そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

ベランダー


4月20日(金)二十四節気「穀雨」。
手元の本には「山野が植物の緑一色に輝く時期の始まりです」とある。
朝から穏やかに晴れあがって気持ちよい日だ。

d0288144_12314303.jpg

何故かいつもよりちょっと早く目が覚めたので、
午前中は「ベランダー(狭いベランダで植木鉢いじり(^^ゞ)」などして過ごす。

d0288144_12285669.jpg

ほらほら、冬の間目を楽しませてくれたビオラが間延びして伸び(徒長)てしまってる。
もう終盤なのでこんなふうになっているのだろうと思っていたが
はて?とちょっと調べてみたらこんな記事を見つけた→
ふうむ、風通しを良くしてあげなくてはならないのはそういうことっだったのか。
で、差し当たりだらしなくぶら下がってる部分をカットしてガラス瓶に入れて見たってわけ。

d0288144_16085726.jpg

そうそう、2月に選定したオリーブのその後をお知らせしておこう。
我が家には nevadillo blanco と koroneiki という二種類が植えてあるんだけれど、
両方ともすべての枝にこんな新芽がびっしり!
ふふふ、今年はいくつ実がなるかな、楽しみ楽しみ。

d0288144_12475137.jpg

ベランダーの楽しみと言えば、こんなものもあったんだった。
毎年GWに蒔いていたのを思い出した。
そろそろプランターの土づくりも算段しておかなければ。

それにしても、
一年経つのって、なんでこんなに早いの???!




# by pallet-sorairo | 2018-04-21 08:44 | 街暮らし | Comments(12)

続・はるちゃんのスモック


何枚あっても良さそうなので
はるちゃんが保育園で着るスモックをまた作ってみました。
生地を買いに行くといろいろなプリントがあり過ぎて選ぶのに迷いに迷いますが
楽しいんですね、これが。

d0288144_16443767.jpg

基本は前回のものと同じパターンですが、丈を多少短くしてあります。
下のマリメッコ調のプリントのほうは
襟元のゴムを通す部分を変えて、フリルが出るようにしてみました。
前回同様、ポケットの丸みを出すのにてこずりましたが
ポケットがあることで前後が分かりやすくなることに気づいて
面倒なポケット付けも省けないことがわかりました(^^ゞ

d0288144_16505183.jpg

なんとか縫い上げて郵便で届けたら、
さっそくスモックを着たはるちゃんの写真が届きました。
襟ぐりはどのくらい縮めていいのかわからないので仮結びにしておいたのですが
着た写真を見るともう少し縮めてもいいくらいです。

子どもって思ったよりずっと大きいと思っても案外小さくて、
まだまだ大人がしっかり守ってやらなければならない存在なんだなぁ
なんて、改めて思ってしまったワタクシでした。
(2018.04.04.)




# by pallet-sorairo | 2018-04-19 08:16 | ちくちく針仕事 | Comments(12)

4/10 スミレ山歩(小下沢林道~景信山~高尾山)


いつもの場所に、いつものように咲いていたニオイタチツボスミレにご挨拶。
「こんにちは、今年もまたここで会いましたね(^^ゞ」
「あら、こんにちは。 きょうはおひとり?」

d0288144_08470935.jpg
<ニオイタチツボスミレ>

「そうなの。今年は用事でいつものスミレオフ会に来れなかったの。
 で、きょうひとりで来てみたってわけ」
「なるほどね。今年はみんな咲くのが早かったので、
 あんまり咲き残ってないかもしれないけれど楽しんで行ってね」
「ありがとう」。


More
# by pallet-sorairo | 2018-04-17 10:17 | 山歩き2018 | Comments(22)

ポテトグラタン


ケーキを焼こうと思って買っておいた生クリームの賞味期限が切れてしまいました。
あらら。
これからケーキを焼くのも面倒だし…
そうだ、新じゃがが美味しいのでお昼ご飯はポテトグラタンにしよう。

d0288144_14455985.jpg

栗原はるみさんのレシピ、
ホワイトソースではなく生クリームをかけて焼くだけの簡単グラタンです。
簡単なので目分量で(^^ゞ
レンチンしたジャガイモ、二つ割りして4・5cmに切った長ネギ、ちぎったアンチョビ、に
生クリームをかけまわし、とろけるチーズを乗せて200~250℃のオーブンで20~25分。
はい、出来上がり。

d0288144_14401964.jpg

我が家にはアンチョビなんかなかったのでオイルサーディンをちぎって入れました。
アンチョビとオイルサーディンは別物だということですが→
オイルサーディンは塩気がないので、塩分控えめ推奨されている私にはむしろそれで全然OK。
長ネギと生クリームがいい味出しています。
これ、子どものおやつにもいいなぁと食べるたびに思います。
他日、半端に残った(いつも残り物(^^;)生ハムでやってみましたが
これも美味しかったです。

d0288144_15205916.jpg

栗原さんレシピの材料(4人分)。

じゃがいも4個、
アンチョビー3枚、
ねぎ2本、
おろしチーズ100g、
生クリーム1カップ。

4人分を一つの容器で一度に作るときには
じゃがいも、アンチョビ、ネギ、生クリームを
繰り返して3段くらいにしてからチーズを乗せます。







# by pallet-sorairo | 2018-04-15 09:34 | 口福 | Comments(11)

スプリングエフェメラルの蝶 etc


スプリングエフェメラル(春の儚いいのち)と呼ばれる
早春の短い期間にだけ現れるものたち。

ひとり沢沿いの道を歩いている私の周りを
時おりひらひらと横切るのはもしや…。
動いてゆく先を目で追いながら
止まってくれるのを息をひそめてじっと待つ。

d0288144_23575095.jpg
<スギタニルリシジミ>

しかし、
止まったところを目撃したはずなのに周囲のあれこれに混じり合って
視線をちょっと外しただけですぐにどこにいるのかわからなくなってしまう。

d0288144_23535401.jpg

あっ、
ふたたび飛び立ったチョウはまたすぐそばの岩の上に止まって
ゆ~っくりと翅を開こうとしている。
これは、スプリングエフェメラルのチョウ、スギタニルリシジミではないだろうか。
だとすれば、このチョウが翅を開くところはなかなか見られないと
どこかで読んだような気がする

d0288144_23532578.jpg

山道を進むことも忘れてじっと見入ってしまう。
と、どこからかもう一頭(匹)が現れ二頭でスクランブルを始めた後で
仲良くまた地上に降り立った。

d0288144_23544022.jpg

なにか揉めているようだ?

d0288144_00115965.jpg

むむ、この写真ならスギタニルリシジミの裏翅の模様がわかるだろうか。

d0288144_23582009.jpg
<ミヤマセセリ♂>

同じくスプリングエフェメラルのチョウ、ミヤマセセリ♂
それにしても小さな生き物たちは一見しただけではわからないほど
上手に身を隠す術を持っているものだとただただ感心してしまう。


バスを降り、林道へ入ってすぐについ先日知ったばかりの→
スプリングエフェメラルのチョウ、ツマキチョウも見かけたのだけれど、
何せ動きが早くて写真に撮ることができなかった。
ベテランでも撮るのに一苦労とあっては、
俄かチョウ・ウォッチャーに撮れるはずがないのは当然なのだけれども。

d0288144_23592124.jpg
<トラフシジミ>

スプリングエフェメラルのチョウではないようだけれど、
私は(たぶん)初見のトラフシジミ。
虎のような縞模様とあっては忘れようのないネーミングだ。

d0288144_23585001.jpg
<ムラサキシジミ>

広げた翅の色が美しいムラサキシジミ。
ムラサキシジミは成虫で越冬するということなので
なるほど、この個体も後翅がだいぶ傷んでいるように見える。
しかし、陽の光に映えてなんと美しい紫であることか。

d0288144_23595151.jpg
<アカタテハ>

アカタテハも成虫越冬とのこと、
この個体は傷みもなく無事に冬を越せたようだ。

d0288144_00002014.jpg

閉じたときに見える裏翅が
なかなかに複雑で美しい模様なのが見て取れる。
温かな日差しに気持ちよさそうにゆっくりと翅を開いたり閉じたりしている様子が
とても印象的だった。

d0288144_00021785.jpg
<テングチョウ>

この春、何度も目にしているので
「なんだ、またテングか」なんて見向きもしなかったのだが、
やっぱり一枚くらい撮ってあげようと撮った一枚。
テングのような鼻先?がよく見えなくて失敗だったかも。

(2018.04.10(火) @木下沢林道、@ザリクボ)


さてさて、きょうはスミレを見にやって来たのだったが、
ことほど左様になかなか前へ進まない(^^ゞ

★この日の山レポは(こちら)から。
※チョウの名前など間違いがありましたら教えていただけると嬉しいです。
★写真はクリックで拡大します。





# by pallet-sorairo | 2018-04-13 08:52 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(14)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite