そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2018年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

足慣らしに?

d0288144_05391830.jpg
<2018.08.31.05:15>

きょうはこれから、
足慣らしにちょこっと小さなお山を歩いてきます。
慣らして次はどうするんだってハナシ
ではありますが(^_^ゞ

では、行ってきます。



この日のレポ ↓



by pallet-sorairo | 2018-08-31 05:40 | 空の色 | Comments(2)

縄文展へ


8月28日火曜日。
暑くて暑くてどこへ出る気も起きなかったこの夏。
今朝はずいぶん涼しくなったので
上野のお山まで会期の迫った展覧会を見に思い切って出かけます。

d0288144_22182624.jpg

不忍池の蓮が咲いているはずなので
ちょっと寄り道してから行きましょう。
ああ、きれい。

d0288144_22183281.jpg

通り道にある弁天様にもご挨拶してきました。
お参りして戻ってくると、おや、水舎で手を清めている外国人の若いカップルが。
外国の人たちのほうがちゃんとお作法通りにしていますね(^^ゞ

d0288144_22313776.jpg

d0288144_22502106.jpg

覆いかぶさるような樹々のある斜面に沿った階段から公園に入って行きます。
ここだけにわずかに残っている上野の山の自然林はシイ-タブノキの林だそうです。

d0288144_23112371.jpg

公園に上がるとずうっと向こうの正面に東京国立博物館がある道に出ました。
夏休みだっていうのにずいぶん人出が少ないです。
あっ、昨日から新学期なんて言うところもあったとニュースに出ていたかしら。

d0288144_22191198.jpg

きょうはこの「縄文」展を見に来ました。
ところで、
東博に来るといつもここ(正門脇並び)に自転車が止まっているのを見かけるのですが
この光景、とってもローカルな感じがして私は大好きです。

d0288144_22193547.jpg

さて、「縄文」展はと言えば素晴らしかったです。
一万年もの想像もつかない時間の中で息づいてきた
人々の暮らしと密接に結びついた美の数々を目の当たりにしながら
ただただ「凄いなぁ」とため息をついていたわたくしでした。
中でもさすがの「縄文の国宝6点すべて」は圧巻。
力強く生き生きとした造形の美に圧倒されて立ち去りがたく
なんども繰り返して見てしまいました。

d0288144_22200019.jpg

たっぷり2時間以上、混雑した館内を歩き通しだったのでちょっとお疲れ。
外へ出ると、葉を繁らせて木陰を作っているユリノキが目に飛び込んできました。
私にはユリノキも東博へ来た時のお楽しみです。
東博のユリノキは「明治8・9年に渡来した30粒の種子から育った1本の苗木が
明治14年に現在地に植えられた」ものなんだそうです。
秋の黄葉も美しいです。

d0288144_22180164.jpg

会期末とあって混雑はしていましたが、あまり待たずに入館できました。
今度の日曜日9月2日が最終日です。
お時間ありましたら、ぜひ。

東京国立博物館・縄文展HP→





※写真はクリックで拡大します



by pallet-sorairo | 2018-08-30 08:14 | ちょっとお出かけ | Comments(12)

塩のこと


昨日のブログ
「この甕の何が素晴らしいかと言えば/ちょこんと蓋しておくだけなのに/
 塩が全然湿気ないこと。/いつもサラサラしているのがとっても不思議です。」
と書いてしまったのですが、
記事をアップしてから、もしかして、塩によるのかもしれないと思い始めていたのです。
同じように思う方は当然いらして「あら塩でも湿気ないのかなあ。どんな塩をお使いですか」
とのコメントを頂きました。
間違ったことを書いてしまったとしたら責任重大だなぁと思いながらも
そのお返事にはならないかもしれませんが、
差し当たり、いま我が家にある塩を並べてみました。


①赤穂の「天鹽」(しおの字がちょっと違いますが(^^;)
d0288144_21385564.jpgd0288144_21392415.jpg

ずっと長いこと煮物などいつものお料理に使っているのはこれ、にがりを含んだあら塩です。
袋には「江戸時代から続く塩の食文化の伝承云々」とあります。
ふり塩には同じ「天鹽」の焼き塩を使っていました。


②インカの塩
d0288144_23025444.jpgd0288144_00021065.jpg

いま、例の甕に入っているのはこの塩。
2012年に訪ねた南米ペルーのクスコの市場で買ってきたものです。
もとは岩塩らしく?粒がほんの少々荒いですがさらっとしています。
そして、すごく美味しい!
焼き魚や冷しトマトや枝豆やサラダ…のふり塩に使っています(^^ゞ
たぶんこの塩 ↓ と同じ種類の塩だと思います。
③スロヴェニアの塩
d0288144_08050661.jpgd0288144_21405712.jpgd0288144_21412725.jpg

昨年訪ねたスロヴェニアのシュコツィアン鍾乳洞 の売店に売っていたもの。
ご一緒したメンバーのご婦人方が「塩・塩・塩はどこ」と探していたので
私も真似っこして訳も分からず買ってきました。
くっついているタグの地図を見ると、これはアドリア海の塩かもしれません。
これも未開封です。
あれっ、写真は海辺と言う感じでもないなぁ…各国語のタグの文章が?なのでなんともはや(^^;



➃ローズソルト
d0288144_21415627.jpgd0288144_21422768.jpg

つい最近のいただきもの。
袋に「アンデスの台地が生んだ岩塩を、ローズピンクのパウダーに仕上げました。」
とあります。
↑のインカの塩もかすかにピンクがかっていますから、
粉にするとこんな風にピンク色になるのでしょう。
これも未開封。


なになに? 
ローズソルトの袋には
「本商品は吸湿性が高く固まる場合があります」と書かれていますよ。
…そうだ!
これを例の甕に入れてみてどうなるかをみてみたらいいんじゃない?!
固まらなかったらすごいなぁ…とちょっとばかり期待しちゃったりもして(^^ゞ

では、実験の結果はまた後日。


その他参考にしたサイト ↓




※写真はクリックで拡大します

by pallet-sorairo | 2018-08-29 07:47 | 口福 | Comments(14)

甕ってすばらしい


つやつやした肌に
ゆったりとした曲線。

d0288144_00014334.jpg

黒なのに明るい地の色。
そして、縁取りの渋い茶。

d0288144_00015396.jpg

つまみやすいようにと
蓋の取っ手に結ばれた麻縄。
どこにも無駄のない美しさ。

d0288144_00020081.jpg

大小ある中でこれはどんな大きさかと言うと
なんとアボカドとほとんど同じ。
一番小さいサイズかも。

我が家では塩入れにしています。

d0288144_00015757.jpg

この甕の何が素晴らしいかと言えば
ちょこんと蓋しておくだけなのに
塩が全然湿気ないこと。
いつもサラサラしているのがとっても不思議です。


昔から使われ続けて来たものには
人々の暮らしの知恵がぎっしり詰まっているのだなぁと
手にする度にそう思います。



追記(8/29)

ちょっと間違えたこと書いたかなぁと気になりましたので
続きます→






by pallet-sorairo | 2018-08-28 08:32 | 街暮らし | Comments(16)

まだまだきれいに見えている赤い星


8月27日(月)
いやはや暑いです。
あんまり暑いので、試しにベランダの日の当たっている場所の床へ温度計出してみたら
37.4℃ありました。
午前7時のことです、「異常」としか言いようがありません。
さて、今朝は、昨日の満月とまだまだきれいに見えている火星のことなどをば。

d0288144_23594662.jpg
<昇ったばかりの満月/2018.08.26.18:34>


8月26日(日) 
まだ明るい南東の空に満月が昇ってきました。
今日の東京地方の日の入り時刻は18時17分、月の出時刻は18時21分。

d0288144_23274817.jpg
<2018.08.26.18:32>

まだ日が沈んでいくらも経っていないのですから明るいはずです。
沈んだばかりの太陽の光を反射してか肉眼で見たお月様は卵の黄身色をしています。
おや、まだ見えないだろうと思っていた赤い星・火星がもう見えていますよ!
クリックして写真拡大していただくと、右手に見える雲の上にきらりと光って見えるかと。

d0288144_10312913.jpg
<2018.08.25.18:20>

そうそう、昨日(25日)の月の出も素敵だったんですよ。
夕焼けの残る優し気な空に十五夜の月が昇って来たんです。
(この日の月の出時刻17時46分)。

d0288144_22565706.jpg
<2018.08.26.20:55>

月とほぼ同じ高さに見えるようになった火星。
暗くなるとさすがにはっきりと写りますね。

d0288144_10314740.jpg
<2018.08.25.19:04>

昨日もきょうも月・火星に並んで土星も見えていました。
ちょっと見にくいので写真の明るさ調整してみましたが…青丸の中に土星が見えるはず。
南西の空には木星と金星も見えていて、
この夏は夜空を眺めるのがとっても楽しみになっています。

d0288144_10321413.jpg
<突然の雷鳴と稲妻>

上の写真を撮っている時、突然雷鳴が響いて北東の空に稲光が!
えっ、こんなに晴れて月が煌々と光っているのに?!
下界はほんとうにおかしな気象が続いているこの夏です。

d0288144_10322332.jpgd0288144_22562295.jpg
       <8月25日/十五夜>              <8月26日/満月>

ところで、
十五夜が必ずしも満月ではないんですよね。
私もいまいちこんがらがってしまうのでいい解説を探してるところ…
見つかったら貼り付けますね(^^ゞ

d0288144_08420068.jpgd0288144_08420572.jpg
<見た目の大きさでの大きさ比べ / 月 vs 火星>

私、星座はからきしわからないのですが
この夏の天体ショーは月を基準に見てゆくと凄くわかりやすくて
夜空を見上げるのが毎日楽しみなんです(^^ゞ
頼りにしてお世話になっているのはこのサイト ↓ です。
では~。
※写真はクリックで拡大します。

by pallet-sorairo | 2018-08-27 08:15 | 空の色 | Comments(18)

朝顔日記2018 その4


さはち君とうはち君の握手。
ゾウが鼻を伸ばしているようにも見えるでしょ。

d0288144_21040757.jpg
<8月22日>

毎朝、花の数を数えるのが日課になってはいるのだけれど、
この握手部分に咲く花の数をどちらに数えたらいいかがけっこうモンダイかな。
別に専門的な研究をしているわけではないので、
まっ、その辺は臨機応変適当にしておりますが(^^ゞ

d0288144_00114937.jpg
<8月25日午前5時半・朝陽があたる>

ところで花の数。
今朝(8月26日)は、さはち君33個、うはち君34個咲きました。
だんだんコンスタントに咲くようになってきましたが、
ぶり返した暑さに耐えられないらしく、もうすでにぐったりし始めています。
きょうはまた特に暑い(熱い?)!  37℃になるらしいです。
ベランダへ出ようとしたら引き戸のサッシ枠があちちちち、やけどしそう。
どうなってるんでしょう、この猛暑。
早く本当の秋になってほしいです。





by pallet-sorairo | 2018-08-26 08:26 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(14)

夏休みのお昼ご飯


高校生のさゆりんは何かと忙しく、
滅多にわが家へもやって来なくなりました。

この夏休みももう部活を引退したのに塾やら模試やらで忙しくしていましたが
ほんの時おり塾のサマースクールがお休みになることがあり
そんな日はわが家へお昼を食べにやって来て
そのまま夕方まで勉強して行くのが定番になりました。

d0288144_22245691.jpg

そんなある日のお昼ごはんです。
久し振りに作った夏寿司(紅鮭、薄焼き卵、枝豆、紫蘇、キウリ、胡麻、飾り海苔)、
海藻のお吸い物、冷しトマト、蒸したブロッコリー。
紅鮭の焼いたのと枝豆は冷凍しておいたものの繰り回しなので手抜きです(^^;
変わり映えしない献立ですがさっぱりとして美味しいとお替りしてくれました。
家では洋風な食事が多いはずなので、たまにはこんな献立もね。

d0288144_22145451.jpg

3時のおやつにはキウイとブルーベリージャムをトッピングした杏仁豆腐。
これでも手作りと言うのかしら、
杏仁豆腐粉を水で溶かして冷やし固めただけですが。

夫と二人のいつもの食卓に、たった一人加わるだけなんですが
たまのことだし孫可愛さに、
俄然張り切っちゃうんですよね(^^;






by pallet-sorairo | 2018-08-25 08:14 | 口福 | Comments(14)

ゆりかご



散歩道でゆりかご見っけ!
麻ひもに手を添えてそっと揺らしてみようかな。

d0288144_10523781.jpg

あっ、いけない。
ついふらふらと足を踏み入れてしまったけれど
ここは他所のお宅のガレージでした、あらら(^^;




強い勢力の台風20号は昨夜からきょう未明にかけて
四国・近畿を縦断して日本海へ抜けたそうですが、
台風から遠い我が家の辺りですら、
いま現在時折もの凄い風と雨が吹きつけてきます。
その度に朝顔のグリーンカーテンも大きく揺すられて
網が外れてしまうのではないかと心配になるほどです。

和歌山県新宮市では熊野川が氾濫したようですが
大きな被害はなかったのでしょうか、心配です。








by pallet-sorairo | 2018-08-24 07:33 | 散歩道 | Comments(4)

ハグロトンボの産卵?


あの猛暑はどこへ行ったのだろうと思うほど涼しくなった日、
久し振りに散歩道へ出かけます。

d0288144_11004694.jpg

きょうは川の水がずいぶんきれいだし、空気も澄んでいて
川面すれすれに飛ぶハグロトンボの影が
水に映って一緒に動いているのを見るのも楽しいです。

d0288144_11020030.jpg

おや、さっきからずっとあそこにいる♀が
水面にお尻の先を打ち付けているようなしぐさをしているのは何かしら?

d0288144_10522902.jpg
<左・♂   右・♀>d0288144_07592576.jpg

あっ、もしかしたら、産卵をしているのかもしれません。
ちょっと離れたところにいる♂がその様子をじっと見守っているような気がします。
← ハグロトンボ♂(胴体がメタリックグリーン)

d0288144_11040520.jpg

そんな2匹の周りをダンスでもするかのように
す~っす~っひらひらっとほかのハグロトンボが飛び交っています。

夏の終わり、秋の始まりの散歩道です。
8月19日(日)@散歩道。
※写真はクリックで拡大します(ピンボケご容赦)。







※トンボの産卵についてわかりやすかったページ(^^;


by pallet-sorairo | 2018-08-23 08:04 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(14)

ちくちく針仕事63 / 晩夏のチュニック


8月21日火曜日
高校野球100回記念大会決勝、大阪桐蔭高校と金足農業高校の試合を見ていた夫、
限界を超えた投手吉田君が可哀想で「見ちゃおれん」とチャンネルを変えました。
チャンネルを変える手が止まったのは中学陸上の全国大会の放送で、
こちらでは、あどけない顔も交じる中学生が
一生懸命にフィールドでそれぞれの競技を繰り広げているのでした。
夏休み、それぞれの場所でみんな頑張ってるなぁ
吉田君のその後が気になりながらもしばらく中学生の活躍を見ている
暑さのぶり返した日の午後でした。




さて、二三日前のこと。
すごく涼しくなったので??突如、縫物する気が起きました。
夏に入る前に買っておいた布地でチュニックでも縫ってみましょ。
題して晩夏のチュニック、なんちゃって、うふふ。

d0288144_13434015.jpg

パターンはこの時のものを使いましたが、
袖と脇のスリットは入れずに、背中にひとつタックを取りました。

d0288144_13434770.jpg

それにしてもなんだか素っ気なさすぎ。
アクセサリー付ければいいようなものだけど…そうだ! 
と閃いて、余っていた布地をはぎ合わせてストールにしてみました。
小さいものしかできなかったけれど秋口に重宝するかも。

d0288144_14521253.jpg

布地はインド綿なので風通しよく涼しいです。
色合いはこの写真の色が近いかもしれません。
102cm×2mのカットクロス980円で、きんちゃく袋縫えるくらい余りました(^^ゞ
こんな軽々したピアスが似合うかしらなんて思っています。






by pallet-sorairo | 2018-08-22 07:46 | ちくちく針仕事 | Comments(10)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite