そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2018年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

島の旅 / 八丈島その2


旅第2日目/10月25日(木)

きょうの計画のメーンは八丈富士登山です。
お昼には下山できるはずなので、
下山したら、昨日軒並みお休みでありつけなかった
島寿司かアシタバうどんなど島らしい昼ご飯を食べましょう。

d0288144_22003328.jpg
<八丈ふれあい牧場から見る八丈富士>

登山の前に中腹の八丈ふれあい牧場に寄って行きます。
ハイキングマップに八丈富士にはトイレがないのでここでとの注意書きアリ。
いや、トイレはともかく
黒毛和牛(だそうです)がのんびりと草を食む気持ちの良い牧場です。
海も、山も、小島も青い空も! これ以上なにを望むでしょう。
緑一色に見える牧草の中にはイヌタデ(赤まんま)と思うのだけれど
きれいなピンクの花が一面に咲いています。
おままごとではご飯なのに、牛には食用にならないのかしら。

d0288144_22043243.jpg

牧場で心行くまで楽しんで、いよいよ八丈富士登山にかかります。
標高差はあまりありませんが登山口から火口分岐点まで1280段の階段が続くそうです。
では、行ってきます(山レポは後日(^^;)。

d0288144_22371152.jpg

さて、山を下りたらお昼にちょうど良い時間。
昨日ダイビングの先生に「ここ!」と言われていたお店は団体さんが入っていて本日貸し切り。
で、二番手のお店で島名物「漬け丼」。
カメノテという貝?(甲殻類の仲間とか)とアオサ海苔?のお味噌汁も付いていました。
美味しいんだけれどどちらもボリュームありすぎ、私はムリムリ3/4ほどでギブアップ(^^;

d0288144_22393166.jpg

お口直しに、これも「絶対行って」と言われた "ジャージーカフェ” でお茶します。
勧められていたのはソフトクリームだったのだけれど、
曜日限定の四角いシュークリームの魅力に勝てず、ソフトクリームは明日と言うことで…。
いずれにしても、自然放牧による酪農を行っているという
八丈島 "ゆーゆー牧場” のジャージー種の生乳から作られる乳製品の美味しいこと!
昨晩・今朝とホテルで食べた乳製品で経験済みです。
えっ? 
ふふ、別腹別腹(^^ゞ

d0288144_22400283.jpg
<八丈植物公園内>

がっちり計画を立ててあるわけではないし、
島は山手線の内側とほぼ同じという面積ですから、その都度良さそうなところをピックアップします。
うむ、レンタカーサマサマ、次は "八丈植物公園” を訪ねました。

園内には "八丈ビジターセンター” があり、島の成り立ちや自然について展示されています。
学芸員の方?に写真にあった地質などについてちょこっと質問をしたら
「映像ご覧になりますか?」と勧められ広いホールで3人で拝見。
結果見て良かったんですが、我々こういうこと多いです、けっこう熱心に説明されやすいんです…
まっ、今回は時間たっぷりあるのでいいですが(^^;

d0288144_09420914.jpg
<八丈植物公園からの八丈富士>

八丈植物公園は地域別に分けられた各エリアの森林が素晴らしかったです。
「押しつけがましくなくて、一日中彷徨っていたくなるね」とは3人の感想。
私は、いつか展覧会を見た田中一村の南国の草花や鳥や魚の絵を思い出していたりもして。

d0288144_22410282.jpg
<大坂トンネルからの展望>

大坂トンネルは「…裾野を広げる八丈富士や、黒々とした玄武岩が広がる南原千畳敷海岸、
青い海に浮かぶ八丈小島…八丈島の代表的なフォトスポット…」
と『八丈島観光ガイドブック』に記されている場所。

昨日、娘Moがダイビングをしていた八重根からも
トンネルに吸い込まれるようにして見える白い陸橋がよく見えていた場所なのでした。

d0288144_22413264.jpg
<@カフェ "空間舎” >

さてさて、もう行動終了にしてもよさそうな時間ですが
昨日いまいちだった南原千畳敷海岸の夕日をきょうもまた見に行くことになりました。
娘Moが行って見たいと言っていたカフェで日没までの時間を潰します。

d0288144_22420333.jpg
<アシタバのチーズケーキ@空間舎>

「ジブリの森のような」とどなたかが言っていた森?の中の細い道を行くと
「小さなお家」と言った風情の “空間舎” が現れました。
素敵なマダムがおひとりで切り盛りしているカフェ、
こんな場所なのに人気なんですね、
若いお嬢さん方や地元の?おじさまたちなどが居てちょっとびっくり。

アシタバチーズケーキはもちろん八丈特産の明日葉を使ったケーキです。
もうお腹いっぱいだったので、さすがに3人で一つをシェアしましたよ(^^ゞ

d0288144_09430950.jpg
<空間舎屋上テラスから見る三原山>

マダムに「どうぞ見て行ってください」と言われて屋上の小さなテラスに上がってみると
何と素敵な景色!
ジブリの森?越しに、島の西山(別名・八丈富士)と東山(別名・三原山)が
すっきりと見渡せるのでした。
この景色は本当に素晴らしい! いいなぁここ。

d0288144_22423200.jpg
<@南原千畳敷海岸>

昨日同様、燃えるような日没にはなりませんでしたが、
黒々とした溶岩台地に寄せては返す波頭の白さと夕日の色がなんとも素晴らしく
暮れ行くまで、はるか彼方の水平線から目が離せなくなるのでした。

d0288144_22430208.jpg
<陽が沈む@南原千畳敷海岸/2018.10.25>

きょうも朝からよく動き、八丈島のそこここを楽しみました。
明日もう一日、どこへ行きましょう。

ではまた、明日。


※この日の山レポへ続きます→






by pallet-sorairo | 2018-10-31 07:53 | | Comments(10)

島の旅 / 八丈島その1 


10月半ば、娘Moから
「私、今月の第4週にリフレッシュ休暇で前後土日合わせると9日間の休みがあるんだけど、
おかぁさんたちどこか一緒に旅行しない?」と突然の話。

d0288144_15405789.jpg
<六方積み(一つの石を六つの石で囲む)の玉石垣>

「連れ合いは仕事を休めないし、さゆりんは受験生だしで
もし、行ければ一緒にどうかなと思って」
…って、おいおい、連れ合いはともかく受験生置いてっちゃっていいの??

d0288144_15410257.jpg
<大里(地区)の玉石垣/代表的な観光スポット>

「大丈夫、大丈夫」と言うことなので(ほんとかいな)…私たちもすぐにその気になって、
行きたいと思っていた小笠原はどうかと当たってみたら、
週一金曜日にしか船が出ないのだそうで、今からじゃちょっと無理そうなのが判明。

d0288144_23172460.jpg
<南原千畳敷海岸で見かけたボーリングの球のような石>

特に理由もないのだけれど、
この際、島つながりで八丈島はどうだろうということになりました。

d0288144_23111463.jpg
<@八丈島歴史民俗資料館/資料の置かれたテーブルの椅子に黄八丈パッチワーク座布団が>

羽田から早朝の飛行機で朝9時前にはもう八丈島へ着いていました。
離陸するときに舐め始めた飴玉が着陸するときにまだ口の中にあったりして
ほんとにあっという間。
これから3日間、レンタカーで動きます。
まずは、初日午後に予定(娘Moのみ)のダイビングスクールの場所を確認すべく車を走らせました。

d0288144_22472414.jpg
<旧八重根で娘Moは初めてのダイビング>

途中で、何やら由緒ありそうな立派なお社発見、
「優婆夷宝明(うばいほうめい)神社」という千年以上前からの神社だとのこと。
境内の大きく枝を張った古木にも目を引かれましたが、
ジャカランダの花が咲いていたのがなんとも南の島らしくとても印象的でした。

続いて、俄か勉強でチェックしておいた「大里の玉石垣」発見。
車を降りて、あちこちにハイビスカスなども咲いているこの界隈をしばし散策します。
それにしても、この石、波が作ったのだろうと思うけれど大きさも形も揃って見事です。
しかし、海岸から運びだすのはさぞかしたいへんだったはず、
流人が運んだという説もあるけれどそれも定かではないとのことでした。

d0288144_22194256.jpg
<防波堤に囲まれて天然プールのような旧八重根>

さて、スクールの場所を確認したらいよいよ島内観光です。
まずは八丈島歴史民俗資料館へ行って見ましたが、建て替え予定のためとかで
建造物のほかは、現在は八丈支庁展示ホール内へ移転中、また車で移動です。
40年前!のビデオを見、館長さん?の説明をお聞きしながら一巡り。
ちょうどお昼時になったので、食べ物屋さん情報などもお聞きしてお暇しました。

d0288144_15441085.jpg
<南原千畳敷海岸からの夕日と八丈小島>

娘Moが選んだダイビングスクールはとても信頼できる丁寧なレクチャーで、
この季節の平日のせいかマンツーマンです。
そんなつもりもなかったのに「よろしければご一緒にどうぞ」と言われ、
私たちもみっちり座学1時間半ほど勉強してしまいました、あらら。

岸のすぐそばと思える天然プールのような旧八重根で1時間半ほどダイビングした娘Moによれば、
多種類の魚の群れや大きな亀、蛸までもがそばを泳いでいたそうです。
「魚が寄って来る時なんか怖くなかった?」と聞くと
「全然怖いことないよ、彼らは人間をまったく無視しているね」とのことでした。
で、
「とても楽しかったけれど、このトシになったら私は今まで通りシュノーケリングで十分かな」
ですと。
ははは。
d0288144_08445509.jpg

日没までにまだ時間があったので、
夕日がきれいだという南原千畳敷海岸へ向かいます。
しばらく眺めていましたが、この日は雲が多くてちょっと残念でした。
これにて朝早くからよく遊んだ第1日終了。
暗くなった八丈島一周道路を今宵の宿へ向けて車を進めました。
ではまた、明日。



MEMO
2018.10.24(水)
往 // 東京(羽田)空港07:30発-八丈島空港08:25着
泊 // リードパークリゾート八丈島




※こちらへ続きます→


by pallet-sorairo | 2018-10-29 08:34 | | Comments(17)

きょうの富士山?


きょうの「きょうの富士山」はご当地富士です。

d0288144_11231111.jpg
<2018.10.25.@八丈島大坂トンネル展望所>

写真右手の富士山は伊豆七島の一つ八丈島の西山、通称八丈富士。
ちょこっとですが登って来ました。
左手海上に浮かぶのは八丈小島。

旅の記録はこれから簡単にと思っていますが…どうなるかなぁ(^^ゞ
※こちらから始まります→





by pallet-sorairo | 2018-10-27 11:35 | 山歩き2018 | Comments(4)

きょうのおやつ/クリーム白玉小豆


和菓子屋さんの入り口に
「今夜は十三夜です。お月見団子をどうぞ。」と貼ってあった日のおやつ。
月見団子の代わりにヨモギ入り白玉(緑色だけど白玉、ふふふ)。

d0288144_13545895.jpg

レトルトのぜんざいと棒アイスのバニラをちぎって乗せて。
作ったのは白玉だけという手抜きですが、それなりに美味しかったです(^^;
ブログ2・3日お休みします。



by pallet-sorairo | 2018-10-24 07:00 | 口福 | Comments(6)

秋のバラ


谷津干潟のあとで谷津バラ園に寄り道。
「秋バラフェア」を見てから帰りましょう。

d0288144_22425903.jpg

入口には「秋バラフェア」と銘打ってあったけれど
まだちょっと早かった?かな。
それに加えて、先日の台風24号の塩害の影響も見逃せない感じでした。

d0288144_22350042.jpg
<ラヴェンダー色の ノヴァーリス>

d0288144_22351544.jpg
<はちみつ色の ハニ―ブーケ>

d0288144_22345646.jpg
<フリージアという名の 香りのバラ>

d0288144_22350952.jpg
<ビロードのようだった ………>

d0288144_22352779.jpg
<白いバラに止まっていた キタテハ>


d0288144_08283358.jpg

シルバー料金で半額の@250円でしたが、
「ちょっともったいなかったね」「そうだね」と言うのが
夫と私の共通した感想でした。
あらら。
またの機会に楽しむことにいたしましょ(^^ゞ


本日(10月23日火曜日)、二十四節気「霜降」。
朝から寒く、今は煙るような雨が降っています。




by pallet-sorairo | 2018-10-23 08:29 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(6)

十三夜


10月21日日曜日。
素晴らしい秋晴れの一日。
日中はさゆりん高校生活最後の体育祭を見に行き、
夕刻が近づくと今宵の十三夜の月はいかばかりかとそわそわなワタクシでした。

d0288144_10223323.jpg
<2018.10.20.15:52/十三夜前日>

さぁ、飛行機が月を運んできましたよ。
今年の十三夜の月のショーが始まります。
では、ご一緒に。


More
by pallet-sorairo | 2018-10-22 10:07 | 空の色 | Comments(6)

モノトーンな水辺の風景@谷津干潟


10月19日金曜日。
葛西海浜公園がラムサール条約登録地になることが決まったという昨夜のニュース。
では、きょうは足を延ばして…と思ったけれど
お天気あんまり思わしくありません。
かといっていつもの散歩道もちょっと飽きちゃったので
久し振りに夫と二人で谷津干潟までウォーキングに出かけました。

d0288144_23300449.jpg

ときどきチラっと雨粒が落ちてくるどんよりとした曇り空、
谷津干潟全体がしぃんとしてモノトーンの光景を描き出しています。
あっ、この写真には少し色がありますね(^^ゞ
向こうに続いて見えているのは枯葉色(もしかして塩害の影響?)の葭原です。

d0288144_23300897.jpg

遠くにカモの群れがいるかしら。
思い切りズームして見てもこれでは、私にわかるのはスズガモだけ。

d0288144_23302331.jpg

ぱっと見、ダイサギとアオサギとカワウしか見えないのは
季節的に仕方ないですね。

d0288144_23305924.jpg

ダイサギとタカアシシギ。

d0288144_09063822.jpg

タカアシシギはここに住み着いているので一年中会えますが、
何度見ても、ファッションショーモデルのような歩き方かわいくて
つい見とれてしまいます

d0288144_23434145.jpg

干潮時刻前後に行くとみられる潮の道。
鳥を見られなくともこの光景を見られれば良かったりもする私。

d0288144_01101149.jpg

縄張り意識の強いアオサギが飛んできて、
ダイサギを追い払っています。
こんなに広い干潟なんだから仲良くすればいいのに…
なんて思いますが(^^ゞ

d0288144_07462683.jpg

この日の谷津干潟自然観察センター内の掲示板。
台風24号の強風で大ケヤキが倒れてしまったようです。
塩害の影響もあってか園内の木々もだいぶ傷んだ葉が見られました。

d0288144_08420862.jpg

そうそう、ここへ来る途中でユリカモメを見かけました。
そろそろ冬鳥もやって来る季節なんですね。
この季節の楽しみが幕を開けるようで、ちょっとそわそわしてきましたよ♪

ウォーキングなんて言ってますが
帰りはいつものように京成谷津駅から電車に乗って帰ります(^^ゞ
では~。






※写真はクリックで拡大します。
※谷津干潟自然観察センターHPより↓


by pallet-sorairo | 2018-10-21 09:13 | ちょっとお出かけ | Comments(8)

KURUMIRUくるみるで買ったものなど


10月20日土曜日。
昨日のブログ記事「すごく残念」に思いがけなくたくさんの貴重なコメントを頂きました。
自分が何気なく書いたものがこんな風に波紋を広げていくのだと言うことを知って、
文章は迂闊に無責任に書いたらいけないなぁとつくづく思わされる一日でした。

d0288144_09200174.jpg
<グラタン皿①>

その記事に登場したショップ「KURUMIRUくるみる」で買ったものが
いくつかありますのでご紹介してみようと思います。

d0288144_09200514.jpg
<グラタン皿②>

グラタン皿①が目に入って、「これをもう一つ欲しいんですが」と言うと
「すみません、同じものはないんです」とのお店のスタッフの返事。
あっ、そうか、そうなんですね、うむ。

d0288144_09201053.jpg
<アンシンメトリーなピアス / レジン手芸>

そうと知らずに初めて入った「KURUMIRU」で買ったピアスです。
色遣いがとてもきれいだけれど私にしては結構大ぶりなピアス、
使うかどうかわからないなぁと迷っていて何気なく見たタグに
「○○福祉作業所」の文字を見つけて、ああそうなんだと合点がいったのでした。

d0288144_09201325.jpg
<小鳥の形の小さなブローチ / レジン手芸>

「合点がいく」とはどういうことかと言うと、
個性的な品ぞろえのお店の製品なのに全般的にいくらかお値段が低く抑えられているような
気がしていたからなのでした。

あまり大がかりな製品はありませんが、私が買ったこんな小さなものたちや
裂き織のトートバッグや組木になっている木工製品、丁寧に作られた革製品など
その都度欲しくなる素敵な品物がたくさん揃っている「KURUMIRU」です。

d0288144_09201783.jpg
<波打つレース編みのドイリー / 東北地方のご婦人作>

ついでにと言っては何ですが、
昨日のポーチの写真にちょっと見えているレース編みもご紹介しておきましょう。
たぶん八甲田山へ行った時、青森の弘前かどこかの「道の駅」で買ったものです。
農作業のない冬に地元の方が編んだものだそうで、
買った時はもう少し平ら?でしたが使ううちにどんどん波打ってきました(^^ゞ
いかにも素人の編んだものですが、冬の青森の暮らしが偲ばれて
この波打つドイリーを出すたびにほっこり温かいものが伝わってくるのです。


暮らしのちょっとしたシーンに登場する小さなもの、
これからもそんなものを大切に過ごしたいなと思っています。




by pallet-sorairo | 2018-10-20 10:23 | 街暮らし | Comments(6)

すごく残念


ほとんどノーメイクの私ですが、
外へ出る時はいちおう口紅くらいはちょっこっとつけて行くので
バッグの中には口紅と小さな鏡を入れるポーチが入っています。
最近、今まで使っていたお気に入りのポーチのくたびれが目立ってきたので
新しいものを探していたところ、
時々覗く福祉作業所製品を扱うショップでこれならと言うものを見つけました。

d0288144_23334592.jpg

表もかわいらしいけれど内側にもなかなかいい感じの布が使われていて縫製も丁寧です。
しばし迷って、色合いも模様も大きさもいろいろの中からこの子を連れて帰りました。
ぶら下げられたタグの表には小さな可愛いイラストと
「心をこめた手作り刺繍製品(ポーチS)です。工房○○○ …」との添え書きが。

d0288144_00355208.jpg

気に入って使い始めしばらくしてからのこと…
おや? 一か所ステッチを間違えているところがあるのに気付いてしまいました。
えっ…あああ、すごく残念。

タグの後ろに「お気づきの点…ご連絡ください」と書かれてはいても
ことさらミスを指摘するのも気が進まないし別に交換してもらうつもりもないので
私はそのまま気に入って使っているのですが…
福祉作業所の方からすると、こういうことってむしろ連絡してほしいことがらなのかしら
と、
ポーチを手にする度に心が少しざわざわとするのです。




※追記
たくさんのコメントを頂いて
このショップがどんな所かをお知らせすべきだったなと思いましたので
リンク先を追記します。
コメントくださったみなさま、ありがとうございました。







by pallet-sorairo | 2018-10-19 08:12 | 街暮らし | Comments(28)

女子会


10月17日水曜日。
旧暦9月9日重陽の節句。

きょうは、昔の仕事仲間で3か月に一度ほど集まってランチする女子会でした。
(女子会?…じゃなくて婦人会でしょという陰口ありますが、ふふ)
幹事持ち回りで美味しいお店を探します。
今回の幹事は私だったので
ここしばらくいつものように雑誌や口コミなどあれこれアンテナを張っておりました。
これがなかなか大変なんですが、まっほかのことじゃないので楽しくもあり(^^ゞ

d0288144_23175443.jpg
<治部煮椀>

前回前々回と中華、フレンチと続いたので今回は和食に絞って探して
加賀料理のお店に決定。
ときどき訪ねるブロガーさんのところで拝見して
ちょっと気になっていた加賀料理なのでした。
北陸産の海の幸や加賀野菜を使った小ぶりな握りずしなどもあって
なかなか嬉しい女子会メニューでした。
金沢の代表的な郷土料理の治部煮もとても美味しく、
みなさんの評判も上々で幹事としてはほっ。

早めに予約しておいたからかお庭の見える奥まった良い席で3か月ぶりの話に花が咲き、
「じゃ、良いお年を~」と言ってお開きとなったのでした。
んっ、そう、「もう良いお年を~」という時期なのでした、びっくり(^^ゞ


治部煮椀の写真はお店のHPからお借りしました。
食事の席でカメラを出すのがどうも苦手なのです(^^;







by pallet-sorairo | 2018-10-18 08:45 | 口福 | Comments(2)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite