そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:口福( 64 )

塩のこと


昨日のブログ
「この甕の何が素晴らしいかと言えば/ちょこんと蓋しておくだけなのに/
 塩が全然湿気ないこと。/いつもサラサラしているのがとっても不思議です。」
と書いてしまったのですが、
記事をアップしてから、もしかして、塩によるのかもしれないと思い始めていたのです。
同じように思う方は当然いらして「あら塩でも湿気ないのかなあ。どんな塩をお使いですか」
とのコメントを頂きました。
間違ったことを書いてしまったとしたら責任重大だなぁと思いながらも
そのお返事にはならないかもしれませんが、
差し当たり、いま我が家にある塩を並べてみました。


①赤穂の「天鹽」(しおの字がちょっと違いますが(^^;)
d0288144_21385564.jpgd0288144_21392415.jpg

ずっと長いこと煮物などいつものお料理に使っているのはこれ、にがりを含んだあら塩です。
袋には「江戸時代から続く塩の食文化の伝承云々」とあります。
ふり塩には同じ「天鹽」の焼き塩を使っていました。


②インカの塩
d0288144_23025444.jpgd0288144_00021065.jpg

いま、例の甕に入っているのはこの塩。
2012年に訪ねた南米ペルーのクスコの市場で買ってきたものです。
もとは岩塩らしく?粒がほんの少々荒いですがさらっとしています。
そして、すごく美味しい!
焼き魚や冷しトマトや枝豆やサラダ…のふり塩に使っています(^^ゞ
たぶんこの塩 ↓ と同じ種類の塩だと思います。
③スロヴェニアの塩
d0288144_08050661.jpgd0288144_21405712.jpgd0288144_21412725.jpg

昨年訪ねたスロヴェニアのシュコツィアン鍾乳洞 の売店に売っていたもの。
ご一緒したメンバーのご婦人方が「塩・塩・塩はどこ」と探していたので
私も真似っこして訳も分からず買ってきました。
くっついているタグの地図を見ると、これはアドリア海の塩かもしれません。
これも未開封です。
あれっ、写真は海辺と言う感じでもないなぁ…各国語のタグの文章が?なのでなんともはや(^^;



➃ローズソルト
d0288144_21415627.jpgd0288144_21422768.jpg

つい最近のいただきもの。
袋に「アンデスの台地が生んだ岩塩を、ローズピンクのパウダーに仕上げました。」
とあります。
↑のインカの塩もかすかにピンクがかっていますから、
粉にするとこんな風にピンク色になるのでしょう。
これも未開封。


なになに? 
ローズソルトの袋には
「本商品は吸湿性が高く固まる場合があります」と書かれていますよ。
…そうだ!
これを例の甕に入れてみてどうなるかをみてみたらいいんじゃない?!
固まらなかったらすごいなぁ…とちょっとばかり期待しちゃったりもして(^^ゞ

では、実験の結果はまた後日。


その他参考にしたサイト ↓




※写真はクリックで拡大します

by pallet-sorairo | 2018-08-29 07:47 | 口福 | Comments(14)

夏休みのお昼ご飯


高校生のさゆりんは何かと忙しく、
滅多にわが家へもやって来なくなりました。

この夏休みももう部活を引退したのに塾やら模試やらで忙しくしていましたが
ほんの時おり塾のサマースクールがお休みになることがあり
そんな日はわが家へお昼を食べにやって来て
そのまま夕方まで勉強して行くのが定番になりました。

d0288144_22245691.jpg

そんなある日のお昼ごはんです。
久し振りに作った夏寿司(紅鮭、薄焼き卵、枝豆、紫蘇、キウリ、胡麻、飾り海苔)、
海藻のお吸い物、冷しトマト、蒸したブロッコリー。
紅鮭の焼いたのと枝豆は冷凍しておいたものの繰り回しなので手抜きです(^^;
変わり映えしない献立ですがさっぱりとして美味しいとお替りしてくれました。
家では洋風な食事が多いはずなので、たまにはこんな献立もね。

d0288144_22145451.jpg

3時のおやつにはキウイとブルーベリージャムをトッピングした杏仁豆腐。
これでも手作りと言うのかしら、
杏仁豆腐粉を水で溶かして冷やし固めただけですが。

夫と二人のいつもの食卓に、たった一人加わるだけなんですが
たまのことだし孫可愛さに、
俄然張り切っちゃうんですよね(^^;






by pallet-sorairo | 2018-08-25 08:14 | 口福 | Comments(14)

聞き慣れぬ野菜/四川胡瓜

野菜のハナシが続きますが…


きゅうりを買いに行ったら、これしかないの。
なんか、ずいぶんイボイボがたくさんあるような気がするんだけど。
四川胡瓜(しせんきゅうり)って言うんですって、私は初めてお目にかかりました。
普通のきゅうりなのかしら。

d0288144_21233302.jpg

これしかないしなぁと買ってみたんですが
ひとまず生のまま食べてみたら、これが歯切れよくすごく瑞々しくて美味しかったんです。
最初、四川と聞いて中国産かしらとちょっと敬遠しかけたんですが、
これは青森産でした→

d0288144_21234892.jpg

次に行ったら売ってなくて、昨日また見かけたので逃さず買ってきました。
ちょうどゴーヤのいただきものがあったので比べっこ。
ざるの中の右3本が四川きゅうりです。
左2本は普通のきゅうり、新聞紙の上4本は言わずと知れたゴーヤです(^^ゞ

d0288144_16365471.jpg

生のままはもちろん、炒めても美味しいようですが
今回は、蛇腹に切って(もう少し丁寧にするべきだった(^^;)、
中華風のたれ(醤油・酢・豆板醤・砂糖・ごま油・ショウガみじん切り)に漬けて
2時間ほどよ~く冷して食べてみました。
歯触りよく夏向きの美味しさでした!


「四川」の名の由来が何なのかちょっと気になったので調べてみましたら
四川胡瓜(四葉系)とあって、
やはり、もともとの四葉胡瓜(すうようきゅうり)は中国品種(華北系)であるようです。



d0288144_07424923.jpg

今朝6時の東の空。
上空は晴れているようですが、なんか凄い雲もくもく。
涼しいので、
これから久しぶりにウォーキングに出かけようかと思ってます。




by pallet-sorairo | 2018-08-17 07:52 | 口福 | Comments(4)

見慣れぬ野菜/ふわとろナス


駅のコンコースで出店していた野菜売りのブース、
お揃いのベレー帽をかぶった売り子さんがかわいい。
何か珍しいものがあるかしらと覗いてみました。

d0288144_21191630.jpg

「あら、これナスなの? どうやって食べるの??」
「ふわっとしてトロっとしてて柔らかいのでお漬物とかより
 焼いたり炒めたりした方がいいです」
「うふふ、ふわとろなすって書いてあるものね(^^。 
 群馬県産なんだ」。

d0288144_21192182.jpg

ほんとにふわふわしているので、そぉっと半分に切り
グリルで焼いて田楽味噌を塗って食べました。
皮もお箸で切れるほど柔らかくて食べやすかったです。

念のため「ふわとろナス」で検索すると違うナスが出てきました、あらら。
でもこれ、ホントに「ふわっとしてトロっと」してるナスだったので
看板に偽りなしではありましたよ(^^。
またどこかで見かけたら買ってみようと思います。






More
by pallet-sorairo | 2018-08-16 08:24 | 口福 | Comments(8)

きょうのおやつ/フレンチトースト


「なにこれ、ずいぶん焦げてるね」
調理台の上に置いてあった焼いたばかりのフレンチトーストを見たらしく
キッチンに行った夫がそんなことを言ってます。

「えっ、そぉぉ。私そのくらい焦げ目がついてた方が好き」
と、リビングから応えて無視する私(^^;
冷凍しておいた残り物のフランスパンをフレンチトーストにして朝ごはんです。


d0288144_00423826.jpg


ちょっと多かったので残りを冷蔵庫に入れて置いたら
午後になって、夏休み中のさゆりんが顔を見せにやって来たのでおやつに出しました。
「温める? 冷たいのもきっと美味しいと思うよ」
「う~ん、冷たいままでいい」
暑い日には甘くて冷たいものは美味しいはずです。

「とっても美味しかった。 焦げ? 気にならなかったよ」。
ほらね~(^^ゞ



by pallet-sorairo | 2018-08-15 08:16 | 口福 | Comments(10)

わらび餅失敗の巻


7月28日(土)
台風12号が上陸するすると言われているので外へは出ず、
この間初めて買ってみた「わらび餅粉」でわらび餅を作ってみました。
なに、粉と水を合わせたら火にかけて練ればいいだけなのよね。

d0288144_14272185.jpg

でも、出来上がったら
デパートの週変わり出店のわらび餅やさんでいつも買うのとは大違い。
それより、これって葛餅の食べ方でした。
売っているわらび餅は、たしか餅に黄な粉を絡めてありましたね。
黒蜜なんか掛けずに食べるんじゃなかったかしら。

d0288144_14273129.jpg
<涼味デザート わらび餅セット>

で、作り方。
①本品一袋に水約450㏄を加え、よくかき混ぜます。
②中火にかけ、白濁色が消え固まってきたら弱火にして
 半透明になるまでよくかき混ぜます。
ふむふむ。

d0288144_14273692.jpg

この②の説明で、私は不安に思いながらも
白濁色が消え始めるまでかき混ぜるのを控えていたんですが、
それが失敗のもとでした。
説明通り?固まって来てからかき混ぜたら、もうダマダマ。
考えてみればそんなことわかり切ったことなんだけれど。

d0288144_15222866.jpg

で、他人のせいにしてナンなんだけれど
説明書きはこんな風にした方がいいんじゃないかしら。

②中火で、なべ底にくっつかないようにかき混ぜながら全体に火を通し、
 白濁色が消え固まってきたら弱火にしてさらに半透明になるまでかき回します。

どうかしら…
って、余計なお世話でした。
はい、ずみません(^^ゞ

で、作っても私しか食べる人がいなかったので
せっかく説明書書き直しても
これは次回はナシと言うのが結論かな。
あらら。


by pallet-sorairo | 2018-07-29 08:09 | 口福 | Comments(10)

きょうのおやつ/めんべい


きょうのおやつは
長崎県人のMちゃんからのいただきもの。
「めんべい」。

d0288144_22542885.jpg

初めて見たの…「めんべい」ってなに?
ああ「鯛入り」って書いてある。
海老煎餅みたいなものかなぁ。

d0288144_22543309.jpg

箱や袋のイラストがすごくカワイイ!
箱の中には小袋が二つ入っていました。

d0288144_22543814.jpg

小袋の中には揚げ煎餅が2枚。
海の香りと適度な塩気とぱりぱり感がいいハーモニーを出しています。
こういうの大好き、美味しい!

d0288144_22550107.jpg

いま住むところ近くのデパートの長崎物産展で見かけて
即お買い上げしたというMちゃん。
地元の人が美味しいというのですから、確かに!

だいぶ前にいただいて箱が可愛いから飾って置いたんですが、
賞味期限切れそうになったのに気付いて慌てて食べました(^^;
美味しかった、ごちそうさまでした。

しかし、
なんで「せ」んべいでなくて「め」んべいなんだろう??

d0288144_16525271.jpg

そうそう、いただきものと言えば
今年もきれいに咲いていますよ♪
紫色から白色に変わってゆく茉莉花、楽しませていただいています。
MZさんにご報告まで(^^ゞ



by pallet-sorairo | 2018-05-14 08:58 | 口福 | Comments(8)

きょうのおやつ/長命寺桜もち


夫が昔の友人たちと旧交を温めようと、懐かしい向島へ出かけました。
向島って言っても馴染みのない方のほうが多いと思いますが
今や全国区になってしまった東京スカイツリーのある辺りです。

d0288144_22444375.jpg

で、おみやげに長命寺の桜もちを買ってきてくれました。
長命寺桜もち屋さんは、隅田川のほとりで、江戸の味をいまも伝える桜もちを商っています。
この桜もち、なんと葉っぱ3枚でくるんであるんですよ。

d0288144_22444826.jpg

お店ではおもちに移った香りを味わってほしいらしくて
どちらかと言えば葉っぱをはがして食べるのを勧めていますが
私はこの葉っぱ3枚もろともパクリとかじって食べるのが好きです。
塩漬けの葉っぱの塩気と小麦粉製の薄皮にくるまれた漉し餡の甘さが相まって
何とも言えない美味しさ。
この葉っぱと一緒に食べないなんて、とってももったいないと思います。

d0288144_08561956.jpg

葉っぱにくるまれたおもちは、こんな風になっています!?
…って、違います違います。
これは昨日4月22日(旧暦3月7日)夜(21:51)のお月様。
今晩が上弦の月のようですからほぼ半月近いですね。
で、桜もちもほぼ半月型…と言いたいところだけれど…
こちらは、かまぼこ型かな(^^ゞ
さて。

d0288144_22450693.jpg

桜もちの葉っぱはオオシマザクラの葉の塩漬けで
今は全国の7割ほどを伊豆の松崎町で生産しているそうです。
あの香りは塩漬けの発酵の過程で出てくるものだとか。
昔の人の知恵は本当にすごいなぁと思います。





by pallet-sorairo | 2018-04-23 08:59 | 口福 | Comments(12)

ポテトグラタン


ケーキを焼こうと思って買っておいた生クリームの賞味期限が切れてしまいました。
あらら。
これからケーキを焼くのも面倒だし…
そうだ、新じゃがが美味しいのでお昼ご飯はポテトグラタンにしよう。

d0288144_14455985.jpg

栗原はるみさんのレシピ、
ホワイトソースではなく生クリームをかけて焼くだけの簡単グラタンです。
簡単なので目分量で(^^ゞ
レンチンしたジャガイモ、二つ割りして4・5cmに切った長ネギ、ちぎったアンチョビ、に
生クリームをかけまわし、とろけるチーズを乗せて200~250℃のオーブンで20~25分。
はい、出来上がり。

d0288144_14401964.jpg

我が家にはアンチョビなんかなかったのでオイルサーディンをちぎって入れました。
アンチョビとオイルサーディンは別物だということですが→
オイルサーディンは塩気がないので、塩分控えめ推奨されている私にはむしろそれで全然OK。
長ネギと生クリームがいい味出しています。
これ、子どものおやつにもいいなぁと食べるたびに思います。
他日、半端に残った(いつも残り物(^^;)生ハムでやってみましたが
これも美味しかったです。

d0288144_15205916.jpg

栗原さんレシピの材料(4人分)。

じゃがいも4個、
アンチョビー3枚、
ねぎ2本、
おろしチーズ100g、
生クリーム1カップ。

4人分を一つの容器で一度に作るときには
じゃがいも、アンチョビ、ネギ、生クリームを
繰り返して3段くらいにしてからチーズを乗せます。







by pallet-sorairo | 2018-04-15 09:34 | 口福 | Comments(11)

きょうのおやつ/ガトーインビジブル


ぐつぐつぐつぐつ
台所から「煮えてますよ~」と音が聞こえる。

d0288144_23220930.jpg

昨日はオーブンから
ふんわり甘い匂いが部屋中に漂っていたっけ。

d0288144_19465402.jpg

きょうのおやつは
昨日焼いたガトーインヴィジブル(バナナ・りんご)と
今しがた煮あがったばかりの金柑の甘露煮。
「こっくり甘い」と「ほろ苦甘い」のコラボ?だな。

「いっただきま~す」。



d0288144_12572442.jpg


echalotelleさんから教えていただいたガトーインヴィジブル(ガトーアンヴィジブル)。
大好きになってしまって、あれから何度も焼いてしまいました(^^ゞ

d0288144_20001862.jpgd0288144_20003739.jpg
d0288144_20192050.jpgd0288144_19473140.jpg
りんご/柿・バナナ・キウイフルーツ
さつまいも・りんご・ミックスナッツ/りんご乱切り・レーズン

面倒くさがりの私はちゃんとレシピ通りには焼いていないので
ちっとも invisible ではありませんが
いいのいいの美味しければ(^^;
写真を撮っていないものもあるのであと2回ほどは焼いたかも。

ガトーインヴィジブル、
すっかりわが家のおやつの定番になりました。






by pallet-sorairo | 2018-03-07 08:07 | 口福 | Comments(6)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite