そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ

ウグイスが写っていた


2月11日(日・祝)暖かな一日、久しぶりに葛西臨海公園へ行ってみました。
先週から西なぎさにクロツラヘラサギが1羽現れているとのことだったので
あわよくば会えるかなぁと思っていたのですが。
 
d0288144_22183546.jpg

西なぎさに行ったのはお昼過ぎ。
いるいる、たくさんの鳥が群れになって水面にゆらゆらと揺れています。
遠くに群れているし、真逆光なので鳥はよく見えませんが、同じ種類の群れのようです。

d0288144_22184547.jpg

どれどれとカメラでズームしてみると、
どうやらあれはスズガモの群れのようですね。

d0288144_22185470.jpg

おやっ、スズガモの群れの中に一羽だけ首の長い鳥。
あれは、この間私の散歩道で見かけたカンムリカイツブリではないですか!?
そう言えば一週間ほど前の鳥類園ブログにはカンムリカイツブリ4000羽とあったはず。
ほかのみんなはどこへ行ってしまったんでしょう。


さて、海にはあんまりほかの鳥がいないみたいなので(私に見えないだけかも)
上の池へ行ってみましょう。

d0288144_22193201.jpg

上の池は海のすぐ脇ですが淡水池なので、やって来る鳥の種類も少し違うのです。
向こうに見えているのは公園内の大観覧車で、
左手にはマグロの回遊で有名な水族館などがあるんですよ。

d0288144_22194065.jpg

さて、上の池。
カモなどが群れている向こうの杭に止まってる黒いのはカラスね、と思ったけど、
ちょっと大きいような気がしてズームしてみたら…おや、なにやら白い襟巻が見えてます。

d0288144_22194439.jpg
<繁殖羽のカワウ>

もしや、と眼で動きを追っていると…あっやっぱり!
あの白い襟巻は、繁殖期を迎えたカワウの繁殖羽の色でした。
自然界には着々と春がやって来ているということですね ♪

d0288144_22195105.jpg
<ウグイス>

カモ類は私の散歩道でもよく見る種類ばかりなのでパスして、小さな鳥を探します。
近くの葦原に目を凝らしているとモズが飛んできたのでパチリ…
と思ってPCに取り込んでからよく見たら、なんとこれはウグイスではないですか!!

ウグイスは薮の中にいることが多いうえ動きも早いのでなかなか見ることができないのです。
鳴き声は知っているけれどどんな姿か知らない方は多いのではないかしら。
時期的にまだあの鳴き声は聞けませんが、
思いがけず写真が撮れていたのがとっても嬉しいです。

d0288144_22201075.jpg
<園内のロウバイ>

この日は、お目当てのクロツラヘラサギには出会えませんでしたが、
ウグイスが写っていたり♪と、来る度に何か発見のある楽しい場所。
東京駅から電車でたった15分の葛西臨海公園&鳥類園は、
ちょっとしたアウトドアのお出掛けにぴったりの都会のオアシスかもしれません。



★13,007歩
★翌日は谷津干潟でバードウォッチングでした(レポは次回に?)。
★写真はクリックで拡大します。




# by pallet-sorairo | 2018-02-13 08:15 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(18)

ちくちく針仕事60 / Månesten ②



隙間時間にちくちくしているMånesten (ムーンストーン)、
少しずつですが進んでいます。

d0288144_23304319.jpg


ちくちくしながら、
子どものころ、画用紙に何本もの曲線を交差させて描いて
線で囲まれた部分をいろんな色で塗り分けて遊んだなぁなんてことを思い出しました。


d0288144_16232617.jpg
<ツグミ / 2018.02.09@散歩道>

そんなときに
散歩の途中でこんな曲線に囲まれた場所を見つけたものだから…

つい(^^ゞ





# by pallet-sorairo | 2018-02-11 09:10 | ちくちく針仕事 | Comments(4)

きょうのおやつ


駅前にたい焼き専門店ができました。
いつも行列ができています。
昔ながらの大きな植木ばさみのようなたい焼き器で
一つ一つ焼いています。

d0288144_23475707.jpg

並ぶのあんまり好きじゃないけど
並んでみました(^^ゞ
皮が絶妙な厚さ(薄さか?)でぱりっとしています。
しっぽの先まできれいに餡子(粒あん)が入っています。
焦げ目の具合もいいです。

美味しくて、もう何度も並んでしまいました(^^ゞ

d0288144_01133748.jpg


鳴門鯛焼本舗
鯛焼(十勝産小豆)一匹180円(税別)。
鯛焼(鳴門金時芋)一匹200円(税別)。



看板に「天然鯛焼」って書いてあるんですが
この場合の「天然」って何かしら。
とっても気になってます、誰か教えて(^^ゞ

d0288144_15113214.jpg


と思っていたら
たい焼きが入っていた外袋にちゃんと能書きが書いてありました。
でも…ううむ、いまいち説得力ないかも。

袋の<おいしくお召し上がる方法>には
「鳴門鯛焼は天然モノです。お早めにお召し上がりください。
天然鯛焼は時間がたつと弱ってきます」ともありました。
「弱って来る」って…
はははは。




追記(2/10)

コメントでいただいた「根津のたい焼き」を見ていましたら
↓ こんなの見つけました。

この天然物というのは 1尾1尾焼き上げるたい焼きの事、
なので縁日などで大量生産されるのは養殖物(笑)です」

「養殖物」って…
みなさんほんとにおもしろいですねぇ
うふふふ。




# by pallet-sorairo | 2018-02-09 09:28 | 口福 | Comments(18)

ホキ美術館


私、食事の時にカメラを持ち出すのは
なんとなく雰囲気を損ねるような気がして
差し控えてるのですが…

d0288144_10512916.jpg
d0288144_10513363.jpg
d0288144_10513735.jpgd0288144_10514003.jpg

この日はあんまりお日さまの光がきれいで
つい。
前に座っているのはオットでしたしね(^^ゞ

ここは、美術館併設のイタリアンレストラン「はなう」。
朝になってから思い立ってやって来たので美術館に着いたらもうお昼時。
腹が減ってはなんとやら、
まずはランチを済ませてからということになりました。




d0288144_20333918.jpg

お正月気分のまだ抜けない日、やって来たのは千葉市にあるホキ美術館。
ホキ美術館は写実絵画を集めた日本初の写実専門美術館です。

d0288144_10225293.jpg

写実絵画って写真みたいで
今まであんまりぴんと来なかったんですが…

d0288144_10225701.jpg

あまりに素晴らしくて、おおいに認識を改めてしまいました。
思えば、写真だって、そこにある「何か」を表現したくて撮っているわけだし、絵画も然り。
どの絵を見ても、
これだけのものを細密にキャンバスに置き換える間の画家の心の動きは如何ばかりだったろう
との思いが、見る者にずしんと迫ってくるのでした。




さて、ホキ美術館は建築界では有名な美術館で、
私が一度来てみたいと思っていたのもむしろその建物に興味があったからです。

d0288144_10515302.jpg

JR外房線土気(とけ)駅からのバスに乗って「あすみが丘東4丁目」BSで下車すると
えっ、こんな住宅街に?!というような新興住宅地にその建物はありました。

d0288144_10520633.jpgd0288144_10522049.jpgd0288144_10522432.jpg

建物右手のエントランスを進むと左手に入口。
この入り口を入ると右手にレストラン、左手にミュージアム入口がありました。
写真奥に見えている緑は、千葉市営公園「昭和の森」だそうです。
この日は日差しはキラキラでしたがもの凄い強風だったので
うっかりすぐに建物に入ってしまいましたが、
このまま「昭和の森」方面へスロープを下りて行くと
この建物を特徴づけている地上から浮いた部分が見えるはずなのでした。

d0288144_20335292.jpg

館内撮影は不可でしたのでポストカードを一枚。
作品展示中はもちろんブラインド?が下ろしてありますが
板谷波山や富本憲吉作品(少ないがいずれも素晴らしい)など陶磁器の展示スペースは
小さな空間ながら外光が取り入れられており
外庭の景色と相まってほっと一息付けるような場所になっていました。
最初にレストランで感じたように、
全体的に、光の美しさをそこここで感じられる建物のように思いました。
階段蹴上部分からの光の取り入れ方など、はっとするほど美しかったです。




レストランに行ったり、昭和の森を散歩してからもう一度みたいと思ったりしても、
その日のチケットを持っていれば何度でも入館可能だとか。
ここは実業家の保木将夫さんという方が作った個人美術館ですが、
お金持ちはこんなふうにお金を使ってほしいななんて思ってしまいました。




★追記;ホキ美術館HPより(クリックでリンク先につながります)。



# by pallet-sorairo | 2018-02-07 09:38 | ちょっとお出かけ | Comments(14)

東風解凍


昨日2月4日、立春。
旧暦七十二候はこの日から始まり、
初候は「東風解凍」(はるかぜこおりをとく/とうふうこおりをとく)とある。

d0288144_09361204.jpg

季節はぐるりんと音を立てて?ゆっくりと回ったようだが、
私の散歩道の原っぱはまだこんな冬模様のままだ。

d0288144_16040778.jpg

しかし、目を凝らすとなにかちょんちょんと動くものがある。
おや、今年はいつになったら会えるのだろうと思っていたツグミではないですか。
相変わらず背伸びをしてどこかを見ている様子なのが可愛い。

d0288144_16034261.jpg

おやおや、陽だまりにはこんなものがもう咲いている。
美しいブルーの花、お気の毒な名前のオオイヌノフグリだ。

d0288144_16041823.jpg

この間から何度か見かけていたモズも飛んできた。
小さな池の周囲に張り巡らされた杭に止まってあちこち見ている。
きょうはどうかそのまま動かないでね、ぱちり。

d0288144_16063919.jpg

遠くでちらちらと動いているのはカワラヒワに違いない。
思い切りズームしてさらにトリミングしてみたがこれが精いっぱい。
私のカメラでは、羽を広げると見える美しい黄色のドレスを撮れないのが残念だ。

d0288144_16051055.jpg

おや、これは…
「なんだなんだよう。誰も通らないと思ってひとりでまったりしてたのに、なんなんだよぉ」
とでも言いたげに後ろを振り向きながら退散していったノラさん。
あらあら追い立てちゃったみたいでごめんなさい。
私もこんなところには誰もいないはずと思って歩いていたの。
同類かも、ね(^^ゞ

2018年2月3日(土)散歩道で。



★写真はクリックで拡大します。

# by pallet-sorairo | 2018-02-05 09:15 | 鳥・虫・樹・花など | Comments(12)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も。


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite