そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:鳥・虫・樹・花など( 221 )

きょうは鳥撮り@散歩道


1月18日(金)
相変わらずのいいお天気。
きょうはおばあちゃん(義母)関連のお買い物の予定があるんだけれど
それは午後に回すことにしてと、また散歩道へ出かけました。

d0288144_22573872.jpg

変わった様子も期待できないだろうなぁと思っていたのに
今年になって初めて見る鳥さんたちに出会えましたよ♪


More
by pallet-sorairo | 2019-01-19 08:25 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(8)

キジョラン(鬼女蘭)@高尾山


11月27日(火)
一人高尾山で午後3時を過ぎたころ、キジョラン発見。
遠くて高いところ、ごちゃごちゃした葉陰、弱まった日差し…条件悪いなぁ。

d0288144_23513318.jpg

莢がはじけて種髪が飛び出しているけれど、「鬼が白髪振り乱して」と言うふうでもない。
まだ若い鬼かな。
お隣の実はまるで青いマンゴーかアボカドみたいだ。

d0288144_23513740.jpg

横から見てもこんな感じ。
もっと爆発的なところに出会いたかったんだけれど
種もはっきり見えているからまぁいいか。

d0288144_23515881.jpg

種髪が莢から外れる瞬間も、外れてふわりふわりと飛ぶところも見てみたいけど
ここでじっと待ってたら…
たぶん、下山する頃には日が暮れてしまうな。

きょうはここまで、あきらめて帰ろう。
(この日の山レポは作成中です)。


※キジョラン
ガガイモ科キジョラン属に属する蔓性の多年草。
名前にランと付くがラン科の植物ではない。
アサギマダラの食草だが有毒。

※写真はクリックで拡大します。





by pallet-sorairo | 2018-11-29 08:26 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(21)

続々・仁義なき戦い/ 定点観測



2016年10月に書いたセイタカアワダチソウとススキの勢力争いについての記事↓



それから丸二年が経って、
予想通りススキがセイタカアワダチソウを駆逐しつつある様子が
はっきり見て取れるようになったので
とりあえず3年間の定点観測の写真を並べてみました。


d0288144_22194775.jpg
<2016.10.12>

d0288144_22155380.jpg
<2017.10.16>→

d0288144_22140373.jpg
<2018.11.14>


どうでしょう。
今年(2018年)はすっかり忘れていて、ひと月ずれて11月になってしまいました。
でも、あまり影響なかったかな?なんて自分に甘いワタクシではありますが…

さらに、
アップしそびれていて時期を逸してしまった感もありますが…悪しからず(^^;



d0288144_08101902.jpg
<2018.11.25.6:40>

今朝の空。
柔らかに染まってゆく雲がとても素敵でした。
いいお天気、お出かけ日和かも。


by pallet-sorairo | 2018-11-25 08:18 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)

ハラビロカマキリ


11月20日(火)
気温がだいぶ低くなってきたのに加えて日暮れも早いので
午後早い時間に散歩道へ出かけました。

d0288144_17154201.jpg

台風の塩害にやられて紅葉はさっぱりだったソメイヨシノもすっかり葉を落として
重なる枝の間からきょうはきれいな青空を覗かせています。

d0288144_17013253.jpg
<2018.11.20>

おや、先日と同じソメイヨシノにきょうもまたカマキリが…
あの時と同じカマキリみたい。
もう写真もいいかなと思うけど一枚くらい撮って行こうか。

d0288144_17015482.jpg
d0288144_17015107.jpg



<2018.11.14>

あの時のカマキリもずいぶん太っちょだなぁと思ったんだったけれど
オオカマキリにしてはちょっと寸詰まりのような気もするし…
帰ったらちょっと調べてみよう。

d0288144_17013849.jpg

あれこれ調べてみたら
①他のカマキリに比べて寸詰まりで腹部が幅広い。
②成虫の前翅に白い紋がある
③樹上性が強い(ソメイヨシノによく見られるとのサイトもあった)。
で、ワタクシ的にはどうやらハラビロカマキリらしいと判断!

さらに調べを続けると
寄生生物ハリガネムシとの関係がなんとも奇妙でとても興味深いのに気づきました。
そう言えば、このソメイヨシノは水際に植えられている!
…と思ったりして(参考サイト →★珍動物.com/ハラビロカマキリの飼い方)



※ハラビロカマキリについて参考にしたこの方のレポ ↓ も
 寄生生物ハリガネムシとの関係などの観察が素晴らしかったのでご紹介しておきますね。
 虫の嫌いな方にはちょっと閲覧注意の部分があります?が。
生物を巡る自然界の営みの不思議さ面白さには際限がないなぁと思わされた
ハラビロカマキリとの出会いでした。


★この日のおまけ
d0288144_17154788.jpg

冬鳥のユリカモメの数がだいぶ増えてきました♪





★写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2018-11-21 08:18 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(16)

島の花など@八丈島


10月25日(木)
お鉢めぐりをあきらめた八丈富士登山、それでは分岐点に戻りましょうと歩き始めると
おや、目の前にひらひらと現れたのはツマグロヒョウモン♂ではないですか。
転んでもただでは起きない(^^ゞ
「写真撮るのでちょっと止まるね」後ろから来る夫に一応声をかけます。
狭いし足元悪いので急に止まるとアブナイですからね。

d0288144_23400043.jpg
<ハチジョウアザミ?に止まるツマグロヒョウモン♂>

d0288144_23404414.jpg
<ハチジョウアザミ?に止まるヒメアカタテハ>

このヒメアカタテハは、
往きも帰りも登山道途中のスロープの同じ場所で見かけました。
たぶん同じ個体かと。

d0288144_00012213.jpg
八丈島の植物のサイトを見てみると
島の名前を冠した「ハチジョウアザミ」の記述がありました。
上2枚のチョウが止まっている写真には「?」を付けましたが、
「山に生えるアザミは八丈島ではこの種類だけ」とありましたので
たぶん間違いないと思います。

d0288144_23401853.jpg
<イズノシマダイモンジソウ>

「イズノシマ(伊豆の島)」と付いていますが、
関東南部沿岸部でも見られるとか。
葉に硬い毛がたくさん生えているのが特徴だそうです。
どれがその葉かわかりにくいですが拡大して見ていただくといいかもしれません。

d0288144_23470091.jpg
<ヒロハセンブリ?>

すっきりした星型のセンブリ、けっこう群れを成して咲いていました。
Wikipediaで「センブリ」の記述を読んでいましたら
「葉の幅が広い変種ヒロハセンブリ(学名:Swertia japonica (Schult.) Makino var. latifolia Konta)が東京都八丈島で確認されている」
との記述を見つけました。

d0288144_23402936.jpg
<ヒロハセンブリ?>

「んっ?! では、これがヒロハセンブリか?」と。
おや、花弁?が4枚のもありますね??

時を同じくして、山友のはなねこさんがセンブリについての記事を二つ続けて
アップされていましたので(①センブリ ②イヌセンブリ)ご紹介しておきますね。
違いを分かっていただけるように思います。



★海岸で
d0288144_23414857.jpg
<ハマアザミ>

広い広い海原と黒々とした溶岩台地の景観がなんともダイナミックで
滞在した3日間、毎日行ってしまった南原千畳敷海岸。
そこで見かけたアザミ。
葉っぱのギザギザさが全然違うなぁと思って調べてみたら「ハマアザミ」のようです。
これもまたWikipediaに八丈島で撮った写真が載せられていましたので→

d0288144_23440568.jpg
<ハマゴウ>

同じく南原千畳敷海岸で、
浜に這いつくばるようにあちこちに広く枝を伸ばしていた植物。
草ではなく木だそうです。

d0288144_23441000.jpg
ハマゴウ→(Wikipedia)

きれいな青紫色の花には芳香があるので、
古くは「浜香」と呼ばれたこともあったとか。
知っていれば、匂いを嗅いでくるのでしたが、残念。



こんな記事をアップするつもりもなく、
気になった植物をメモのつもりで撮ってあったのですが
調べ始めると島には固有種も多いようなので記事にまとめてみました。
こんなことなら、少し見かけた「ハチジョウアキノキリンソウ」(たぶん)も
撮ってくるんだったし、もう少ししっかり見てくるんだったと…
後の祭りですが(^^ゞ




★写真はクリックで拡大します。
★島の旅・ 八丈島レポは(こちら)から。

 

by pallet-sorairo | 2018-11-05 08:54 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(10)

秋のバラ


谷津干潟のあとで谷津バラ園に寄り道。
「秋バラフェア」を見てから帰りましょう。

d0288144_22425903.jpg

入口には「秋バラフェア」と銘打ってあったけれど
まだちょっと早かった?かな。
それに加えて、先日の台風24号の塩害の影響も見逃せない感じでした。

d0288144_22350042.jpg
<ラヴェンダー色の ノヴァーリス>

d0288144_22351544.jpg
<はちみつ色の ハニ―ブーケ>

d0288144_22345646.jpg
<フリージアという名の 香りのバラ>

d0288144_22350952.jpg
<ビロードのようだった ………>

d0288144_22352779.jpg
<白いバラに止まっていた キタテハ>


d0288144_08283358.jpg

シルバー料金で半額の@250円でしたが、
「ちょっともったいなかったね」「そうだね」と言うのが
夫と私の共通した感想でした。
あらら。
またの機会に楽しむことにいたしましょ(^^ゞ


本日(10月23日火曜日)、二十四節気「霜降」。
朝から寒く、今は煙るような雨が降っています。




by pallet-sorairo | 2018-10-23 08:29 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)

朝顔日記2018 その7(最終回)


10月14日日曜日。
ネットごと切り落としたさはち君うはち君は
そのままベランダで乾かしてから燃えるゴミの日に出し、
きょう(14日)は、先日半分だけ済ませておいたプランターの土を片づけました。
土にはひげ根がたくさん残っているので、ふるいにかけて取り除きます。
これがけっこうタイヘンなんですが、反面何故か面白くもなってくるのが可笑しいです。

d0288144_22020911.jpg

途中、所用でやって来た娘が「お母さん、何やってるのぉ?」とベランダを覗いて、
「ふむふむ、ベランダ園芸やってるヒトって、みんなこんな風なこと繰り返してるのかぁ」と
感心しているのもまた可笑しかったです。

ひげ根を取り除いた土はリサイクル材を混ぜて再生しますが、
もしかしたらその後にチューリップの球根など埋めようかななんて思ってもいます。

d0288144_22573714.jpg
鉢子さんは10日以降、一つも花が咲きません。
先日の塩害の影響もあってか元気もなくなってきたし、
今朝(14日)の天気予報で、これ以後最高気温25℃の日はもうありませんと言っていたので
今年の朝顔日記もそろそろ店じまいかと思います。
ちなみに鉢子さんには計28個の花が咲きました(9月6日~10月9日)。

朝顔日記2018、最後までお付き合いくださりありがとうございました。




by pallet-sorairo | 2018-10-15 07:20 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(12)

ツマグロヒョウモン


10月3日水曜日。
脱穀作業をしている小学生もそろそろ仕事じまいのようで
手の空いた子どもたちから後片付けを始めた。
私ももう帰らなくちゃ。
そうだ、畑仕事中の方にお願いして
風車のある花畑のコムラサキを一枝いただいて行こう。

d0288144_22572027.jpg

そう思って、コムラサキの垣根に行って見ると
濃紫色の実はびっしりついているものの葉がちりちりになっている。
ああなんということか、ここも台風24号の塩害を受けてしまったようだ。

d0288144_22572983.jpg

ふと足元を見ると、草むらの中にピンクのイヌタデがたくさん咲いている。
これなら断らなくとも頂ていける、コムラサキは止めてイヌタデを持って帰ろう。
おや、花壇の縁に揺れているキバナコスモスにイチモンジセセリがやって来た。
続いてツマグロヒョウモン♀も。

d0288144_22574623.jpg

ツマグロヒョウモン♀はひらひらとキバナコスモスの花をあちこちし、
これと定めた花の蜜を吸い始めた。

d0288144_22575745.jpg

よほどお腹がすいていたかこの花の蜜がことのほか美味しいのだろう。
カメラを目一杯近づけてもまったく動じない。

d0288144_22580255.jpg

「野原や公園などに広く生息し、都市周辺ではヒョウモンチョウの中で最も見る機会が多い
と言われるツマグロヒョウモン。
珍しくもないものなのかもしれないが、
撮ってきた写真をあらためて眺めていたら
模様のデザインや自然界の色彩の美しさから私は目を離せなくなってしまったのだった。



※写真はクリックで拡大します。
※上4枚の写真はトリミングしていますが、
 私自身はこの時、チョウとにらめっこしていたような感覚を持っています。




by pallet-sorairo | 2018-10-12 08:40 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(9)

朝顔日記2018 その6



台風(24号)一過の10月1日月曜日、グリーンカーテンを外しました。
強風でぐちゃぐちゃに絡まってしまった植木鉢のペチュニアも片付けて
すっきり!

d0288144_15324544.jpg
<2018.10.01.after>

さはち君うはち君共々今年もまた強い日差しを遮り、
部屋の中に素敵な影絵を繰り広げて楽しませてくれました。
ほんとうにありがとう!

d0288144_18455778.jpg
<2018.10.01.before>

今年はさはち君もうはち君もいまいち元気がなかったので、
種子を取るのは諦めました。

d0288144_18460728.jpg
<2018・咲いた朝顔の花の数1860個 / クリックで拡大します>
(昨年は2706個咲きました)

でも、昨年のも一昨年のももっと前の種子もあるので
子孫を残すという点ではたぶん大丈夫。
来年もまたよろしくね。


d0288144_15330110.jpg
<2018.10.01>

鉢子さんは台風にもめげず無事で何よりでした。
まだまだ元気なので、もう少し楽しませてもらいましょう。

というわけで、朝顔日記2018、あと1回くらい続きます(^^ゞ


しかし、ずいぶん寒くなりました。
時おり降る雨に週末の台風を待つだけのような、どんよりとした朝です。
特に外に出る予定もないこんな日は
本を読むかちくちくの続きをするか久しぶりにお菓子でも焼こうか
なんて思います。





by pallet-sorairo | 2018-10-05 07:49 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)

昆活しちゃったぜ


9月19日水曜日。

すごく爽やかで気持ちよい散歩日和。
一回の散歩で三つくらい記事ができそうなくらい
いろいろなものに出会った日でした。
まずは、
思いがけず昆活しちゃったので撮れたものだけ並べてみましょう。

d0288144_16524495.jpg

先日見かけたばかりのトノサマバッタの褐色型。
渋い秋色が素敵です。
でも、遠くから見るとこれも保護色になっているみたいです。

d0288144_16525781.jpg

ニラの花で吸蜜中のイチモンジセセリ。
ぱっちりお目々がとってもかわいい。

d0288144_16531285.jpg

オンブバッタ。
オスがメスを独り占めするためにメスの背中の上に乗ったままになっているとか@@!
※昆虫図鑑/オンブバッタ→

d0288144_16530913.jpg

オンブバッタの褐色型♀(たぶん)。
なんだが地味なバッタですな。
昔、お総菜など包んだ竹の皮を思い出しました。

d0288144_16532401.jpg

いやはや赤唐辛子も真っ青になりそうな赤いとんぼ。
アカトンボ図鑑→の写真と見比べてみると
この赤さはナツアカネっぽいような気がしますが、さて。

d0288144_16532933.jpg

この毛むくじゃらな方はたぶんコアオハナムグリ。
ハナムグリと言う名前の通り潜ってばかりでちっとも顔を見せてくれません(^^ゞ
※昆虫図鑑/コアオハナムグリ→
ニラの花がきれいです。

d0288144_16555231.jpg

よく見かけるシジミチョウ。
ヤマトシジミかなと思ったんですが、
後翅下の黒い眼玉模様?がちょっと気になります。

d0288144_22065064.jpg

そこここに青いツユクサが今を盛りと咲いています。
この花、大好きです。

さて、何気なく視線を上に上げると
………きゃっ!

何がいたでしょう?
閲覧注意!

怖いもの?見たい方はこのままスクロールなさってください(^^ゞ

d0288144_16541919.jpg


ごめんなさい、昆虫じゃありませんでしたね。
でも、見つけちゃったので載せました。
では~。




※昆虫の名前ほか、間違いなどありましたら教えていただけると嬉しいです。
※写真はクリックで拡大します。




by pallet-sorairo | 2018-09-20 07:43 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(22)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite