そらいろのパレット

sorairo02.exblog.jp ブログトップ | ログイン

サイドバー/ロゴ画像 2018年9月


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


d0288144_13440321.jpg
=私の山歩き街暮らし空の色=
散歩道でみかける鳥や虫や花も




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



9月のロゴ画像図案にはサンマを選んでみました。
サンマは秋の味覚の王者、のような気がしますがどうでしょう。
今年は豊漁だそうですよ!

d0288144_13331817.jpg

d0288144_13332956.jpg

d0288144_13333348.jpg

d0288144_13333837.jpg


今回は漢字で「秋刀魚 九月」と書いてみました。
サンマに [September ]はどうも似つかわしくないような気がして。

さて、このサンマ、口先が黄色いから脂がのって美味しいですよ。
じゅうじゅう焼いて大根おろしとスダチを添えて…うふふふふ。







※写真はクリックで拡大します。

# by pallet-sorairo | 2018-09-02 07:58 | ブログだより | Comments(10)

8/31 滝を見て昆活してお花見もして


猛暑だの台風だの豪雨だのとに翻弄された8月。
各地で大変な目に合われている方々のことを思うと
夏山縦走へ行けなかったことぐらいで文句を言う筋合いではないのだけれど
このまま8月が終わってしまうのはちょっと残念だ。

d0288144_08230334.jpg
<向こうに見える一番左の山はこの日2座目(^^ゞの日の出山>

「どっか、ちょこっとでも歩こうか」と山友ゆきさんとハナシがまとまり
奥多摩の小さな山を歩いてきました。
小さいながら三山縦走?です。
久し振りだったからかなぁ、楽しかったんだけれどなんだかとってもくたびれた。
家に帰ってお風呂入って、
帰りがけに駅ビルの閉店時間間近のセールで買ってきたものをアテに
ビール飲んだらもう目を開いてられなかった(^^;
という訳で、山レポは後日。
少しお時間いただきまっす!


続きです↓






※追記(9/2)
コメント欄で話題になった秋刀魚について→




# by pallet-sorairo | 2018-09-01 08:54 | 山歩き2018 | Comments(10)

足慣らしに?

d0288144_05391830.jpg
<2018.08.31.05:15>

きょうはこれから、
足慣らしにちょこっと小さなお山を歩いてきます。
慣らして次はどうするんだってハナシ
ではありますが(^_^ゞ

では、行ってきます。



この日のレポ ↓



# by pallet-sorairo | 2018-08-31 05:40 | 空の色 | Comments(2)

縄文展へ


8月28日火曜日。
暑くて暑くてどこへ出る気も起きなかったこの夏。
今朝はずいぶん涼しくなったので
上野のお山まで会期の迫った展覧会を見に思い切って出かけます。

d0288144_22182624.jpg

不忍池の蓮が咲いているはずなので
ちょっと寄り道してから行きましょう。
ああ、きれい。

d0288144_22183281.jpg

通り道にある弁天様にもご挨拶してきました。
お参りして戻ってくると、おや、水舎で手を清めている外国人の若いカップルが。
外国の人たちのほうがちゃんとお作法通りにしていますね(^^ゞ

d0288144_22313776.jpg

d0288144_22502106.jpg

覆いかぶさるような樹々のある斜面に沿った階段から公園に入って行きます。
ここだけにわずかに残っている上野の山の自然林はシイ-タブノキの林だそうです。

d0288144_23112371.jpg

公園に上がるとずうっと向こうの正面に東京国立博物館がある道に出ました。
夏休みだっていうのにずいぶん人出が少ないです。
あっ、昨日から新学期なんて言うところもあったとニュースに出ていたかしら。

d0288144_22191198.jpg

きょうはこの「縄文」展を見に来ました。
ところで、
東博に来るといつもここ(正門脇並び)に自転車が止まっているのを見かけるのですが
この光景、とってもローカルな感じがして私は大好きです。

d0288144_22193547.jpg

さて、「縄文」展はと言えば素晴らしかったです。
一万年もの想像もつかない時間の中で息づいてきた
人々の暮らしと密接に結びついた美の数々を目の当たりにしながら
ただただ「凄いなぁ」とため息をついていたわたくしでした。
中でもさすがの「縄文の国宝6点すべて」は圧巻。
力強く生き生きとした造形の美に圧倒されて立ち去りがたく
なんども繰り返して見てしまいました。

d0288144_22200019.jpg

たっぷり2時間以上、混雑した館内を歩き通しだったのでちょっとお疲れ。
外へ出ると、葉を繁らせて木陰を作っているユリノキが目に飛び込んできました。
私にはユリノキも東博へ来た時のお楽しみです。
東博のユリノキは「明治8・9年に渡来した30粒の種子から育った1本の苗木が
明治14年に現在地に植えられた」ものなんだそうです。
秋の黄葉も美しいです。

d0288144_22180164.jpg

会期末とあって混雑はしていましたが、あまり待たずに入館できました。
今度の日曜日9月2日が最終日です。
お時間ありましたら、ぜひ。

東京国立博物館・縄文展HP→





※写真はクリックで拡大します



# by pallet-sorairo | 2018-08-30 08:14 | ちょっとお出かけ | Comments(12)

塩のこと


昨日のブログ
「この甕の何が素晴らしいかと言えば/ちょこんと蓋しておくだけなのに/
 塩が全然湿気ないこと。/いつもサラサラしているのがとっても不思議です。」
と書いてしまったのですが、
記事をアップしてから、もしかして、塩によるのかもしれないと思い始めていたのです。
同じように思う方は当然いらして「あら塩でも湿気ないのかなあ。どんな塩をお使いですか」
とのコメントを頂きました。
間違ったことを書いてしまったとしたら責任重大だなぁと思いながらも
そのお返事にはならないかもしれませんが、
差し当たり、いま我が家にある塩を並べてみました。


①赤穂の「天鹽」(しおの字がちょっと違いますが(^^;)
d0288144_21385564.jpgd0288144_21392415.jpg

ずっと長いこと煮物などいつものお料理に使っているのはこれ、にがりを含んだあら塩です。
袋には「江戸時代から続く塩の食文化の伝承云々」とあります。
ふり塩には同じ「天鹽」の焼き塩を使っていました。


②インカの塩
d0288144_23025444.jpgd0288144_00021065.jpg

いま、例の甕に入っているのはこの塩。
2012年に訪ねた南米ペルーのクスコの市場で買ってきたものです。
もとは岩塩らしく?粒がほんの少々荒いですがさらっとしています。
そして、すごく美味しい!
焼き魚や冷しトマトや枝豆やサラダ…のふり塩に使っています(^^ゞ
たぶんこの塩 ↓ と同じ種類の塩だと思います。
③スロヴェニアの塩
d0288144_08050661.jpgd0288144_21405712.jpgd0288144_21412725.jpg

昨年訪ねたスロヴェニアのシュコツィアン鍾乳洞 の売店に売っていたもの。
ご一緒したメンバーのご婦人方が「塩・塩・塩はどこ」と探していたので
私も真似っこして訳も分からず買ってきました。
くっついているタグの地図を見ると、これはアドリア海の塩かもしれません。
これも未開封です。
あれっ、写真は海辺と言う感じでもないなぁ…各国語のタグの文章が?なのでなんともはや(^^;



➃ローズソルト
d0288144_21415627.jpgd0288144_21422768.jpg

つい最近のいただきもの。
袋に「アンデスの台地が生んだ岩塩を、ローズピンクのパウダーに仕上げました。」
とあります。
↑のインカの塩もかすかにピンクがかっていますから、
粉にするとこんな風にピンク色になるのでしょう。
これも未開封。


なになに? 
ローズソルトの袋には
「本商品は吸湿性が高く固まる場合があります」と書かれていますよ。
…そうだ!
これを例の甕に入れてみてどうなるかをみてみたらいいんじゃない?!
固まらなかったらすごいなぁ…とちょっとばかり期待しちゃったりもして(^^ゞ

では、実験の結果はまた後日。


その他参考にしたサイト ↓




※写真はクリックで拡大します

# by pallet-sorairo | 2018-08-29 07:47 | 口福 | Comments(14)
line

=私の山歩き街暮らし空の色= 散歩道でみかける鳥や虫や花も


by pallet-sorairo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite