしていたところです。私の知らなかった色々な在宅介護サービス(24時間緊急対応…とか)の事も書かれていて、勉強になりました。
Commented by mother-of-pearl at 2019-01-09 11:55
お義母さまと私の母はほぼ同年齢。
我が家の場合は一足早く末の妹一家と住み始めましたが、デイケアサービスは全く新しい土地で外出することが無くなった母には有難いサービスです。(妹の為にも)
ご夫婦でひと安心の帰り道を照らす優しい月の光だったのですね。
私もほぼ同じ頃、少し前に沈んだ夕陽を眺めていました。
Commented by daikatoti at 2019-01-09 17:11
綺麗な夜景!
なんだかビーズに見えてしまうぞ。
Commented by pallet-sorairo at 2019-01-09 20:28
☆saheiziさん
さらっと書いたつもりでも「老い」はやっぱり重たいテーマですね。
日々近づいているものとしては特に。
それは義母のことでもあり自分たちのことでもあり。
先のことは誰にも分らないから、
私もまた自分を励ましながらできるだけ明るく生(行)きようと思っています。
Commented by pallet-sorairo at 2019-01-09 20:32
☆fuskさん
自分でやっているから、しっかりしてるんだと
自分でも言っている義母ですが
90歳を迎えてこのかた急激にできないことが増えて来たようで、
考えどころだろうかと家族で話しているところです。

Commented by pallet-sorairo at 2019-01-09 20:37
☆unburroさん
まさに渦中にあるunburroさんのおっしゃることはみんな胸にすとんと落ちます。
>全面的全力サポートは、遅いほど良いです、ゼッタイ!
私もそういうスタンスで遠巻きに見ていましたが
そろそろその「遅いほど」の時期かと思うのです。
またいろいろアドバイスお願いいたします。
『長いお別れ』、図書館に予約しました。
ありがとう。
Commented by pallet-sorairo at 2019-01-09 20:42
☆mother‐of‐pearlさん
お母さま、妹さん家族と同居なさって幸せですね。
昔の大家族のように家族と同居していればさほど問題のない物忘れなども
一人暮らしにはなかなかの難問です。
昨日は一安心というより新たな課題を持って帰ったような気持だった
と言った方がいいかもしれません。
Commented by pallet-sorairo at 2019-01-09 20:44
☆totiさん
ほんと、totiさんのブーム、
ビーズのアクセサリーをたくさん飾ったみたいですね(^^!
Commented by PochiPochi-2-s at 2019-01-10 09:14
昨夜コメントをと思っていたらエキサイトが使えず今になりました。

今の家に来てから20年余たちますが、当時70歳前後だった周りの
人たちも90歳を越すようになり、最近はいろんなことを聞いたり、
見たりです。一人暮らし、あるいは夫婦2人だけの人たちが多く、
大抵は娘や息子が来て世話をしています。ほぼ毎日の人や週1の人等
様々ですが、この問題は難しいですね。

ただ一人暮らしの人がデイケアーを利用する場合、そのデイケアーに行く日の曜日だけは絶対に忘れないことが大事かと思います。当事者の予想外の判断がなされ、ええっということになってしまいがちです。
ご主人がお母さんに朝夕電話をかけられるのなら、その時に一言「今日はデイケアーですよ」という言葉を添えてあげればいいかなと。
Commented by pallet-sorairo at 2019-01-10 09:30
☆PochiPochiさん
ご心配ありがとう。
当日朝に確認の電話を入れることは事業所の方に伝えてあるんですが
それでも忘れていていたらどうなるんでしょうと聞くと
迎えに行ったらそうだったというケースはいっぱいあるので、
お仕度できるまで待ってますから大丈夫ですよと言われました。
根気のいるお仕事だなぁと頭が下がる思いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite