そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ちくちく針仕事67 / Månesten⑧ 完成!


今年1月にちくちくし始めた Månesten(Moon stone)。
小さな図案(19×19cm)なのに
ときどき思い出したようにしか刺していなかったので、
完成までになんと10か月もかかってしまいました。

d0288144_10282226.jpg

それも、最後の最後に、金ラメ糸が足りなくなりそうになってしまうというアクシデント。
しかたないので、図案のラメ糸部分を少し控えめに刺してほかの色糸で凌ごうと
こんな風に刺し残し部分を作ってみました。
さて最後のこの部分、何色にしたらいいかしら…

d0288144_10233141.jpg

…と、あれこれ糸を眺めていたら、おやっ、金ラメ糸がもう一束出てきましたよ。
という訳で一件落着、図案通りにめでたく完成です!

d0288144_22204049.jpg

クッションカバーの片面にできるほど麻布が大きくて余白がたくさんあるので
マットは付けずにさっそく額装してみましたがどうでしょうか。

d0288144_22204422.jpg

どうしようかなぁと思いながら選んだゴールドの額縁。
まぁまぁ馬子にも衣裳かな。
我が家のちくちく額の定位置、リビングの入り口脇の壁に
しっくり馴染んでいるような気がしますが(^^ゞ





# by pallet-sorairo | 2018-11-14 08:37 | ちくちく針仕事 | Comments(16)

ふたりで ❤


11月10日(土)
一週間ほど前、
家族を繋ぐラインに息子一家から「10日おばあちゃん家へ行きます」と連絡が入りました。
前日には娘Maから「もしかしたら、ウチも行くかも」とまたライン。
で、この日総勢9名がおばあちゃん(義母)の家に集合と相成りました。
このうち子どもは、れみちゃんとシュウ君姉弟とはるちゃんの3名です。
久し振りに大勢が集まって賑やかでおばあちゃん(義母)もとても喜んでくれました。

d0288144_15382684.jpg

公園へ行ったりおやつを食べたりひとしきりわいわいと楽しんで、さてもうサヨナラの時間。
では、集合写真を撮ろうと言うことになって
とっても素敵な写真が撮れたのですが、後でよくよく見るとこんなポーズが!
赤い服のはるちゃん4歳と白い服のれみちゃん小学3年生がふたりでハートを作っていたのです。
ふたりが会ったのはお正月以来なはずなのに、
従妹同士すっかり馴染んでいるのがわかってなんとも嬉しいできごとでした。

この写真、見るたびに幸せな気持ちになってじんわりしている私です(^^ゞ






# by pallet-sorairo | 2018-11-13 08:53 | 街暮らし | Comments(14)

乗り物に刃物


何やら物騒なタイトルですみません。
写真は私の山用ポシェット、登山用品ではありませんが、
おチビの私の身体にぴったりの大きさ、
そして、ポケットがたくさんあるのでとても重宝しています。

紐がたくさん見えていますが、カラビナに通してあるピンクの紐にはカメラ、
左端に見えている細いグレーの紐にには山用のかさばらないお財布、
そして、黄緑色の紐にはホイッスルとナイフを付けてあります。

d0288144_15521633.jpg

いまホイッスルが半分顔を出しているポケットにはファスナーがなくて
緊急の場合はこの黄緑色の紐を引けば
ナイフもホイッスルもすぐに引き出せるようになっています。
で、先日出かけた八丈島へもこれを持って出かけました。
八丈富士登山をするつもりでしたから ♪

しかし…ああなんといううっかり!
飛行機に乗るセキュリティチェックで、しっかり引っかかってしまいました。
飛行機乗るのにナイフ持って入ったらいかんでしょ。
没収されるのは嫌だったし国内線だったので別途荷物に預け直し、
帰りはほかの手荷物の中に入れて貨物に預けて事なきを得ましたが(^^;

d0288144_15521985.jpg
<2018.11.07.朝日新聞>

しかし、つい先日こんな新聞記事を見てしまいましたよ。
電車も、なんだか面倒になりそう。
改めて測ってみたら私の折り畳みナイフは刃渡り5.5cmなんですが…
これでもやっぱり刃物は刃物だから
しかるべき収納方法に従わなきゃならないと言うことになるんでしょうか。

ああ、世の中がどんどん複雑化(いや、もしかして単純化?)して来るぞよ、とほほ。
d0288144_08531759.jpg
ところで、何故こんな風に格好悪く紐にくっつけておくかと言うと
失くすのはもちろん困るんですが、
山道で帽子が飛びそうになることやカメラなど落しそうになった時、
それを止めようとしてバランスを崩すのがとても危険だからなんです。
私の場合、帽子もサングラスも水筒も何もかもが紐でどこかと繋がっています。
繋がっている安心感、山道では特に必要な気がしています(^^ゞ



★写真はクリックで拡大します。

# by pallet-sorairo | 2018-11-12 08:28 | 山歩き2018 | Comments(12)

島の旅 / 八丈島その3(最終日)

d0288144_22291017.jpg


ど~んと大きなサイズの写真を載せてしまいましたが
この旅で一番美しいと思った海岸線。
その名も「藍ヶ江(あいがえ)」、
藍を流したような色をしていることから付けられた地名だとか。


d0288144_22482623.jpg


10月26日(金)島の旅最終日。
長くなりましたが、島の旅レポもう一日分あるんでした…
簡単に済ませるつもりですのでどうかお付き合いくださいませ(^^;

きょうはまだ訪ねていない島の南部を海岸線を辿って巡ってみます。
夕方17時台の飛行機で羽田へ戻るので、15時行動終了の予定です。
では出発。


d0288144_22284124.jpg

食事のとても美味しかったホテルを引き払っての朝一番には、
昨日、八丈富士の上から遠くに見た底土海岸へ来てみました。
海水浴場と言うことですが波がめちゃくちゃ荒いです。
底土港は、東京竹芝桟橋からの連絡船の到着地でもあります。

d0288144_10335915.jpg

きょうはここだけは行って見ようと思っていたのは
ちょっとだけですが山道を入って行けば見られる「裏見の滝」。
オーバーハングした岩から落ちる滝の内側に歩道が作られているのです。
タイミングよく朝陽が差して小さな虹も見られてラッキーでした。

d0288144_11391426.jpg

<足湯きらめき>


トップの写真にもあるように、藍ヶ江の断崖には断層の跡がくっきりと見え
洞穴に打ち寄せて砕ける波は東山魁夷の絵を凌ぐほどに魅力的です。
藍ヶ江は八丈観光には外せないところのように思いました。
運が除ければ沖合にクジラの泳ぐところが見えるというこんな長閑な足湯もありますしね(^^。

d0288144_12020429.jpg

そうそう、南部には温泉があちこちにあるのです。
八丈島地熱館で、クリーンエネルギー地熱発電の勉強もしましたよ(^^;
入り口で渡されたメダルに300気圧を与える実験をしたら
ひょうたん型に島の形が盛り上がりました、あらららら。
そうそう、ここって
私たち世代には懐かしい「ひょっこりひょうたん島」のモデルの島だとか?!

d0288144_12034757.jpg

八丈島灯台、
島の南端名月の鑑賞地として八丈八景に選ばれているという名古、
そして、新東京百景の一つ登龍峠(のぼりょう峠)からの八丈富士と八丈小島の遠望。
3日間私たちの足になってくれたHONDA life君が頑張ってくれて、
次々と目いっぱい島の観光を楽しんだのでした。

d0288144_22352288.jpg

こんなに目いっぱい島の南部をあちこち回り終わってもまだお昼時。
昨日一昨日とお店がお休みでありつけなかった明日葉(あしたば)うどんがやっと食べられました。
明日葉を練りこんだ緑色のうどんと明日葉の天ぷら!
めでたし。

そういえば、忘れてはならない八丈名産の「くさや」は
ホテルの食事に食べやすくマイルドに調理されたものが少しだけ出たのですが
やっぱり、3人ともちょっとの味見でギブアップだったのでした(^^;

d0288144_22033844.jpg
<南原千畳敷海岸>

そして、結局最後はまた南原千畳敷海岸にやって来てしまいました。
しっかり見ていなかった宇喜多秀家公(関ヶ原の戦いで敗れ流罪)と豪姫の碑を見るためとは言うものの、
実はこの溶岩の流れた痕跡のダイナミックな景観をもう一度見たいというのが
3人の気持ちの一致点だったのだと思います。



訪ねてみたいところはまだいくつもあったし東山(三原山)にも登ってみたかったけれど、
今回はこれまで。
3日間お天気に恵まれてフル回転、八丈島を満喫した旅となりました。

八丈島、とてもよいところでした、また行きたいな♪
おしまい。


★写真はクリックで拡大します。
★「島の旅 / 八丈島その1」は(こちら)から。



# by pallet-sorairo | 2018-11-10 07:56 | | Comments(16)

たかがししゃもされどししゃも


11月7日(水)
夕方、デパ地下のお魚屋さんをうろうろしていると
「本ししゃも(メス)解凍物」というポップが目に入りました。
10尾一連でししゃもとも思えないびっくりするようなお値段が付いています。
「はっ! これが今朝方お料理のサイトで見たししゃもかしら。」
よくよく見ると、よくあるカラフトやノルウェー産ではなく北海道産とある…絶対あれだわ。

『一般的に売られている「ししゃも」は「カペリン」という種で
学術的にもお値段的にも・・・・全然別種なんですよ。
だからといって「カペリン」がダメなわけでは決してないんです。
お手軽に味わえて庶民の味方です。
でも……』

と書かれていたはず。

d0288144_00304469.jpg


確かにお値段は全く別物だけど、お味はどんなに違うんだろう。
おや、ひとパックだけ消費期限今日中で500円引きですよ…う~ん。
手に取っては戻しまた手に取っては戻ししてしばらく行ったり来たり。
え~い、ここで会ったのも何かの縁、
生涯一度になるかもしれないけど買って行こうじゃないの
(って、大げさ? でも、正直なところそんな気持ち(^^;)。

で、食べてみました。
なんだろうこの滋味に満ちた美味しさ。
確かに別物、海の恵みを噛みしめて有難くいただいたのでした。



# by pallet-sorairo | 2018-11-08 08:50 | 口福 | Comments(14)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite