そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:鳥・虫・樹・花など( 227 )

散歩道のコブシ


3月17日日曜日。
河津桜にメジロがたくさんやって来ているのを見てほっとしたので?
久しぶりに散歩道の奥まで遠征してみる気になりました。

d0288144_23043957.jpg

そうだ、そろそろあの大木のコブシも咲いているころかも、
ちょっと足を延ばして見て来よう♪ そう思って来てみたんだけれど…
どうしちゃったの?!と言うほどちらほらしか花がないのです、
いったいどうしたんでしょう?

d0288144_23420552.jpgd0288144_23462887.jpg

<2019.03.17> <2017.03.20>

遠目で見た時には、もしかして伐り倒されちゃった?なんて思ったくらい。
咲き終わったにしては花柄が全然落ちていないので、
やっぱり花付きが悪いのだとしか思えません。でも、何故?

d0288144_23145067.jpg

花の代わりに2年前にはなかったこんな光景が目に入りました。
なんだかなぁなんて思いながらこの住宅地の中を通ると
おしゃれな表札や郵便ポスト、ドアに飾られたリースやらテラスの植木鉢などなど…
どのお宅からも新しいお家を得た嬉しさがいっぱい溢れているのでした。
こんなの見ちゃうと、原っぱがなくなっちゃったなんて文句は言えなくなってしまい…ます。

d0288144_23044951.jpg

メジロに出会ってほっとしたり、宅地化しててがっかりしたりの散歩道だけれど
まっ、ベニシジミが飛んでるのも見れたので元気出して帰りましょ。

d0288144_23051243.jpg

そうそう、ハクモクレンはいっぱいつぼみを付けていましたよ♪
(でも、こちらもちょっと以前ほどではないような気もするんだけれど…)。
約12000歩、2時間のお散歩でした。
一昨日、山へ行ったばかりなのでちょっと疲れちゃったかも(^^ゞ




by pallet-sorairo | 2019-03-18 16:01 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)

散歩道のメジロ


3月17日日曜日。
天気予報だとこんなにいいお天気になるはずじゃなかったような気がするんだけれど
気持ち良さげなお日様出ているのでちょっと歩いて来ましょう。
私が「散歩道」と言っている散歩道の入り口まで家から10分ほど。
その入り口には河津桜が7・8本あって早い時期から春を感じさせてくれています。

d0288144_07503274.jpg

お昼前後の高く陽が上がった頃に通りかかるといつもメジロが忙しなく飛び回っているのに
今年はあまり姿を見かけないので、どうしたかと心配していたのですが…
おやおやきょうは10羽ほどがちょこちょこと飛び回っていますよ!

d0288144_08294270.jpg

瞬間的に一か所に4・5羽固まって飛び交っていたりして…これがほんとの目白押し?
なんちゃって(^^ゞ

ところで、メジロの英名は<Japanese White-eye>と言うのをつい今しがた知りました。
くっきりとした目の周りの白い縁取り(これも短い羽毛だそうです)からの命名なんでしょうね。

d0288144_08305939.jpg

鳥撮りさんたちが、梅の花にやって来るメジロを「ウメジロウ」と呼ぶらしいこともこの春初めて知りました。
で、桜に来るメジロは「サクジロウ」らしいんですが、これって肝心の「メ」がないですよね?
はて? と相変わらずどうでもいいようなことをあれこれ思いめぐらせているワタクシであります(^^;

d0288144_08295223.jpg

では~。


by pallet-sorairo | 2019-03-18 08:44 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

3/15 浅き春


春は黄色から。
春浅い野山を歩くとつくづくそう感じるのはこの日も同様でした。
名残りの枯葉を囲むように山間に点々と水玉模様を描いているこの黄色い花は
どうやら、ダンコウバイのようです。

d0288144_08584083.jpg

暖かな一日。
山を始めたばかりの友だちとつい最近関西から移住したばかりの山好きな友だちと
小さな山を歩いて来ました。
もう少し進んでいるかと思った山の中はまだ「春浅し」で、
可愛い春の妖精たちを見てもらえなかったのがとても残念でしたが、
それなりにこの小さな山を楽しんでくれたようでほっとしている今朝の私です。



※この日の山レポは後日。

by pallet-sorairo | 2019-03-16 09:21 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

♪ ぶんぶんぶん 


3月10日日曜日。
お天気悪いというのできょうはどこへも出かけない予定だったのに
朝から結構よく晴れています。
それでは手抜きの家事(いつものこと(^^ゞ)を終えたら
お昼になる前に散歩道へ出かけてみましょう。

d0288144_17544712.jpg

ヒメアカタテハらしい初蝶を見かけたんだけれど動きが早くて確認できず
めぼしい鳥もおらず、ちょっとつまらないきょうの散歩道です。
と思っていたら、川辺の菜の花にぶんぶんぶんぶんミツバチが集まって忙しなく蜜集め!
しばし立ち止まってたくさん写真を撮ってしまいました。
中から、いくらかは見られる画像を思い切りトリミングしてみます。

d0288144_17551432.jpg

うわぁ、ミツバチの羽ってこんなに透き通ってピカピカしてるんですね。
とってもきれい。
蜜を吸っているところかな。

d0288144_17551063.jpg

この子は後ろ足に花粉をだんごにしてたくさん着けていますが、
花粉はタンパク質・ビタミン・ミネラルなどを含んでいて
ミツバチの食事のおかずの役割をしているのだとか。

d0288144_22002665.jpg

トップの写真をトリミングして見ると
口の辺りに水滴のようなものがきらりと光っていました。
もしかして、吸蜜してまだ飲み込んでいない蜜かしら。
働きバチは、胃のそばにある「蜜のう」と言うところに花蜜をためて巣に帰り
巣の中に待っている別の働きバチに口移しで蜜を渡すのだそうです。

蜂蜜ができるまでなど俄か勉強してしまいました。
泥縄ですが、こういうの調べ始めると楽しくて止められなくなってしまいます。
下に参考にしたサイト載せましたので
興味おありでしたらぜひ見てくださいませ(^^ゞ



参考にしたサイト
②蜜蜂の蜜の運び方や花粉だんごについての図解がわかりやすかったサイト→

という訳で、きょうも愉しい散歩道なのでした。



d0288144_08354305.gif



本日3月11日月曜日
東日本大震災から8年目の日は、朝から冷たい雨が降っています。
<追記>
午後から急激に天候が回復しきれいな青空が広がっています。
午後2時46分の時報に合わせ、
東日本大震災でお亡くなりになった方々のご冥福を祈って黙とうを捧げました。








by pallet-sorairo | 2019-03-11 08:39 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

鵜の目


きょうは朝から上天気です。
昨日は大寒波だ大雪だと脅かされた割にはちょっと拍子抜けでしたね。
私は寒くて家から一歩も出なかったんですが、
散歩から帰った夫が「河津桜に雪が積もってきれいだった」と言うのを聞いて
しまった!と後悔したりもして。
で、本日は一昨日撮っておいたカワウのことなどをば。

2月8日(金)、歩道終点付近の小さな中州でカワウを一羽見かけました。
両岸を行くヒトの足音にも動ぜず、ずっと長い間その場から動きません。
あんまり泰然自若としているので、
私も目が離せずけっこう長い間じっと見つめてしまいました(^^ゞ

d0288144_23510570.jpg

なんか、鵜って目つきが恐いですね、
いや、「ぷっ」と膨らませたように見えるくちばしの付け根が奇妙に見えるのかしら。
やおら羽を開いたところは、なんだかバットマンのようです。
こんな格好をしているのをよく見かけますが
鵜の羽はあまり撥水が良くないので実はこうやって羽を乾かしているのだそうです。

d0288144_23511404.jpgd0288144_23511740.jpg
d0288144_23512230.jpgd0288144_23512620.jpg

そうそう、鵜の目でした。
「鵜の目鷹の目」っていうけれど、
鵜の目っていったいどんな眼だったかしらと思いついて顔だけアップで撮ってみました。
エメラルドグリーンに小さな黒い点(ひとみ?)がぽつんとあります。
写真はクリックで拡大しますが、あんまり鳥の眼なんか見たくない方はどうかそのままで。

「鵜の目鷹の目」
何かを捜そうとして、鋭い目で辺りを見回すたとえ(『新明解国語辞典』より)。

おもに欠点や欠陥を捜す時の様子に使われている古事ことわざ通り、
あんまりいいイメージじゃない眼そのもののように見えます。
よく見ると、鉤型の嘴も恐い、
それに意地悪そうな顔してるかも…って、偏見が過ぎるかも。
鵜さん、ごめんなさい。
あらら。











by pallet-sorairo | 2019-02-10 09:12 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)

散歩道初見のタシギとアオジ


1月27日(日)
いつものごとく「何にもないだろうなぁ」と歩いていたのに
何かあるのが?散歩道(^^ゞ
夕方の散歩道で、ここでは初見の鳥2種類に出会いました。

d0288144_11394989.jpg

まずは鳩くらいの大きさに長いくちばし。
タシギです。
写真を眺めていて初めて気づきましたが尾の先の色が違っていて
おしゃれですね。
いや、全体の模様というか色合いもなかなかに素敵です。

d0288144_11413979.jpg

次にはアオジ。
原っぱの道なき道(ってちょっと大げさだけど)を枯草かき分けて?歩いていたら
目の前をさっと横切ったので慌てて撮ったたった一枚です。
顔を動かしたところだったらしく
くちばしがなんだかお団子のようですがご容赦を。
私は、アオジって肌色のくちばしが特徴的なように思うのでうまく撮れなくて残念でしたが。

d0288144_11423819.jpg

こちらは珍しくもない(最近は減っているとかですが)スズメ。
何もないから撮っておくかと、ついでに撮っておいたものです(^^ゞ
あっ、でもこの季節のスズメは俳句の季語にもある「寒雀」「ふくら雀」でもありますからね。
確かに俳句にでも詠みたくなるような太っちょの身体と羽根毛のもふもふ感であります。
      
d0288144_11423463.jpg

アオサギもよく見かけるので滅多に被写体にしない方。
でも、この方は毛(羽?)並みの揃ったずいぶんきれいな姿なのでたまには撮ってあげましょうと
お情けで(^^ゞ撮っておいた一枚です。
もう夕暮れが近いので、グレーがきれいに見えたのかもしれません。

d0288144_11414883.jpg

散歩のついでに買い物を済ませ、帰宅するとちょうど日没の時間のようでした。
家には入らずそのまま最上階へ上がってみると
富士山も浅間山もきれいなシルエットを見せていました。
久し振りに奥多摩方面もよく見えていたのでスカイツリー越しに一枚をば。




by pallet-sorairo | 2019-01-29 10:04 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(11)

きょうは鳥撮り@散歩道


1月18日(金)
相変わらずのいいお天気。
きょうはおばあちゃん(義母)関連のお買い物の予定があるんだけれど
それは午後に回すことにしてと、また散歩道へ出かけました。

d0288144_22573872.jpg

変わった様子も期待できないだろうなぁと思っていたのに
今年になって初めて見る鳥さんたちに出会えましたよ♪


More
by pallet-sorairo | 2019-01-19 08:25 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

キジョラン(鬼女蘭)@高尾山


11月27日(火)
一人高尾山で午後3時を過ぎたころ、キジョラン発見。
遠くて高いところ、ごちゃごちゃした葉陰、弱まった日差し…条件悪いなぁ。

d0288144_23513318.jpg

莢がはじけて種髪が飛び出しているけれど、「鬼が白髪振り乱して」と言うふうでもない。
まだ若い鬼かな。
お隣の実はまるで青いマンゴーかアボカドみたいだ。

d0288144_23513740.jpg

横から見てもこんな感じ。
もっと爆発的なところに出会いたかったんだけれど
種もはっきり見えているからまぁいいか。

d0288144_23515881.jpg

種髪が莢から外れる瞬間も、外れてふわりふわりと飛ぶところも見てみたいけど
ここでじっと待ってたら…
たぶん、下山する頃には日が暮れてしまうな。

きょうはここまで、あきらめて帰ろう。
(この日の山レポは作成中です)。


※キジョラン
ガガイモ科キジョラン属に属する蔓性の多年草。
名前にランと付くがラン科の植物ではない。
アサギマダラの食草だが有毒。

※写真はクリックで拡大します。





by pallet-sorairo | 2018-11-29 08:26 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(21)

続々・仁義なき戦い/ 定点観測



2016年10月に書いたセイタカアワダチソウとススキの勢力争いについての記事↓



それから丸二年が経って、
予想通りススキがセイタカアワダチソウを駆逐しつつある様子が
はっきり見て取れるようになったので
とりあえず3年間の定点観測の写真を並べてみました。


d0288144_22194775.jpg
<2016.10.12>

d0288144_22155380.jpg
<2017.10.16>→

d0288144_22140373.jpg
<2018.11.14>


どうでしょう。
今年(2018年)はすっかり忘れていて、ひと月ずれて11月になってしまいました。
でも、あまり影響なかったかな?なんて自分に甘いワタクシではありますが…

さらに、
アップしそびれていて時期を逸してしまった感もありますが…悪しからず(^^;



d0288144_08101902.jpg
<2018.11.25.6:40>

今朝の空。
柔らかに染まってゆく雲がとても素敵でした。
いいお天気、お出かけ日和かも。


by pallet-sorairo | 2018-11-25 08:18 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)

ハラビロカマキリ


11月20日(火)
気温がだいぶ低くなってきたのに加えて日暮れも早いので
午後早い時間に散歩道へ出かけました。

d0288144_17154201.jpg

台風の塩害にやられて紅葉はさっぱりだったソメイヨシノもすっかり葉を落として
重なる枝の間からきょうはきれいな青空を覗かせています。

d0288144_17013253.jpg
<2018.11.20>

おや、先日と同じソメイヨシノにきょうもまたカマキリが…
あの時と同じカマキリみたい。
もう写真もいいかなと思うけど一枚くらい撮って行こうか。

d0288144_17015482.jpg
d0288144_17015107.jpg



<2018.11.14>

あの時のカマキリもずいぶん太っちょだなぁと思ったんだったけれど
オオカマキリにしてはちょっと寸詰まりのような気もするし…
帰ったらちょっと調べてみよう。

d0288144_17013849.jpg

あれこれ調べてみたら
①他のカマキリに比べて寸詰まりで腹部が幅広い。
②成虫の前翅に白い紋がある
③樹上性が強い(ソメイヨシノによく見られるとのサイトもあった)。
で、ワタクシ的にはどうやらハラビロカマキリらしいと判断!

さらに調べを続けると
寄生生物ハリガネムシとの関係がなんとも奇妙でとても興味深いのに気づきました。
そう言えば、このソメイヨシノは水際に植えられている!
…と思ったりして(参考サイト →★珍動物.com/ハラビロカマキリの飼い方)



※ハラビロカマキリについて参考にしたこの方のレポ ↓ も
 寄生生物ハリガネムシとの関係などの観察が素晴らしかったのでご紹介しておきますね。
 虫の嫌いな方にはちょっと閲覧注意の部分があります?が。
生物を巡る自然界の営みの不思議さ面白さには際限がないなぁと思わされた
ハラビロカマキリとの出会いでした。


★この日のおまけ
d0288144_17154788.jpg

冬鳥のユリカモメの数がだいぶ増えてきました♪





★写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2018-11-21 08:18 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(16)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite